• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 産業能率大学
  • 奨学金

【給付型】外国人留学生奨学金(全学部共通)

対象
1~3年次生の外国人留学生
学業・人物ともに優れ、他の外国人留学生の模範となり得る者
給付額
当該年度授業料相当額の一部金額 200,000円
給付期間は1年間
人数
計4名以内

【給付型】産業能率大学・富士通(株)育英基金奨学金(全学部共通)

対象
2~4年次生
学業・人物ともに極めて優れている者
給付額
(年)200,000円
給付期間は1年間
人数
各学科各学年1名以内(計9名以内)

【給付型】産業能率大学・立石信雄外国人留学生奨学金(全学部共通)

対象
1~3年次生の外国人留学生:外国人留学生の課外活動において顕著なリーダーシップを発揮し、その発展に貢献している者で、人物も優れ他の模範となり得る者
4年次の外国人留学生:外国人留学生の課外活動において顕著なリーダーシップを発揮し、その発展に貢献している者で、人物も優れ他の模範となり得る者
給付額
(年)150,000円
給付期間は1年間
人数
1~3年次の外国人留学生:各学年1名以内
4年次の外国人留学生:2名以内

【給付型】産業能率大学後援会奨学金(全学部共通)

対象
1~4年次生
修学意欲がありながら、家計急変により学費支弁が困難な者
給付額
授業料半額相当額以内
同一理由による給付は1回限り
人数
原則として3名以内

【給付型】産業能率大学奨学留学制度 1年間(全学部共通)

対象
2~4年次生
給付額
留学した年度の授業料 半額相当額
人数
若干名
備考
出国前申請/帰国後審査

【給付型】産業能率大学奨学留学制度 半年間(全学部共通)

対象
1~4年次生
給付額
留学した年度の授業料 1/4相当額
人数
若干名
備考
出国前申請/帰国後審査

【給付型】産業能率大学上野奨学金 修学支援奨学金(全学部共通)

対象
1~4年次生
所定の基準により学費支援が必要と判断できる者
給付額
当該年度授業料相当額の一部金額 150,000円
給付期間は1年間
人数
両学部 計55名以内
備考
「高等教育の修学支援新制度(授業料等減免+給付奨学金)との兼有はできません。

【給付型】産業能率大学上野奨学金 上野学業奨学金(全学部共通)

対象
2~4年次生
学業・人物ともに優れている者
給付額
当該年度の授業料相当額の一部金額 150,000円
給付期間は1年間
人数
経営学科・現代マネジメント学科:各学年5名以内
マーケティング学科:各学年3名以内
(計39名以内)

【給付型】産業能率大学上野奨学金 上野特別奨学金(全学部共通)

対象
2~4年次生
学業・人物ともに極めて優れ他の模範となり得る者
給付額
当該年度の授業料相当額の一部金額 300,000円
給付期間は1年間
人数
各学科各学年1名以内(計9名以内)

【給付型】専門実践教育訓練給付金(全学部共通)

対象
産業能率大学大学院総合マネジメント研究科総合マネジメント専攻経営管理コース、会計マネジメントコース、税務マネジメントコースに入学する方で、支給対象者(受給資格者)の条件を満たす方
学種
大学院
給付額
お支払いいただいた大学院の学費の最大7割(最大1,120,000円)
※初年度は入学金も含まれます。

【減免型】高等教育の修学支援新制度(授業料等減免+給付型奨学金)(全学部共通)

対象
1~4年次生(外国人留学生は対象外)
収入基準
第Ⅰ区分:申請学生と生計維持者の市町村民税所得割が非課税
第Ⅱ区分:申請学生と生計維持者の支給額算定基準額合計が100円以上25,600円未満
第Ⅲ区分:申請学生と生計維持者の支給額算定基準額合計が25,600円以上51,300円未満
学業に関する基準
1年次生:学業成績が下記のいずれかに該当する者
・高等学校での評定平均3.5以上、または入試成績上位1/2以内
・高等学校卒業程度認定試験合格者
・学修意欲を学修計画書により確認できること
2~4年次生:学業成績が下記のいずれかに該当する者
・GPAが在籍学部内上位1/2以内であること
・学年ごとに定める標準修得単位数を修得しており、学修意欲を学修計画書により確認できること
資産基準:申請学生と生計維持者の資産額合計が2,000万円未満
大学入学時期の基準:高等学校を初めて卒業した年度の翌年度末日から2年を経過せず大学へ入学した者
減免額
授業料減免額(年額)
第Ⅰ区分:700,000円
第Ⅱ区分:466,700円
第Ⅲ区分:233,400円
給付金額(月額)
第Ⅰ区分:38,300円
第Ⅱ区分:25,600円
第Ⅲ区分:12,800円
自宅・自宅外の別
自宅

