• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 北海道
  • 藤女子大学
  • 学校の特長

施設・設備が充実

多様な学習に対応した環境を提供

文学部が置かれている北16条キャンパスには2018年にマリア聖堂を備えたチャペル棟が完成。前年に完成した 9 階建の講義棟と合わせ、新たな教育環境に対応した学びの場となっています。 人間生活学部が置かれている花川キャンパスには、各学科の学びに対応した実験室や実習室、ピアノ個人練習室などを完備。トレーニングルームやテニスコートなどの設備も揃っています。また、両キャンパスに設置している図書館には合わせて約 40 万冊の蔵書や映画DVD があり、貸出冊数は全国5位(*)と大変利用の多い図書館となっています。 *AERAムック「大学ランキング 2020」(朝日新聞出版)2019年4月発行より学校の特長1

教育方針や校風が魅力

歴史・伝統ある「女性のための大学」として、変化の著しい社会で活躍できる女性を育成

1925年に前身である札幌藤高等女学校を開校して以来、個性を尊重した少人数教育を貫き、学ぶことの喜びを知り、女性としての「自分らしさ」を発揮できる力を養うことを大切にし続けています。伝統的に受け継がれているのが親身なサポート体制です。女子学生の今日的ニーズを正確に把握し、時代が必要とする優れた人材育成・サポートに尽力。学生一人ひとりにきめ細かく目を配り、信頼関係を構築しながら教育・指導をする意識が教職員全員に行き渡っており、社会で活躍する女性をこれまでに多数輩出してきました。学校の特長2

就職に強い

3年次には学生全員と個別面談を実施、個々のキャリアを丁寧にサポート

社会的・職業的自立に向けて基盤となる能力や態度等を身に付けられるよう、低学年次からのキャリア支援に力を入れています。1年次には必修科目「女性とキャリア」を開講し、2年次には体験型の「就職基礎力養成講座」や「ビジネスマナー講座」等を実施。3年次は、合計50回を超える豊富な支援行事や、学生全員との個別面談を通じて個々の希望に沿った支援を行っています。道内外で活躍する数多くのOGがいるため、本学への期待が高く、様々な業界から求人が寄せられます。4年次にも、求人紹介や定期的な個別支援など小規模大学ならではのサポートを通じ、2019年3月卒業生の就職率は95.9%という結果になりました。学校の特長3
藤女子大学(私立大学/北海道)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の特長を見る