• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 兵庫
  • 神戸松蔭女子学院大学
  • 入試科目・日程
  • 一般入試

私立大学/兵庫

コウベショウインジョシガクインダイガク

神戸松蔭女子学院大学の入試科目・日程情報

【注意】下記に掲出されている入試情報は、2019年卒(去年の高校3年生)向けの情報です。

教育学部

教育学科/幼児教育専修

一般入試 A日程

募集人数
80名 ※合計:幼児教育専修
個別学力試験
[選択科目] 下記から2教科選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(漢文は除く)
理科|生物基礎・生物、化学基礎・化学 から1科目選択
数学|数学Ⅰ・数学A
---
※マークセンス方式の学力試験2教科。
※学内併願したすべての学科・専修で合否判定を行う。ただし、学力試験で学科・専修が指定する教科を解答していること。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
『国語に関して』
※共通問題=現代文・国語常識(漢字、ことわざ、熟語、文法など)
※選択問題=現代文か古文を選択
『理科に関して』
※生物基礎:全範囲
※生物:①生命現象と物質 ②生殖と発生 ③生物の環境応答
※化学基礎:全範囲
※化学:①物質の状態と平衡 ②物質の変化と平衡 ③無機物質の性質と利用 ④有機化合物の性質と利用
試験日程
1/26

一般入試 B日程

募集人数
80名 ※合計:幼児教育専修
個別学力試験
[選択科目] 下記から2教科選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文は除く)
理科|生物基礎・生物、化学基礎・化学 から1科目選択
---
※マークセンス方式の学力試験2教科。
※学内併願したすべての学科・専修で合否判定を行う。ただし、学力試験で学科・専修が指定する教科を解答していること。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
『理科に関して』
※生物基礎:全範囲
※生物:①生命現象と物質 ②生殖と発生 ③生物の環境応答
※化学基礎:全範囲
※化学:①物質の状態と平衡 ②物質の変化と平衡 ③無機物質の性質と利用 ④有機化合物の性質と利用
試験日程
2/13

一般入試 C日程

募集人数
80名 ※合計:幼児教育専修
個別学力試験
[選択科目] 下記から2教科選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文は除く)
理科|生物基礎・生物、化学基礎・化学 から1科目選択
---
※マークセンス方式の学力試験2教科。
※学内併願したすべての学科・専修で合否判定を行う。ただし、学力試験で学科・専修が指定する教科を解答していること。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
『理科に関して』
※生物基礎:全範囲
※生物:①生命現象と物質 ②生殖と発生 ③生物の環境応答
※化学基礎:全範囲
※化学:①物質の状態と平衡 ②物質の変化と平衡 ③無機物質の性質と利用 ④有機化合物の性質と利用
試験日程
2/26

一般入試 D日程

募集人数
80名 ※合計:幼児教育専修
個別学力試験
[選択科目] 下記より1教科選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文は除く)
---
※マークセンス方式の学力試験1教科。
※志望上位の学科・専修より順次合否判定を行う。 ※志望上位の学科・専修に合格した場合、それ以下の志望順位の学科・専修では合否判定を行わない。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
※いずれかの試験教科を選択、いずれも解答した場合は得点の高い試験教科で判定
試験日程
3/13

教育学科/学校教育専修

一般入試 A日程

募集人数
40名 ※合計:学校教育専修
個別学力試験
[選択科目] 下記から2教科選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(漢文は除く)
理科|生物基礎・生物、化学基礎・化学 から1科目選択
数学|数学Ⅰ・数学A
---
※マークセンス方式の学力試験2教科。
※学内併願したすべての学科・専修で合否判定を行う。ただし、学力試験で学科・専修が指定する教科を解答していること。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
『国語に関して』
※共通問題=現代文・国語常識(漢字、ことわざ、熟語、文法など)
※選択問題=現代文か古文を選択
『理科に関して』
※生物基礎:全範囲
※生物:①生命現象と物質 ②生殖と発生 ③生物の環境応答
※化学基礎:全範囲
※化学:①物質の状態と平衡 ②物質の変化と平衡 ③無機物質の性質と利用 ④有機化合物の性質と利用
試験日程
1/26

