• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 山口大学
山口大学の風景

自分の可能性を「発見し・はぐくみ・かたちにする 知の広場」9学部22学科の多彩な学び

9学部8研究科に1万人を超える学生が在籍し、200年以上の長い歴史を持つ総合大学です。全国に誇れる知的財産教育などで、人間力とチャレンジ精神を持ち、地域と国際社会の発展に貢献できる人材を育成しています。

山口大学の特長

山口大学の特長1

未来のテクノロジーは山口大学工学部から (画像/出典:JAXA)

国際宇宙ステーション(ISS)の日本が誇る実験棟「きぼう」では初となる、軌道上での燃焼実験を三上真人教授がJAXAとの共同実験で成功させました。環境に優しく力強い夢のエンジンの開発に貢献することが期待されています。吉本信子教授のグループが実現を目指す次世代電池に関する研究は、1回の充電で1週間使えるスマホを実現するかもしれません。人工衛星から送られてくる地球画像にAIを活用した分析から津波や台風などの危険を瞬時に察知し、人々を安全へと導く、それが三浦房紀教授の運営する「山口大学応用衛星リモートセンシング研究センター」の役割です。山口大学工学部に来て、未来のテクノロジーを現実のものにしましょう。

山口大学の特長2

活躍の場は、世界中!社会で求められる課題解決能力と英語スキルが身につく授業が豊富

国際総合科学部では、2年次秋からの1年間留学を必修とし、幅広い知識・視野、高いコミュニケーション能力を身に付けられるようカリキュラムが組まれています。交換留学はたくさんの留学先から選ぶことができ、興味・関心に合わせて国や地域を選択することができます。単位認定ができるため、1年間留学をしても4年で大学卒業が可能です。また普段の学生生活でも、海外からの交換留学生(約80名)と共に学ぶ環境なので、グローバルな視点で考える機会が豊富。さらに、デザイン科学、プロジェクト型課題解決演習(PBL)などの実践的な科目が用意されているので、現代社会で求められている課題解決能力を磨くことができます。

山口大学の特長3

学生寮や返還不要・大学独自の奨学金制度など経済面のサポートに魅力あり!

全室バス・トイレ付の1人部屋、2009年以降に改修・完成したばかりの新しい学生寮があります。寮費は月額16,500円~24,300円と安く抑えられており、経済的な負担を軽減(山口市・宇部市の2キャンパスで合計7棟、635名収容可能)。その他、経済的支援として大学独自の給付型奨学金「七村奨学金」を用意(年額63万円)しています。成績優秀者に対し、最長で卒業まで継続支給されます。その他、授業料免除制度、特待生制度もあります。また、総合図書館の充実した設備(会話をしながら学習できるアカデミックフォレスト、グループで集中して勉強できるグループ学習室、自習スペース)は学生に人気で、学習環境も整っています。

右へ
左へ
山口大学の特長1

未来のテクノロジーは山口大学工学部から (画像/出典:JAXA)

国際宇宙ステーション(ISS)の日本が誇る実験棟「きぼう」では初となる、軌道上での燃焼実験を三上真人教授がJAXAとの共同実験で成功させました。環境に優しく力強い夢のエンジンの開発に貢献することが期待されています。吉本信子教授のグループが実現を目指す次世代電池に関する研究は、1回の充電で1週間使えるスマホを実現するかもしれません。人工衛星から送られてくる地球画像にAIを活用した分析から津波や台風などの危険を瞬時に察知し、人々を安全へと導く、それが三浦房紀教授の運営する「山口大学応用衛星リモートセンシング研究センター」の役割です。山口大学工学部に来て、未来のテクノロジーを現実のものにしましょう。

山口大学の特長2

活躍の場は、世界中!社会で求められる課題解決能力と英語スキルが身につく授業が豊富

国際総合科学部では、2年次秋からの1年間留学を必修とし、幅広い知識・視野、高いコミュニケーション能力を身に付けられるようカリキュラムが組まれています。交換留学はたくさんの留学先から選ぶことができ、興味・関心に合わせて国や地域を選択することができます。単位認定ができるため、1年間留学をしても4年で大学卒業が可能です。また普段の学生生活でも、海外からの交換留学生(約80名)と共に学ぶ環境なので、グローバルな視点で考える機会が豊富。さらに、デザイン科学、プロジェクト型課題解決演習(PBL)などの実践的な科目が用意されているので、現代社会で求められている課題解決能力を磨くことができます。

山口大学の特長3

学生寮や返還不要・大学独自の奨学金制度など経済面のサポートに魅力あり!

