• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 北海道
  • 札幌学院大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 山田 雄一朗さん(人文学部 こども発達学科/小学校教諭)

いろいろな子どもがいて、変化に富んだ毎日が楽しい!

先輩の仕事紹介

喜びも、感動も、ともに味わえる日々。子どもたち一人ひとりの成長がうれしい!

小学校教諭
人文学部 こども発達学科/2011年3月卒
山田 雄一朗さん

この仕事の魅力・やりがい

小学校教諭になって4年目に、初めて高学年の5年生を受け持ちました。委員会活動に宿泊研修、外国人教師による英語の授業と、新しい取り組みが増え、忙しくも充実した日々を送っています。何より、教師と学年が一つになって、劇・合唱・器楽合奏の3つにチャレンジした学習発表会は、大変だった分、終わった後の感動もひとしおでした。学校生活を通して子どもたちと気持ちを共有できるのはもちろん、教室の中では毎日違ったドラマがあり、その一つひとつに関われることが一番の喜びです。できなかったことができるようになったとか、些細なことでも子どもたちの成長が感じられると本当にうれしい。それが自分の成長にもつながっています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

父が小学校教諭だった影響もあって、物心ついたころから小学校の先生になりたいと思っていました。子どものころ、水泳とエレクトーンを習ったのも、将来の役に立つと考えたからです。大学卒業後は1年間、札幌市内の小学校に期限付きの教員として赴任。実際に教育現場に携われたこと、そしてさまざまな学年を見られたことが、教員採用試験に再チャレンジするうえでも、教師を目指すうえでも大きな経験となりました。また、卒業後も無料で受講できる大学の「二次試験対策講座」が合格に直結。集団討論で高い評価を得られたのも、そのおかげです。今後は、こども発達学科の二期生としての誇りと責任を胸に、教育者としてスキルアップしたいですね。

一人ひとりに合わせた指導が大切です

学校で学んだこと・学生時代

算数と、特別支援教育などが専門の新國三千代先生のゼミに所属していました。卒業後も、研究授業で使う指導案を見ていただいたり、後輩たちのために自分の体験記を書いて送ったりと、先生とは今もつながっています。大学時代の思い出は、教員を志望する人ならだれでも利用できる教職課程室に集まり、みんなで一緒に勉強したこと。3年次には、札幌市教育委員会が主催する野外活動指導員研修に参加し、キャンプなどを通して子どもたちと関わりました。そこで現役の先生方と知り合い、それが縁で最初の小学校へ赴任することになったのです。当時は数学より国語が得意で、インドア派でしたが、何ごとにも積極的に取り組んだ4年間でした。

5年生は、勉強も難しくなるのでしっかりと準備します

山田 雄一朗さん

札幌市立北白石小学校勤務/人文学部 こども発達学科/2011年3月卒/家から近く、お父さんの大学時代の恩師だった先生が勤務していたこともあって、札幌学院大学へ進学。教員採用試験合格後の2012年4月に北白石小学校へ赴任し、4年、3年、5年と、3学年を経験した。同校はひとつの校舎を北白石中学校と共有しながら教育活動を進める札幌で唯一の学校。現在、教室にドアのない開放的な新校舎で教鞭を執っている。「学校の仕事のかたわら、北海道算数数学教育会に所属し、他校の先生方との交流を通じて、指導法などを学んでいます」と山田さん。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

札幌学院大学(私立大学/北海道)