• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 埼玉
  • 埼玉医療福祉専門学校
  • 学校の特長

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

国家資格取得と就職だけが目的ではなく、理学療法士として社会で活躍できる人材を育成

本校のカリキュラムは徹底した実践教育。そのため厚生労働省の指定するカリキュラム以外にも、コミュニケーションや高齢者理学療法の科目など専門科目を多く取り入れています。そして、演習(問題解決型学習)時間が多く、講義と実技と復習を繰り返すフィードバック方式を採用しています。また、国家試験の勉強とあわせて理学療法士として臨床で患者様に対して何ができるのか、何が必要なのかを考える勉強をしていき、即戦力として活躍できるように徹底した現場教育を行っています。学校の特長1

きめ細かな少人数制

クラス担任制に加え、専任教員が学生6~7人の「班」単位の少人数をサポート

本校は、学生6~7人につき専任教員が1人という少人数教育。勉強はもちろん、授業への取り組み方から生活面にいたるまで、学生一人ひとりを見て指導しています。学生が専任教員に不安や悩みの相談をすることもしばしば。教職員と学生がいつでも声をかけあう家族的な雰囲気の中で、勉強や実習のプレッシャーを乗り越えることができます。一方で、身体の仕組みや病気の成り立ちを学ぶ基礎医学などの講義は、大学の医学部で教えている有名な教授が担当。教授陣の講義はとても高度ですが、わからないことは、教授だけでなく専任教員にも質問することで、しっかりと理解することができるでしょう。学校の特長2

資格取得に有利

開校以来常に全国平均を上回る高い国家試験合格率を誇り、他の資格取得も目指します

理学療法士国家試験において、開校以来全国平均を上回る高い合格率を誇っています(2020年度:全国平均79%、昼間部:81%/26名合格、夜間部:100%/17名合格)。この理由は、授業の中で行う充分な試験対策にあります。例えば模擬試験は十数回開催。さらに専任教員が一人ひとりの習熟度に合わせた個別指導を行うので、無理なく実力がついていきます。また、特に在宅分野で活躍する理学療法士には、住宅改修に関する知識も必要になるため、「福祉住環境コーディネーター検定試験(R)」の取得も目指し、カリキュラムに「リハビリテーション概論」と「生活環境論」を組み込んでいます。これにより患者様の生活全体を考慮する能力が身につきます。学校の特長3
RECRUIT