• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 山口大学

国立大学/山口

ヤマグチダイガク

自分の可能性を「発見し・はぐくみ・かたちにする 知の広場」9学部22学科の多彩な学び

9学部8研究科に1万人を超える学生が在籍し、200年以上の長い歴史を持つ総合大学です。全国に誇れる知的財産教育など、人間力とチャレンジ精神を持ち、地域と国際社会の発展に貢献できる人材を育成しています。

山口大学の特長

学校の特長1

「未来型レタス」(LEDで栽培)、中温・高温微生物の研究など―理系研究に特色あり

本学は社会で注目される研究室がたくさんあります。農学部の執行研究室は、太陽光の代わりにLEDを利用する未来型のレタス栽培に成功。その画期的な技術は全国に広がりをみせています。また、「発酵微生物」「環境微生物」「病原微生物」の3部門から成る微生物研究センターでは、微生物によって地球温暖化に伴う諸問題とそれによって引き起こされる課題を解決する取り組みを研究。世界で活躍できる若手研究者を育成する機関です。その他、香りの研究を行う赤壁研究室ではほのかな柑橘の香りを有し、生臭さのない「柑味鮎(かんみあゆ)」の開発を行うなど、5学部4研究科にまたがる理系分野では多くのユニークな研究が行われています。

学校の特長2

活躍の場は、世界中!社会で求められる課題解決能力と英語スキルが身につく授業が豊富

国際総合科学部(2015年4月設置の新学部)では、2年秋からの1年間留学を必修とし、幅広い知識・視野、高いコミュニケーション能力を身に付けられるようなカリキュラムが組まれています。交換留学はたくさんの留学先から選ぶことができ、興味関心に合わせて国や地域を選択することができます。単位認定ができるため、1年間留学をしても4年で大学卒業が可能です。また普段の学生生活でも、海外からの交換留学生(約80名)と共に学ぶ環境なので、グローバルな視点で考える機会が豊富。さらに、デザイン科学、プロジェクト型課題解決演習(PBL)などの実践的な科目が用意されているので、現代社会で求められている課題解決能力を磨くことができます。

学校の特長3

学生寮や返還不要・大学独自の奨学金制度など経済面のサポートに魅力あり!

全室バス・トイレ付の1人部屋、2009年以降に改修・完成したばかりの新しい学生寮があります。寮費は月額16,500円~24,300円と安く抑えられており、経済的な負担を軽減。(山口市・宇部市の2キャンパスで合計7棟、635名収容可能)その他、経済的支援として大学独自の給付型奨学金「七村奨学金」を用意(年額63万円)しています。成績優秀者に対し、最長で卒業まで継続支給されます。その他、授業料免除制度、特待生制度もあります。また、総合図書館の充実した設備(会話をしながら学習できるアカデミックフォレスト、グループで集中して勉強できるグループ学習室、自習スペース)は学生からも人気で、学習環境も整っています。

右へ
左へ
学校の特長1

「未来型レタス」(LEDで栽培)、中温・高温微生物の研究など―理系研究に特色あり

本学は社会で注目される研究室がたくさんあります。農学部の執行研究室は、太陽光の代わりにLEDを利用する未来型のレタス栽培に成功。その画期的な技術は全国に広がりをみせています。また、「発酵微生物」「環境微生物」「病原微生物」の3部門から成る微生物研究センターでは、微生物によって地球温暖化に伴う諸問題とそれによって引き起こされる課題を解決する取り組みを研究。世界で活躍できる若手研究者を育成する機関です。その他、香りの研究を行う赤壁研究室ではほのかな柑橘の香りを有し、生臭さのない「柑味鮎(かんみあゆ)」の開発を行うなど、5学部4研究科にまたがる理系分野では多くのユニークな研究が行われています。

学校の特長2

活躍の場は、世界中!社会で求められる課題解決能力と英語スキルが身につく授業が豊富

国際総合科学部(2015年4月設置の新学部)では、2年秋からの1年間留学を必修とし、幅広い知識・視野、高いコミュニケーション能力を身に付けられるようなカリキュラムが組まれています。交換留学はたくさんの留学先から選ぶことができ、興味関心に合わせて国や地域を選択することができます。単位認定ができるため、1年間留学をしても4年で大学卒業が可能です。また普段の学生生活でも、海外からの交換留学生(約80名)と共に学ぶ環境なので、グローバルな視点で考える機会が豊富。さらに、デザイン科学、プロジェクト型課題解決演習(PBL)などの実践的な科目が用意されているので、現代社会で求められている課題解決能力を磨くことができます。

学校の特長3

学生寮や返還不要・大学独自の奨学金制度など経済面のサポートに魅力あり!

