• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 北大阪福祉専門学校
  • 学校の特長

資格取得に有利

総計90時間の独自科目を設置。国家試験対策はたっぷり1年かけて準備!

本校では、資格取得や国家試験対策のための独自の講座を展開しています。「レクリエーション理論及び演習」では、余暇活動も生活支援の一部と捉え、“自分らしく楽しく生きる”ことを援助する方法を学びます。さらに、「国家試験対策」の授業を2年次に1年間設け、介護福祉士国家試験に備えます。学校の特長1

きめ細かな少人数制

定員40名の少人数制を採用!さらに実習では、20名単位のA・B2クラス制に!

1学年定員が40名。さらに介護技術・調理実習・情報処理・被服実習などの授業では、半分の20名単位のA・B2クラス制を採用するなど少人数制にこだわっています。2学年合わせても最大80名の小規模な学校。それに対して常勤教員を8名採用。学生と教員の距離が近く、何でも相談しやすい環境が整っています。少人数制だからクラスメイトはもちろん学年の壁はナシ。10代の高卒ストレートのメンバーから50代の社会人経験者まで、幅広い年齢層の学生が介護福祉士という同じ目標に向かって和気あいあいと勉強しています。学校の特長2

インターンシップ・実習が充実

大阪府の介護福祉士養成校の中で、最大級の実習施設数!

本校では、学内での講義や演習で習得した技能に基づき、実際に介護福祉の現場を体験。より実践的な知識・技術を習得していきます。施設実習は1年次の6月より始まりますが、学外実習の場となる実習施設は、大阪府の介護福祉士養成校の中でも最大級の146施設。バリエーションに富んだ実習施設と提携することで、さまざまな学外実習を経験でき、自分の将来の就職先の選択肢を広げていく機会になります。(2019年度実績)学校の特長3
RECRUIT