• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 九州大学

国立大学/福岡

キュウシュウダイガク

九州大学の風景

2018年4月「共創学部」設置 課題解決ができるグローバル人材を育成

学生数約19,000人(留学生約2,100人を含む)、12学部を擁する基幹総合大学。全ての分野において世界のトップ百大学に躍進することを目指す「躍進百大」のスローガンのもと、アクティブ・ラーナーを育成しています。

九州大学の特長

九州大学の特長1

文理の壁を越えて仲間と学びあう「基幹教育」で多様なものの見方・考え方を身につける

本学では多様な課題を抱え、グローバル化が進む国際社会において、真のリーダーとして活躍できる人材を育成するために、低学年時のすべての学生を対象に「ものの見方・考え方・学び方」を学ぶために「基幹教育」を導入しています。これは文系・理系の枠を取り払い、物事への視点や価値観が異なる人々と協力して取り組む課題解決型学習です。提示されたテーマや課題について創造的ディスカッションを行うことで、コミュニケーション能力、自己表現力、創造的・批判的思考能力やコラボレーション能力などを伸ばします。アクティブな知的好奇心をもって積極的かつ主体的に学ぶ姿勢を身につけ、専門教育に臨む素地を整えます。

九州大学の特長2

100年の歴史と伝統が紡ぐ人脈が強み。OB・OG訪問に卒業生ネットワークを活用できる

本学は創立から100年以上にわたり、企業や官公庁、教育、研究といった幅広い分野に数多くの人材を輩出してきました。社会の第一線で活躍する卒業生は本学の誇りであり、学生にとっては様々なロールモデルを参考にしながら自分の将来を考えることができるのがメリットに。多くの学生が「OB・OG名簿」を活用してOB・OG訪問を行い、仕事内容、業界動向についてリアルな情報を収集し、就職活動に臨んでいます。その他にも、大手企業の採用担当者を招いての合同企業説明会の実施や、インターンシップ情報の提供、豊富な経験と専門的な知識を持った進路・就職アドバイザーによる就職相談など、一人ひとりの夢の実現をサポートしています。

九州大学の特長3

国際的な視野を持ち、海外で活躍できる人材を育成するため、学生の海外留学を奨励

世界の113大学、機関と学生交流の協定を結ぶ「九州大学大学間交換留学プログラム」では、アメリカ・イギリス・中国・韓国等の大学へ、1学期~1年間、毎年60~70人程度の学生を交換留学へと送り出しています。【交換留学のメリット(1)本学の授業料を納めていれば、留学先での授業料が不要(2)留学先で学生寮に優先的に入れるなど、生活面でのケアが充実(3)留学先での修得単位を、卒業単位として認定可能(4)奨学金や渡航費支援等が充実】 ※その他にも、アメリカ・シリコンバレーやオーストラリア・モナシュ大学での英語研修、台湾での中国語研修など、短期で留学する機会も提供しています。

右へ
左へ
九州大学の特長1

文理の壁を越えて仲間と学びあう「基幹教育」で多様なものの見方・考え方を身につける

本学では多様な課題を抱え、グローバル化が進む国際社会において、真のリーダーとして活躍できる人材を育成するために、低学年時のすべての学生を対象に「ものの見方・考え方・学び方」を学ぶために「基幹教育」を導入しています。これは文系・理系の枠を取り払い、物事への視点や価値観が異なる人々と協力して取り組む課題解決型学習です。提示されたテーマや課題について創造的ディスカッションを行うことで、コミュニケーション能力、自己表現力、創造的・批判的思考能力やコラボレーション能力などを伸ばします。アクティブな知的好奇心をもって積極的かつ主体的に学ぶ姿勢を身につけ、専門教育に臨む素地を整えます。

九州大学の特長2

100年の歴史と伝統が紡ぐ人脈が強み。OB・OG訪問に卒業生ネットワークを活用できる

本学は創立から100年以上にわたり、企業や官公庁、教育、研究といった幅広い分野に数多くの人材を輩出してきました。社会の第一線で活躍する卒業生は本学の誇りであり、学生にとっては様々なロールモデルを参考にしながら自分の将来を考えることができるのがメリットに。多くの学生が「OB・OG名簿」を活用してOB・OG訪問を行い、仕事内容、業界動向についてリアルな情報を収集し、就職活動に臨んでいます。その他にも、大手企業の採用担当者を招いての合同企業説明会の実施や、インターンシップ情報の提供、豊富な経験と専門的な知識を持った進路・就職アドバイザーによる就職相談など、一人ひとりの夢の実現をサポートしています。

九州大学の特長3

国際的な視野を持ち、海外で活躍できる人材を育成するため、学生の海外留学を奨励

世界の113大学、機関と学生交流の協定を結ぶ「九州大学大学間交換留学プログラム」では、アメリカ・イギリス・中国・韓国等の大学へ、1学期~1年間、毎年60~70人程度の学生を交換留学へと送り出しています。【交換留学のメリット(1)本学の授業料を納めていれば、留学先での授業料が不要(2)留学先で学生寮に優先的に入れるなど、生活面でのケアが充実(3)留学先での修得単位を、卒業単位として認定可能(4)奨学金や渡航費支援等が充実】 ※その他にも、アメリカ・シリコンバレーやオーストラリア・モナシュ大学での英語研修、台湾での中国語研修など、短期で留学する機会も提供しています。