全室バス・トイレ付の1人部屋、2009年以降に改修・完成したばかりの新しい学生寮があります。寮費は月額16,500円~24,300円と安く抑えられており、経済的な負担を軽減。(山口市・宇部市の2キャンパスで合計7棟、635名収容可能)その他、経済的支援として大学独自の給付型奨学金「七村奨学金」を用意(年額63万円)しています。成績優秀者に対し、最長で卒業まで継続支給されます。その他、授業料免除制度、特待生制度もあります。また、総合図書館の充実した設備(会話をしながら学習できるアカデミックフォレスト、グループで集中して勉強できるグループ学習室、自習スペース)は学生からも人気で、学習環境も整っています。

右へ
左へ
学校の特長1

「未来型レタス」(LEDで栽培)、中温・高温微生物の研究など―理系研究に特色あり

本学は社会で注目される研究室がたくさんあります。農学部の執行研究室は、太陽光の代わりにLEDを利用する未来型のレタス栽培に成功。その画期的な技術は全国に広がりをみせています。また、「発酵微生物」「環境微生物」「病原微生物」の3部門から成る微生物研究センターでは、微生物によって地球温暖化に伴う諸問題とそれによって引き起こされる課題を解決する取り組みを研究。世界で活躍できる若手研究者を育成する機関です。その他、香りの研究を行う赤壁研究室ではほのかな柑橘の香りを有し、生臭さのない「柑味鮎(かんみあゆ)」の開発を行うなど、5学部4研究科にまたがる理系分野では多くのユニークな研究が行われています。

学校の特長2

活躍の場は、世界中!社会で求められる課題解決能力と英語スキルが身につく授業が豊富

国際総合科学部(2015年4月設置の新学部)では、2年秋からの1年間留学を必修とし、幅広い知識・視野、高いコミュニケーション能力を身に付けられるようなカリキュラムが組まれています。交換留学はたくさんの留学先から選ぶことができ、興味関心に合わせて国や地域を選択することができます。単位認定ができるため、1年間留学をしても4年で大学卒業が可能です。また普段の学生生活でも、海外からの交換留学生(約80名)と共に学ぶ環境なので、グローバルな視点で考える機会が豊富。さらに、デザイン科学、プロジェクト型課題解決演習(PBL)などの実践的な科目が用意されているので、現代社会で求められている課題解決能力を磨くことができます。

学校の特長3

学生寮や返還不要・大学独自の奨学金制度など経済面のサポートに魅力あり!

全室バス・トイレ付の1人部屋、2009年以降に改修・完成したばかりの新しい学生寮があります。寮費は月額16,500円~24,300円と安く抑えられており、経済的な負担を軽減。(山口市・宇部市の2キャンパスで合計7棟、635名収容可能)その他、経済的支援として大学独自の給付型奨学金「七村奨学金」を用意(年額63万円)しています。成績優秀者に対し、最長で卒業まで継続支給されます。その他、授業料免除制度、特待生制度もあります。また、総合図書館の充実した設備(会話をしながら学習できるアカデミックフォレスト、グループで集中して勉強できるグループ学習室、自習スペース)は学生からも人気で、学習環境も整っています。

右へ
左へ

山口大学からのメッセージ

山口大学では、公式LINEアカウントを開設しました!
受験生向けの入試情報を中心に、大学のトピックスやイベント情報をお届けしていきます。

【お友達登録の方法】
LINEアプリを起動し「友達追加」から、
「公式アカウント」でアカウント名「山口大学」を検索
または、「ID検索」で「yamaguchi_u」で検索して下さい。

詳しくはこちらのページをご覧下さい。
http://www.yamaguchi-u.ac.jp/news/2017/_6083.html

(10/18更新)

山口大学の学部・学科・コース

人文学科

学校教育教員養成課程 (募集人数:180人)

  • 小学校教育コース小学校総合選修

  • 小学校教育コース教育学選修

  • 小学校教育コース心理学選修

  • 小学校教育コース国際理解教育選修

  • 幼児教育コース

  • 特別支援教育コース

  • 情報教育コース

  • 教科教育コース国語教育選修

  • 教科教育コース社会科教育選修

  • 教科教育コース数学教育選修

  • 教科教育コース理科教育選修

  • 教科教育コース音楽教育選修

  • 教科教育コース美術教育選修

  • 教科教育コース保健体育選修

  • 教科教育コース技術教育選修

  • 教科教育コース家政教育選修

  • 教科教育コース英語教育選修

経済学科 (募集人数:130人)

