• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京環境工科専門学校

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウカンキョウコウカセンモンガッコウ

豊富な実習を通して人と自然環境、人と野生動物との共生・共存を実現するプロを目指す

総単位数の3割が実習。業界をリードする実務経験者による指導と、自然の中でのリアルな体験により、実践力が着実に身に付きます!さらに160を超える企業・団体と連携し、産学一体で自然を守るプロを育成します。

東京環境工科専門学校の特長

学校の特長1

地球環境時代が求める技術と知識を身に付け、自然を守るレンジャーになろう

現在、地球温暖化に伴う自然環境破壊は大きな社会問題になっており、失われた自然を回復・維持し、人と自然が共生する社会を実現することが急がれています。そのために自然を守り、その大切さを伝え広めることのできる人材が今後ますます必要になります。本校では、こうした社会の要請に応えるため、きめ細かな講義と、フィールドワークを十分に取り入れた実践重視のカリキュラムで、未来の自然環境を担う人材=レンジャーを育成しています。レンジャーとはあらゆる課題に対し、総合的な能力で取り組める「レンジ(幅)」の広い人という意味もあります。

学校の特長2

総単位数の3割が実習プログラム。自然の中での実体験を通して実践力を身に付ける

自然を守り伝えるプロとして必要な技術を習得するために、本校では充実した実習プログラムを実施しています。屋久島をはじめとした国内3か所の実習場を構え、野生生物の観察から森づくり、環境教育の企画運営、アウトドアアクティビティーなど、プロに求められる技術を自然の中で実践を通じて習得します。またインドネシア・スマトラ島、インドネシア・バリ島、アルゼンチン、南アフリカなど、海外での実習プログラムも実施。世界の自然にも目を向け、その地で自然を守る人々との交流は、みなさんの自然への視野がぐっと広くなります。日本、そして海外の自然を自分の足で歩き、その貴重な自然を守る術を本校の実習で身につけてください。

学校の特長3

自然環境業界をリードする技術者や環境省・林野庁OBなど経験豊富なスタッフが指導

テレビ等でもおなじみの冒険家で作家のC.W.ニコル名誉校長をはじめ、自然環境保全の現場で活躍する技術者や環境省・林野庁OBなど、自然を知り尽くした講師陣が自然環境業界で必要とされる知識や技術を、基礎から応用まで分かりやすく丁寧に指導します。2013年4月にオープンした新校舎ビルには、自然環境の調査・研究活動において30年以上の実績をもつ(財)自然環境研究センターが結集。国内外の自然を守るパイオニア企業とのタッグにより、技術指導やインターンシップにおいて、より一層の教育強化が可能となります。

右へ
左へ
学校の特長1

地球環境時代が求める技術と知識を身に付け、自然を守るレンジャーになろう

現在、地球温暖化に伴う自然環境破壊は大きな社会問題になっており、失われた自然を回復・維持し、人と自然が共生する社会を実現することが急がれています。そのために自然を守り、その大切さを伝え広めることのできる人材が今後ますます必要になります。本校では、こうした社会の要請に応えるため、きめ細かな講義と、フィールドワークを十分に取り入れた実践重視のカリキュラムで、未来の自然環境を担う人材=レンジャーを育成しています。レンジャーとはあらゆる課題に対し、総合的な能力で取り組める「レンジ(幅)」の広い人という意味もあります。

学校の特長2

総単位数の3割が実習プログラム。自然の中での実体験を通して実践力を身に付ける

自然を守り伝えるプロとして必要な技術を習得するために、本校では充実した実習プログラムを実施しています。屋久島をはじめとした国内3か所の実習場を構え、野生生物の観察から森づくり、環境教育の企画運営、アウトドアアクティビティーなど、プロに求められる技術を自然の中で実践を通じて習得します。またインドネシア・スマトラ島、インドネシア・バリ島、アルゼンチン、南アフリカなど、海外での実習プログラムも実施。世界の自然にも目を向け、その地で自然を守る人々との交流は、みなさんの自然への視野がぐっと広くなります。日本、そして海外の自然を自分の足で歩き、その貴重な自然を守る術を本校の実習で身につけてください。