全室バス・トイレ付の1人部屋、2009年以降に改修・完成したばかりの新しい学生寮があります。寮費は月額16,500円~24,300円と安く抑えられており、経済的な負担を軽減(山口市・宇部市の2キャンパスで合計7棟、635名収容可能)。その他、経済的支援として大学独自の給付型奨学金「七村奨学金」を用意(年額63万円)しています。成績優秀者に対し、最長で卒業まで継続支給されます。その他、授業料免除制度、特待生制度もあります。また、総合図書館の充実した設備(会話をしながら学習できるアカデミックフォレスト、グループで集中して勉強できるグループ学習室、自習スペース)は学生に人気で、学習環境も整っています。

右へ
左へ
山口大学の特長1

未来のテクノロジーは山口大学工学部から (画像/出典:JAXA)

国際宇宙ステーション(ISS)の日本が誇る実験棟「きぼう」では初となる、軌道上での燃焼実験を三上真人教授がJAXAとの共同実験で成功させました。環境に優しく力強い夢のエンジンの開発に貢献することが期待されています。吉本信子教授のグループが実現を目指す次世代電池に関する研究は、1回の充電で1週間使えるスマホを実現するかもしれません。人工衛星から送られてくる地球画像にAIを活用した分析から津波や台風などの危険を瞬時に察知し、人々を安全へと導く、それが三浦房紀教授の運営する「山口大学応用衛星リモートセンシング研究センター」の役割です。山口大学工学部に来て、未来のテクノロジーを現実のものにしましょう。

山口大学の特長2

活躍の場は、世界中!社会で求められる課題解決能力と英語スキルが身につく授業が豊富

国際総合科学部では、2年次秋からの1年間留学を必修とし、幅広い知識・視野、高いコミュニケーション能力を身に付けられるようカリキュラムが組まれています。交換留学はたくさんの留学先から選ぶことができ、興味・関心に合わせて国や地域を選択することができます。単位認定ができるため、1年間留学をしても4年で大学卒業が可能です。また普段の学生生活でも、海外からの交換留学生(約80名)と共に学ぶ環境なので、グローバルな視点で考える機会が豊富。さらに、デザイン科学、プロジェクト型課題解決演習(PBL)などの実践的な科目が用意されているので、現代社会で求められている課題解決能力を磨くことができます。

山口大学の特長3

学生寮や返還不要・大学独自の奨学金制度など経済面のサポートに魅力あり!

全室バス・トイレ付の1人部屋、2009年以降に改修・完成したばかりの新しい学生寮があります。寮費は月額16,500円~24,300円と安く抑えられており、経済的な負担を軽減(山口市・宇部市の2キャンパスで合計7棟、635名収容可能)。その他、経済的支援として大学独自の給付型奨学金「七村奨学金」を用意(年額63万円)しています。成績優秀者に対し、最長で卒業まで継続支給されます。その他、授業料免除制度、特待生制度もあります。また、総合図書館の充実した設備(会話をしながら学習できるアカデミックフォレスト、グループで集中して勉強できるグループ学習室、自習スペース)は学生に人気で、学習環境も整っています。

右へ
左へ

山口大学からのメッセージ

山口大学では、公式LINEアカウントを開設しました!
受験生向けの入試情報を中心に、大学のトピックスやイベント情報をお届けしていきます。

【お友達登録の方法】
LINEアプリを起動し「友達追加」から、
「公式アカウント」でアカウント名「山口大学」を検索
または、「ID検索」で「yamaguchi_u」で検索して下さい。

詳しくはこちらのページをご覧下さい。
http://www.yamaguchi-u.ac.jp/news/2017/_6083.html

(11/26更新)

山口大学の学部・学科・コース

人文学科 (定員数:185人)

学校教育教員養成課程 (定員数:180人)

  • 小学校教育コース小学校総合選修

  • 小学校教育コース教育学選修

  • 小学校教育コース心理学選修

  • 小学校教育コース国際理解教育選修

  • 幼児教育コース

  • 特別支援教育コース

  • 情報教育コース

  • 教科教育コース国語教育選修

  • 教科教育コース社会科教育選修

  • 教科教育コース数学教育選修

  • 教科教育コース理科教育選修

  • 教科教育コース音楽教育選修

  • 教科教育コース美術教育選修

  • 教科教育コース保健体育選修

  • 教科教育コース技術教育選修

  • 教科教育コース家政教育選修

  • 教科教育コース英語教育選修

経済学科 (定員数:130人)

経営学科 (定員数:165人)

観光政策学科 (定員数:50人)

数理科学科 (定員数:50人)

物理・情報科学科 (定員数:60人)

生物・化学科 (定員数:80人)

地球圏システム科学科 (定員数:30人)

医学科 (定員数:107人)

保健学科 (定員数:120人)

  • 看護学専攻 (定員数:80人)

  • 検査技術科学専攻 (定員数:40人)

機械工学科 (定員数:90人)

社会建設工学科 (定員数:80人)

応用化学科 (定員数:90人)

電気電子工学科 (定員数:80人)

知能情報工学科 (定員数:80人)

感性デザイン工学科 (定員数:55人)

循環環境工学科 (定員数:55人)

生物資源環境科学科 (定員数:50人)

生物機能科学科 (定員数:50人)

獣医学科 (定員数:30人)

国際総合科学科 (定員数:100人)

山口大学の入試情報

下記は全学部の入試情報をもとに表出しておりますので、詳細は各入試種別のページをご覧ください。

  • 試験実施数 出願期間 試験日 検定料
    57 1/28〜2/6 1/19〜3/13 入試詳細ページをご覧ください。
入試情報を見る

合格難易度

山口大学の学費(初年度納入金)

【2019年度納入金】81万7800円(全学部共通)<吉田キャンパス>人文学部/教育学部/経済学部/理学部/農学部/共同獣医学部/国際総合科学部 <小串キャンパス>医学部 <常盤キャンパス>工学部
(入学金含む)

山口大学の就職・資格

卒業後の進路データ (2018年3月卒業生実績)

卒業者数1,716名
就職希望者数1,193名
就職者数1,082名
就職率90.7%(就職者数/就職希望者数)
進学者数462名

就職支援

自分のキャリアを自分で考える。そのためのキャリア教育を全学部で実施、就職活動の力に!

全学部のキャリア教育を必修化。1年生向け授業では、大学で学ぶ意義を考え、大学生活を充実させる方法を学びます。3年生向け授業では、「自分のキャリアは自分で考える」ための考え方を理解し、働くための基礎知識を得ることを目的とします。就職活動を経験した先輩や企業、官公庁で働く方々をゲストに招くほか、自分の問題としてキャリアを考えるための各種ワークを取り入れ、就職活動にも大いに役立っています。また、履歴書の添削や面接指導などの個別指導のほか、面接練習会・グループディスカッション練習会、エントリーシート勉強会も開催しています。

山口大学の問い合わせ先・所在地・アクセス

山口大学

(吉田キャンパス)

〒753-8511 山口県山口市吉田1677-1
TEL:083-933-5153 (学生支援部入試課)

所在地 アクセス 地図・路線案内
山口県山口市吉田1677-1 JR山口線「湯田温泉」駅下車、徒歩25分

地図

 

路線案内

山口県宇部市常盤台2-16-1 JR宇部線「宇部新川」駅下車、市営バスで12分 「工学部前」下車、徒歩3分
JR宇部線「琴芝」駅下車、市営バスで5分 「工学部前」下車、徒歩3分

地図

 

路線案内

山口県宇部市南小串1-1-1 JR宇部線「宇部新川」駅下車、徒歩10分

地図

 

路線案内

山口大学のブログ・インフォ

  • 2018年12月13日 10:44 facebook

    スピロヘータは実は有用微生物だった!~タカサゴシロアリ腸内で木材の消化をアシスト!~    国内の温帯域に広く分布するヤマトシロアリやイエシロアリでは、主に腸内に共生する原生生物が木材に含まれるセルロースやヘミセルロースの分解を行っていることが知られていますが、熱帯域を中心に分布するシロアリの多くはこのような原生生物を腸内に保有していません。このようなシロアリは新たに派生したことから「高等シロアリ」と呼ばれ、国内では沖縄県内にのみに分布しています。高等シロアリの腸内におけるヘミセルロース分解の仕組みについては、これまで世界的にもあまり研究が進んでいませんでした。  シロアリを中心とした食材性昆虫の木材分解メカニズムを長年研究している、琉球大学熱帯生物圏研究センターの徳田岳教授(本学卒業生)の研究グループと国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構の渡辺裕文主席研究員の研究グループは、昆虫の腸内微生物研究の第一人者である独・マックスプランク研究所のAndreas Brune教授とAram Mikaelyan研究員(現・米ノースカロライナ州立大学助教)、さらに抗体による微生物研究の第一人者である山口大学大学院創成科学研究科の藤島政博特命教授との国際共同研究により、高等シロアリの腸内でスピロヘータがヘミセルロースの主要成分であるキシラン分解に主要な役割を果たしていることを初めて明らかにしました。 詳細はこちらから http://133.62.137.82/weeklynews/2018/_7543.html?pageId=7543&revision=1&mode=1&x=7&y=11

    https://www.facebook.com/289321937754559/posts/2513050038715060

  • 2018年12月13日 10:44 facebook

    工学部グローバル人材育成支援事業成果報告会を開催しました  11月22日(木)、常盤キャンパスにおいて工学部グローバル人材育成支援事業成果報告会を開催しました。本報告会には岡正朗学長をはじめ、堀憲次副学長、福田隆眞副学長、常盤工業会藤井輝夫会長、工学部教育後援会村中博美会長をはじめ学内外から、約90名の参加がありました。  本報告会は、工学部が平成24年度から平成28年度にかけて実施した「文部科学省 経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援事業」の最終評価を今年3月に受けたことを機に開催されたものです。期間中の取組みを振り返るとともに、今後の工学部グローバル化への取組みを考えることを目的としており、専任教員による特色ある語学教育の取組みや独自開発した海外研修の成果を報告がありました。  また、本事業で支援を受けた学生の代表3名が発表を行い、学長をはじめ多くの参加者から大変感銘を受けたとの講評をありました。  引田優大さん(機械工学科4年)はUCL(ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン)への海外研修を経験した後、専任教員による語学教育を受け、さらに、独自にTOEICのスコアアップを上げる手法を考案して、わずか1ヶ月で915点を取得するに至った経緯を発表しました。相緒春菜さん(創成科学研究科建設環境系専攻修士課程1年)はシンガポールで、宮地智仁さん(創成科学研究科建設環境系専攻修士課程1年)はミャンマーで、それぞれ約1ヶ月間企業インターンシップを体験し、専門力+αとしての英語能力を現地で実践し、本事業で培ったコミュニケーション能力や国際性の重要性についての知見を語りました。  工学部では事業終了後も継続的に高年次までの英語教育必修化や特色ある海外研修を実施しており、この積極的なグローバル人材育成の取組みが山口大学全体に展開されることが期待されます。