経営学科 (募集人数:165人)

観光政策学科 (募集人数:50人)

数理科学科 (募集人数:50人)

物理・情報科学科 (募集人数:60人)

生物・化学科 (募集人数:80人)

地球圏システム科学科 (募集人数:30人)

医学科 (募集人数:107人)

保健学科 (募集人数:120人)

  • 看護学専攻 (募集人数:80人)

  • 検査技術科学専攻 (募集人数:40人)

機械工学科 (募集人数:90人)

社会建設工学科 (募集人数:80人)

応用化学科 (募集人数:90人)

電気電子工学科 (募集人数:80人)

知能情報工学科 (募集人数:80人)

感性デザイン工学科 (募集人数:55人)

循環環境工学科 (募集人数:55人)

生物資源環境科学科 (募集人数:50人)

生物機能科学科 (募集人数:50人)

獣医学科 (募集人数:30人)

国際総合科学科 (募集人数:100人)

入試情報

実施している前年度入試一覧

合格難易度

学費(初年度納入金)

【2018年度納入金】81万7800円(全学部共通)<吉田キャンパス>人文学部/教育学部/経済学部/理学部/農学部/共同獣医学部/国際総合科学部 <小串キャンパス>医学部 <常盤キャンパス>工学部
(入学金含む)

就職・資格

卒業後の進路データ (2016年3月卒業生実績)

卒業者数1,734名
就職希望者数1,243名
就職者数1,152名
就職率92.7%(就職者数/就職希望者数)
進学者数449名

就職支援

自分のキャリアを自分で考える。そのためのキャリア教育を全学部で実施、就職活動の力に!

全学部のキャリア教育を必修化。1年生向け授業では、大学で学ぶ意義を考え、大学生活を充実させる方法を学びます。3年生向け授業では、「自分のキャリアは自分で考える」ための考え方を理解し、働くための基礎知識を得ることを目的とします。就職活動を経験した先輩や企業、官公庁で働く方々をゲストに招くほか、自分の問題としてキャリアを考えるための各種ワークを取り入れ、就職活動にも大いに役立っています。また、山口県若者就職支援センターの就職相談コーナーが毎週1回、吉田キャンパスに開設。履歴書の添削や面接指導などの個別指導のほか、面接練習会・グループディスカッション練習会、エントリーシート勉強会も開催しています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

山口大学

(吉田キャンパス)

〒753-8511 山口県山口市吉田1677-1
TEL:083-933-5153 (学生支援部入試課)

所在地 アクセス 地図・路線案内
山口県山口市吉田1677-1 JR山口線「湯田温泉」駅下車、徒歩25分

地図

 

路線案内

山口県宇部市常盤台2-16-1 JR宇部線「宇部新川」駅下車、市営バスで12分 「工学部前」下車、徒歩3分
JR宇部線「琴芝」駅下車、市営バスで5分 「工学部前」下車、徒歩3分

地図

 

路線案内

山口県宇部市南小串1-1-1 JR宇部線「宇部新川」駅下車、徒歩10分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2017年10月18日 16:20 facebook

    創成科学研究科の赤松良久教授らがドローンによる水生生物調査が可能となる環境DNA調査法を確立しました。 これまで、水域での生物調査は、多大な時間や労力がかかり高コストであることが課題でした。湖沼・河川などの水環境中には、生物のフンや表皮などから溶け出たDNA断片(環境DNA)が存在しています。創成科学研究科工学系学域の赤松良久教授らの研究チームは、新たに環境DNA採水用のドローンシステムを開発し、ドローンでの採水により、環境DNA分析から魚類をターゲットにして生物調査を行う手法を開発しました。  この手法を用い、ダム湖において、ドローンによる表面水の採水を行ったところ、採水したサンプルから環境DNAを取り出し、ブルーギル、オオクチバスに特異的なDNAを測定することができました。また、環境DNA分析では、サンプルの間での混入(別のサンプルから少量の水が混入する)が問題となりますが、その対策として、採水のたびにDNAを除去できるように、取り外してDNAの除染を可能とする新たな採水システムを開発しました。 ダム湖において11月と12月の2回、複数地点において試行したところ、いずれにおいても対象となるブルーギル、オオクチバスについて環境DNAが検出され、また、サンプルの間の混入についても詳細にテストを行いましたが、いずれの場合も検出されず、混入が起きていないことを確認しました。  本研究結果は、ドローンによる採水によって環境DNAを用いた魚類など水生生物調査が、従来の調査手法よりはるかに簡便に行えることを示唆しています。また流れの速い(1.5 m /s)河川においても採水が安全に行えることを確認しており、湖沼だけでなく、河川、海域での調査にも利用できます。さらに、ドローンを使うことで、調査者が水域に直接入る必要がなく、作業者の安全が確保され、水域での調査の安全性を大幅に高める可能性があります。

