• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 大阪
  • 関西福祉科学大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 櫻井 洋介さん(社会福祉学部 社会福祉学科/車掌)

私立大学/大阪

カンサイフクシカガクダイガク

車掌としてお客様とのコミュニケーションを大切にしています

先輩の仕事紹介

大学で学んだ社会福祉の知識や実習での経験を生かしながら、鉄道マンの指導役に!

車掌
社会福祉学部 社会福祉学科/2012年3月卒業
櫻井 洋介さん

この仕事の魅力・やりがい

最初の配属は駅業務。仕事の合間の猛勉強で社内の昇進試験に合格し、2か月間の研修を経て車掌業務を担当しています。子どもに笑顔で応える姿など、車掌さんは親しみを感じる憧れの存在でした。でも実際には、ほんの少しの操作ミスが命に関わる重大事故にもつながるため、その責任の重さに、常に身の引き締まる思いをしています。現在乗務している特急電車では、直接お客様と会話することも多く、ご高齢のお客様へのお声がけや状況に合わせた対応など、細やかな気遣いを大切にしています。お客様からの感謝の言葉はやはりうれしいものですね。相手の立場にたった行動を心がけられるのも、大学で学んだ福祉の知識や経験のおかげだと思います。

この分野・仕事を選んだきっかけ

祖母や家族への恩返しになればと福祉系の大学を志望。オープンキャンパスの案内役となった先輩がとにかく気さくで話しやすく、自分もこんな人になりたいと進学を決意しました。また、社会福祉士や教員免許など複数の資格が取得できるのも魅力に感じました。就職先を決めたのは、JR勤務の叔父や幼なじみと相談する中で、鉄道業務に憧れを抱いたことがきっかけ。職場でもいい上司に巡り合い、仕事上で迷ったり悩んだりしたときは、適性や希望に合ったステップアップができるようご指導いただきました。将来は指導的な立場で、次世代を担う人材育成に貢献したい。そう思うようになったのも、大学や職場で出会った素晴らしい先輩の影響です。

教育実習も経験し、コミュニケーション力を磨きました

学校で学んだこと・学生時代

福祉は国語や数学とは違って、初めて勉強する分野。だから好奇心を持って、興味深く学べました。高齢者、児童、障がい者など、社会福祉の分野は幅広いので、やりたいことが必ず見つかる環境なのも魅力です。充実した4年間の中でも、地域包括支援センターでの実習は特に印象深い経験でした。デイサービスや家庭訪問など、様々な機会を通じて相手の話を聞き、自分の思いも伝える、コミュニケーションの基本が実践的に練習できました。先生との距離感も近くて、実習中のあれこれを相談したり、日誌やレポートを添削してもらうなど、かなり親密な関係に。顔を見るとほっとするような存在でいてくれるのが、心強くありがたかったです。

昇進試験の論文指導など、今も先生は頼りになる存在

櫻井 洋介さん

西日本旅客鉄道株式会社 勤務/社会福祉学部 社会福祉学科/2012年3月卒業/勤続7年目。車掌業務の合間にも猛勉強を重ね、国家資格である運転士をめざして挑戦中。「研修を受けられる試験に合格し、まもなく研修が始まります。複数の科目がある学科試験の全部をクリアしないと実技訓練に進めないので、まずはその合格を目標に頑張ります」。甲子園出場に闘志を燃やしていた元高校球児らしく、爽やかな笑顔に隠された向上心と根性は筋金入り。今でも職場の草野球チームで活躍しているそう。「運転士は目の前の目標。最終的には大学で学んだ社会福祉の知識や、実習での経験を生かしながら、指導的な立場で活躍したいです」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
関西福祉科学大学(私立大学/大阪)