• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 山口大学
Photo

国立大学/山口

ヤマグチダイガク

自分の可能性を「発見し・はぐくみ・かたちにする 知の広場」9学部22学科の多彩な学び

9学部8研究科に1万人を超える学生が在籍し、200年以上の長い歴史を持つ総合大学です。全国に誇れる知的財産教育など、人間力とチャレンジ精神を持ち、地域と国際社会の発展に貢献できる人材を育成しています。

山口大学の特長

学校の特長1

「未来型レタス」(LEDで栽培)、中温・高温微生物の研究など―理系研究に特色あり

本学は社会で注目される研究室がたくさんあります。農学部の執行研究室は、太陽光の代わりにLEDを利用する未来型のレタス栽培に成功。その画期的な技術は全国に広がりをみせています。また、「発酵微生物」「環境微生物」「病原微生物」の3部門から成る微生物研究センターでは、微生物によって地球温暖化に伴う諸問題とそれによって引き起こされる課題を解決する取り組みを研究。世界で活躍できる若手研究者を育成する機関です。その他、香りの研究を行う赤壁研究室ではほのかな柑橘の香りを有し、生臭さのない「柑味鮎(かんみあゆ)」の開発を行うなど、5学部4研究科にまたがる理系分野では多くのユニークな研究が行われています。

学校の特長2

活躍の場は、世界中!社会で求められる課題解決能力と英語スキルが身につく授業が豊富

国際総合科学部(2015年4月設置の新学部)では、2年秋からの1年間留学を必修とし、幅広い知識・視野、高いコミュニケーション能力を身に付けられるようなカリキュラムが組まれています。交換留学はたくさんの留学先から選ぶことができ、興味関心に合わせて国や地域を選択することができます。単位認定ができるため、1年間留学をしても4年で大学卒業が可能です。また普段の学生生活でも、海外からの交換留学生(約80名)と共に学ぶ環境なので、グローバルな視点で考える機会が豊富。さらに、デザイン科学、プロジェクト型課題解決演習(PBL)などの実践的な科目が用意されているので、現代社会で求められている課題解決能力を磨くことができます。

学校の特長3

学生寮や返還不要・大学独自の奨学金制度など経済面のサポートに魅力あり!

全室バス・トイレ付の1人部屋、2009年以降に改修・完成したばかりの新しい学生寮があります。寮費は月額16,500円~24,300円と安く抑えられており、経済的な負担を軽減。(山口市・宇部市の2キャンパスで合計7棟、635名収容可能)その他、経済的支援として大学独自の給付型奨学金「七村奨学金」を用意(年額63万円)しています。成績優秀者に対し、最長で卒業まで継続支給されます。その他、授業料免除制度、特待生制度もあります。また、総合図書館の充実した設備(会話をしながら学習できるアカデミックフォレスト、グループで集中して勉強できるグループ学習室、自習スペース)は学生からも人気で、学習環境も整っています。

右へ
左へ
学校の特長1

「未来型レタス」(LEDで栽培)、中温・高温微生物の研究など―理系研究に特色あり

本学は社会で注目される研究室がたくさんあります。農学部の執行研究室は、太陽光の代わりにLEDを利用する未来型のレタス栽培に成功。その画期的な技術は全国に広がりをみせています。また、「発酵微生物」「環境微生物」「病原微生物」の3部門から成る微生物研究センターでは、微生物によって地球温暖化に伴う諸問題とそれによって引き起こされる課題を解決する取り組みを研究。世界で活躍できる若手研究者を育成する機関です。その他、香りの研究を行う赤壁研究室ではほのかな柑橘の香りを有し、生臭さのない「柑味鮎(かんみあゆ)」の開発を行うなど、5学部4研究科にまたがる理系分野では多くのユニークな研究が行われています。

学校の特長2

活躍の場は、世界中!社会で求められる課題解決能力と英語スキルが身につく授業が豊富

国際総合科学部(2015年4月設置の新学部)では、2年秋からの1年間留学を必修とし、幅広い知識・視野、高いコミュニケーション能力を身に付けられるようなカリキュラムが組まれています。交換留学はたくさんの留学先から選ぶことができ、興味関心に合わせて国や地域を選択することができます。単位認定ができるため、1年間留学をしても4年で大学卒業が可能です。また普段の学生生活でも、海外からの交換留学生(約80名)と共に学ぶ環境なので、グローバルな視点で考える機会が豊富。さらに、デザイン科学、プロジェクト型課題解決演習(PBL)などの実践的な科目が用意されているので、現代社会で求められている課題解決能力を磨くことができます。

学校の特長3

学生寮や返還不要・大学独自の奨学金制度など経済面のサポートに魅力あり!