学校の特長3

自然環境業界をリードする技術者や環境省・林野庁OBなど経験豊富なスタッフが指導

テレビ等でもおなじみの冒険家で作家のC.W.ニコル名誉校長をはじめ、自然環境保全の現場で活躍する技術者や環境省・林野庁OBなど、自然を知り尽くした講師陣が自然環境業界で必要とされる知識や技術を、基礎から応用まで分かりやすく丁寧に指導します。2013年4月にオープンした新校舎ビルには、自然環境の調査・研究活動において30年以上の実績をもつ(財)自然環境研究センターが結集。国内外の自然を守るパイオニア企業とのタッグにより、技術指導やインターンシップにおいて、より一層の教育強化が可能となります。

右へ
左へ
学校の特長1

地球環境時代が求める技術と知識を身に付け、自然を守るレンジャーになろう

現在、地球温暖化に伴う自然環境破壊は大きな社会問題になっており、失われた自然を回復・維持し、人と自然が共生する社会を実現することが急がれています。そのために自然を守り、その大切さを伝え広めることのできる人材が今後ますます必要になります。本校では、こうした社会の要請に応えるため、きめ細かな講義と、フィールドワークを十分に取り入れた実践重視のカリキュラムで、未来の自然環境を担う人材=レンジャーを育成しています。レンジャーとはあらゆる課題に対し、総合的な能力で取り組める「レンジ(幅)」の広い人という意味もあります。

学校の特長2

総単位数の3割が実習プログラム。自然の中での実体験を通して実践力を身に付ける

自然を守り伝えるプロとして必要な技術を習得するために、本校では充実した実習プログラムを実施しています。屋久島をはじめとした国内3か所の実習場を構え、野生生物の観察から森づくり、環境教育の企画運営、アウトドアアクティビティーなど、プロに求められる技術を自然の中で実践を通じて習得します。またインドネシア・スマトラ島、インドネシア・バリ島、アルゼンチン、南アフリカなど、海外での実習プログラムも実施。世界の自然にも目を向け、その地で自然を守る人々との交流は、みなさんの自然への視野がぐっと広くなります。日本、そして海外の自然を自分の足で歩き、その貴重な自然を守る術を本校の実習で身につけてください。

学校の特長3

自然環境業界をリードする技術者や環境省・林野庁OBなど経験豊富なスタッフが指導

テレビ等でもおなじみの冒険家で作家のC.W.ニコル名誉校長をはじめ、自然環境保全の現場で活躍する技術者や環境省・林野庁OBなど、自然を知り尽くした講師陣が自然環境業界で必要とされる知識や技術を、基礎から応用まで分かりやすく丁寧に指導します。2013年4月にオープンした新校舎ビルには、自然環境の調査・研究活動において30年以上の実績をもつ(財)自然環境研究センターが結集。国内外の自然を守るパイオニア企業とのタッグにより、技術指導やインターンシップにおいて、より一層の教育強化が可能となります。

右へ
左へ

オープンキャンパスに行ってみよう!

詳細を見る

オープンキャンパス

自然・野生動物を守るプロを目指す、第一歩! ・授業はどんな感じかな?  →ミ ニ 授 業 ・…

続きを見る

詳細を見る

社会人向け学校説明会

平日夜に行う社会人・高校既卒者向け学校説明会です。 当校の教育内容から、就職状況、自然環境業界の動…

続きを見る

オープンキャンパス一覧を見る

東京環境工科専門学校からのメッセージ

.:*:'゜☆'  10/1~ 高校推薦&一般推薦入試 願書受付 .:*:'゜☆'


◇オープンキャンパスは以下の日程で、午後1時から開催!!!

9/9、9/18、9/23、10/1、10/14、10/29、
11/11、11/19、11/25、12/9、12/16、12/24


みなさまのご来校を、お待ちしております!

(9/5更新)

東京環境工科専門学校の学部・学科・コース

卒業後のキャリア

詳細を見る

レンジャー(自然保護官)

藤田 和也さん

さまざまな角度から自然を守る。レンジャーはいわば「地域のコーディネーター」です

学費(初年度納入金)

2017年度納入金 128万5000円
(教材・用具・実習費を含む)

社会人・大学生・短大生・専門学校生の方へ

豊富な実習授業で、人と自然の共生を実現する技術者を育成!

人間社会の基盤ともいえる自然環境。本校では「自然の多様性を理解し、自然環境の賢明な利用を考え、さらに人と自然の共生を実現できる、広い視野を持った技術者」を育成しています。経験豊富な講師陣が、徹底的に知識や技術を指導。多くのフィールドワークにより、実践力を身につけます。160を超える企業・団体と連携しインターンシップを導入。業界との太いパイプが、自然環境分野への高い就職率に結びついています。

就職・資格

卒業後の進路データ (2016年3月卒業生実績)

卒業者数74名
就職希望者数64名
就職者数59名
就職率92%(就職者数/就職希望者数)

就職支援

2年次の必修科目にインターンシップを導入。160を超える企業・団体と連携し、産学一体で自然を守るプロを養成。

企業や団体での就業体験を通して各自の職業観と実務能力を育てることを目的として、2年次の必修科目にインターンシップを導入しています。履歴書の書き方指導やビジネスマナーの授業など、バックアップ体制も充実。それぞれが希望する企業や団体で充実した経験を積み、将来の進路に備えます。160を超える企業・団体と連携し、産学一体となって将来の環境保全を担う人材の教育にあたっています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

東京環境工科専門学校 事務局

〒130-0022 東京都墨田区江東橋3-3-7
TEL:03-5625-6400

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都墨田区江東橋3-3-7 JR総武線快速・総武線 「錦糸町」駅から徒歩3分
東京メトロ半蔵門線 「錦糸町」駅から徒歩3分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2017年09月13日 19:19 facebook

    TCE環境セミナー「第3回・熊本市の生物多様性保全」を、10月19日(木)17時~19時30分、東京環境工科専門学校にて開催いたします。 2017年度TCE環境セミナーでは、自然保護の最前線を担う新進気鋭の環境省レンジャーの皆さんから、現場体験を中心に話題提供をしていただき、個別の事例を掘り下げながら明日の自然保護の方向性を考えることとしています。 第3回(10/19)は、環境省国立公園課の谷垣佐智子氏より、出向先の熊本市における「生物多様性地域戦略」づくりなどの地方行政の話題を中心に、それに先立つ国立公園レンジャーとしての現場経験なども交えながらお話しいただく予定です。 皆さまお誘い合わせのうえ奮ってご参加下さい。 ■ 開催概要 対象者:自然環境や自然公園に興味のある方ならどなたでも 参加費:無料・事前のお申込みをお願い致します 会場:東京環境工科専門学校 2階教室 〒130-0022 東京都墨田区江東橋3-3-7 JR総武線・地下鉄半蔵門線 錦糸町駅 より徒歩3分 共催:一般財団法人 自然環境研究センター 協力:一般財団法人 自然公園財団 ■お申込みはメール、お電話にて  学校法人 東京環境工科学園 研修部       担当:笹岡、尾崎 Tel:03-5625-6400 E-mail: kensyu@tce.ac.jp

    https://www.facebook.com/238457396291713/posts/1032779070192871

  • 2017年09月13日 18:19 facebook

    当校講師の斉藤秀生先生から、千代田区での表彰活動についてのご紹介です。 「ちよだ生物多様性大賞」 ~生きものに優しい活動を表彰します~ ■生物多様性大賞とは 生物多様性の保全活動を表彰することで、 活動のすそ野を広げていくことを目的に創設した、 千代田区独自の制度です。 -------------------------------- ■期間 平成29年6月1日~9月30日(持参の場合は9月29日まで) ■対象者 千代田区内で生物多様性の保全等に関する 活動をしている個人、団体、事業者等です。 自薦、他薦を問いません。 -------------------------------- ■対象となる活動 ▼生物多様性の保全等に関する活動 アダプトシステムへの参加、在来種による緑地づくり、 ツバメの巣の見守りなど ▼生きもののネットワークづくりに関する活動 鳥が休める場所づくり、鳥が巣づくりできる樹木づくり、 小さい空地を活かした都心の緑化など ▼生物多様性の普及啓発に関する活動 生きもの探検ツアーの開催、昆虫観察会の開催、 親しみやすい樹木板の設置など ▼上記の他、特徴ある活動 活動団体を財政・技術面で支援、 歴史地域性を踏まえた森づくりなど -------------------------------- ■応募方法 応募用紙に必要事項を記入し、写真等を添付して環境政策課へメール、 郵送、持参してください。 ▼応募用紙 http://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/machizukuri/kankyo/sebutsutayose/documents/taisho-oboyoshi.docx -------------------------------- ■表彰 ▼表彰者発表 平成29年12月(予定) ▼表彰式 平成30年1月(予定) -------------------------------- ■「ちよだ生物多様性大賞」詳細 ▼「ちよだ生物多様性大賞」ちらし(PDF:626KB) http://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/machizukuri/kankyo/sebutsutayose/documents/taisho-chirashi.pdf ▼「ちよだ生物多様性大賞」ホームページ http://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/machizukuri/kankyo/sebutsutayose/taisho.html

    https://www.facebook.com/238457396291713/posts/1032770540193724

  • 2017年09月13日 18:19 facebook

    当校の特別講師の風間深志先生が村長を務める、地球元気村が主催する ”自然豊かな道志村の無農薬クレソンを、自分の手で摘み、料理を学び、食す、クレソン盛りだくさんの体験イベント” のご紹介です

    https://www.facebook.com/238457396291713/posts/1032767223527389

  • 2017年09月08日 17:18 facebook

    当校の特別講師の風間深志さんが村長を務める、地球元気村が主催する”只見の自然と暮らしを味わい尽くすイベント”のご紹介です。

    https://www.facebook.com/238457396291713/posts/1030374847099960

  • 2017年09月05日 18:18 facebook

    第3回 同窓会開催のお知らせ 東京環境工科専門学校(旧東洋工学専門学校)卒業生の皆様 こんにちは、同窓会会長を務めさせていただいております三森典彰と申します。 この度、平成29年12月2日(土)に第3回同窓会を下記の通り開催する運びとなりました。 総会の後、お食事をしながら期の垣根を越えて親睦を深めていただく懇親会をご用意させていただいています。懇親会の時間の中では、自分が所属する、または立ち上げた会社や団体の業務紹介、アピールや人材募集、フリーの方はご自身の得意分野やスキルなどを紹介できる時間を設けます。 ご希望の方は、同窓会参加申込みの際に、その旨をお伝えください。卒業生間での情報交換の場とし、自然環境業界が益々発展することを期待しています。 また、現役の講師の先生方にもご参加いただけるようお声かけしております。 卒業生におかれましては、万障お繰り合わせの上ご出席いただけたら幸いです。誠に簡素ではございますが、ご連絡致します。         【記】 開催日:平成29年12月2日(土) 時 間:13:00~16:30(受付は12:00~) 【総 会】13:00~13:30 【懇親会】13:30~16:30、立食パーティー 場 所:東京環境工科専門学校錦糸町校舎     東京都墨田区江東橋3-3-7 会 費:5,000円(うち1,000円は同窓会年会費とさせていただきます) 主 催:東京環境工科専門学校同窓会 共 催:東京環境工科専門学校 事務局:同窓会運営事務局 教員:吉尾政信、事務局:尾崎広基 TEL:03-5625-6400、MAIL:dousoukai@tce.ac.jp 参加申込:上記メールにてご連絡ください(氏名、卒業期、連絡先をご記載ください)                   以上 平成29年9月5日 東京環境工科専門学校(旧東洋工学専門学校) 同窓会会長  三森典彰

    https://www.facebook.com/238457396291713/posts/1028962930574485

請求できるパンフはこちら

無料
入学案内資料[学校案内パンフレット&募集要項&入学願書]
東京環境工科専門学校(専修学校/東京)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる