• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 国公立大学
  • 長野
  • 信州大学
  • 奨学金

【給付型】小林育英会(全学部共通)

給付額
月額 25,000円
給付期間:採用~最短修業年限

【給付型】信州大学入学サポート奨学金(全学部共通)

対象
次のいずれにも該当される方です。
(1)日本の高等学校又は中等教育学校を卒業見込みの方。
(2)本学の総合型選抜、学校推薦型選抜及び一般選抜(前期日程)に出願を予定し、合格した場合には、入学することを確約できる方。
(3)世帯の前年度の収入の合計が400万円以下(所得の場合は200万円以下)である方。
給付額
400,000円
人数
20名程度
備考
他の奨学金との併給が可能です。

【給付型】中村積善会(全学部共通)

給付額
月額 30,000円
給付期間:採用~最短修業年限

【給付型】日揮・実吉奨学会(全学部共通)

給付額
月額 300,000円
給付期間:一回限り

【給付型】日本学生支援機構奨学金 給付奨学金(全学部共通)

給付額
第Ⅰ区分 月額66,700円
第Ⅱ区分 月額44,500円
第Ⅲ区分 月額22,300円
父母等の収入により給付金額(区分)が決定します。
自宅・自宅外の別
自宅外
手続き
申請方法
予約採用:在籍する学校を通して手続きを行います。
在学採用:大学入学後に手続きを行います。入学式の前日に説明会を行いますので、出席してください。
備考
入学料・授業料減免も同時に受けられます。

【給付型】日本学生支援機構奨学金 給付奨学金(全学部共通)

給付額
第Ⅰ区分 月額29,200円
第Ⅱ区分 月額19,500円
第Ⅲ区分 月額9,800円
父母等の収入により給付金額(区分)が決定します。
自宅・自宅外の別
自宅
手続き
申請方法
予約採用:在籍する学校を通して手続きを行います。
在学採用:大学入学後に手続きを行います。入学式の前日に説明会を行いますので、出席してください。
備考
入学料・授業料減免も同時に受けられます。

【減免型】高等教育の修学支援新制度(日本学生支援機構 給付奨学金)(全学部共通)

対象
低所得世帯
【第Ⅰ区分】申請者と生計維持者の市町村民税所得割が非課税であること
【第Ⅱ区分】申請者と生計維持者の支給額算定基準額の合計が100円以上25,600円未満であること
【第Ⅲ区分】申請者と生計維持者の支給額算定基準額の合計が25,600円以上51,300円未満であること
減免額
入学料免除額(本人負担額)
第Ⅰ区分(満額の支援):282,000円
第Ⅱ区分(2/3の支援):188,000円
第Ⅲ区分(1/3の支援):94,000円
授業料免除額 (年額)(本人負担額)
第Ⅰ区分(満額の支援):535,800円
第Ⅱ区分(2/3の支援):357,200円
第Ⅲ区分(1/3の支援):178,600円
給付奨学金 (月額)
第Ⅰ区分(満額の支援):29,200円
第Ⅱ区分(2/3の支援):19,500円
第Ⅲ区分(1/3の支援):9,800円
※ 生活保護世帯や教育訓練支給給付受給者等は金額が異なります。
自宅・自宅外の別
自宅
手続き
予約採用:在学する高等学校等を通じて、申込んでください。
在学採用:大学入学後に大学を通じて、申込みを行います。

【減免型】高等教育の修学支援新制度(日本学生支援機構 給付奨学金)(全学部共通)

