• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 東京医療保健大学
  • 学校の特長

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

医療の国際化・情報化にも対応した、現場での実践力が身につくカリキュラム

各看護学科ともに学部に隣接する総合病院と密接な連携をとり、実践的な臨床教育を展開しています(医療保健学部/NTT東日本関東病院、東が丘看護学部/国立病院機構東京医療センター、立川看護学部/災害医療センター、和歌山看護学部/日本赤十字社和歌山医療センター、千葉看護学部/JCHO船橋中央病院)。医療保健学部では、医療のコラボレーション教育において、3学科の学生が講義や演習を通じて連携し、お互いの役割や立場を理解しながら、「チーム医療」を実践します。また、豊かな国際感覚を身に付ける外国語教育や、医療のIT化に対応したカリキュラムも特色となっています。学校の特長1

就職に強い

学生支援センター(就職専任アドバイザー)がキャリアデザインをサポート!!

学生生活の各段階において自己の現状認識と将来への展望の確認を行うことができるよう、入学と同時に専任のアドバイザー(教員)とサポートスタッフ(職員)が進路指導を担当。医療専門職としての自己実現をしっかりサポートするアドバイザー制度を採用しています。また、将来への視野を広げる講演会や各種資格取得セミナー・就職バックアップセミナーなども実施しています。卒業後は看護師や保健師・管理栄養士、スポーツ栄養士、医療・食品・薬品メーカーの開発スタッフなど幅広い分野で活躍しています。学校の特長2

インターンシップ・実習が充実

提携病院を中心に医療現場での実践的な演習・臨地実習を実施

看護学科では、講義で得た知識と技術を実際の現場で体験する「演習・臨地実習」で実践力を養います。各病院との連携を活かし、現場学習で多様な環境を用意することはもちろん、あらゆる健康レベルの患者さんに触れる機会を設けています。病院が隣接していることで、日常的に医療現場を肌で感じながら学習できることも大きなメリットになるとともに、大学内で実習の振り返りをすぐに行うことができます。また、医療保健学部医療栄養学科では、病院を始め保健所、給食施設、社会福祉施設などでの臨地実習が、医療情報学科では、病院実習やインターンシップ(企業実習)が、それぞれ行われます。学校の特長3
東京医療保健大学(私立大学/東京・千葉・和歌山)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の特長を見る