    https://www.facebook.com/289321937754559/posts/1915860601767343

  • 2017年10月17日 13:21 facebook

     10月4日(水)、業務支援室による吉田地区学内便の運搬業務開始に伴い、出発式が行われました。  出発式では、岡 正朗学長から、広いキャンパス構内が業務支援室のスタッフの手でいつもきれいに保たれていることへのねぎらいと新しい業務へ期待する旨の挨拶があり、その後3名のスタッフに学内便ビブスが手渡されました。  業務支援室のスタッフを代表し、齊藤健一さんが「元気一杯、一生懸命、安全に確実に皆さんに、心をこめて、心を伝えて多くの書類を届けるように頑張ります。」と挨拶を述べると会場は温かい拍手に包まれました。  当日は晴天に恵まれ、業務支援室の仲間や事務局・各部局から集まった大勢の教職員が見守る中、岡学長、古賀和利理事、田中和広理事、有吉義和業務支援室長によるテープカットが行われ、3名のスタッフが学内便の配達へと出発しました。  本学では、障がい者雇用を推進する中で、平成23年4月に総務部人事課に「業務支援室」を設置し、さらに10年後を見据えて策定した「明日の山口大学ビジョン2015」においても、様々な多様性を許容し、学生や教職員がいきいきと活躍する「ダイバーシティキャンパス」の創造を目指しています。  業務支援室のスタッフは、やりがいを持って業務を行っているため定着率も高く、現在17名が在職しており、主な仕事として、縁石清掃や花壇づくりといった構内の清掃や美化作業、シュレッダーによる不要書類裁断や各種封筒詰め、データ入力といった事務作業を行っています。また、平成24年1月から、総合図書館に届いた教員の研究図書を、週3回、各学部に配達する書籍の運搬(通称「BOOK便」)の業務を行ってきました。  吉田地区学内便運搬業務については、これまで業務を担ってきた施設環境部職員の高齢による退職等があり、業務の見直しを検討した結果、業務支援室においてBOOK便の経験を活かして、トライアル期間を設けて吉田地区学内便の運搬を行うこととなりました。  諸準備と各部局への周知を経て、7月上旬から1日1便の試行を行い、山口障害者職業センターのジョブコーチによる観察と助言も受けて、円滑に運搬を行うことが確認できたことから、出発式を開催したものです。  今後も本学では、多様な人材の活用と教育研究環境の整備を推進していきます。

    https://www.facebook.com/289321937754559/posts/1909012839118786

  • 2017年10月16日 17:20 facebook

    9月29日(金)、山口大学の留学生と日本人学生が共同生活する「YU国際シェアハウス」にて、新しく入居する交換留学生の歓迎のためにYU国際シェアハウスの広いスペースを活用して「流し素麺」が行われました。 YU国際シェアハウスでは入居する交換留学生が毎年入れ替わるため、ご挨拶もかねて地域の方々にも歓迎会のお声かけをしています。当日はYU国際シェアハウスシェアハウスがある吉敷下東地区の町内会の会長さんにもご参加いただき、ご挨拶をいただきました。  当日はとても良い天気で、新入居者の留学生約80名と日本人学生、地域の皆さん、教職員を含めて約110人が参加しました。新入居者の交換留学生は来日してまだ1週間。流し素麺は始めてという学生がほとんどで、箸と麺つゆを持ってワイワイとはしゃぎながら素麺をすくっていました。食後は、山口大学の留学生サポーターによる猛獣狩りゲームやジェスチャーゲームで大いに盛り上がりました。 

