• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 多摩リハビリテーション学院

東京都認可/省庁指定の養成施設/東京

多摩リハビリテーション学院

タマリハビリテーションガクイン

母体は「医療法人」。現場のニーズをすぐに反映するカリキュラムで即戦力を育成

本学院の母体は、医療法人社団和風会。多摩リハビリテーション病院や老人保健施設メディケア梅の園などを軸に、地域に根ざした医療・介護に取り組んでいます。これらの法人施設では学生たちの実習も行っています。

多摩リハビリテーション学院の特長

学校の特長1

医療法人和風会をバックグラウンドに、現場で即戦力となるセラピストの育成を目指す

本学院の母体である和風会は、救急病院から介護老人保健施設、在宅ケア部門を持つ医療法人。その現場のニーズに応えられるセラピストを育成するために設立されたのが本学院です。だから、医療に携わる者としてふさわしい人格の形成まで考えて、教育・指導に取り組んでいます。「目で見て、手で触って覚える」ことを大切にして、自助具や装具など、実際の現場で使用しているものに自由に触れられる環境を整備。作業療法学科・理学療法学科では、3年間で国家試験受験資格を得られるため、早く社会に出られることも特徴です。

学校の特長2

1000時間を超える豊富な実習を段階的に行うことでリハビリのプロを育成

作業療法学科・理学療法学科ともに数多くの実習を取り入れており、施設・評価(作業療法学科では体験実習も加わる)・臨床の3段階の実習を行います。設置基準では810時間以上と定められていますが、本学院は世界作業療法士連盟(WFOT)の認定校でもあり、その基準である1000時間以上の実習時間をカリキュラムに組み込んでいます。また、本学院の敷地内には同法人グループの通所介護施設があり、お年寄りがいつもそばにいる、まさに「生の体験ができる」医療法人ならではの環境があります。さらに同法人グループの多摩リハビリテーション病院や老人保健施設メディケア梅の園などを軸に、地域と密着した医療・介護実習に取り組んでいます。

学校の特長3

現場経験豊富な講師陣が、一人ひとりの学生を温かく見守ります

私たちは、即戦力を育成するためには、より多くの現場を経験してもらうことが大切だと考えています。そのため多くの病院や施設を持つ医療法人としてのネットワークを活かし、1年次から様々な実習を取り入れています。授業では長年、病院や施設などで臨床の現場を経験している講師陣が「現場の声」を直接指導。将来につながる実践的な学びを大切にしています。ただ「教える」だけではなく、学生を将来の同僚、後輩として温かい心で「育てて」いく教育が特長。また、タマリハでは担任制を導入しているため、一人ひとりに合わせたサポートが可能です。

学校の特長1

医療法人和風会をバックグラウンドに、現場で即戦力となるセラピストの育成を目指す

本学院の母体である和風会は、救急病院から介護老人保健施設、在宅ケア部門を持つ医療法人。その現場のニーズに応えられるセラピストを育成するために設立されたのが本学院です。だから、医療に携わる者としてふさわしい人格の形成まで考えて、教育・指導に取り組んでいます。「目で見て、手で触って覚える」ことを大切にして、自助具や装具など、実際の現場で使用しているものに自由に触れられる環境を整備。作業療法学科・理学療法学科では、3年間で国家試験受験資格を得られるため、早く社会に出られることも特徴です。

学校の特長2

1000時間を超える豊富な実習を段階的に行うことでリハビリのプロを育成

作業療法学科・理学療法学科ともに数多くの実習を取り入れており、施設・評価(作業療法学科では体験実習も加わる)・臨床の3段階の実習を行います。設置基準では810時間以上と定められていますが、本学院は世界作業療法士連盟(WFOT)の認定校でもあり、その基準である1000時間以上の実習時間をカリキュラムに組み込んでいます。また、本学院の敷地内には同法人グループの通所介護施設があり、お年寄りがいつもそばにいる、まさに「生の体験ができる」医療法人ならではの環境があります。さらに同法人グループの多摩リハビリテーション病院や老人保健施設メディケア梅の園などを軸に、地域と密着した医療・介護実習に取り組んでいます。

学校の特長3

現場経験豊富な講師陣が、一人ひとりの学生を温かく見守ります

私たちは、即戦力を育成するためには、より多くの現場を経験してもらうことが大切だと考えています。そのため多くの病院や施設を持つ医療法人としてのネットワークを活かし、1年次から様々な実習を取り入れています。授業では長年、病院や施設などで臨床の現場を経験している講師陣が「現場の声」を直接指導。将来につながる実践的な学びを大切にしています。ただ「教える」だけではなく、学生を将来の同僚、後輩として温かい心で「育てて」いく教育が特長。また、タマリハでは担任制を導入しているため、一人ひとりに合わせたサポートが可能です。