【減免型】高等教育の修学支援新制度(授業料等減免+給付型奨学金)(全学部共通)

対象
1~4年次生(外国人留学生は対象外)
収入基準
第Ⅰ区分:申請学生と生計維持者の市町村民税所得割が非課税
第Ⅱ区分:申請学生と生計維持者の支給額算定基準額合計が100円以上25,600円未満
第Ⅲ区分:申請学生と生計維持者の支給額算定基準額合計が25,600円以上51,300円未満
学業に関する基準
1年次生:学業成績が下記のいずれかに該当する者
・高等学校での評定平均3.5以上、または入試成績上位1/2以内
・高等学校卒業程度認定試験合格者
・学修意欲を学修計画書により確認できること
2~4年次生:学業成績が下記のいずれかに該当する者
・GPAが在籍学部内上位1/2以内であること
・学年ごとに定める標準修得単位数を修得しており、学修意欲を学修計画書により確認できること
資産基準:申請学生と生計維持者の資産額合計が2,000万円未満
大学入学時期の基準:高等学校を初めて卒業した年度の翌年度末日から2年を経過せず大学へ入学した者
減免額
授業料減免額(年額)
第Ⅰ区分:700,000円
第Ⅱ区分:466,700円
第Ⅲ区分:233,400円
給付金額(月額)
第Ⅰ区分:75,800円
第Ⅱ区分:50,600円
第Ⅲ区分:25,300円
自宅・自宅外の別
自宅外

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
■学力および成績
1年次生:高校成績3.5以上
2年次生以上:大学・短大での成績順位が学年上位1/3以内(ただし標準修得単位数を修得している者)
●人物が優れ、健康な者 ●家庭の収入が基準制限額以内の者
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
希望月額を選択
20,000円、30,000円、40,000円、54,000円
※最高月額は申込時の収入・所得により制限あり
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅
貸与期間
採用された年の貸与開始期となる月から、卒業までの最短修業期間
募集時期
4月(原則年1回)
備考
予期せぬ家計急変により、緊急に奨学金が必要となった場合に利用可能な貸与奨学金もあります。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
■学力および成績
1年次生:高校成績3.5以上
2年次生以上:大学・短大での成績順位が学年上位1/3以内(ただし標準修得単位数を修得している者)
●人物が優れ、健康な者 ●家庭の収入が基準制限額以内の者
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
希望月額を選択
20,000円、30,000円、40,000円、50,000円、64,000円
※最高月額は申込時の収入・所得により制限あり
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外
貸与期間
採用された年の貸与開始期となる月から、卒業までの最短修業期間
募集時期
4月(原則年1回)
備考
予期せぬ家計急変により、緊急に奨学金が必要となった場合に利用可能な貸与奨学金もあります。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
大学並びに大学院における成績が特に優れ、将来、研究能力または高度の専門性を要する職業等に必要な高度の能力を備えて活動することができると認められる経済的理由により就学困難な者
奨学金の種類
第一種
学種
大学院
貸与(月額)
50,000円または88,000円
利子
無利子

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
以下いずれかに該当する者
(1)大学並びに大学院における成績が特に優れ、将来、研究能力または高度の専門性を要する職業等に必要な高度の能力を備えて活動することができると認められる者
(2)大学院における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者
奨学金の種類
第二種
学種
大学院
貸与(月額)
50,000円・80,000円・100,000円・130,000円・150,000円から自由に選択
利子
利子

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
■学力および成績
1年次生:高校での学力が学年の平均水準以上
2年次生以上:大学・短大での成績順位が平均水準以上(ただし標準修得単位数を修得している者)
●人物が優れ、健康な者 ●家庭の収入が基準制限額以内の者
奨学金の種類
第二種
貸与(月額)
希望月額を選択
20,000円~120,000円(10,000円単位)
利子
利子
貸与期間
採用された年の貸与開始期となる月から、卒業までの最短修業期間
募集時期
4月(原則年1回)第2種のみ秋に追加募集がある場合があります。
備考
予期せぬ家計急変により、緊急に奨学金が必要となった場合に利用可能な貸与奨学金もあります。
学費(初年度納入金)
産業能率大学/奨学金
RECRUIT