• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 埼玉
  • 駿河台大学
  • 奨学金

【給付型】JASSO災害支援金(全学部共通)

対象
次のすべてに該当する方
1.日本国内の大学、短期大学、大学院、高等専門学校、専修学校専門課程に在学中の方
※科目等履修生、研究生、聴講生等は除きます。
※JASSOの奨学金や他団体の経済的支援を受けていても申請することができます。
2.自然災害や火災などにより、学生本人やその生計維持者が現に住んでいる家が、半壊(半流出・半埋没及び半焼失を含みます)以上の被害を受けたり、床上浸水となったり、自治体からの避難勧告等が1か月以上続いたりした方
※入学前・休学中に発生した災害は対象外です。
※同一の災害につき、申請は1回とします。
3.学修に意欲があり、修業年限で学業を確実に修了できる見込みがあると学校長が認める方
※成績不振により留年中の方は除きます。ただし、成績自体に問題はなく、留学等のために同一学年を再履修している方は対象となります。
給付額
100,000円
募集時期
災害が起きた日の次の月から数えて、6か月以内

【給付型】キャリアカレッジ奨励金(全学部共通)

対象
本学キャリアカレッジのうち該当の講座を受講し、合格した学生
給付額
最高 20,000円
人数
対象者全員

【給付型】スポーツ年間特待生(全学部共通)

対象
スポーツ競技成績及び人物共に優れている学生
給付額
授業料相当額
人数
若干名
備考
※当該年度1回(非公募)。

【給付型】海外語学演習制度奨励金(全学部共通)

対象
本学の海外語学演習制度に参加する学生
給付額
50,000円
人数
対象者全員

【給付型】学業成績最優秀奨学生(全学部共通)

対象
2年生以上で前年度までの学業成績及び人物共に特に優秀な学生
給付額
500,000円
人数
各学部各学年若干名
備考
※当該年度1回(非公募)。

【給付型】学業成績優秀奨学生(全学部共通)

対象
2年生以上で前年度までの学業成績及び人物共に優秀な学生
給付額
50,000~200,000円
人数
各学部各学年若干名
備考
※当該年度1回(非公募)。

【給付型】学部長賞奨励金(全学部共通)

対象
2年生以上で、学業成績優秀者または部活動、ボランティア活動、地域活動等において、前年度に顕著な活動をした学生又は学生団体
給付額
50,000円
人数
60名
備考
※当該年度1回(非公募)。

【給付型】熊本県生活困窮大学生等のための給付金交付事業(全学部共通)

対象
2020年4月7日時点で以下の条件に該当する者
熊本県内の高等学校等を卒業・修了後、熊本県外の大学等に在籍している者
対象者の生計維持者(父母等、大学生等の学費や生活費を負担している者)が直近の住民税が非課税であること。
給付額
50,000円
募集時期
2020年11月30日(月)

【給付型】資格取得奨励金(全学部共通)

対象
本学の学部に在学中の学生もしくは学部卒業後5年以内の卒業生で「公認会計士試験」「司法試験」「司法書士試験」に合格した者
給付額
最高200,000円
人数
対象者全員

【給付型】修学支援奨学生(全学部共通)

対象
修学意欲が高く、経済的理由により修学が困難な学生
給付額
200,000円
人数
公募50名

【給付型】同窓会給付奨学金(全学部共通)

対象
新規で入学する本学卒業生の子
給付額
初年度授業料の半額
人数
対象者全員
備考
※募集の詳細は、総合掲示板(学生支援)またはポタロウで案内します(当該年度1回)。

【給付型】特待生1級(全学部共通)

対象
2年生以上で前年度までの学業成績及び人物が特に優れている学生
給付額
授業料相当額
人数
各学部若干名
備考
※当該年度1回(非公募)。

【給付型】特待生2級(全学部共通)

対象
特待生1級となった学生を除く2年生以上で前年度までの学業成績及び人物が優れている学生
給付額
200,000円
人数
各学部若干名
備考
※当該年度1回(非公募)。

【給付型】特別奨励賞奨励金(全学部共通)

対象
本学の名誉を高める顕著な活躍をした学生又は学生団体
給付額
100,000円
人数
若干名

【給付型】父母会奨励金(全学部共通)

対象
文化系課外活動において顕著な成果を収めた個人または学生団体
給付額
100,000円
人数
公募 10件

【給付型】留学奨学金(全学部共通)

対象
本学から海外の提携校に交換・派遣留学生する学生
給付額
100,000円

【減免型】高等教育の修学支援新制度(「給付」型+授業料・入学金の減免)(全学部共通)

対象
「住民税非課税世帯」及び「住民税非課税世帯に準ずる世帯」の学生であり、学業成績・学習意欲に関する要件があります。
減免額
授業料・入学金の減免:第Ⅰ区分(減免率3/3)、第Ⅱ区分(減免率2/3)、第Ⅲ区分(減免率1/3)
給付月額:第Ⅰ区分75,800円、第Ⅱ区分50,600円、第Ⅲ区分25,300円
自宅・自宅外の別
自宅外

【減免型】高等教育の修学支援新制度(「給付」型+授業料・入学金の減免)(全学部共通)

対象
「住民税非課税世帯」及び「住民税非課税世帯に準ずる世帯」の学生であり、学業成績・学習意欲に関する要件があります。
減免額
授業料・入学金の減免:第Ⅰ区分(減免率3/3)、第Ⅱ区分(減免率2/3)、第Ⅲ区分(減免率1/3)
給付月額:第Ⅰ区分38,300円、第Ⅱ区分25,600円、第Ⅲ区分12,800円
自宅・自宅外の別
自宅

【貸与型】大田区貸付型奨学金(全学部共通)

対象
下記①~③のいずれかに当てはまる方
①新型コロナウイルス感染症の拡大による影響で収入が急変した世帯の学生
②新型コロナウイルス感染症の拡大による影響で募集期間中に申込みができなかった学生
③生計中心者の死亡または傷病もしくは障害を負い、家計の急変があった世帯の学生
(③については新型コロナウイルス感染症の影響でなくても対象となります)
ただし、他大学を卒業後、再度大学へ入学した者を除く。
貸与(月額)
44,000円以内
返還詳細
返還期間:・卒業後、1年間の据置期間
・原則口座振替にて20年以内
利子
無利子
貸与期間
令和2年4月から正規の修業年限まで
募集時期
2020年6月22日(月)~2021年1月29日(金)

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
経済的理由により修業に困難があると認められ、学業成績優秀な者(高校調査書平均3.5以上)
または、家計支持者の住民税が非課税である者・生活保護受給世帯の者・社会的養護を必要とする者であって、定められた要件に該当する者
奨学金の種類
第一種
学種
大学
貸与(月額)
20,000円 30,000円 40,000円 ※54,000円(最高月額)
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅
備考
※最高月額は申込時に選択可と判定された者
※令和に2年度から始まる新しい給付奨学金と併せて第一種奨学金の貸与を受ける場合、貸与を受けられる月額の上限額が制限されます。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
高度の研究能力を有し、経済的理由により修業に困難があると認められる人。
大学等・大学院における成績が特に優れ、将来、研究能力又は高度の専門性を要する職業等に必要な高度の能力を備えて活動することができると認められること。
奨学金の種類
第一種
学種
大学院
貸与(月額)
50,000円 88,000円から選択
利子
無利子

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
経済的理由により修業に困難があると認められ、学業成績優秀な者(高校調査書平均3.5以上)
または、家計支持者の住民税が非課税である者・生活保護受給世帯の者・社会的養護を必要とする者であって、定められた要件に該当する者
奨学金の種類
第一種
学種
大学
貸与(月額)
20,000円 30,000円 40,000円 50,000円 ※64,000円(最高月額)
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外
備考
※最高月額は申込時に選択可と判定された者
※令和に2年度から始まる新しい給付奨学金と併せて第一種奨学金の貸与を受ける場合、貸与を受けられる月額の上限額が制限されます。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
経済的理由により修業が困難でがあると認められ、学業成績優秀な者(出身高校における成績が平均水準以上の者)書類審査有
奨学金の種類
第二種
学種
大学
貸与(月額)
20,000円 30,000円 40,000円 50,000円 60,000円 70,000円 80,000円 90,000円 100,000円 110,000円 120,000円から選択
利子
利子