一般入試 B日程

募集人数
40名 ※合計:学校教育専修
個別学力試験
[選択科目] 下記から2教科選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文は除く)
理科|生物基礎・生物、化学基礎・化学 から1科目選択
---
※マークセンス方式の学力試験2教科。
※学内併願したすべての学科・専修で合否判定を行う。ただし、学力試験で学科・専修が指定する教科を解答していること。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
『理科に関して』
※生物基礎:全範囲
※生物:①生命現象と物質 ②生殖と発生 ③生物の環境応答
※化学基礎:全範囲
※化学:①物質の状態と平衡 ②物質の変化と平衡 ③無機物質の性質と利用 ④有機化合物の性質と利用
試験日程
2/13

一般入試 C日程

募集人数
40名 ※合計:学校教育専修
個別学力試験
[選択科目] 下記から2教科選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文は除く)
理科|生物基礎・生物、化学基礎・化学 から1科目選択
---
※マークセンス方式の学力試験2教科。
※学内併願したすべての学科・専修で合否判定を行う。ただし、学力試験で学科・専修が指定する教科を解答していること。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
『理科に関して』
※生物基礎:全範囲
※生物:①生命現象と物質 ②生殖と発生 ③生物の環境応答
※化学基礎:全範囲
※化学:①物質の状態と平衡 ②物質の変化と平衡 ③無機物質の性質と利用 ④有機化合物の性質と利用
試験日程
2/26

一般入試 D日程

募集人数
40名 ※合計:学校教育専修
個別学力試験
[選択科目] 下記より1教科選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文は除く)
---
※マークセンス方式の学力試験1教科。
※志望上位の学科・専修より順次合否判定を行う。 ※志望上位の学科・専修に合格した場合、それ以下の志望順位の学科・専修では合否判定を行わない。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
※いずれかの試験教科を選択、いずれも解答した場合は得点の高い試験教科で判定
試験日程
3/13

文学部

英語学科/英語プロフェッショナル専修

一般入試 A日程

募集人数
35名 ※合計:英語プロフェッショナル専修
個別学力試験
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
[選択科目] 下記から1教科選択
国語|国語総合(漢文は除く)
理科|生物基礎・生物、化学基礎・化学 から1科目選択
数学|数学Ⅰ・数学A
---
※マークセンス方式の学力試験2教科。
※学内併願したすべての学科・専修で合否判定を行う。ただし、学力試験で学科・専修が指定する教科を解答していること。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
『国語に関して』
※共通問題=現代文・国語常識(漢字、ことわざ、熟語、文法など)
※選択問題=現代文か古文を選択
『理科に関して』
※生物基礎:全範囲
※生物:①生命現象と物質 ②生殖と発生 ③生物の環境応答
※化学基礎:全範囲
※化学:①物質の状態と平衡 ②物質の変化と平衡 ③無機物質の性質と利用 ④有機化合物の性質と利用
試験日程
1/26

一般入試 B日程

募集人数
35名 ※合計:英語プロフェッショナル専修
個別学力試験
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文は除く)
---
※マークセンス方式の学力試験2教科。
※学内併願したすべての学科・専修で合否判定を行う。ただし、学力試験で学科・専修が指定する教科を解答していること。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
『理科に関して』
※生物基礎:全範囲
※生物:①生命現象と物質 ②生殖と発生 ③生物の環境応答
※化学基礎:全範囲
※化学:①物質の状態と平衡 ②物質の変化と平衡 ③無機物質の性質と利用 ④有機化合物の性質と利用
試験日程
2/13

一般入試 C日程

募集人数
35名 ※合計:英語プロフェッショナル専修
個別学力試験
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文は除く)
---
※マークセンス方式の学力試験2教科。
※学内併願したすべての学科・専修で合否判定を行う。ただし、学力試験で学科・専修が指定する教科を解答していること。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
『理科に関して』
※生物基礎:全範囲
※生物:①生命現象と物質 ②生殖と発生 ③生物の環境応答
※化学基礎:全範囲
※化学:①物質の状態と平衡 ②物質の変化と平衡 ③無機物質の性質と利用 ④有機化合物の性質と利用
試験日程
2/26