学校の特長1

医療法人和風会をバックグラウンドに、現場で即戦力となるセラピストの育成を目指す

本学院の母体である和風会は、救急病院から介護老人保健施設、在宅ケア部門を持つ医療法人。その現場のニーズに応えられるセラピストを育成するために設立されたのが本学院です。だから、医療に携わる者としてふさわしい人格の形成まで考えて、教育・指導に取り組んでいます。「目で見て、手で触って覚える」ことを大切にして、自助具や装具など、実際の現場で使用しているものに自由に触れられる環境を整備。作業療法学科・理学療法学科では、3年間で国家試験受験資格を得られるため、早く社会に出られることも特徴です。

学校の特長2

1000時間を超える豊富な実習を段階的に行うことでリハビリのプロを育成

作業療法学科・理学療法学科ともに数多くの実習を取り入れており、施設・評価(作業療法学科では体験実習も加わる)・臨床の3段階の実習を行います。設置基準では810時間以上と定められていますが、本学院は世界作業療法士連盟(WFOT)の認定校でもあり、その基準である1000時間以上の実習時間をカリキュラムに組み込んでいます。また、本学院の敷地内には同法人グループの通所介護施設があり、お年寄りがいつもそばにいる、まさに「生の体験ができる」医療法人ならではの環境があります。さらに同法人グループの多摩リハビリテーション病院や老人保健施設メディケア梅の園などを軸に、地域と密着した医療・介護実習に取り組んでいます。

学校の特長3

現場経験豊富な講師陣が、一人ひとりの学生を温かく見守ります

私たちは、即戦力を育成するためには、より多くの現場を経験してもらうことが大切だと考えています。そのため多くの病院や施設を持つ医療法人としてのネットワークを活かし、1年次から様々な実習を取り入れています。授業では長年、病院や施設などで臨床の現場を経験している講師陣が「現場の声」を直接指導。将来につながる実践的な学びを大切にしています。ただ「教える」だけではなく、学生を将来の同僚、後輩として温かい心で「育てて」いく教育が特長。また、タマリハでは担任制を導入しているため、一人ひとりに合わせたサポートが可能です。

多摩リハビリテーション学院からのメッセージ

☆★☆★ 個別見学会 ☆★☆★

ご希望の日時で予約受付中!希望の学科の教員が学院内をご案内します!教員への個別相談では、わからないことをなんでも相談してください!
興味がある方はお電話でご予約ください。

日程:月曜日~土曜日(祝日を除く)
時間:9時~16時
連絡先:0428-21-2001

(1/17更新)

多摩リハビリテーション学院の学部・学科・コース

卒業後のキャリア

詳細を見る

理学療法士

五十嵐 洋美さん

リハビリを通して患者様ができることが増えると、自分のことのように嬉しいんです!

他の卒業生一覧を見る

キャンパスライフレポート

詳細を見る

理学療法学科

小林 颯さん

病院での臨床経験を多く積み、将来はスポーツリハビリにも挑戦したい

他の先輩一覧を見る

学費(初年度納入金)

<2016年度納入金>【作業療法学科・理学療法学科】175万円。2年次以降、年額130万円。3年間合計435万円。※入学金・後期授業料(9月末納付)を含む。教科書・教材・白衣・実習宿泊費などは、都度請求となります。

社会人・大学生・短大生・専門学校生の方へ

大卒を活かして、2年間で医療系国家資格をめざす!

「言語聴覚士」は、乳幼児から高齢者まで、コミュニケーションや食べることに不自由がある方々に豊かな生活が送れるよう支援する専門職です。少子高齢化により社会的ニーズが高いため、就職率は100%を記録しています(就職者32名/2015年3月卒業生実績)。また、タマリハの言語聴覚学科は大卒者(見込み含む)対象の2年課程。国家試験の受験を最短でめざせるので、学費負担を抑えることができるのも魅力です。

問い合わせ先・所在地・アクセス

多摩リハビリテーション学院

〒198-0004 東京都青梅市根ヶ布1-642-1
TEL:0428-21-2001

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都青梅市根ケ布1-642-1 「東青梅」駅から徒歩 10分

地図

 

路線案内

多摩リハビリテーション学院(省庁指定の養成施設/東京)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