• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 玉成保育専門学校
  • 学校の特長

歴史や伝統がある

玉成保育専門学校は、2016年に100周年を迎えた伝統校。卒業生は4500人以上!

 本校は1916年に、キリスト教的人間愛を大切にしたベラ・アルウィンにより設立されました。保育者として、専門知識を学ぶだけでなく、「社会人としてのマナー」や子どもに共感できる心、そして音楽などに対する豊かな感性を育み、子どもだけでなく親御さまにも信頼される保育者を育てます。そのような“保育者”としての感性を育む教育を続け、2016年に100周年を迎えた「アルウィン学園玉成保育専門学校」は、現在までに4500人以上の保育者を養成し、卒業生は日本のみならず海外でも活躍しています。また、きめ細かな就職指導により、就職率は100%(2021年3月卒業生・就職者数36名)という、確かな実績を残しています。学校の特長1

施設・設備が充実

同じ建物内の幼稚園と保育園で子どもたちと毎日一緒!就職後のギャップに悩みません。

同じ建物内に保育センターこどもの木かげ(幼稚園・保育園)、専門学校という3つの育ちの場がある玉成保育専門学校。この環境を大切にしている理由は、保育者を目指す学生と、幼稚園、保育園の子どもたちが「共に育つ」ため。それがアルウィン学園が目指す姿だからです。保育者を志す人たちと幼稚園、保育園の子どもたちが同じ学園内で生活することで、学生たちは子どもたちの成長を身近に感じ取れる環境の中で育つことができ、子どもたちはたくさんの温かい見守りのなかではぐくまれます。学校の特長2

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

少人数できめ細かな授業、同じ建物内の幼稚園と保育園での「プラクティカルスタディ」

玉成保育専門学校の学びの特長のひとつ「プラクティカルスタディ」とは、実習期間以外でも同じ建物内の幼稚園・保育園で「保育体験」ができる制度。学生が自らの意志で、また自らの課題をもって保育観察・参加することにより、より深い学びができるようにするためのものです。時間割に組まれている「プラクティカルスタディ」の時間のほか、放課後、各自の空き時間など、いつでも幼稚園・保育園に入ることができます。「保育体験」のあと記録を提出すると、参加したクラス担任からのアドバイスがもらえることも特長です。記録を書き、振り返ることで現場の保育力がつきます。学校の特長3
RECRUIT