一般入試 D日程

募集人数
35名 ※合計:英語プロフェッショナル専修
個別学力試験
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
---
※マークセンス方式の学力試験1教科。
※志望上位の学科・専修より順次合否判定を行う。 ※志望上位の学科・専修に合格した場合、それ以下の志望順位の学科・専修では合否判定を行わない。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
※いずれかの試験教科を選択、いずれも解答した場合は得点の高い試験教科で判定
試験日程
3/13

英語学科/グローバルコミュニケーション専修

一般入試 A日程

募集人数
65名 ※合計:グローバルコミュニケーション専修
個別学力試験
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
[選択科目] 下記から1教科選択
国語|国語総合(漢文は除く)
理科|生物基礎・生物、化学基礎・化学 から1科目選択
数学|数学Ⅰ・数学A
---
※マークセンス方式の学力試験2教科。
※学内併願したすべての学科・専修で合否判定を行う。ただし、学力試験で学科・専修が指定する教科を解答していること。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
『国語に関して』
※共通問題=現代文・国語常識(漢字、ことわざ、熟語、文法など)
※選択問題=現代文か古文を選択
『理科に関して』
※生物基礎:全範囲
※生物:①生命現象と物質 ②生殖と発生 ③生物の環境応答
※化学基礎:全範囲
※化学:①物質の状態と平衡 ②物質の変化と平衡 ③無機物質の性質と利用 ④有機化合物の性質と利用
試験日程
1/26

一般入試 B日程

募集人数
65名 ※合計:グローバルコミュニケーション専修
個別学力試験
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文は除く)
---
※マークセンス方式の学力試験2教科。
※学内併願したすべての学科・専修で合否判定を行う。ただし、学力試験で学科・専修が指定する教科を解答していること。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
『理科に関して』
※生物基礎:全範囲
※生物:①生命現象と物質 ②生殖と発生 ③生物の環境応答
※化学基礎:全範囲
※化学:①物質の状態と平衡 ②物質の変化と平衡 ③無機物質の性質と利用 ④有機化合物の性質と利用
試験日程
2/13

一般入試 C日程

募集人数
65名 ※合計:グローバルコミュニケーション専修
個別学力試験
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文は除く)
---
※マークセンス方式の学力試験2教科。
※学内併願したすべての学科・専修で合否判定を行う。ただし、学力試験で学科・専修が指定する教科を解答していること。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
『理科に関して』
※生物基礎:全範囲
※生物:①生命現象と物質 ②生殖と発生 ③生物の環境応答
※化学基礎:全範囲
※化学:①物質の状態と平衡 ②物質の変化と平衡 ③無機物質の性質と利用 ④有機化合物の性質と利用
試験日程
2/26

一般入試 D日程

募集人数
65名 ※合計:グローバルコミュニケーション専修
個別学力試験
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
---
※マークセンス方式の学力試験1教科。
※志望上位の学科・専修より順次合否判定を行う。 ※志望上位の学科・専修に合格した場合、それ以下の志望順位の学科・専修では合否判定を行わない。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
※いずれかの試験教科を選択、いずれも解答した場合は得点の高い試験教科で判定
試験日程
3/13

日本語日本文化学科

一般入試 A日程

募集人数
60名 ※合計:日本語日本文化学科
個別学力試験
国語|国語総合(漢文は除く)
[選択科目] 下記より1教科選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
理科|生物基礎・生物、化学基礎・化学 から1科目選択
数学|数学Ⅰ・数学A
---
※マークセンス方式の学力試験2教科。
※学内併願したすべての学科・専修で合否判定を行う。ただし、学力試験で学科・専修が指定する教科を解答していること。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
『国語に関して』
※共通問題=現代文・国語常識(漢字、ことわざ、熟語、文法など)
※選択問題=現代文か古文を選択
『理科に関して』
※生物基礎:全範囲
※生物:①生命現象と物質 ②生殖と発生 ③生物の環境応答
※化学基礎:全範囲
※化学:①物質の状態と平衡 ②物質の変化と平衡 ③無機物質の性質と利用 ④有機化合物の性質と利用
試験日程
1/26

