• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • YIC看護福祉専門学校

山口県認可/専修学校/山口

ワイアイシーカンゴフクシセンモンガッコウ

山口で看護師・介護福祉士として働こう!「やる気」を引き出す面倒見の良い先生が自慢

卒業後10年間就職保証のYICグループの看護と福祉の専門学校。国家資格取得に必要な知識はもちろん、技術を身につけることにこだわるので、自信もUP。将来の仕事についてやる気がわいてくるように指導します。

YIC看護福祉専門学校の特長

学校の特長1

学生のことを1番に考えた面倒見の良い、現場経験豊富な先生がそろっています

「こんな看護師になりたい!」「こんな介護福祉士になりたい!」という夢まで一緒に考え、応援してくれる先生がそろっています。看護学科、介護福祉学科ともに、先生の年齢層が幅広いので、豊富な医療現場での経験を活かした授業を展開.。リアルな就職を意識した学びが可能です。また、ただ資格を取得するためだけではなく、やる気を引き出すための指導を意識しているのが特長です。面倒見の良い先生方ばかりなので安心して入学できることはもちろん、学生生活でも、いつでも相談できる環境が整っています。卒業後、就職先での仕事のアドバイスも行っており、安心して学ぶことができます。

学校の特長2

親しみやすい雰囲気の中で知識と技術を習得。同じ夢を目指す仲間の存在が大きな力に!

同じ夢をもった学生が集まっているので、親しみやすい雰囲気の中で日々の学習に取り組むことができます。定員80名の看護学科、定員40名の介護福祉学科ともに、学生の中には社会人経験者も多く、クラス全体を引っ張ってくれる人がたくさんいるので、学習面でも生活面でも安心。クラス全体が団結して看護師・介護福祉士を目指すことができます。また、学生生活で多様な人に出会い、関わることで、コミュニケーション力も自然と身についていきます。本校の看護学科は、男子学生の比率が高いのが特色。男子で看護師を目指している人にもおすすめです。

学校の特長3

効率を考えた国家試験対策の徹底。最短の3年間で国家試験合格を目指す!

国家試験対策として、学生が授業内容を理解しやすいようにカリキュラムを工夫しています。また、国家試験出題基準や過去の国家試験問題集を徹底分析し、本当に必要な知識を厳選して、無駄のない効率を重視した授業展開を行っています。さらに、各科目の教員が常に本校に在中しているので、分からないことはいつでも質問ができます。最短の3年間で看護師〈国〉合格を目指し、日々学習に取り組める環境を整えています。その結果、2016年3月卒業生の看護師〈国〉合格率は91.3%で、山口県内の看護専門学校では2番目に多い63名の合格者を輩出しました。

右へ
左へ
学校の特長1

学生のことを1番に考えた面倒見の良い、現場経験豊富な先生がそろっています

「こんな看護師になりたい!」「こんな介護福祉士になりたい!」という夢まで一緒に考え、応援してくれる先生がそろっています。看護学科、介護福祉学科ともに、先生の年齢層が幅広いので、豊富な医療現場での経験を活かした授業を展開.。リアルな就職を意識した学びが可能です。また、ただ資格を取得するためだけではなく、やる気を引き出すための指導を意識しているのが特長です。面倒見の良い先生方ばかりなので安心して入学できることはもちろん、学生生活でも、いつでも相談できる環境が整っています。卒業後、就職先での仕事のアドバイスも行っており、安心して学ぶことができます。

学校の特長2

親しみやすい雰囲気の中で知識と技術を習得。同じ夢を目指す仲間の存在が大きな力に!

同じ夢をもった学生が集まっているので、親しみやすい雰囲気の中で日々の学習に取り組むことができます。定員80名の看護学科、定員40名の介護福祉学科ともに、学生の中には社会人経験者も多く、クラス全体を引っ張ってくれる人がたくさんいるので、学習面でも生活面でも安心。クラス全体が団結して看護師・介護福祉士を目指すことができます。また、学生生活で多様な人に出会い、関わることで、コミュニケーション力も自然と身についていきます。本校の看護学科は、男子学生の比率が高いのが特色。男子で看護師を目指している人にもおすすめです。

学校の特長3

効率を考えた国家試験対策の徹底。最短の3年間で国家試験合格を目指す!

