• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京バイオテクノロジー専門学校
  • 学校の特長

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

授業の60%が実習授業、教室の70%が実習室

「実験を仕事に」するために、いちばん大切なのは「実験が好き」という気持ち。東京バイオのカリキュラムは、「実験の基礎を学ぶ」→「専門知識を養う」→「即戦力のスキルを磨く」→「就職」と、段階的にステップアップしていきます。授業の60%が実験室での実習。実験室は研究所レベルの設備を完備。だから、一つひとつの研究テーマにじっくり取り組むことが可能で、本物の現場で「実験を仕事にする」ための技術がしっかり身につきます。学校の特長1

就職に強い

強力な就職サポートで実験を仕事に!

バイオテクノロジーは身近な場所で役立てられている技術で、医療・医薬品・食品・化粧品・お酒・発酵食品・環境・分析など幅広い業界で活躍することができます。多くの業界に就職できる秘訣は「就職サポート」の充実です。キャリアセンターと担当がタッグをくみ、履歴書の添削、筆記試験対策、面接練習など、最後までしっかりサポートしていきます。また、企業と連携した就職サポートもあり、企業の人事担当者様に協力いただき本番さながらの模擬面接を実施いただきます。4年制学科は卒業時に高度専門士の称号を付与されるため、大学院進学を可能にしています。学校の特長2

インターンシップ・実習が充実

在学中にリアルな現場を経験できる!《長期インターンシップ&企業コラボで商品開発》

大学や国立・法人系の研究機関から研究テーマをいただき、その研究機関の機器・設備を使って最長1年6カ月研究を行う「長期インターンシップ」。企業と一緒に商品開発を行い、学生が考えた商品が実際に商品化されたり、特許申請できたりする「産学協同研究」。東京バイオでは、在学中にリアルな現場を経験することができます。学校の特長3
RECRUIT