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
高度の研究能力を有し、経済的理由により修業に困難があると認められる人。
(1)、(2)のいずれかに該当すること。
(1) 大学等・大学院における成績が優れ、将来、研究能力または高度の専門性を要する職業等に必要な高度の能力を備えて活動することができると認められること。
(2) 大学院における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められること。
奨学金の種類
第二種
学種
大学院
貸与(月額)
50,000円 80,000円 100,000円 130,000円 150,000円から選択
利子
利子

【貸与型】本多静六博士奨学生(全学部共通)

対象
1.学習活動その他生活全般を通じて、態度・行動が学生としてふさわしく、修学に十 分耐え得ると認められる者で、かつ、将来良識のある社会人として活動できる見込みがある者
2.住所が次に該当する者
高等学校またはこれに準じる教育課程を修了した者は、最終年次に埼玉県内に住民登録されていた者
3.成績が以下の基準を満たす者
①1年生は、高等学校在学時の評定平均が3.3以上
②2年生以上は、1年次から昨年度までの学習成績が学内で上位2分の1以内 (GPA2.5以上)
③大学院生は、大学在学時の学習成績が②の基準を満たしていること
4.世帯の1年間の「認定所得金額」が、「収入基準額」の基準額以下であること (詳細は募集案内参照)
5.40歳未満で、過去に本多静六博士奨学金の貸与を受けていない者(令和3年4月1日時点)
貸与(月額)
3万円以内
利子
無利子
貸与期間
最短修業年限
募集時期
令和2年10月1日(木)~12月18日(金)

【貸与型】令和2年度 福島県奨学生(全学部共通)

対象
1.県内の高等学校を卒業した者、若しくは高等学校卒業程度認定試験若しくは大学入学資格検定に合格した者。(合格当時県内に住所を有していた場合に限る。)・・・入学又は入学する目的をもって住所を移転するまで県内に引き続き6ヶ月以上住所を有していること。
2.県外の高等学校を卒業した者・・・卒業の月に福島県奨学資金を受けていたこと。
※同種類(貸与型)の修学資金を他から受けていないこと。他団体の奨学資金との併願のみ可能。併用は不可。(給付型との併用は可能)なお、本県奨学生に採用後に併用が発覚した場合は、奨学生決定当初に遡及して奨学生を取り消します。
【学力】:高等学校における最終2ヵ年の全履修科目の評定を合計し、これを全履修科目数で割った値(小数点第2位四捨五入)が3.0以上であること。ただし、2年生以上の場合は、さらに大学における学業成績が本人の属する学部(科)の平均水準以上であること。
【所得】:本人の生計を主として維持する者の1年間の総収入金額から必要経費及び特別控除額を差し引いた所得金額が、規定する所得基準額以下であること。
【注意事項】:同種類(貸与型)の奨学資金を他から受けていないこと。
貸与(月額)
40,000円
返還詳細
返還期間:卒業した月の6ヶ月後から貸与を受けた奨学資金の総額に応じ20年以内
利子
無利子
貸与期間
令和2年4月分から在学する学校の正規の修業期間
募集時期
令和2年12月15日(火)【必着】
備考
追加募集(2回目)

戸田市海外留学奨学制度

埼玉県日墨戦略的グローバル・パートナーシップ研修計画派遣奨学生

三重県地域と若者の未来を拓く学生奨学金返還支援事業

東京都障害福祉サービス事業所職員奨学金返済・育成支援事業

徳島県奨学金返還支援制度

平和中島財団

学費(初年度納入金)
駿河台大学/奨学金