国家試験対策として、学生が授業内容を理解しやすいようにカリキュラムを工夫しています。また、国家試験出題基準や過去の国家試験問題集を徹底分析し、本当に必要な知識を厳選して、無駄のない効率を重視した授業展開を行っています。さらに、各科目の教員が常に本校に在中しているので、分からないことはいつでも質問ができます。最短の3年間で看護師〈国〉合格を目指し、日々学習に取り組める環境を整えています。その結果、2016年3月卒業生の看護師〈国〉合格率は91.3%で、山口県内の看護専門学校では2番目に多い63名の合格者を輩出しました。

右へ
左へ
学校の特長1

学生のことを1番に考えた面倒見の良い、現場経験豊富な先生がそろっています

「こんな看護師になりたい!」「こんな介護福祉士になりたい!」という夢まで一緒に考え、応援してくれる先生がそろっています。看護学科、介護福祉学科ともに、先生の年齢層が幅広いので、豊富な医療現場での経験を活かした授業を展開.。リアルな就職を意識した学びが可能です。また、ただ資格を取得するためだけではなく、やる気を引き出すための指導を意識しているのが特長です。面倒見の良い先生方ばかりなので安心して入学できることはもちろん、学生生活でも、いつでも相談できる環境が整っています。卒業後、就職先での仕事のアドバイスも行っており、安心して学ぶことができます。

学校の特長2

親しみやすい雰囲気の中で知識と技術を習得。同じ夢を目指す仲間の存在が大きな力に!

同じ夢をもった学生が集まっているので、親しみやすい雰囲気の中で日々の学習に取り組むことができます。定員80名の看護学科、定員40名の介護福祉学科ともに、学生の中には社会人経験者も多く、クラス全体を引っ張ってくれる人がたくさんいるので、学習面でも生活面でも安心。クラス全体が団結して看護師・介護福祉士を目指すことができます。また、学生生活で多様な人に出会い、関わることで、コミュニケーション力も自然と身についていきます。本校の看護学科は、男子学生の比率が高いのが特色。男子で看護師を目指している人にもおすすめです。

学校の特長3

効率を考えた国家試験対策の徹底。最短の3年間で国家試験合格を目指す!

国家試験対策として、学生が授業内容を理解しやすいようにカリキュラムを工夫しています。また、国家試験出題基準や過去の国家試験問題集を徹底分析し、本当に必要な知識を厳選して、無駄のない効率を重視した授業展開を行っています。さらに、各科目の教員が常に本校に在中しているので、分からないことはいつでも質問ができます。最短の3年間で看護師〈国〉合格を目指し、日々学習に取り組める環境を整えています。その結果、2016年3月卒業生の看護師〈国〉合格率は91.3%で、山口県内の看護専門学校では2番目に多い63名の合格者を輩出しました。

右へ
左へ

YIC看護福祉専門学校からのメッセージ

☆毎月学校説明会・オープンキャンパスを開催!☆

9月30日(土) 10:00-13:00
9月もオープンキャンパスを開催!YICがどんな学校か知るチャンス!
看護師・介護福祉士の仕事についてのご相談を承ります!

ぜひお越しください!

(9/21更新)

YIC看護福祉専門学校の学部・学科・コース

学費(初年度納入金)

2018年度納入金/【看護学科】119万円(入学金20万円含む)【介護福祉学科】98万円(入学金15万円含む)
(教材費等など別途必要)

就職・資格

卒業後の進路データ (2016年3月卒業生実績)

就職希望者数102名
就職者数102名
就職率100%(就職者数/就職希望者数)

就職支援

学生の就職活動をあらゆる側面で支援する充実のサポート体制がここにはあります!

