• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 北海道
  • 北海道エコ・動物自然専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 佐々木拓司先生(動物自然学科(2020年4月より動物飼育学科に改組))

こんな先生・教授から学べます

動物飼育を科学的視点で考え、環境保全を繋げ教える先生

動物自然学科(2020年4月より動物飼育学科に改組)
動物飼育学科  (2021年4月名称変更予定)
佐々木拓司先生
先生の取組み内容

日本は「動物園の在り方」自体が欧米と比べて遅れています。お客さんをたくさん呼ぶ経営目線ではなく、本来野生であるはずの動物を展示することにどんな意味があるのか? を考えなければいけません。動物園の本来の役割は、野生に近い環境で動物たちの生態を見せることで地球環境保全のメッセージを伝えていくこと。そのために必要なのが、動物ファーストの精神、動物たちのクオリティ・オブ・ライフです。生態学、行動学など、さまざまな科学的視点で動物飼育を考え、いかに野生に近い環境の展示デザインを実現できるか。動物飼育には正解がなく、より良い方法を常に模索していくしかありませんが、業界全体がこういった動物福祉の精神で「動物園」を運営していけるようになることが私の理想です。

授業では、人間目線ではなく、温度・湿度、生態学的なことなどを交えて動物ファーストの飼育講座を行います

授業・ゼミの雰囲気

重要なのは科学的視点。既存のオペレーションに囚われずに飼育環境を考える

「動物飼育講座概論」は、今ある動物飼育のエビデンスを科学的に理解してもらうための授業。生態学や生物学といった理科の延長上の学問を動物飼育に繋げて考えてもらうことで、学生たちに科学的な視点を養ってもらうのが目的です。150種もの動物たちが飼育されている実習施設で行う「動物飼育実習」は、1年生と2年生が組んで基本のオペレーションをしながら、飼育環境の状況判断も行い健康管理の方法などを考えていきます。動物の状態を観ながら、いかにストレスをかけさせない良い飼育環境を作れるかといった考え方を身に付けます。

動物の調子が悪い時に、極力触れずに解決する方法を模索している学生には成長を感じますね(佐々木先生)

キミへのメッセージ

動物飼育員は、地球環境保全の役割の一端を担う重要な職業です!

動物飼育に必要なのは、動物福祉的な視点と地球環境保全に繋げたいという意識です。日本を取り巻く動物園・水族館が変革の時代を迎えている今、志しの高い若者たちが多く育ってくれることを祈っています。

特に好きな動物がいるわけではなく「動物園そのものが好き」だという佐々木先生

佐々木拓司先生

専門科目:動物飼育講座概論、動物飼育実習
札幌市円山動物園に7年勤務し、こども動物園、トド、オオカミ、熱帯鳥類、水鳥と、さまざまな種類の動物の飼育を担当。2003年に北海道エコ・動物自然専門学校へ転職。趣味は競馬。レジャーとして楽しみつつ、血統や家畜改良の視点など、動物分野としても興味があるという。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

北海道エコ・動物自然専門学校(専修学校/北海道)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路