• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 大阪
  • 関西外国語大学
  • 学校の特長

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

新学部・学科が誕生。より高いレベルでの「世界で活躍する国際人」の育成をめざす

2023年4月に国際共生学部、外国語学部に英語・デジタルコミュニケーション学科の新設を予定しています(仮称・設置構想中)。国際共生学部では、「Experiential Learning」を教育の基盤とし、入学から卒業までのすべての科目をオールイングリッシュで学修。また、欧米を中心とした海外留学生と4年間の共学を実現します。英語・デジタルコミュニケーション学科では、英語力とともに諸外国・地域の歴史や文化、数理・データサイエンスなど、幅広い知識と教養を修得。デジタルツールの技術を使いこなす力を身に付け、国際社会で活躍できる人材の育成をめざします。学校の特長1

留学制度がある

世界55カ国・地域、395大学と協定。例年約1,900人の学生が世界へ!

世界55ヵ国・地域、395大学と協定を結んでおり、留学期間も4週間から3年まで様々。語学だけではなく「外国語で」専門分野を現地の学生とともに学ぶプログラムを用意し、各自の目的に合わせた多彩な留学が可能です。留学費用サポートも充実しており、留学中の費用をサポートするフルスカラシップ(留学先大学の授業料・住居費・食費を免除または支給)やスカラシップ(留学先大学の授業料を免除または支給)の制度を設けています(留学中も本学授業料その他納付金は納入する必要があります)。留学参加学生総数は例年約1,900名にものぼり、コロナ禍以降は海外ネットワークを生かしたオンライン国際交流も盛んに行っています。学校の特長2

施設・設備が充実

一大国際教育・交流拠点の御殿山キャンパス・グローバルタウン

中宮キャンパスから西へ400mの近接地にあり、キャンパスには約650人が入居できる「GLOBAL COMMONS 結-YUI-」を開設。同施設は、グローバル人材育成の一翼を担う、多文化共生型の生活空間です。外国人留学生と外大生が学・食・住を共にする共同生活を通して、異文化理解を深め、問題解決力、自己管理力、チームワークなど社会人基礎力を養う拠点となっています。他にもコテージ風の教室棟を含む「VILLA」や、カフェスペースを備えた図書館など知的好奇心を誘発する空間や交流の場を多くあり、中宮キャンパスとの一体運用で、国際交流の一大拠点として充実・発展をめざします。学校の特長3
関西外国語大学(私立大学/大阪)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の特長を見る

RECRUIT