• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 広島
  • 広島工業大学
  • 奨学金

【給付型】HITスカラシップ制度(全学部共通)

給付額
総額20万円

【給付型】HITスカラシップ制度(全学部共通)

給付額
総額50万円

【給付型】HITスカラシップ制度(全学部共通)

給付額
総額100万円

【給付型】公益財団法人鶴虎太郎奨学会奨学金(全学部共通)

対象
学業優秀・品行方正でありながら経済的理由により修学が困難な者
給付額
月額10,000円
1年間。ただし、継続して奨学生となることができる。(1年ごとに出願手続きを要します)
手続き
志願者は、学務部学生担当が行う説明会(日時等は掲示)に出席して、出願要領等を聞き、所定の手続きをとってください。
募集時期
4月初旬
備考
奨学金の休止および停止
休止:休学または長期欠席の場合。
停止:学業成績または素行が不良となった場合。

【給付型】広島工業大学同窓会奨学金(全学部共通)

対象
広島工業大学に在学し、学資の支弁が困難と認められる者。
給付額
年額120,000円
正規の最短修業年限。(1年ごとに出願手続きを要します)
手続き
志願者は、学務部学生担当が行う説明会(日時等は掲示)に出席して、出願要領等を聞き、所定の手続きをとってください。
募集時期
4月初旬
備考
奨学生の採用は、同窓会役員会の選考を経て、会長が決定し、その結果は大学を通じて、本人および保証人に通知します。
奨学生は毎年度末、生活状況報告書を会長に提出することになっています。
奨学金の休止および廃止
休止:休学または長期欠席の場合。
廃止:奨学生として不適格であると認められた場合。

【給付型】日本学生支援機構 給付型奨学金(全学部共通)

対象
住民税非課税世帯、及びそれに準ずる世帯の学生
募集時期
在学採用:4月24日(金)まで

【給付型】平成27年度以前入学生対象制度 成績優秀者奨学金制度(全学部共通)

対象
次に該当する者とします。
2年次生および3年次生は、前年度40単位以上修得した者とします。
ただし、生命学部生体医工学科は50単位以上修得した者とします。
4年次生は、前年度30単位以上修得した者とします。
ただし、生命学部生体医工学科は、38単位以上修得した者とします。
各年次とも単位数は、自由科目を除いたものとします。
候補者についてはチューターが面接を行います。
給付額
年額200,000円同一年次において1回を限度
人数
各学科(学年別)とも、前年度のGPA順位が、所属学科在学者数の8%以内の人数
備考
特待生A、特待生B、鶴虎太郎奨学金および広島工業大学同窓会奨学金と重複して受給できません。

【給付型】成績優秀者奨学金制度(環境学部)

対象
・当該年度4月1日に在学している2年次以上の者(在学中に進級できなかった者、卒業と認定されなかった者及び懲戒を受けた者は除く)
・当該年度の学年で前年度において以下の表の選考修得単位数以上を修得した者
2年次:40単位
3年次:40単位
4年次:30単位
奨学生GPA順位が、当該学科及び年次において1位の者
給付額
給付額は同一年次において1回を限度とし、年額400,000円を給付します。
備考
A特待生、B特待生、鶴虎太郎奨学金および広島工業大学同窓会奨学金と重複して受給できません。

【給付型】成績優秀者奨学金制度(工学部)

対象
・当該年度4月1日に在学している2年次以上の者(在学中に進級できなかった者、卒業と認定されなかった者及び懲戒を受けた者は除く)
・当該年度の学年で前年度において以下の表の選考修得単位数以上を修得した者
2年次:40単位
3年次:40単位
4年次:30単位
奨学生GPA順位が、当該学科及び年次において1位の者
給付額
給付額は同一年次において1回を限度とし、年額400,000円を給付します。
備考
A特待生、B特待生、鶴虎太郎奨学金および広島工業大学同窓会奨学金と重複して受給できません。

【給付型】成績優秀者奨学金制度(情報学部)

対象
・当該年度4月1日に在学している2年次以上の者(在学中に進級できなかった者、卒業と認定されなかった者及び懲戒を受けた者は除く)
・当該年度の学年で前年度において以下の表の選考修得単位数以上を修得した者
2年次:40単位
3年次:40単位
4年次:30単位
奨学生GPA順位が、当該学科及び年次において1位の者
給付額
給付額は同一年次において1回を限度とし、年額400,000円を給付します。
備考
A特待生、B特待生、鶴虎太郎奨学金および広島工業大学同窓会奨学金と重複して受給できません。