    https://www.facebook.com/289321937754559/posts/2513059095380821

  • 2018年12月13日 10:28 facebook

    教育学部の浦田詩織さんが、第16回 尾崎行雄(咢堂)杯演説大会 in 相模原において優秀賞を受賞しました  11月21日(水)、本学教育学部学校教育教員養成課程3年の浦田詩織さんが、丹信介教育学部長を訪問し受賞の報告を行いました。  浦田さんは、11月17日(土)に杜のホールはしもと(相模原市)で開催された「第16回 尾崎行雄(咢堂)杯演説大会 in 相模原」に出場し、弁論テーマ「命の尊厳が重んじられる社会へ~死刑制度を巡って考える」で優秀賞の栄誉に輝きました。浦田さんは、「日本には死刑以外で遺族感情を回復するための制度が必要であり、その上で、死刑問題を議論していくことが必要である。日本が命の大切さを知って向き合う国であってほしい。」などと主張しました。丹学部長の「優秀賞の受賞をたたえるとともに、今後の益々の活躍にも期待しています。」との激励に、浦田さんは「来年度もがんばりたい」と抱負を述べました。  浦田さんは、第62回文部科学大臣杯全国青年弁論大会において最優秀賞を受賞した実績の持ち主で、「尾崎行雄(咢堂)杯演説大会」におけるこの度の受賞は、昨年度の同大会の準優勝に引き続きの快挙です。 【第16回尾崎行雄(咢堂)杯演説大会in 相模原】  日時:平成30年11月17日(土)  場所:杜のホールはしもと(相模原市)  対象:40 歳未満の青年男女(中学・高校生も含む)     ※一次審査等を経て、ファイナリスト6 名に残る。ファイナリスト6 名で同日開催される。     本大会には、多数の応募があった。  結果:優秀賞  概要:平成15 年に全国初の『演説大会』として開催され、以降、全国各地から出場者を募集して開催している

    https://www.facebook.com/289321937754559/posts/2511479372205460

  • 2018年12月11日 10:00 facebook

    大学院創成科学研究科工学系学域の小室隆特命助教(赤松研究室)が、平成30年度水工学論文奨励賞を受賞し、11月25日(日)に開催された第63回水工学講演会で表彰されました。水工学論文奨励賞は、主たる著者として水工学論文集に掲載された論文が、独創性と発展性に優れ、水工学の発展に対し大きな貢献をなし得ると判断された成果であって、かつ、水工学講演会での発表が明快で要領を得たものであった将来性を有する若手研究者に対して授与されるものです。 論文題目は「平成29年九州北部豪雨における筑後川水系寒水川の土砂氾濫の実態解明」であり、共著者は同研究科の赤松良久准教授、同大学院生の山口皓平氏、ルーチェサーチ株式会社の渡辺豊氏、守屋博貴氏および東京理科大学の二瓶康雄教授です。本論文は、平成29年7月に発生した九州北部豪雨で大きな被害を受けた寒水川の被災状況の実態を、UAVや衛星リモートセンシング、河川氾濫シミュレーションを用いて解明したものです。 受賞した小室特命助教は「本受賞は共著者の皆様のご助力のおかげであり、このような名誉ある賞を受賞したことを大変嬉しく思います。今後も研究活動に精進したいと思います。」と述べております。

    https://www.facebook.com/289321937754559/posts/2512573312096066

  • 2018年12月10日 12:12 facebook

    創成科学研究科博士後期課程の西川慧さんが「IEEE広島支部設立20周年シンポジウム」において,Student Branch 招待講演を行いました。 11月16日(金)、鳥取大学工学部講堂で開催された「IEEE広島支部設立20周年シンポジウム」において、大学院創成科学研究科博士後期課程システム・デザイン工学系専攻2年の西川慧さんがStudent Branch 招待講演を行いました。 IEEE広島支部では、学生が主体となって企画・運営を行う「学生の、学生による、社会のための」学生シンポジウム(Hiroshima Section Student Symposium (HISS))を開催しています。一昨年より、英語による予稿執筆と研究発表のInternational Sessionを行っており、西川慧さんは、昨年、島根大学で開催された第19回IEEE広島支部学生シンポジウムのInternational Sessionにおいて「Reducing the Calculation Time of DC-Capacitor Voltage-Control-Based Strategy in Smart Charger for Electric Vehicles in Single-Phase Three-Wire Distribution Feeders」という題目で研究発表し、最優秀研究賞を受賞しました。この受賞を受けて、このたびのStudent Branch招待講演を行うこととなりました。 詳細はこちら http://133.62.137.82/topics/2018/_7536.html?pageId=7536&revision=1&mode=0&x=7&y=8&x=5&y=5

    https://www.facebook.com/289321937754559/posts/2506859979334066

山口大学(国立大学/山口)