右へ
左へ
九州大学の特長1

文理の壁を越えて仲間と学びあう「基幹教育」で多様なものの見方・考え方を身につける

本学では多様な課題を抱え、グローバル化が進む国際社会において、真のリーダーとして活躍できる人材を育成するために、低学年時のすべての学生を対象に「ものの見方・考え方・学び方」を学ぶために「基幹教育」を導入しています。これは文系・理系の枠を取り払い、物事への視点や価値観が異なる人々と協力して取り組む課題解決型学習です。提示されたテーマや課題について創造的ディスカッションを行うことで、コミュニケーション能力、自己表現力、創造的・批判的思考能力やコラボレーション能力などを伸ばします。アクティブな知的好奇心をもって積極的かつ主体的に学ぶ姿勢を身につけ、専門教育に臨む素地を整えます。

九州大学の特長2

100年の歴史と伝統が紡ぐ人脈が強み。OB・OG訪問に卒業生ネットワークを活用できる

本学は創立から100年以上にわたり、企業や官公庁、教育、研究といった幅広い分野に数多くの人材を輩出してきました。社会の第一線で活躍する卒業生は本学の誇りであり、学生にとっては様々なロールモデルを参考にしながら自分の将来を考えることができるのがメリットに。多くの学生が「OB・OG名簿」を活用してOB・OG訪問を行い、仕事内容、業界動向についてリアルな情報を収集し、就職活動に臨んでいます。その他にも、大手企業の採用担当者を招いての合同企業説明会の実施や、インターンシップ情報の提供、豊富な経験と専門的な知識を持った進路・就職アドバイザーによる就職相談など、一人ひとりの夢の実現をサポートしています。

九州大学の特長3

国際的な視野を持ち、海外で活躍できる人材を育成するため、学生の海外留学を奨励

世界の113大学、機関と学生交流の協定を結ぶ「九州大学大学間交換留学プログラム」では、アメリカ・イギリス・中国・韓国等の大学へ、1学期~1年間、毎年60~70人程度の学生を交換留学へと送り出しています。【交換留学のメリット(1)本学の授業料を納めていれば、留学先での授業料が不要(2)留学先で学生寮に優先的に入れるなど、生活面でのケアが充実(3)留学先での修得単位を、卒業単位として認定可能(4)奨学金や渡航費支援等が充実】 ※その他にも、アメリカ・シリコンバレーやオーストラリア・モナシュ大学での英語研修、台湾での中国語研修など、短期で留学する機会も提供しています。

右へ
左へ

九州大学の学部・学科・コース

共創学科 (定員数:105人)

人文学科 (定員数:151人)

経済・経営学科 (定員数:141人)

経済工学科 (定員数:85人)

物理学科 (定員数:55人)

化学科 (定員数:62人)

地球惑星科学科 (定員数:45人)

数学科 (定員数:50人)

生物学科 (定員数:46人)

医学科 (定員数:111人)

生命科学科 (定員数:12人)

保健学科 (定員数:134人)

  • 看護学専攻 (定員数:68人)

  • 放射線技術科学専攻 (定員数:33人)

  • 検査技術科学専攻 (定員数:33人)

歯学科 (定員数:53人)

創薬科学科<4年制> (定員数:49人)

臨床薬学科<6年制> (定員数:30人)

建築学科 (定員数:58人)

電気情報工学科 (定員数:153人)

物質科学工学科 (定員数:163人)

地球環境工学科 (定員数:145人)

エネルギー科学科 (定員数:95人)

機械航空工学科 (定員数:164人)

環境設計学科 (定員数:35人)

工業設計学科 (定員数:45人)

画像設計学科 (定員数:35人)

音響設計学科 (定員数:35人)

芸術情報設計学科 (定員数:37人)

生物資源環境学科 (定員数:226人)

九州大学の入試情報

下記は全学部の入試情報をもとに表出しておりますので、詳細は各入試種別のページをご覧ください。

入試情報を見る

合格難易度

九州大学の学費(初年度納入金)

2017年度納入金 全学部81万7800円(入学料28万2000円、授業料53万5800円)
(授業料は前期・後期で分納)

九州大学の就職・資格

就職支援

一人ひとりの目標を実現するための様々な就職サポート

■学内企業説明会/大手企業400社ほどの人事担当者を招いて行う学内合同企業説明会や、個別企業による会社説明会を実施。本学卒業生も参加するため、その場でOB・OGから話を聞くことができるチャンスとなっています。 ■インターンシップ/企業・官公庁等において自分の専門分野や将来のキャリアに関連する就業体験を行う機会を設けています。学生支援課が公的団体等と連携して実施しているプログラムや、各学部が窓口となって行うプログラムがあり、自己の職業適性や将来設計について考えるきっかけを提供しています。 ■就職相談/豊富な経験と専門的な知識を持つ進路・就職アドバイザーが、随時、就職相談に対応しています。