全室バス・トイレ付の1人部屋、2009年以降に改修・完成したばかりの新しい学生寮があります。寮費は月額16,500円~24,300円と安く抑えられており、経済的な負担を軽減。(山口市・宇部市の2キャンパスで合計7棟、635名収容可能)その他、経済的支援として大学独自の給付型奨学金「七村奨学金」を用意(年額63万円)しています。成績優秀者に対し、最長で卒業まで継続支給されます。その他、授業料免除制度、特待生制度もあります。また、総合図書館の充実した設備(会話をしながら学習できるアカデミックフォレスト、グループで集中して勉強できるグループ学習室、自習スペース)は学生からも人気で、学習環境も整っています。

右へ
左へ
学校の特長1

「未来型レタス」(LEDで栽培)、中温・高温微生物の研究など―理系研究に特色あり

本学は社会で注目される研究室がたくさんあります。農学部の執行研究室は、太陽光の代わりにLEDを利用する未来型のレタス栽培に成功。その画期的な技術は全国に広がりをみせています。また、「発酵微生物」「環境微生物」「病原微生物」の3部門から成る微生物研究センターでは、微生物によって地球温暖化に伴う諸問題とそれによって引き起こされる課題を解決する取り組みを研究。世界で活躍できる若手研究者を育成する機関です。その他、香りの研究を行う赤壁研究室ではほのかな柑橘の香りを有し、生臭さのない「柑味鮎(かんみあゆ)」の開発を行うなど、5学部4研究科にまたがる理系分野では多くのユニークな研究が行われています。

学校の特長2

活躍の場は、世界中!社会で求められる課題解決能力と英語スキルが身につく授業が豊富

国際総合科学部(2015年4月設置の新学部)では、2年秋からの1年間留学を必修とし、幅広い知識・視野、高いコミュニケーション能力を身に付けられるようなカリキュラムが組まれています。交換留学はたくさんの留学先から選ぶことができ、興味関心に合わせて国や地域を選択することができます。単位認定ができるため、1年間留学をしても4年で大学卒業が可能です。また普段の学生生活でも、海外からの交換留学生(約80名)と共に学ぶ環境なので、グローバルな視点で考える機会が豊富。さらに、デザイン科学、プロジェクト型課題解決演習(PBL)などの実践的な科目が用意されているので、現代社会で求められている課題解決能力を磨くことができます。

学校の特長3

学生寮や返還不要・大学独自の奨学金制度など経済面のサポートに魅力あり!

全室バス・トイレ付の1人部屋、2009年以降に改修・完成したばかりの新しい学生寮があります。寮費は月額16,500円~24,300円と安く抑えられており、経済的な負担を軽減。(山口市・宇部市の2キャンパスで合計7棟、635名収容可能)その他、経済的支援として大学独自の給付型奨学金「七村奨学金」を用意(年額63万円)しています。成績優秀者に対し、最長で卒業まで継続支給されます。その他、授業料免除制度、特待生制度もあります。また、総合図書館の充実した設備(会話をしながら学習できるアカデミックフォレスト、グループで集中して勉強できるグループ学習室、自習スペース)は学生からも人気で、学習環境も整っています。

右へ
左へ

山口大学からのメッセージ

山口大学では、公式LINEアカウントを開設しました!
受験生向けの入試情報を中心に、大学のトピックスやイベント情報をお届けしていきます。

【お友達登録の方法】
LINEアプリを起動し「友達追加」から、
「公式アカウント」でアカウント名「山口大学」を検索
または、「ID検索」で「yamaguchi_u」で検索して下さい。

詳しくはこちらのページをご覧下さい。
http://www.yamaguchi-u.ac.jp/news/2017/_6083.html

(1/18更新)

山口大学の学部・学科・コース

人文学科

学校教育教員養成課程 (定員数:180人)