本校は、学内にキャリアサポート室を設置し、学生に対して就職担当者が、企業との仲介や面接の指導を行い、就職活動をサポートしています。看護学科においては、卒業認定を受け、国家試験に合格した学生が、万が一就職先が見つからなかった場合に、就職先の紹介を受けることが可能。さらに、看護学科、介護福祉学科ともに、卒業後10年間就職サポート保証で、卒業後退職しても繰り返し就職サポートを受けることができます。

問い合わせ先・所在地・アクセス

YIC 看護福祉専門学校

〒747-0802 山口県防府市中央町1番8号
TEL:0120-500-294 (フリーダイヤル)

所在地 アクセス 地図・路線案内
山口県防府市中央町1-8 JR山陽本線「防府」駅から徒歩5分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2016年12月05日 12:02 BLOG

    12月3日(土)・4日(日)に本校の特色でもある「ICLS研修」を行いました!「ICLS」とは医療従事者のための蘇生トレーニングコースです。緊急性の高い病態のうち、特に「突然の心停止に対する最初の10分間の対応と適切なチーム蘇生」を習得することを目標としています。約1日をかけて蘇生のために必要な技術や蘇生現場でのチーム医療を身につけます。専門学校でICLSの設備を持っているのは全国でも珍しく、本校の学生のほか、現役の看

    http://hofuyicblogac.blog55.fc2.com/blog-entry-949.html

  • 2016年11月30日 13:02 BLOG

    11月30日(水)アスピラートにて看護学科1年生の戴帽式を行いまいした。  近年ではナースキャップを病院で使用しないことから、戴帽式を行わない学校が増えてきました。しかし、本校では看護学校生活における節目となり、看護師になるという自覚を高め、知識・技術・態度の習得への責任を新たにすることを目的に毎年実施しています。 開式の前に入学から今までの振り返りの映像と、どんな看護師になりたいかを各人が

    http://hofuyicblogac.blog55.fc2.com/blog-entry-948.html

  • 2016年11月28日 18:02 BLOG

    介護福祉学科1年の希望者が北九州市小倉北区の西日本総合展示場で11月24日(木)から行われた、第18回西日本国際福祉機器展に参加をして、国内外の様々な福祉機器を体験をしました。 会場には、60を超えるブースの出店があり最新の介護ロボットや福祉車両、車いすなど様々な福祉機器を体験することができました。最新の機器を取り入れた介護など、柔軟な発想につながるきっかけができたように思います。学生は、各ブースそれ

    http://hofuyicblogac.blog55.fc2.com/blog-entry-947.html

  • 2016年11月21日 12:02 BLOG

    11月13日・20日(日)にザ・モール周南と防府イオンタウンで行われた「やまぐち介護フェスタ」に学生たちと参加してきました!ザ・モール周南では本校の学生がトークセッションに登壇しました。 イオンタウン防府では、介護福祉学科1年生が色々なお手伝いをしてくれました。介護フェスタの催しの中で、学生と松澤先生が「介護レンジャー」になって介護の日普及のためのティッシュ配りを行いました。どさけんさん共にひと休み介

    http://hofuyicblogac.blog55.fc2.com/blog-entry-946.html

  • 2016年11月04日 17:02 BLOG

    11月4日(金)、介護福祉学科の1年生が地域貢献の一環として防府市新田東須賀会館で高齢者の方に対し、介護予防体操やレクリエーションを行いました!現在、東須賀会館で毎月行われている「和みの広場」という活動に参加する形で行いました。 11月生まれの方のお祝いのおやつを一緒に食べたり、ビンゴゲームにも参加しました。また、「生活支援技術Ⅰ」で作成した布袋や編み物などを参加者の方にプレゼントしました。今回は会館

    http://hofuyicblogac.blog55.fc2.com/blog-entry-945.html

請求できるパンフはこちら

無料
学校案内(願書含む)
YIC看護福祉専門学校(専修学校/山口)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる