• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 東京造形大学

東京造形大学で学んでみませんか?

東京造形大学の風景

デザイン・美術の領域から社会に新たな価値を提案するデザイナー、表現者を育成します

1966年に設立された美術大学。デザイン・美術活動を通して新たな価値を創造する人材を育成します。自分の所属する専攻領域とは異なる領域の科目を学ぶことも可能なカリキュラムで総合的な視点を養います。

東京造形大学はこんな学校です

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

東京造形大学の特長1

専門性を追求するとともに、他の領域に関する知識・理論や技法も学べるカリキュラム

自らの所属する専攻領域の専門性を究める「専門科目」と、学科・専攻領域の枠を超えてさまざまな領域の知識・理論や技法を習得する「人間形成科目」「ハイブリッド科目」で構成されるカリキュラムにより、デザインや美術の領域において総合的な視点から社会の問題を解決できる人を育てます。なかでも全学生が履修可能な「ハイブリッド科目」では、専門の異なる教員や学生が交流しながら授業が展開され、自らの専門分野以外の視点の獲得と新たな発見につながる教育が行われています。また、少人数制の教育により、教員から一人ひとりに行き届いた丁寧な指導を受けることができます。

施設・設備が充実

東京造形大学の特長2

緑に囲まれたキャンパスに整備されたスタジオやアトリエで制作活動に専念できます

本学のキャンパスは建築家・磯崎新氏により、“自然景観を活用する”という考え方にもとづき設計されています。最新鋭の機材が整備されたミキシングスタジオ(録音室)や天井が高く開放感あふれる撮影用スタジオ、絵画・彫刻のためのアトリエなど、制作活動に必要なスタジオやアトリエが本学の専門性を支えるための創作空間として設けられています。2010年に竣工したCS PLAZAには食堂、カフェテリアが設置され、学生の憩いの場となっています。キャンパス内にある附属美術館では本学のコレクションの常設展のほか、卒業制作展や教員の作品展示など、さまざまな企画展も開催しています。

学外の人との交流が盛ん

東京造形大学の特長3

実社会における造形活動の実践として、地域や企業との連携活動に注力

「造形」という言葉には、デザイン・美術を広く社会の営みの中でとらえる思想が込められています。本学が地域や企業と協働して行う社会連携事業は、本学の「造形」活動において重要な位置を占めており、社会の進展に貢献することを目指しています。その一例である、テキスタイルデザイン専攻領域と山梨県富士吉田市にある織物メーカー8社との連携事業は、織物産地の活性化に大きな役割を果たしています。学生がデザインに携わったお守りのカタチをしたポーチの「おまもりぽっけ」や、縁起のいいモチーフをポップに展開したご朱印帳「GOSHUINノート」は、メディアでも取り上げられるヒット商品となり、大手百貨店のバイヤーにも注目されています。

東京造形大学の特長を詳しく見る

あなたは何を学びたい?
東京造形大学の学部学科、コース紹介

デザイン学科 (定員数:285人)

グラフィックデザイン専攻領域

写真専攻領域

映画・映像専攻領域

アニメーション専攻領域

メディアデザイン専攻領域

室内建築専攻領域

インダストリアルデザイン専攻領域

テキスタイルデザイン専攻領域

美術学科 (定員数:95人)

絵画専攻領域

彫刻専攻領域

東京造形大学の就職・資格

学生一人ひとりの特性、希望進路に合わせた細やかな就職支援・キャリア形成支援

広告、出版、映像制作、アニメ、ゲーム、自動車、家電、光学機器、事務機器、インテリアなど多岐にわたる分野の企業から求人があり、卒業生は各分野で、新しい価値を提案するデザイナー、クリエイター、表現者として活躍しています。また国公私立の中学校・高等学校の教員など教育分野にも人材を送り出しています。本学の就職課には、専任職員の他、キャリアカウンセラーといった経験豊富なスタッフを配置し、学生一人ひとりの特性、希望進路に合わせて、細やかな就職支援・キャリア形成支援を行っています。

東京造形大学の就職についてもっと見る

気になったらまずは、オープンキャンパスにいってみよう

イベント

  • ZOKEI FIRST CONTACT 2022(専攻領域説明会)の詳細

    ZOKEI FIRST CONTACT 2022(専攻領域説明会)

