• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 新潟
  • 開志専門職大学
  • 奨学金

【給付型】高等教育の修学支援新制度 給付型奨学金の給付(全学部共通)

対象
全学部
・住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯の学生
・学ぶ意欲のある学生であること
※高校の成績だけで判断せず、レポートなどで学ぶ意欲を評価
給付額
第Ⅰ区分:約46万円(年額)
第Ⅱ区分:約30.6万円(第Ⅰ区分の2/3)
第Ⅲ区分:約15.3万円(第Ⅰ区分の1/3)
自宅・自宅外の別
自宅
備考
この制度は①授業料等減免と②給付型奨学金の給付の2つで構成されています。

【給付型】高等教育の修学支援新制度 給付型奨学金の給付(全学部共通)

対象
全学部
・住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯の学生
・学ぶ意欲のある学生であること
※高校の成績だけで判断せず、レポートなどで学ぶ意欲を評価
給付額
第Ⅰ区分:約91万円(年額)
第Ⅱ区分:約60.6万円(第Ⅰ区分の2/3)
第Ⅲ区分:約30.3万円(第Ⅰ区分の1/3)
自宅・自宅外の別
自宅外
備考
この制度は①授業料等減免と②給付型奨学金の給付の2つで構成されています。

【給付型】日本学生支援機構奨学金 給付型奨学金(全学部共通)

【減免型】高等教育の修学支援新制度 授業料等減免(全学部共通)

対象
全学部
・住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯の学生
・学ぶ意欲のある学生であること
※高校の成績だけで判断せず、レポートなどで学ぶ意欲を評価
減免額
第Ⅰ区分:入学金減免額 約26万円(上限)、授業料減免額 約70万円(上限)
第Ⅱ区分:入学金減免額 約17.3万円(第Ⅰ区分の2/3)、授業料減免額 約46.7万円(第Ⅰ区分の2/3)
第Ⅲ区分:入学金減免額 約8.7万円(第Ⅰ区分の1/3)、授業料減免額 約23.3万円(第Ⅰ区分の1/3)
備考
この制度は①授業料等減免と②給付型奨学金の給付の2つで構成されています。

【減免型】資格特待生制度(GTECスコア)(全学部共通)

対象
入学前に該当の資格および検定を取得すること
減免額
960点以上:1年次の入学金相当額
1190点以上:1年時の授業料相当額の半額
1350点以上:1年次の授業料相当額
※GTECは4技能のオフィシャルスコアとします。
手続き
資格特待生の申請は入学後となります。
備考
※2つ以上の試験に合格している場合は、金額の多い方が適用となります。また、本学の定める他の特待生制度との重複する減免を受けることはできません。

【減免型】資格特待生制度(ITパスポート)(全学部共通)

対象
入学前に該当の資格および検定を取得すること
減免額
1年次の入学金相当額
手続き
資格特待生の申請は入学後となります。
備考
※2つ以上の試験に合格している場合は、金額の多い方が適用となります。また、本学の定める他の特待生制度との重複する減免を受けることはできません。

【減免型】資格特待生制度(応用情報技術者)(全学部共通)

対象
入学前に該当の資格および検定を取得すること
減免額
1年次の授業料相当額
手続き
資格特待生の申請は入学後となります。
備考
※2つ以上の試験に合格している場合は、金額の多い方が適用となります。また、本学の定める他の特待生制度との重複する減免を受けることはできません。

【減免型】資格特待生制度(基本情報技術者)(全学部共通)

対象
入学前に該当の資格および検定を取得すること
減免額
1年次の授業料相当額の半額
手続き
資格特待生の申請は入学後となります。
備考
※2つ以上の試験に合格している場合は、金額の多い方が適用となります。また、本学の定める他の特待生制度との重複する減免を受けることはできません。

【減免型】資格特待生制度(実用英語技能検定)(全学部共通)

対象
入学前に該当の資格および検定を取得すること
減免額
2級:1年次の入学金相当額
準1級:1年次の授業料相当額の半額
1級:1年次の授業料相当額
手続き
資格特待生の申請は入学後となります。
備考
※2つ以上の試験に合格している場合は、金額の多い方が適用となります。また、本学の定める他の特待生制度との重複する減免を受けることはできません。

【減免型】資格特待生制度(情報セキュリティマネジメント)(全学部共通)

対象
入学前に該当の資格および検定を取得すること
減免額
1年次の授業料相当額の半額
手続き
資格特待生の申請は入学後となります。
備考
※2つ以上の試験に合格している場合は、金額の多い方が適用となります。また、本学の定める他の特待生制度との重複する減免を受けることはできません。

【減免型】資格特待生制度(全経簿記能力検定)(全学部共通)

対象
入学前に該当の資格および検定を取得すること
減免額
1級:1年次の入学金相当額
上級:1年次の授業料相当額
手続き
資格特待生の申請は入学後となります。
備考
※2つ以上の試験に合格している場合は、金額の多い方が適用となります。また、本学の定める他の特待生制度との重複する減免を受けることはできません。

【減免型】資格特待生制度(全商簿記実務検定)(全学部共通)