  • 小学校教育コース小学校総合選修

  • 小学校教育コース教育学選修

  • 小学校教育コース心理学選修

  • 小学校教育コース国際理解教育選修

  • 幼児教育コース

  • 特別支援教育コース

  • 情報教育コース

  • 教科教育コース国語教育選修

  • 教科教育コース社会科教育選修

  • 教科教育コース数学教育選修

  • 教科教育コース理科教育選修

  • 教科教育コース音楽教育選修

  • 教科教育コース美術教育選修

  • 教科教育コース保健体育選修

  • 教科教育コース技術教育選修

  • 教科教育コース家政教育選修

  • 教科教育コース英語教育選修

経済学科 (定員数:130人)

経営学科 (定員数:165人)

観光政策学科 (定員数:50人)

数理科学科 (定員数:50人)

物理・情報科学科 (定員数:60人)

生物・化学科 (定員数:80人)

地球圏システム科学科 (定員数:30人)

医学科 (定員数:107人)

保健学科 (定員数:120人)

  • 看護学専攻 (定員数:80人)

  • 検査技術科学専攻 (定員数:40人)

機械工学科 (定員数:90人)

社会建設工学科 (定員数:80人)

応用化学科 (定員数:90人)

電気電子工学科 (定員数:80人)

知能情報工学科 (定員数:80人)

感性デザイン工学科 (定員数:55人)

循環環境工学科 (定員数:55人)

生物資源環境科学科 (定員数:50人)

生物機能科学科 (定員数:50人)

獣医学科 (定員数:30人)

国際総合科学科 (定員数:100人)

入試情報

実施している入試一覧

合格難易度

学費(初年度納入金)

【2018年度納入金】81万7800円(全学部共通)<吉田キャンパス>人文学部/教育学部/経済学部/理学部/農学部/共同獣医学部/国際総合科学部 <小串キャンパス>医学部 <常盤キャンパス>工学部
(入学金含む)

就職・資格

卒業後の進路データ (2016年3月卒業生実績)

卒業者数1,734名
就職希望者数1,243名
就職者数1,152名
就職率92.7%(就職者数/就職希望者数)
進学者数449名

就職支援

自分のキャリアを自分で考える。そのためのキャリア教育を全学部で実施、就職活動の力に!

全学部のキャリア教育を必修化。1年生向け授業では、大学で学ぶ意義を考え、大学生活を充実させる方法を学びます。3年生向け授業では、「自分のキャリアは自分で考える」ための考え方を理解し、働くための基礎知識を得ることを目的とします。就職活動を経験した先輩や企業、官公庁で働く方々をゲストに招くほか、自分の問題としてキャリアを考えるための各種ワークを取り入れ、就職活動にも大いに役立っています。また、山口県若者就職支援センターの就職相談コーナーが毎週1回、吉田キャンパスに開設。履歴書の添削や面接指導などの個別指導のほか、面接練習会・グループディスカッション練習会、エントリーシート勉強会も開催しています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

山口大学

(吉田キャンパス)

〒753-8511 山口県山口市吉田1677-1
TEL:083-933-5153 (学生支援部入試課)

所在地 アクセス 地図・路線案内
山口県山口市吉田1677-1 JR山口線「湯田温泉」駅下車、徒歩25分

地図

 

路線案内

山口県宇部市常盤台2-16-1 JR宇部線「宇部新川」駅下車、市営バスで12分 「工学部前」下車、徒歩3分
JR宇部線「琴芝」駅下車、市営バスで5分 「工学部前」下車、徒歩3分

地図

 

路線案内

山口県宇部市南小串1-1-1 JR宇部線「宇部新川」駅下車、徒歩10分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2018年02月20日 10:15 facebook

     2月1日(木)に、カセサート大学創立75周年を記念したカセサート大学学長フォーラムが「変化の時代における高等教育」というテーマで開催され、岡正朗学長、小林淳農学部長、山田守学長特命補佐らが出席しました。  また、翌2月2日(金)にはカセサート大学において、山口大学とカセサート大学間のジョイント・ディグリープログラム開設に関する協定の調印式が行われました。 詳細はこちらをご覧ください。 http://www.yamaguchi-u.ac.jp/topics/2017/_6774.html