【給付型】成績優秀者奨学金制度(生命学部)

対象
・当該年度4月1日に在学している2年次以上の者(在学中に進級できなかった者、卒業と認定されなかった者及び懲戒を受けた者は除く)
・当該年度の学年で前年度において以下の表の選考修得単位数以上を修得した者

食品生命科学科
2年次:40単位
3年次:40単位
4年次:30単位

生体医工学科
2年次:56単位
3年次:41単位
4年次:33単位

奨学生GPA順位が、当該学科及び年次において1位の者
給付額
給付額は同一年次において1回を限度とし、年額400,000円を給付します。
備考
A特待生、B特待生、鶴虎太郎奨学金および広島工業大学同窓会奨学金と重複して受給できません。

【減免型】高等教育修学支援制度に係る授業料減免(全学部共通)

対象
原則、日本学生支援機構の給付型奨学金に申込みしている者
※日本学生支援機構給付型奨学金の申込とは別の書類の提出が必要です。
減免額
第Ⅰ区分(満額):入学金の減免額250,000円 授業料の減免額(前期)350,000円 (後期)350,000円
第Ⅱ区分(満額の2/3):入学金の減免額166,700円 授業料の減免額(前期)233,400円 (後期)233,300円
第Ⅲ区分(満額の1/3):入学金の減免額83,400円 授業料の減免額(前期)116,700円 (後期)116,700円

【減免型】平成27年度以前入学生対象制度 入学生対象制度 A特待生(全学部共通)

対象
2年次生以上の学部生で次に該当する者とします。
2年次生および3年次生は、前年度40単位以上修得した者とします。
ただし、生命学部生体医工学科は、50単位以上修得した者とします。
4年次生は、前年度30単位以上修得した者とします。
ただし、生命学部生体医工学科は、38単位以上修得した者とします。
各年次とも単位数は、自由科目を除いたものとします。
選考対象者のうち、前年度1 年間におけるGPAが3.5以上でGPA 順位が学科で1位の者
減免額
授業料および施設設備資金を全額免除
当該年度1年間
人数
各学科(学年別)1名
備考
成績優秀者奨学金、鶴虎太郎奨学金および広島工業大学同窓会奨学金と重複して受給できません。

【減免型】平成27年度以前入学生対象制度 入学生対象制度 B特待生(全学部共通)

対象
2年次生以上の学部生で次に該当する者とします。
2年次生および3年次生は、前年度40単位以上修得した者とします。
ただし、生命学部生体医工学科は、50単位以上修得した者とします。
4年次生は、前年度30単位以上修得した者とします。
ただし、生命学部生体医工学科は、38単位以上修得した者とします。
各年次とも単位数は、自由科目を除いたものとします。
選考対象者のうち、前年度1 年間におけるGPAが3.5以上の者、またはGPA順位が学科で1位の者
減免額
授業料および施設設備資金を半額免除
当該年度1年間
人数
選考基準を満たす者
備考
成績優秀者奨学金、鶴虎太郎奨学金および広島工業大学同窓会奨学金と重複して受給できません。

【減免型】特待生 A特待生(環境学部)

対象
・当該年度4月1日に在学している2年次以上の者(在学中に進級できなかった者、卒業と認定されなかった者及び懲戒を受けた者は除く)
・当該年度の学年で前年度において以下の表の選考修得単位数以上を修得した者
2年次:40単位
3年次:40単位
4年次:30単位
・当該年度において発展トラックに認定された者
・〔平成29年度以降の入学生〕
前年度にHITポイント50P(※)以上を獲得している者
※発展トラック算入ポイント
前年度末における当該年度GPAが3.5以上又は特待生GPA順位が当該学科及び年次において上位5%(小数点以下第1位を四捨五入)以内の者
減免額
授業料および施設設備資金を半額免除
当該年度1年間
備考
成績優秀者奨学金、鶴虎太郎奨学金および広島工業大学同窓会奨学金と重複して受給できません。

【減免型】特待生 B特待生(環境学部)