対象
低所得世帯
【第Ⅰ区分】申請者と生計維持者の市町村民税所得割が非課税であること
【第Ⅱ区分】申請者と生計維持者の支給額算定基準額の合計が100円以上25,600円未満であること
【第Ⅲ区分】申請者と生計維持者の支給額算定基準額の合計が25,600円以上51,300円未満であること
減免額
入学料免除額(本人負担額)
第Ⅰ区分(満額の支援):282,000円
第Ⅱ区分(2/3の支援):188,000円
第Ⅲ区分(1/3の支援):94,000円
授業料免除額 (年額)(本人負担額)
第Ⅰ区分(満額の支援):535,800円
第Ⅱ区分(2/3の支援):357,200円
第Ⅲ区分(1/3の支援):178,600円
給付奨学金 (月額)
第Ⅰ区分(満額の支援):66,700円
第Ⅱ区分(2/3の支援):44,500円
第Ⅲ区分(1/3の支援):22,300円
※ 生活保護世帯や教育訓練支給給付受給者等は金額が異なります。
自宅・自宅外の別
自宅外
手続き
予約採用:在学する高等学校等を通じて、申込んでください。
在学採用:大学入学後に大学を通じて、申込みを行います。

【減免型】授業料免除【2019年度以前入学の学部生(※)及び大学院生】(全学部共通)

対象
次のいずれかに該当する場合
1.経済的理由により授業料の支払いが困難であり、かつ、学業優秀と認められる場合。
2.授業料の各期の納期(前期:4月1日、後期:10月1日)前6か月以内(新入学者は、入学した日の属する学期分の申請については入学前1年以内)において、学資負担者(申請者の学資を主として負担している方)が死亡し、又は申請者本人もしくは学資負担者が風水害等の災害を受けたなどの特別な理由により、授業料の支払いが著しく困難であると認められる場合。
減免額
その期の授業料の全額又は半額を免除
備考
※2019年度以前入学の学部生で、以下に該当する者を対象に授業料免除を行います。
・新制度による日本学生支援機構給付奨学金対象外となる者(申請無の者や留学生を含む)
・新制度による日本学生支援機構給付奨学金採用者のうち、授業料免除額が減少する者

【減免型】授業料免除【2020年度以降入学の学部生】(全学部共通)

対象
高等教育修学支援新制度による日本学生支援機構給付奨学金の不採用者または対象外の者で、本学の定める家計基準及び学力基準 の双方を満たした場合
減免額
その期の授業料の一部を免除
備考
私費外国人留学生は日本学生支援機構給付奨学金の対象外となりますので、本学独自の授業料免除のみを申請できます。

【減免型】成績優秀学生の授業料免除(全学部共通)

対象
学業および人物共に特に優秀と認められる学生
減免額
当該年度の後期分授業料

【減免型】入学料免除(全学部共通)

対象
本学の大学院入学者が、次のいずれかに該当する場合
1. 経済的理由により入学料の支払いが困難であり、かつ、学業優秀と認められる場合。
2. 入学前1年以内において、学資負担者(※注)が亡くなった場合、又は申請者もしくは学資負担者が風水害等の災害を受けたことにより、入学料の支払いが著しく困難であると認められる場合。
3. 2に相当する事情と認められる場合。
※注 学資負担者:申請者の学資を主として負担している方
学種
大学院
減免額
入学料の全額又は半額
備考
学部入学者は、高等教育修学支援新制度に一本化されましたので、大学独自の入学料免除を実施しません。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
20,000円、30,000円、40,000円、45,000円、51,000円から選択
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外
手続き
申請方法
予約採用:在籍する学校を通して手続きを行います。
在学採用:大学入学後に手続きを行います。入学式の前日に説明会を行いますので、出席してください。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
20,000円、30,000円、45,000円から選択
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅
手続き
申請方法
予約採用:在籍する学校を通して手続きを行います。
在学採用:大学入学後に手続きを行います。入学式の前日に説明会を行いますので、出席してください。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

奨学金の種類
第二種
貸与(月額)
20,000円から120,000円の間で10,000円単位で選択
利子
利子
手続き
申請方法
予約採用:在籍する学校を通して手続きを行います。
在学採用:大学入学後に手続きを行います。入学式の前日に説明会を行いますので、出席してください。
学費(初年度納入金)
信州大学/奨学金
RECRUIT