九州大学の問い合わせ先・所在地・アクセス

九州大学学務部入試課

〒812-8581 福岡市東区箱崎6-10-1
TEL:092-642-2265 (九州大学学務部入試課直通)

所在地 アクセス 地図・路線案内
伊都キャンパス : 福岡県福岡市西区元岡744 JR「九大学研都市」駅から昭和バスで14分 九大工学部前または九大ビッグオレンジ前下車、徒歩1分

地図

 

路線案内

病院キャンパス : 福岡県福岡市東区馬出3-1-1 地下鉄箱崎線「馬出九大病院前」駅下車、徒歩10分

地図

 

路線案内

大橋キャンパス : 福岡県福岡市南区塩原4-9-1 西鉄天神大牟田線「大橋」駅下車、徒歩5分

地図

 

路線案内

九州大学のブログ・インフォ

  • 2019年02月20日 17:00 facebook

    【Topics】 九州大学エネルギーウィーク2019を開催  平成31年1月28日(月)から2月1日(金)の5日間にわたり、「エネルギー分野の英知が 垣根を越えて結集 豊かな創造性を備えた次世代を担う若者を育む」をテーマに、エネルギーに関する一大シンポジウム「九州大学エネルギーウィーク2019」を開催しました。  このシンポジウムは、本学のエネルギー関連部局が連携し帯同参画したシンポジウムであり、「未来エネルギー」を中心テーマとする国際ワークショップ、産学官連携ワークショップ等を開催し、エネルギー研究の国際的なハブ機能を担うための研究者の交流の場として位置付けられています。 ※詳細はこちら http://www.kyushu-u.ac.jp/ja/topics/view/1460

    https://www.facebook.com/113560062066945/posts/2115029435253321

  • 2019年02月19日 17:00 facebook

    【研究成果】(共同研究) モデル動物が群れをつくるメカニズムを解明  滋賀医科大学神経難病研究センターの杉 拓磨助教、西村正樹教授、九州大学芸術工学研究院の伊藤浩史准教授、北陸先端科学技術大学院大学の永井健講師は、動物集団が群れをつくる際のメカニズムを解明しました。これにより将来的に渋滞時や災害時の群衆の効率的な流動制御や、ロボットの群知能制御などへつながることが期待されます。 ※詳細はこちら http://www.kyushu-u.ac.jp/ja/researches/view/321

    https://www.facebook.com/113560062066945/posts/2113154882107443

  • 2019年02月19日 12:00 facebook

    【研究成果】(共同研究) 膜タンパク質の働きに深く関わる脂質を簡便に特定する方法の開発に成功 - 多様な脂質の生理機能の解明や医薬品開発に期待 -  九州大学大学院理学研究院の松森信明教授と理学府博士後期課程2年稲田壮峰大学院生の研究グループは、福井大学医学部の老木成稔教授の研究グループと共同で、膜タンパク質に相互作用する脂質を簡便に特定する方法の開発に成功しました。  今後、この方法を多くの膜タンパク質に適用することで、どのような脂質が膜タンパク質の機能を制御しているのかを明らかにすることができ、「なぜこれほど多様な脂質が存在するのか」という生物学の大きな謎の解明につながると期待されます。また、脂質の代わりに薬を使用すれば、膜タンパク質と薬の相互作用も解析できることから、医薬品開発への応用も期待できます。 ※詳細はこちら http://www.kyushu-u.ac.jp/ja/researches/view/320

    https://www.facebook.com/113560062066945/posts/2113044515451813

  • 2019年02月18日 17:00 facebook

    【Topics】 石川邦夫教授が日本オープンイノベーション大賞選考委員特別賞を受賞  九州大学大学院歯学研究院の石川邦夫教授が日本オープンイノベーション大賞(Japan Open Innovation Prize(JOIP)) 選考委員特別賞を受賞しました。  日本オープンイノベーション大賞は内閣府、総務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省、一般社団法人日本経済団体連合会、日本学術会議が主催する賞で、イノベーションの創出を巡る国際的な競争の激化を鑑み、我が国のオープンイノベーションをさらに推進するために、今後のロールモデルとして期待される先導性や独創性の高い取組を称えることを目的とした賞です。 ※詳細はこちら http://www.kyushu-u.ac.jp/ja/topics/view/1458

    https://www.facebook.com/113560062066945/posts/2107229962699935

  • 2019年02月18日 15:00 facebook

    【研究成果】(共同研究) 簡単に微生物を特定! �- 感染症の予防に期待!-  名古屋大学大学院工学研究科の馬場 嘉信 教授、安井 隆雄 准教授らの研究グループは、九州大学先導物質化学研究所の柳田 剛 教授、大阪大学産業科学研究所の川合 知二 特任教授との共同研究で、微生物を簡単に破砕し、微生物の種類を特定する技術を新たに発見しました。 ※詳細はこちら http://www.kyushu-u.ac.jp/ja/researches/view/319

    https://www.facebook.com/113560062066945/posts/2107224746033790

九州大学(国立大学/福岡)