対象
・当該年度4月1日に在学している2年次以上の者(在学中に進級できなかった者、卒業と認定されなかった者及び懲戒を受けた者は除く)
・当該年度の学年で前年度において以下の表の選考修得単位数以上を修得した者
2年次:40単位
3年次:40単位
4年次:30単位
・当該年度において発展トラックに認定された者
・〔平成29年度以降の入学生〕
前年度にHITポイント50P(※)以上を獲得している者
※発展トラック算入ポイント
特待生GPA順位が当該学科及び年次において上位10%(小数点以下第1位を四捨五入)以内の者
減免額
授業料および施設設備資金のうち20万円を免除
当該年度1年間
備考
成績優秀者奨学金、鶴虎太郎奨学金および広島工業大学同窓会奨学金と重複して受給できません。

【減免型】特待生 A特待生(工学部)

対象
・当該年度4月1日に在学している2年次以上の者(在学中に進級できなかった者、卒業と認定されなかった者及び懲戒を受けた者は除く)
・当該年度の学年で前年度において以下の表の選考修得単位数以上を修得した者
2年次:40単位
3年次:40単位
4年次:30単位
・当該年度において発展トラックに認定された者
・〔平成29年度以降の入学生〕
前年度にHITポイント50P(※)以上を獲得している者
※発展トラック算入ポイント
前年度末における当該年度GPAが3.5以上又は特待生GPA順位が当該学科及び年次において上位5%(小数点以下第1位を四捨五入)以内の者
減免額
授業料および施設設備資金を半額免除
当該年度1年間
備考
成績優秀者奨学金、鶴虎太郎奨学金および広島工業大学同窓会奨学金と重複して受給できません。

【減免型】特待生 B特待生(工学部)

対象
・当該年度4月1日に在学している2年次以上の者(在学中に進級できなかった者、卒業と認定されなかった者及び懲戒を受けた者は除く)
・当該年度の学年で前年度において以下の表の選考修得単位数以上を修得した者
2年次:40単位
3年次:40単位
4年次:30単位
・当該年度において発展トラックに認定された者
・〔平成29年度以降の入学生〕
前年度にHITポイント50P(※)以上を獲得している者
※発展トラック算入ポイント
特待生GPA順位が当該学科及び年次において上位10%(小数点以下第1位を四捨五入)以内の者
減免額
授業料および施設設備資金のうち20万円を免除
当該年度1年間
備考
成績優秀者奨学金、鶴虎太郎奨学金および広島工業大学同窓会奨学金と重複して受給できません。

【減免型】特待生 A特待生(情報学部)

対象
・当該年度4月1日に在学している2年次以上の者(在学中に進級できなかった者、卒業と認定されなかった者及び懲戒を受けた者は除く)
・当該年度の学年で前年度において以下の表の選考修得単位数以上を修得した者
2年次:40単位
3年次:40単位
4年次:30単位
・当該年度において発展トラックに認定された者
・〔平成29年度以降の入学生〕
前年度にHITポイント50P(※)以上を獲得している者
※発展トラック算入ポイント
前年度末における当該年度GPAが3.5以上又は特待生GPA順位が当該学科及び年次において上位5%(小数点以下第1位を四捨五入)以内の者
減免額
授業料および施設設備資金を半額免除
当該年度1年間
備考
成績優秀者奨学金、鶴虎太郎奨学金および広島工業大学同窓会奨学金と重複して受給できません。

【減免型】特待生 B特待生(情報学部)

対象
・当該年度4月1日に在学している2年次以上の者(在学中に進級できなかった者、卒業と認定されなかった者及び懲戒を受けた者は除く)
・当該年度の学年で前年度において以下の表の選考修得単位数以上を修得した者
2年次:40単位
3年次:40単位
4年次:30単位
・当該年度において発展トラックに認定された者
・〔平成29年度以降の入学生〕
前年度にHITポイント50P(※)以上を獲得している者
※発展トラック算入ポイント
特待生GPA順位が当該学科及び年次において上位10%(小数点以下第1位を四捨五入)以内の者
減免額
授業料および施設設備資金のうち20万円を免除
当該年度1年間
備考
成績優秀者奨学金、鶴虎太郎奨学金および広島工業大学同窓会奨学金と重複して受給できません。

【減免型】特待生 A特待生(生命学部)

対象
・当該年度4月1日に在学している2年次以上の者(在学中に進級できなかった者、卒業と認定されなかった者及び懲戒を受けた者は除く)
・当該年度の学年で前年度において以下の表の選考修得単位数以上を修得した者
食品生命科学科
2年次:40単位
3年次:40単位
4年次:30単位

