• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大阪調理製菓専門学校ecole UMEDA
  • 先生・教授一覧
  • 本山 由夏先生(パティシエ(洋菓子職人))

大阪府認可/専修学校/大阪

オオサカチョウリセイカセンモンガッコウエコール ウメダ

こんな先生・教授から学べます

「お菓子で人を幸せにする方法」を教えてくれる先生

パティシエ(洋菓子職人)
製菓総合本科(2年制) 
本山 由夏先生
先生の取組み内容

お菓子は、人と人をつなぐコミュニケーションツール。おいしいお菓子で誰かを幸せにしたい、そんな気持ちをカタチにできる仕事です。親しい人たちの笑顔に囲まれたクリスマスケーキをつくったり、気持ちを伝えるバレンタインチョコレートを代わりにつくったり。そんな素敵な仕事だということを、まずは知ってほしいですね。おいしくて、かわいらしくて、美しくて。お菓子本来の魅力はもちろん、多くのお客様に届けるための勉強も必須です。DAICHOには「ティエンダ」という校内カフェがあり、期間限定で、学外にも開放されます。そこに自分のつくったものが並んで、お客様に支持されるかどうかが試される。厳しいけれど、やりがいは十分。製菓技術は練習した分だけ向上します。試行錯誤しながら知識を身につけ、日々、腕を磨いてほしいと思います。

好きなことで腕を磨いて、誰かを笑顔にする。お菓子の仕事の楽しさを、学生たちに伝えたいですね

授業・ゼミの雰囲気

「つくりたいもの」で、なおかつ「売れるもの」を。プロとして活躍できるパティシエに

基本的な製菓技術からじっくり学び、コンテスト入賞を目指す練習や商品企画、材料仕入れから在庫管理まで幅広く学ぶ。学生自身で考案し、つくり上げた商品を学内店舗で販売する腕試しの場も多い。「お客様に販売する以上、学生だからという甘えは禁物。プロに負けないものを目指してほしい」と本山先生。製菓2年生のクラスではクリスマスケーキの販売をしており、ご近所の常連客も。こうした環境の中、社会に出てからを見据えて経験を積んでいく。好きなことで食べていける道をつくる、そんな実践的な授業内容だ。

マジパンづくりは製菓とアートの融合。テーマに合わせて世界観を表現する。DAICHOはコンテスト入賞も多数

キミへのメッセージ

何事もチャレンジあるのみ!DAICHOで可能性を広げてください

物怖じせずチャレンジすることで、世界はぐっと広がります。自分でも知らなかった才能に出会うこともありますよ。実習室だけでなく、世の中の動きにも興味を持って、お菓子づくりに活かしてほしいと思います。

製菓業界といっても仕事はいろいろ。幅広い経験を活かし、技術はもちろん経営や販売面のアドバイスも

本山 由夏先生

専門分野:製菓
専門学校で製菓を学び、卒業後はパティスリーに就職。洋菓子とパンの製造・接客販売を担当する。店舗で5年間の経験を積み、カフェのマネージメントを行う企業の新規店舗立ち上げ部門へ。支店ごとのオリジナルレシピ開発や販売促進、スタッフ管理など経営面にも携わった。その後はブライダル業界へ。顧客の要望にあわせてデザイン力が求められるウエディングケーキを製造。現場で役立つ授業には特に定評がある。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

大阪調理製菓専門学校ecole UMEDA(専修学校/大阪)