• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 愛知
  • 愛知みずほ短期大学
  • 学校の特長

歴史や伝統がある

創立72年を迎える日本で最初の短大の1つ。卒業生は東海地区で多数活躍しています。

1940年4月瑞穂高等女学校が開校。その後、「科学的思考のできる女性の育成」を実現するため、1950年4月日本初の短期大学の一つとして、瑞穂短期大学が設立されました。学園創設者、瀬木本雄医学博士・女医瀬木せき夫妻、およびその長男である瀬木本立医学博士の「保健衛生の学びを基に科学的思考のできる女性の育成」の想いを引き継ぎ、本学は70年以上の歴史を誇ります。また、1942年第三代理事長である瀬木三雄は、現在の「母子健康手帳」の基となる「妊産婦手帳」を創案しました。「母子健康手帳」により、妊産婦と乳児の健康管理システムの充実に貢献し、私たちの命を繋げたのです。「母子健康手帳」は今や30か国以上に導入されています。学校の特長1

キャンパスがきれい

アクセス便利な都市型キャンパスで学生生活が充実。

2013年、名古屋キャンパスに都市型の新校舎が誕生しました。開放感あふれる吹き抜けのエントランスをはじめ、ゆったり学べる講義室や豊富な実習用具を擁した施設設備はもちろん、パウダールームや学生ラウンジなどの生活面でのアメニティも充実のキャンパスです。2019年4月には新館が完成。トレーニングジムや学びやすい環境をさらに充実させていきます。名鉄名古屋本線「神宮前」東口から徒歩10分とアクセスも便利です。そのほか、JR東海道本線「熱田」駅から徒歩18分、地下鉄桜通線「瑞穂運動場西」駅から徒歩20分、地下鉄名城線「堀田」駅から徒歩15分と、JR、地下鉄からのアクセスにも恵まれています。学校の特長2

きめ細かな少人数制

少人数制教育であることにより「表情が見える、気持ちが見える、状況が見える」

本学では、少人数制教育に力を入れています。学生からも「先生との距離が近く、何でも相談がしやすい」「分からないことは講義後でも納得できるまで教えてもらえる」など、学生一人ひとりへのきめ細かな対応が魅力だという声が、数多く寄せられています。なぜ少人数制教育にこだわるのか。同級生、先輩、後輩、教職員が身近な存在であると、お互い高めあう環境がつくれるのです。就職指導においても、学生それぞれが将来どうしていきたいのかということをじっくり聞きながら、本人が納得のいく就職先を見つけられるように丁寧に指導していきます。2年間生き生きと学び、楽しく過ごせる学校づくりにこだわり続けています。学校の特長3
愛知みずほ短期大学(私立短期大学/愛知)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の特長を見る

RECRUIT