    https://www.facebook.com/289321937754559/posts/1903073313046072

  • 2017年10月13日 11:21 facebook

     9月26日(火)、山口大学常盤キャンパスにて、山口大学生命医工学センター(YUBEC)の第5回シンポジウム(YUBECS5)を開催いたしました。当日は企業関係者34名、自治体・支援機関・その他から20名、学内から88名の140名を超える参加がありました。  2014年にYUBECが発足してから5回目となる今回のシンポジウムでは、8月に東京ビッグサイトで開催された「イノベーション・ジャパン2017」での組織展示を中心としたYUBECのシーズが紹介されました。  シンポジウムでは、開催のあいさつとして、YUBECの山本修一センター長(創成科学研究科工学系学域 教授)からYUBECの構成と取組、そして山口県産業技術センターイノベーション推進センター医療関連推進チームの安田研一プロジェクトプロデューサーから医工連携への期待が紹介されました。続く特別講演セッションでは医工学分野の最新の話題が2件紹介されました。本学総合科学実験センター副センター長の水上洋一教授から「全ゲノム解析技術を応用した新事業の創出へーゲノム医療から環境分野までー」と題して次世代シーケンサーを使った応用研究が紹介されました。また、バイオ科学系ベンチャー企業である株式会社オンチップ・バイオテクノロジーズ (東京都小金井市)の取締役、武田一男氏から「世界初︕ マイクロ流路チップ・セルソーター(細胞解析分離装置)」と題し同社の技術が紹介されました。これは、ゲノム医療でがんに対する最適な治療薬選択するために、患者からの採血により得られる血液中のがん細胞の分取及び発現解析を行う装置です。いずれも参加者の関心が高く活発な質疑応答が行われました。  ショートプレゼンテーションのセッションで6件、ポスターセッションでは29件の発表があり、イノベーションジャパンでの組織展示をはじめとするYUBECのシーズの他に、ゲストとして2件の医工連携の成果も紹介されました。ゲストは、学長賞を2年連続で受賞した学生プロジェクト「ICT活用による救急搬送支援システム」(創成科学研究科博士前期課程1年大隈晃平さん、医学部5年山中雄城さん)と企業と山口大学との共同開発製品「遺伝子診断チップ」(株式会社東洋鋼鈑(東京都文京区))です。D講義棟のオープンスペースを会場としたポスターセッションでは、会場のそこここで展示者と参加者とがそれぞれのシーズについて活発に意見を交換していました。  また、初の試みとして、3つの研究室をピックアップし、研究開発の現場である研究室を紹介する研究室訪問ツアーが開催されました。企業や自治体、学内からも多くの参加があり、大変興味深かった等の感想が寄せられ大変好評でした。  なお、当日の配布資料の一部はYUBECのウエブページでご覧いただくことができます。 http://bio-med.eng.yamaguchi-u.ac.jp/index.html 【参考】9月19日掲載記事  イノベーション・ジャパン2017において技術シーズの展示を行いました http://www.yamaguchi-u.ac.jp/topics/2017/_6444.html

    https://www.facebook.com/289321937754559/posts/1908933472460056

  • 2017年10月11日 15:21 facebook

     9月25日(月)、創成科学研究科理学系学域化学分野の川俣純教授が、一般社団法人日本粘土学会より、平成29年度の学会賞の表彰を受けました。この賞は、粘土科学に関する独創的で重要な研究をなし、その業績が特に優秀であると認められた者に与えられ、受賞タイトルは「粘土鉱物-有機化合物ハイブリッドによる光学材料の創製」です。  川俣教授は、粘土鉱物にインターカレートされた有機化合物が特異的な光機能を示すことを明らかにしてきたとともに、その機能をデバイスとして実用可能な光学材料へと展開する研究を多年にわたり進めてきました。川俣教授は、粘土鉱物-有機化合物ハイブリッドの実用化を妨げている主原因が粘土粒子による光散乱にあると見抜き、光学の専門家の立場から、粘土粒子の粒径と集積状態を適切に制御する戦略を提案し、光デバイスとして必要十分なレベルにまで光散乱を抑制した粘土鉱物-有機化合物ハイブリッドの作製方法をあみ出しました。また、日本粘土学会以外の学会においても、日本化学会の「低次元系光機能材料研究会」の会長や、数々の国際学会の組織委員を務め、粘土鉱物に関する研究を日本粘土学会の外に幅広く普及させる活動にも取り組んできました。  以上の功績が評価され、富山大学で開催された日本粘土学会の総会で、八田珠郎会長から賞状が授与されました。

    https://www.facebook.com/289321937754559/posts/1899551730064897

山口大学(国立大学/山口)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