一般入試 B日程

募集人数
60名 ※合計:日本語日本文化学科
個別学力試験
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文は除く)
---
※マークセンス方式の学力試験2教科。
※学内併願したすべての学科・専修で合否判定を行う。ただし、学力試験で学科・専修が指定する教科を解答していること。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
『理科に関して』
※生物基礎:全範囲
※生物:①生命現象と物質 ②生殖と発生 ③生物の環境応答
※化学基礎:全範囲
※化学:①物質の状態と平衡 ②物質の変化と平衡 ③無機物質の性質と利用 ④有機化合物の性質と利用
試験日程
2/13

一般入試 C日程

募集人数
60名 ※合計:日本語日本文化学科
個別学力試験
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文は除く)
---
※マークセンス方式の学力試験2教科。
※学内併願したすべての学科・専修で合否判定を行う。ただし、学力試験で学科・専修が指定する教科を解答していること。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
『理科に関して』
※生物基礎:全範囲
※生物:①生命現象と物質 ②生殖と発生 ③生物の環境応答
※化学基礎:全範囲
※化学:①物質の状態と平衡 ②物質の変化と平衡 ③無機物質の性質と利用 ④有機化合物の性質と利用
試験日程
2/26

一般入試 D日程

募集人数
60名 ※合計:日本語日本文化学科
個別学力試験
国語|国語総合(古文・漢文は除く)
---
※マークセンス方式の学力試験1教科。
※志望上位の学科・専修より順次合否判定を行う。 ※志望上位の学科・専修に合格した場合、それ以下の志望順位の学科・専修では合否判定を行わない。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
※いずれかの試験教科を選択、いずれも解答した場合は得点の高い試験教科で判定
試験日程
3/13

人間科学部

都市生活学科/都市生活専修

一般入試 A日程

募集人数
60名 ※合計:都市生活専修
個別学力試験
[選択科目] 下記から2教科選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(漢文は除く)
理科|生物基礎・生物、化学基礎・化学 から1科目選択
数学|数学Ⅰ・数学A
---
※マークセンス方式の学力試験2教科。
※学内併願したすべての学科・専修で合否判定を行う。ただし、学力試験で学科・専修が指定する教科を解答していること。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
『国語に関して』
※共通問題=現代文・国語常識(漢字、ことわざ、熟語、文法など)
※選択問題=現代文か古文を選択
『理科に関して』
※生物基礎:全範囲
※生物:①生命現象と物質 ②生殖と発生 ③生物の環境応答
※化学基礎:全範囲
※化学:①物質の状態と平衡 ②物質の変化と平衡 ③無機物質の性質と利用 ④有機化合物の性質と利用
試験日程
1/26

一般入試 B日程

募集人数
60名 ※合計:都市生活専修
個別学力試験
[選択科目] 下記から2教科選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文は除く)
理科|生物基礎・生物、化学基礎・化学 から1科目選択
---
※マークセンス方式の学力試験2教科。
※学内併願したすべての学科・専修で合否判定を行う。ただし、学力試験で学科・専修が指定する教科を解答していること。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
『理科に関して』
※生物基礎:全範囲
※生物:①生命現象と物質 ②生殖と発生 ③生物の環境応答
※化学基礎:全範囲
※化学:①物質の状態と平衡 ②物質の変化と平衡 ③無機物質の性質と利用 ④有機化合物の性質と利用
試験日程
2/13

一般入試 C日程

募集人数
60名 ※合計:都市生活専修
個別学力試験
[選択科目] 下記から2教科選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文は除く)
理科|生物基礎・生物、化学基礎・化学 から1科目選択
---
※マークセンス方式の学力試験2教科。
※学内併願したすべての学科・専修で合否判定を行う。ただし、学力試験で学科・専修が指定する教科を解答していること。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
『理科に関して』
※生物基礎:全範囲
※生物:①生命現象と物質 ②生殖と発生 ③生物の環境応答
※化学基礎:全範囲
※化学:①物質の状態と平衡 ②物質の変化と平衡 ③無機物質の性質と利用 ④有機化合物の性質と利用
試験日程
2/26

一般入試 D日程

募集人数
60名 ※合計:都市生活専修
個別学力試験
[以下から1教科選択]
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文は除く)
---
※マークセンス方式の学力試験1教科。
※志望上位の学科・専修より順次合否判定を行う。 ※志望上位の学科・専修に合格した場合、それ以下の志望順位の学科・専修では合否判定を行わない。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
※いずれかの試験教科を選択、いずれも解答した場合は得点の高い試験教科で判定
試験日程
3/13

都市生活学科/食ビジネス専修

一般入試 A日程

募集人数
40名 ※合計:食ビジネス専修
個別学力試験
[選択科目] 下記から2教科選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(漢文は除く)
理科|生物基礎・生物、化学基礎・化学 から1科目選択
数学|数学Ⅰ・数学A
---
※マークセンス方式の学力試験2教科。
※学内併願したすべての学科・専修で合否判定を行う。ただし、学力試験で学科・専修が指定する教科を解答していること。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
『国語に関して』
※共通問題=現代文・国語常識(漢字、ことわざ、熟語、文法など)
※選択問題=現代文か古文を選択
『理科に関して』
※生物基礎:全範囲
※生物:①生命現象と物質 ②生殖と発生 ③生物の環境応答
※化学基礎:全範囲
※化学:①物質の状態と平衡 ②物質の変化と平衡 ③無機物質の性質と利用 ④有機化合物の性質と利用
試験日程
1/26

一般入試 B日程

募集人数
40名 ※合計:食ビジネス専修
個別学力試験
[選択科目] 下記から2教科選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文は除く)
理科|生物基礎・生物、化学基礎・化学 から1科目選択
---
※マークセンス方式の学力試験2教科。
※学内併願したすべての学科・専修で合否判定を行う。ただし、学力試験で学科・専修が指定する教科を解答していること。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
『理科に関して』
※生物基礎:全範囲
※生物:①生命現象と物質 ②生殖と発生 ③生物の環境応答
※化学基礎:全範囲
※化学:①物質の状態と平衡 ②物質の変化と平衡 ③無機物質の性質と利用 ④有機化合物の性質と利用
試験日程
2/13

一般入試 C日程

募集人数
40名 ※合計:食ビジネス専修
個別学力試験
[選択科目] 下記から2教科選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文は除く)
理科|生物基礎・生物、化学基礎・化学 から1科目選択
---
※マークセンス方式の学力試験2教科。
※学内併願したすべての学科・専修で合否判定を行う。ただし、学力試験で学科・専修が指定する教科を解答していること。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
『理科に関して』
※生物基礎:全範囲
※生物:①生命現象と物質 ②生殖と発生 ③生物の環境応答
※化学基礎:全範囲
※化学:①物質の状態と平衡 ②物質の変化と平衡 ③無機物質の性質と利用 ④有機化合物の性質と利用
試験日程
2/26

一般入試 D日程

募集人数
40名 ※合計:食ビジネス専修
個別学力試験
[以下から1教科選択]
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文は除く)
---
※マークセンス方式の学力試験1教科。
※志望上位の学科・専修より順次合否判定を行う。 ※志望上位の学科・専修に合格した場合、それ以下の志望順位の学科・専修では合否判定を行わない。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
※いずれかの試験教科を選択、いずれも解答した場合は得点の高い試験教科で判定
試験日程
3/13

