• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 織田ファッション専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • ファッションデザイン科

東京都認可/専修学校/東京

オダファッションセンモンガッコウ

織田ファッション専門学校 ファッションデザイン科

定員数:
40人

設定されたテーマやコンセプトをもとにデザインを仕上げる実践力を修得。幅広く活躍できるデザイナーを目指す。

学べる学問
  • 服飾・被服学

    快適な衣服や、服飾に関する理論と技術を研究する

    快適な衣服とそれに付随する服飾に関する理論と製作について、素材、テキスタイル、デザイン、製造まで幅広く研究する。流通や販売も研究テーマとなる。

目指せる仕事
  • パタンナー

    型紙起こしから納品チェックまで

    デザイナーのデザイン画を基に、型紙に起こして立体化し、そのほか生地やボタンのサイズ指定、納品チェックなども行う仕事。専門的な技術、知識が必要な仕事で、人手不足気味。最近ではパターンメイキングはCADを使って行われるケースが多く、コンピュータの操作能力も求められるようになってきた。

  • ソーイングスタッフ

    コレクションやサンプルまで縫製のスペシャリスト

    洋服や小物など、布地の縫製を専門に行う。技術力によっては、洋服襟、袖などのパーツ縫いを担当したり、コレクションや展示会へ出品するサンプル縫いを担当するなど、仕事内容をステップアップしていくことができる。縫製技術に加え、細やかさも必要。

  • ファッションデザイナー

    服だけではなくトータルデザインも

    春と秋に行われるファッション業界の発表会に備えて、デザイナーが企画・準備に入るのは半年から1年前。大きくはオートクチュールデザイナーと企業内デザイナーとに分かれる。つねに時代の先を読む感性が要求される。

  • ファッションプレス

    商品や自社イメージを宣伝する

    商品や企業イメージをPRするアパレルメーカーの宣伝広報担当者。雑誌撮影やテレビ番組への商品の貸し出し、マスコミ取材への対応、広告印刷物の制作などが代表的な仕事だ。商品のPR効果を見極めたり、企画内容や掲載状況をチェックしたりと仕事内容は幅広い。

  • ファッションバイヤー

    流通業界の仕入れのプロ

    デパートや専門店、スーパーマーケットなどで買い付け、仕入れを専門に行う。消費者ニーズを把握し、営業方針や企画に沿って売れる商品を仕入れるのが役目。流行に敏感な感性や売れるものを見極める目、的確な計算能力や交渉力などさまざまな能力が必要とされる。

  • アパレルマーチャンダイザー

    アパレル商品の販売をトータルでコーディネートする

    市場調査をもとにシーズンごとに移り変わるファッションの流行を予測し、どの商品をどれだけ作るか、価格はいくらにするか、どの店舗にどれだけ置くかなどを決めていくアパレル業界の専門職。一つの商品に関して、企画・開発から、販売計画の立案、仕入れ、さらに販売促進活動や広告・宣伝までを一貫して担当するのがこの仕事の特色。ファッションやマーケティング、流通ビジネスに関する専門的な知識はもちろん、情報収集力につながる感性や好奇心、積極性や営業手腕なども求められる。

  • ファッションアドバイザー

    服選びなどのアドバイスを行う

    専門店やデパートにおいてその人に合う洋服選びや小物などとのコーディネイトの仕方をアドバイスするのが仕事。担当している商品に対する知識はもちろん流行にも敏感であることが求められる。人当たりのよさも大切な資質。

  • ファッションスタイリスト

    ファッションから小物まで自分のセンスでコーディネート

    雑誌やテレビの撮影のために、タレントやモデルのファッション全般をコーディネートする仕事。場面にふさわしい服や小物を選択・収集し、現場でのセッティングを行う。求めるものをどこで調達するかといった人脈や借りたものを丁寧に扱う細やかさも求められる。著名人などのイメージアップのため、ファッションを演出することもある。

  • ファッション店員・店長

    洋服店を訪れるお客さまにセンスを生かして最適なファッションや商品を提案

    アパレルメーカー直営店やセレクトショップなどの洋服店で、店舗を訪れたお客さまに洋服を販売する仕事。店員は、商品のディスプレイや管理、接客、会計などを担当する。お客さまの好みやスタイルに応じて、似合う洋服を提案するのも大切な役割。そのため、店舗で扱う商品はもちろん、ファッションの流行や色・素材に関する専門的な知識が求められる。店長は、スタッフの採用や接客の指導、仕入れや売り上げの管理、販売促進のための企画などを担う。店員からステップアップするのが一般的だ。