    https://www.facebook.com/289321937754559/posts/2077598825593519

  • 2018年02月19日 10:03 facebook

     本学の教育学研究科教職実践高度化専攻(教職大学院)が、2月2日(金)に東京で開催された「第1回NITS大賞」の「教員のキャリアデザイン部門」において、教職大学院としては唯一、「NITSカフェ賞」を受賞しました。  「NITS(ニッツ)」とは、教職員に対する総合的支援を行う全国拠点であり、つくば市にある「独立行政法人教職員支援機構」の英語表記「National Institute for School Teachers and Staff Development」の略称です。また「nits café」とは、教職大学院が教職員支援機構との共催で実施する事業で、教職大学院や教育委員会関係者、現職教員、家庭・地域・企業等が一堂に会し、カフェ形式で語り合い、今後の教員に求められる資質能力や教職キャリアデザイン等に対する意識の高揚を図ることを目的としています。  受賞の対象となったのは、本学教職大学院が平成29年12月23日に開催した「nits café in YAMAGUCHI 今こそ語り合おう!教員としてのキャリアデザイン!」という研修会です。教職大学院と教育委員会の連携・協働による教職キャリア形成、教職大学院カリキュラムやミドルリーダー養成に貢献する現職教員研修プログラムとして優れているとの高い評価をいただきました。授賞式でも、当日のプログラムの中で唯一の体験活動として、司会進行役の霜川正幸教授を中心に、他の4名の本学教職大学院の教員もサポートに入りながら、ミニ研修会を実施し、好評を博しました。

    https://www.facebook.com/289321937754559/posts/2077405762279492

  • 2018年02月09日 16:05 facebook

    1月31日(水)、明治維新150年を記念して幕末に長州藩がイギリス海軍のキング提督らをもてなした料理が防府市内で再現されました。写真は、今回再現された料理です。  「維新之宴」と銘打ったこの日英饗応料理を、藩の記録や江戸時代の文献をもとに、食材の一部や味付けに現代的な工夫を加えて再現に協力したのが、山口大学教育学部家政教育講座の五島淑子教授です。  慶応2年(1866年)12月29日、防府市三田尻の問屋口にあった豪商、貞永邸で行われた会見には、長州側からは毛利敬親・元徳親子と吉村経幹、藩主側近の木戸孝充と柏村数馬、通訳としてイギリス留学経験がある井上馨と遠藤謹助らが、イギリス側からはキング提督他10名程度が出席しました。  今後、2月中に防府市生活改善グループと五島教授による簡単に家庭でも作れるレシピが防府市ホームページ上で公開される予定です。  また、同会見の翌30日には、キング提督が毛利父子をイギリス軍艦プリンセス・ロイヤル号に招待し、返礼の会食が行われました。この献立も今後再現される予定です。  本学は、昨年12月18日に防府市との包括的連携・協力に関する協定の締結を行っており、地域の基幹総合大学として今後も様々な分野で知の還元に努めてまいります。  今回の料理に使用した柑橘類の九年母(くねんぼ)は、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構から提供いただきました。

    https://www.facebook.com/289321937754559/posts/2071704642849604

  • 2018年02月09日 11:27 facebook

     工学部機械工学科3年の小田喜雅彦さんが、12月8日にリーガロイヤルホテル広島で開催された第16回キャンパスベンチャーグランプリ中国にて、「奨励賞」を受賞しました。  対象となった発表は、”高周波電流と電磁波の癌治療への応用「Medical-e」”です。これは、癌の治療法として利用されているラジオ波焼灼術(RFA)と不可逆電気穿孔法(IRE)の問題点を解決できる製品案について発表したものです。小田喜さんは、通電事故の要因となる絶縁不良を検知するシステムを考案するとともに、IREの電流波形を工夫することで感電を防止する方法を開発しました。発表した製品案が実用化されれば、医療事故の防止に加え、感電に対する予防措置が不要となるため、治療の低コスト化と身体の負担低減に繋がると期待されています。  受賞に対して小田喜さんは、「まだまだ実用化には道半ばの段階ですが、治療を必要としている方々に少しでも早く提供できるように、今後も製品の開発に努めてまいります。」と喜びの言葉を述べています。

    https://www.facebook.com/289321937754559/posts/2067576256595776

  • 2018年02月05日 09:58 facebook

    山口大学饅頭「鳳陽」のご紹介 山口大学の起源である「山口講堂」を1815年に設立した萩藩士・上田鳳陽に命名が由来する、山口大学饅頭「鳳陽」ができました。 包装紙の題字「鳳陽」は、岡 正朗学長によるものです。 薄皮饅頭、焼き饅頭、味噌(とくぢ味噌)饅頭の3種類の味が楽しめます。 詳しい商品説明は添付のカタログをご覧ください。 <参考>大学文具HP: http://www.daigakubungu.com/

    https://www.facebook.com/289321937754559/posts/2065800650106670

山口大学(国立大学/山口)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