食物栄養学科

一般入試 A日程

募集人数
60名 ※食物栄養学科
個別学力試験
理科|生物基礎・生物、化学基礎・化学 から1科目選択
[選択科目] 下記から1教科選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(漢文は除く)
---
※マークセンス方式の学力試験2教科。
※学内併願したすべての学科・専修で合否判定を行う。ただし、学力試験で学科・専修が指定する教科を解答していること。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
『国語に関して』
※共通問題=現代文・国語常識(漢字、ことわざ、熟語、文法など)
※選択問題=現代文か古文を選択
『理科に関して』
※生物基礎:全範囲
※生物:①生命現象と物質 ②生殖と発生 ③生物の環境応答
※化学基礎:全範囲
※化学:①物質の状態と平衡 ②物質の変化と平衡 ③無機物質の性質と利用 ④有機化合物の性質と利用
試験日程
1/26

一般入試 B日程

募集人数
60名 ※食物栄養学科
個別学力試験
理科|生物基礎・生物、化学基礎・化学 から1科目選択
[選択科目] 下記から1教科選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文は除く)
---
※マークセンス方式の学力試験2教科。
※学内併願したすべての学科・専修で合否判定を行う。ただし、学力試験で学科・専修が指定する教科を解答していること。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
『理科に関して』
※生物基礎:全範囲
※生物:①生命現象と物質 ②生殖と発生 ③生物の環境応答
※化学基礎:全範囲
※化学:①物質の状態と平衡 ②物質の変化と平衡 ③無機物質の性質と利用 ④有機化合物の性質と利用
試験日程
2/13

一般入試 C日程

募集人数
60名 ※食物栄養学科
個別学力試験
理科|生物基礎・生物、化学基礎・化学 から1科目選択
[選択科目] 下記から1教科選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文は除く)
---
※マークセンス方式の学力試験2教科。
※学内併願したすべての学科・専修で合否判定を行う。ただし、学力試験で学科・専修が指定する教科を解答していること。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
『理科に関して』
※生物基礎:全範囲
※生物:①生命現象と物質 ②生殖と発生 ③生物の環境応答
※化学基礎:全範囲
※化学:①物質の状態と平衡 ②物質の変化と平衡 ③無機物質の性質と利用 ④有機化合物の性質と利用
試験日程
2/26

ファッション・ハウジングデザイン学科

一般入試 A日程

募集人数
60名 ※合計:ファッション・ハウジングデザイン学科
個別学力試験
[選択科目] 下記から2教科選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(漢文は除く)
理科|生物基礎・生物、化学基礎・化学 から1科目選択
数学|数学Ⅰ・数学A
---
※マークセンス方式の学力試験2教科。
※学内併願したすべての学科・専修で合否判定を行う。ただし、学力試験で学科・専修が指定する教科を解答していること。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
『国語に関して』
※共通問題=現代文・国語常識(漢字、ことわざ、熟語、文法など)
※選択問題=現代文か古文を選択
『理科に関して』
※生物基礎:全範囲
※生物:①生命現象と物質 ②生殖と発生 ③生物の環境応答
※化学基礎:全範囲
※化学:①物質の状態と平衡 ②物質の変化と平衡 ③無機物質の性質と利用 ④有機化合物の性質と利用
試験日程
1/26

一般入試 B日程

募集人数
60名 ※合計:ファッション・ハウジングデザイン学科
個別学力試験
[選択科目] 下記から2教科選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文は除く)
理科|生物基礎・生物、化学基礎・化学 から1科目選択
---
※マークセンス方式の学力試験2教科。
※学内併願したすべての学科・専修で合否判定を行う。ただし、学力試験で学科・専修が指定する教科を解答していること。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
『理科に関して』
※生物基礎:全範囲
※生物:①生命現象と物質 ②生殖と発生 ③生物の環境応答
※化学基礎:全範囲
※化学:①物質の状態と平衡 ②物質の変化と平衡 ③無機物質の性質と利用 ④有機化合物の性質と利用
試験日程
2/13