  • ファッション商品企画・開発・管理

    アパレルメーカーで消費者のニーズにこたえる洋服を作り、流通させる仕事

    洋服は、人々のニーズや流行に沿った商品のアイデアを考えるところからはじまり、それをデザインし、素材や加工法などを決め、工場で生産し、小売店に出荷することで消費者の手に届く。工場での生産は外注することもあるが、企画・開発、生産や在庫、品質の管理はアパレルメーカーにとって中核となる業務だ。企画・開発には、素材などに関する専門知識やセンスに加え、マーケティングの知識やプレゼンテーション能力も不可欠。生産管理や在庫管理は企業の利益に直結する業務であり、ビジネス感覚があり数字に強いことが大切になる。

初年度納入金:2020年度納入金 112万3500円  (学習用品購入費約12万円が別途必要)
年限:2年制

織田ファッション専門学校 ファッションデザイン科の学科の特長

ファッションデザイン科の学ぶ内容

デザインの基礎から関連する科目までバランスよく学べる
学びの中心はデザインの基礎技術ですが、それに加えて色をより理解するための「カラーリング」や素材をより上手く扱うための「マテリアル」を学ぶなど、必要な知識をバランスよくカバーします。

ファッションデザイン科の先生

担任制なので学習だけでなく学校生活全体もサポート
本校は担任制です。授業での学習のサポートはもちろんですが、学生ひとりひとりのことを知り、学校生活全体をサポートできるような環境が整っています。

ファッションデザイン科の学生

  • point キャンパスライフレポート

    想い描いた服を、自分の手でカタチにする。その喜びを今感じています!

    少人数制でアットホームな雰囲気に魅力を感じてodaを選びました。課題でわからないことがあった時も、理解できるまで先生が教えてくれるので、苦手な科目も楽しく学べます。同級生はもちろん、先輩や先生とも、みんなが本当に仲良しの学校です!

    織田ファッション専門学校の学生

ファッションデザイン科の卒業後

デザイナー職での就職を目指す。キャリアを積めば独立も
ファッションデザイン科では、デザイナー職での就職を目指します。人気職ではありますが、希望職種での就職を意識して指導しているので、多くの卒業生がデザイナーとして活躍しています。また、就職後にキャリアを積んで独立した卒業生もいます。

ファッションデザイン科の雰囲気

ひとりひとりが質問しやすく、馴染みやすい少人数制のクラス
本校は少人数制なので、わからないことや困ったことがあったときに質問もしやすい環境です。また、同じ目標を持った学生が集まるので馴染みやすく、イベントも楽しめます。

ファッションデザイン科の教育目標

実際の仕事で求められるデザインを形にできるように
デザイナーとして仕事をするからには、自分の好みだけでは作れないデザインを求められることもあります。この学科では、市場で求められているニーズを研究し、それをデザインとして形にする力を身につけます。

ファッションデザイン科のイベント

ファッションショーやデザインコンテスト、学園祭、フィールドワークなど、イベントもたくさん
学生が企画・演出・衣装製作・モデル・音響のすべてを担当するファッションショーや、学内のデザインコンテスト、学園祭、フィールドワークなど多くのイベントを用意しています。しっかり学びつつ、学生生活も楽しむことができます。

織田ファッション専門学校 ファッションデザイン科のオープンキャンパスに行こう

ファッションデザイン科のOCストーリーズ

織田ファッション専門学校 ファッションデザイン科の学べる学問

織田ファッション専門学校 ファッションデザイン科の目指せる仕事

織田ファッション専門学校 ファッションデザイン科の資格 

ファッションデザイン科の目標とする資格

    • パターンメーキング技術検定

    洋裁技術認定試験

織田ファッション専門学校 ファッションデザイン科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒164-0001東京都中野区中野5-32-8(入学相談課)
TEL03-3228-2111(代表)
info@oda.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都中野区中野5-32-23 「中野(東京都)」駅から北口を出て徒歩 2分

地図

 

路線案内


織田ファッション専門学校(専修学校/東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る