対象
入学前に該当の資格および検定を取得すること
減免額
1級:1年次の入学金相当額
手続き
資格特待生の申請は入学後となります。
備考
※2つ以上の試験に合格している場合は、金額の多い方が適用となります。また、本学の定める他の特待生制度との重複する減免を受けることはできません。

【減免型】資格特待生制度(日商簿記検定)(全学部共通)

対象
入学前に該当の資格および検定を取得すること
減免額
2級:1年次の授業料相当額の半額
1級:1年次の授業料相当額
手続き
資格特待生の申請は入学後となります。
備考
※2つ以上の試験に合格している場合は、金額の多い方が適用となります。また、本学の定める他の特待生制度との重複する減免を受けることはできません。

【減免型】特待生制度 A特待生(全学部共通)

対象
「一般選抜(個別試験型)」および「特待生選抜試験」受験者
総得点率が70%以上の者で、各学部における得点上位の者
減免額
1年次の授業料の全額を免除
(入学金、施設・設備費、実習費を除く)
人数
事業創造学部2名程度
情報学部2名程度
アニメ・マンガ学部 2名程度
備考
※一般選抜(個別試験型)の受験者は自動的に特待生選抜の対象となります。

【減免型】特待生制度 B特待生(全学部共通)

対象
「一般選抜(個別試験型)」および「特待生選抜試験」受験者
対象者全体において、A特待生を除く各学部得点上位の者
減免額
1年次の授業料の半額を免除
(入学金、施設・設備費、実習費を除く)
人数
事業創造学部4名程度
情報学部4名程度
アニメ・マンガ学部 4名程度
備考
※一般選抜(個別試験型)の受験者は自動的に特待生選抜の対象となります。

【減免型】日本語能力試験(JLPT)(全学部共通)

対象
●留学生対象
入学前に該当の資格および検定を取得すること
減免額
N1:1年次の入学金+授業料相当額の半額
N2:1年次の入学金相当額
備考
※2つ以上の試験に合格している場合は、金額の多い方が適用となります。また、本学の定める他の特待生制度との重複する減免を受けることはできません。

【減免型】日本留学試験(EJU)(全学部共通)

対象
●留学生対象
入学前に該当の資格および検定を取得すること
減免額
280点以上:1年次の入学金+授業料相当額の半額
220点以上:1年次の入学金相当額
備考
※2つ以上の試験に合格している場合は、金額の多い方が適用となります。また、本学の定める他の特待生制度との重複する減免を受けることはできません。

【貸与型】新潟県奨学金(全学部共通)

対象
新潟県内居住者の子弟であり、人物、学力ともに優秀で、経済的理由により就学が困難な者
貸与(月額)
51,000円
返還詳細
返還期間:卒業後8カ月据え置き後、最長15年以内
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外
貸与期間
貸与決定の4月分から卒業までの最短修業年限
備考
※併用貸与:併用可能(ただし他の制度が認めていない場合は除く)

【貸与型】新潟県奨学金(全学部共通)

対象
新潟県内居住者の子弟であり、人物、学力ともに優秀で、経済的理由により就学が困難な者
貸与(月額)
44,000円
返還詳細
返還期間:卒業後8カ月据え置き後、最長15年以内
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅
貸与期間
貸与決定の4月分から卒業までの最短修業年限
備考
※併用貸与:併用可能(ただし他の制度が認めていない場合は除く)

【貸与型】新潟市奨学金(全学部共通)

対象
本人または本人の保護者が新潟市内に住所を有し、心身共に健全で、学業に優れ、且つ修学のために経済支援を行うことが適当であると認められる者
貸与(総額)
(年額)400,000円
返還詳細
返還期間:半年ごとに年2回(7月および12月)
利子
無利子
貸与期間
採用年度から卒業までの最短修学期間
備考
※併用貸与:併用可能(ただし他の制度が認めていない場合は除く)

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
人間性に優れ、健康で学業成績・家計基準などが一定の基準を満たす学生
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
20,000円、30,000円、40,000円、50,000円、64,000円から選択
返還詳細
返還期間:貸与終了後およそ13年~18年
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外
貸与期間
採用年度の4月~卒業までの最短就業年数
募集時期
4月頃

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
人間性に優れ、健康で学業成績・家計基準などが一定の基準を満たす学生
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
20,000円、30,000円、40,000円、54,000円から選択
返還詳細
返還期間:貸与終了後およそ13年~18年
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅
貸与期間
採用年度の4月~卒業までの最短就業年数
募集時期
4月頃

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
第一種奨学金よりゆるやかな基準によって選考された学生
奨学金の種類
第二種
貸与(月額)
20,000円~120,000円(10,000円単位)から選択
返還詳細
返還期間:貸与終了後およそ13年~20年
利子
利子
貸与期間
採用年度の4月~9月の間で希望する月から卒業までの最短就業年数
募集時期
4月頃

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 入学時特別増額貸与奨学金(全学部共通)

貸与(総額)
100,000円、200,000円、300,000円、400,000円、500,000円
利子
利子
学費(初年度納入金)
開志専門職大学/奨学金