一般入試 C日程

募集人数
60名 ※合計:ファッション・ハウジングデザイン学科
個別学力試験
[選択科目] 下記から2教科選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文は除く)
理科|生物基礎・生物、化学基礎・化学 から1科目選択
---
※マークセンス方式の学力試験2教科。
※学内併願したすべての学科・専修で合否判定を行う。ただし、学力試験で学科・専修が指定する教科を解答していること。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
『理科に関して』
※生物基礎:全範囲
※生物:①生命現象と物質 ②生殖と発生 ③生物の環境応答
※化学基礎:全範囲
※化学:①物質の状態と平衡 ②物質の変化と平衡 ③無機物質の性質と利用 ④有機化合物の性質と利用
試験日程
2/26

一般入試 D日程

募集人数
60名 ※合計:ファッション・ハウジングデザイン学科
個別学力試験
[以下から1教科選択]
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文は除く)
---
※マークセンス方式の学力試験1教科。
※志望上位の学科・専修より順次合否判定を行う。 ※志望上位の学科・専修に合格した場合、それ以下の志望順位の学科・専修では合否判定を行わない。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
※いずれかの試験教科を選択、いずれも解答した場合は得点の高い試験教科で判定
試験日程
3/13

心理学科

一般入試 A日程

募集人数
70名 ※合計:心理学科
個別学力試験
[選択科目] 下記から2教科選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(漢文は除く)
理科|生物基礎・生物、化学基礎・化学 から1科目選択
数学|数学Ⅰ・数学A
---
※マークセンス方式の学力試験2教科。
※学内併願したすべての学科・専修で合否判定を行う。ただし、学力試験で学科・専修が指定する教科を解答していること。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
『国語に関して』
※共通問題=現代文・国語常識(漢字、ことわざ、熟語、文法など)
※選択問題=現代文か古文を選択
『理科に関して』
※生物基礎:全範囲
※生物:①生命現象と物質 ②生殖と発生 ③生物の環境応答
※化学基礎:全範囲
※化学:①物質の状態と平衡 ②物質の変化と平衡 ③無機物質の性質と利用 ④有機化合物の性質と利用
試験日程
1/26

一般入試 B日程

募集人数
70名 ※合計:心理学科
個別学力試験
[選択科目] 下記から2教科選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文は除く)
理科|生物基礎・生物、化学基礎・化学 から1科目選択
---
※マークセンス方式の学力試験2教科。
※学内併願したすべての学科・専修で合否判定を行う。ただし、学力試験で学科・専修が指定する教科を解答していること。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
『理科に関して』
※生物基礎:全範囲
※生物:①生命現象と物質 ②生殖と発生 ③生物の環境応答
※化学基礎:全範囲
※化学:①物質の状態と平衡 ②物質の変化と平衡 ③無機物質の性質と利用 ④有機化合物の性質と利用
試験日程
2/13

一般入試 C日程

募集人数
70名 ※合計:心理学科
個別学力試験
[選択科目] 下記から2教科選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文は除く)
理科|生物基礎・生物、化学基礎・化学 から1科目選択
---
※マークセンス方式の学力試験2教科。
※学内併願したすべての学科・専修で合否判定を行う。ただし、学力試験で学科・専修が指定する教科を解答していること。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
『理科に関して』
※生物基礎:全範囲
※生物:①生命現象と物質 ②生殖と発生 ③生物の環境応答
※化学基礎:全範囲
※化学:①物質の状態と平衡 ②物質の変化と平衡 ③無機物質の性質と利用 ④有機化合物の性質と利用
試験日程
2/26

一般入試 D日程

募集人数
70名 ※合計:心理学科
個別学力試験
[以下から1教科選択]
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文は除く)
---
※マークセンス方式の学力試験1教科。
※志望上位の学科・専修より順次合否判定を行う。 ※志望上位の学科・専修に合格した場合、それ以下の志望順位の学科・専修では合否判定を行わない。
※試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。
※いずれかの試験教科を選択、いずれも解答した場合は得点の高い試験教科で判定
試験日程
3/13
神戸松蔭女子学院大学(私立大学/兵庫)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路