生体医工学科
2年次:56単位
3年次:41単位
4年次:33単位

・当該年度において発展トラックに認定された者
・〔平成29年度以降の入学生〕
前年度にHITポイント50P(※)以上を獲得している者
※発展トラック算入ポイント
前年度末における当該年度GPAが3.5以上又は特待生GPA順位が当該学科及び年次において上位5%(小数点以下第1位を四捨五入)以内の者
減免額
授業料および施設設備資金を半額免除
当該年度1年間
備考
成績優秀者奨学金、鶴虎太郎奨学金および広島工業大学同窓会奨学金と重複して受給できません。

【減免型】特待生 B特待生(生命学部)

対象
・当該年度4月1日に在学している2年次以上の者(在学中に進級できなかった者、卒業と認定されなかった者及び懲戒を受けた者は除く)
・当該年度の学年で前年度において以下の表の選考修得単位数以上を修得した者
食品生命科学科
2年次:40単位
3年次:40単位
4年次:30単位

生体医工学科
2年次:56単位
3年次:41単位
4年次:33単位
・当該年度において発展トラックに認定された者
・〔平成29年度以降の入学生〕
前年度にHITポイント50P(※)以上を獲得している者
※発展トラック算入ポイント
特待生GPA順位が当該学科及び年次において上位10%(小数点以下第1位を四捨五入)以内の者
減免額
授業料および施設設備資金のうち20万円を免除
当該年度1年間
備考
成績優秀者奨学金、鶴虎太郎奨学金および広島工業大学同窓会奨学金と重複して受給できません。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
人物・学業ともに特に優秀かつ健康であって、経済的理由により著しく修学に困難があると認められる者
奨学金の種類
第一種
学種
大学
貸与(月額)
64,000円または30,000円のいずれかの希望する貸与月額
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外
手続き
志願者は、学務部学生担当が行う説明会(日時等は掲示)に必ず出席して、出願要領等を聞いて、所定の手続きをとってください。
募集時期
4月初旬(その他に募集があった場合には、掲示でお知らせします) 家庭の経済事情急変のため奨学金の貸与を希望する者は、随時相談してください。
備考
奨学金は日本学生支援機構規程に基づき、「継続」・「停止」・「廃止」等の処置が行われます。学業成績が不振な場合は、「警告」の処置となり、学業成績向上の指導を行います。
また、指導後も引き続き学業成績が向上しない場合や修学状況が奨学生として不適切な場合、奨学金は「廃止」の処置となります。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
人物・学業ともに特に優秀かつ健康であって、経済的理由により著しく修学に困難があると認められる者
奨学金の種類
第一種
学種
大学
貸与(月額)
54,000円または30,000円のいずれかの希望する貸与月額
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅
手続き
志願者は、学務部学生担当が行う説明会(日時等は掲示)に必ず出席して、出願要領等を聞いて、所定の手続きをとってください。
募集時期
4月初旬(その他に募集があった場合には、掲示でお知らせします) 家庭の経済事情急変のため奨学金の貸与を希望する者は、随時相談してください。
備考
奨学金は日本学生支援機構規程に基づき、「継続」・「停止」・「廃止」等の処置が行われます。学業成績が不振な場合は、「警告」の処置となり、学業成績向上の指導を行います。
また、指導後も引き続き学業成績が向上しない場合や修学状況が奨学生として不適切な場合、奨学金は「廃止」の処置となります。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
人物・学業ともに優秀かつ健康であって、経済的理由により修学に困難があると認められる者
奨学金の種類
第二種
学種
大学
貸与(月額)
30,000円、50,000円、80,000円、100,000円、120,000円から、希望する貸与月額を選択
利子
利子
手続き
志願者は、学務部学生担当が行う説明会(日時等は掲示)に必ず出席して、出願要領等を聞いて、所定の手続きをとってください。
募集時期
4月初旬(その他に募集があった場合には、掲示でお知らせします) 家庭の経済事情急変のため奨学金の貸与を希望する者は、随時相談してください。
備考
奨学金は日本学生支援機構規程に基づき、「継続」・「停止」・「廃止」等の処置が行われます。学業成績が不振な場合は、「警告」の処置となり、学業成績向上の指導を行います。
また、指導後も引き続き学業成績が向上しない場合や修学状況が奨学生として不適切な場合、奨学金は「廃止」の処置となります。
学費(初年度納入金)
広島工業大学/奨学金