• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 大阪
  • 摂南大学
  • 学校の特長

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

新たに「農学部」を開設<2020年4月開設>

農業就業者の高齢化や耕作放棄地の拡大、食料自給率の低下など、さまざまな課題を抱えている現代社会。一方で企業の農業参入、ロボット技術・ICT(情報通信技術)・AI(人工知能)を活用した新たな農業への試みがなされるなどイノベーションの兆しがみられ、食料・農業を取り巻く環境は 大きく変化しています。こうした社会や時代のニーズに応えるべく、グローバル視点で食と農に 関する知識・技能を持ち、課題解決に取り組める人材の育成をめざし、2020年4月「農学部」を開設。農業生産学科、応用生物科学科、食品栄養学科、食農ビジネス学科を設け、農学を通して未来を拓く人材育成と研究・開発、社会実践に取り組みます。学校の特長1

きめ細かな少人数制

1年次からゼミを開講。一貫した少人数教育で、修学から生活面までサポート

本学は一人ひとりの学生に目が行き届く少人数教育を徹底しており、専任教員一人あたりの学生数は25.7人と関西私大トップレベルの大学です。1年次から1クラス10人程度の少人数制の基礎ゼミ(法・外国語・経済・経営・理工学部)や担任制(薬・看護・農学部)を設け、段階的に学びを深めます。この入学から卒業までの一貫した少人数教育により、専門知識の徹底修得はもちろん、進路や生活面などにおいてもきめ細かな指導を実現。さらに数学・物理・化学・生物・英語などの専門基礎科目の個人指導・補習を行う「学習支援センター」や、教員が学生の個別相談に応じる「スチューデントアワー」を設けるなど、修学を支援する充実の体制を整えています。学校の特長2

就職に強い

総合大学の特長を生かした教育体制とアクティブ・ラーニングで、就職率98.3%を実現

総合大学の特長を生かして、専門科目以外の教養科目、基礎科目についても各専攻分野の教員が相互に連携を図っています。さらに、机上での理論的な学習だけではなく、実社会のなかで学ぶ、アクティブ・ラーニングを全学部・学科で展開。実践経験をもとに理論を学び直すことで、理解を深めながら成長することができます。また学生が1年次から目的意識を持って学生生活を送れるよう、入学時から継続したキャリア形成支援体制を整え、同時に資格取得の支援を積極的にサポートしています。2019年3月の卒業生は、就職率98.3%(就職者数1,562人/就職希望者数1,589人)の実績を誇り、98%を超える高い就職満足度を実現しています。学校の特長3
摂南大学(私立大学/大阪)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の特長を見る