    東京造形大学の学科・専攻領域について、より深く理解していただくために、各専攻領域の特徴や学びの内容に関する説明会を開催します。 当日は、各専攻領域所属の教員、助手が、それぞれの専攻領域を紹介するプレゼンテーションを行います。 総合型選抜入試受験希望の方のためには、ポートフォリオ(作品・活動の資料ファイル)の作成方法などについても教員が直接アドバイスします。 詳細は、公式Webサイトをご確認ください。 https://www.zokei.ac.jp/admission/zokei_first_contact/ ※事前申込制 (Webサイトで事前申込を受け付けます) 本イベントは、新型コロナウイルス感染防止に十分配慮したうえで、来校型イベントとして実施します。 ご参加にあたっては、上記Webサイトに記載の「ご参加に際してのお願い」を事前にご確認ください。

  • オープンキャンパス2022「BoKEN」の詳細

    オープンキャンパス2022「BoKEN」

    本学では、オープンキャンパスのために結成される学生ユニットが主体となってコンセプトやテーマを掲げ、学内全体のデザインを企画してオープンキャンパスを作りあげています。2022年度のテーマは「BoKEN」です。 本学が取り組む教育内容や自由な雰囲気を体験していただけるよう、公開授業やワークショップ、学生作品の展示・上映のほか、教員による個別相談、スタッフによる学生生活相談など、バリエーションに富んだ企画を実施予定です。 各種資料(大学案内、入試ガイド・入試問題集、専攻領域ごとのパンフレットなど)の配布も行います。皆さまのご来場をお待ちしています。 詳細は、公式Webサイトをご確認ください。 https://www.zokei.ac.jp/admission/open_campus/ 本イベントは、新型コロナウイルス感染防止に十分配慮したうえで、来校型イベントとして実施します。 ご参加にあたっては、上記Webサイトに記載の「ご参加に際してのお願い」を事前にご確認ください。

東京造形大学の所在地・アクセス

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都八王子市宇津貫町1556 JR横浜線「相原」駅から無料スクールバス 5分
JR横浜線「相原」駅から徒歩 約15分

地図

 

路線案内

東京造形大学で学ぶイメージは沸きましたか?

つぎは気になる学費や入試情報をみてみましょう

東京造形大学の学費や入学金は?
初年度納入金をみてみよう

●2022年度納入金 【造形学部】 191万5000円
(入学時のみ校友会費・自治会費・学生災害傷害保険掛金合計4万1300円がかかります)

すべて見る

東京造形大学の入試難易度は?
偏差値・入試難易度

東京造形大学の学部別偏差値・共通テスト得点率

現在表示している入試難易度は、2022年1月現在、2022年度入試を予想したものです。 偏差値・合格難易度情報: 河合塾提供
  • BF
  • 30
  • 40
  • 50
  • 60
  • 70〜
35.0~45.0

東京造形大学の関連ニュース

東京造形大学に関する問い合わせ先

進路支援課

〒192-0992 東京都八王子市宇津貫町1556
TEL:042-637-8716

東京造形大学(私立大学/東京)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • 「クリエイティブの力で、世界を切り拓く」日本を代表する美術・デザインの総合大学

  • 社会に新たな価値を生み出し「AI時代を勝ち残る」進路選択

  • 高い専門性を活かし次代を担うエンジニアやメディアコンテンツ・クリエイターをめざす

  • 輝く自分、出会う瞬間。~「人」を育てる~

  • 『キソヲツクル』×『ミライヲツクル』。あなたの創造性を基礎から育む10コース!

  • ファッション・デザイン・建築・インテリア・観光を学び、未来の文化をつくる人へ

  • 学部制と異なる「学群制」で自由な学びを。広い視野を持つ国際人材をめざす

  • 実学主義の教育・研究を推進する理工系総合大学

  • 身をもって学ぶ「体験教育」を柱に、多様な学びを通して社会で生き抜く力を身につける

  • クリエイティブが社会を動かす。その学びを実践で体験できる大阪芸術大学。

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる
この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!
資料請求する
RECRUIT