専門学校でも奨学金って使えるの?奨学金の賢い借り方・返し方

専門学校は大学よりも学費が安いと思っていたら、実はそうでもないのが最近の傾向。

学費や生活費を考えると「ウチは大丈夫かな…」と心配になる人もいるのでは?

専門学校も奨学金制度は使えるのだろうか。

そこで今回は奨学金に関する著作もあるファイナンシャル・プランナーの竹下さくらさんに、「専門学校の奨学金」について聞いてみた。

専門学校への進学を考えている人はぜひチェックしてみよう。
[プロフィール]
なごみFP事務所 竹下さくら


損害保険会社、生命保険会社を経て、1998年にファイナンシャル・プランナー(FP)として独立。

個人を対象としたライフプランニングや保険の見直し・住宅購入に関するコンサルティングを中心に、講師や執筆などでも活躍。千葉商科大学大学院会計ファイナンス研究科客員教授。

保有資格はCFP®、1級ファイナンシャル・プランニング技能士など多数。
「著書に『緊急対応版「奨学金」上手な借り方新常識』(青春新書プレイブックス)、『「教育費をどうしようかな」と思ったときにまず読む本』(日本経済新聞出版社)、『親と子の夢をかなえる! “私立"を目指す家庭の教育資金の育てかた(共著)』(近代セールス社)など。」

専門学校にも奨学金制度って使えるの?

専門学校でも奨学金って使えるの?奨学金の賢い借り方・返し方
最近は実験や実習、設備が充実し、専門学校の年間の学費は私立大学とあまり変わらないことも。
関連記事 

そこで検討したいのが奨学金の利用。

専門学校は奨学金の対象にならないのでは?と思っている人もいるかもしれないが、大学などと同様に専門学校も奨学金の利用は可能なことが多い。

公的な奨学金の利用で学費の負担を抑えたり、学校独自の奨学金制度によって学費そのものが安くなったりと、条件をクリアしていれば大学と同じように奨学金を受けることができる。

専門学校の奨学金ってどんな種類があるの?

国や地方公共団体のほか、学校独自の制度など、奨学金の種類はさまざま。

ただ、民間育英団体の奨学金は、現状では専門学校生向けのものは少ないよう。

実際に※多くの専門学校生が利用しているのが、独立行政法人 日本学生支援機構(JASSO)の奨学金。

このJASSOの奨学金には、大きく分けて、返還の必要がない給付型と卒業後に返還が必要となる貸与型がある。

さらに、貸与型には無利子の第一種と利子が付く第二種の2タイプがある。

※文部科学省:学校基本調査とJASSO:給付実績数より
「2020年4月から『高等教育の修学支援新制度』が始まり、給付型の対象が大幅に広がっています。

家庭の収入などの条件が緩和されたほか、奨学金を受け取る高校生本人の現状の成績にとらわれず、進学先で学ぶ意欲があれば対象になり得ます。

内容としては、『給付型奨学金の支給』と『授業料・入学金の免除または減額』がセットになっているというのが大きなポイントです」(竹下さん)
もし対象となり、利用できればとてもうれしい制度。

さっそく気になる支給額や減免額などを見てみよう。

家族構成や共働きかどうかなどで収入の条件は変わってくるが、例えば、保護者2人、本人、中学生の4人家族で保護者の一方が給与所得者の場合、保護者の一方が年収221万円以下、もう一方が115万円以下なら第Ⅰ区分、保護者の一方が242万円以下、もう一方が155万円以下なら第Ⅱ区分、保護者の一方が320万円以下、もう一方が155万円以下なら第Ⅲ区分となる(年収の上限額はいずれも目安。世帯構成や障害者の有無、各種保険料の支払い状況などにより変わる)。

支給額はこの区分によって異なるが、第Ⅰ区分を例にとると以下の表のとおり。
★★【専門学校】給付型奨学金の支給月額 ※第Ⅰ区分の場合★★
区分 自宅通学 自宅外通学
専門学校 国公立
2万9200円(3万3300円) 6万6700円
専門学校 私立
3万8300円(4万2500円) 7万5800円
※()内は生活保護世帯の場合


毎月1回奨学金が振り込まれ、年額にすると、国公立の場合、自宅通学なら約35万円、自宅外通学なら約80万円。

私立の場合は、自宅通学なら約46万円、自宅外通学なら約91万円の支給が受けられることになる。

続いて、入学金・授業料の減免額を見てみよう。これも第Ⅰ区分を例にとると上限額は以下のとおり。
★★【専門学校】授業料等の免除・減額の上限額(年額)※第Ⅰ区分の場合(昼間制)★★
区分 入学金 授業料
専門学校 国公立
約7万円 約17万円
専門学校 私立
約16万円 約59万円


第Ⅱ区分の上限額は、給付型奨学金と授業料等の減免額ともに、それぞれ第Ⅰ区分の約2/3に。また、第Ⅲ区分ならそれぞれ約1/3となる。
貸与型の収入の基準はさらに緩やかになり、第一種よりも第二種はより緩やかだ。

詳細は、JASSOのホームページで確認を。

進学したらどのくらいのお金が必要か、どの奨学金の対象になるのか、どのくらいの給付額や貸与額になるかなどがわかるシミュレーターもあるので、調べてみよう。

JASSOの奨学金以外にも、利用できる制度がないか調べておきたい。

地方公共団体が独自に設けている奨学金の場合、専門学校生が利用できるものは貸与型がほとんどだが、貸与型でも無利子タイプが多いようだ。

金額は月に1万~6万円くらいが一般的。

JASSOの奨学金とは併用できないケースも多いので、今住んでいる地域に奨学金制度があるか、どんな条件かを調べてみよう。

そのほか、専門学校や業界が独自に設けている奨学金制度もさまざま。

例えば、奨学生用の試験を受け、その成績結果によって奨学金が支給されたり、専門分野に関連した特定の資格をもっている人は授業料などの一定額が免除されたり。

ほかにも看護系の専門学校への進学を考えている人に注目してほしい情報も。
「例えば、看護系の一部の専門学校には、貸与型の奨学金があり、卒業後の条件次第で返還が不要になる制度もあります。

この制度は、在学中、月数万円の奨学金を受給できます。卒業後、病院によってはそこで勤務することにより返還免除になる場合も!

看護師を目指すなら、そうした制度も視野に入れておきたいところです」
奨学金の利用を検討するなら、希望する専門学校のホームページも必ずチェックして、奨学金の制度があるかどうか調べておこう。

返還不要の「給付型」と要返還の「貸与型」の違いやメリット・デメリット

専門学校でも奨学金って使えるの?奨学金の賢い借り方・返し方

JASSOの奨学金制度を例に、「給付型」と「貸与型」のメリットやデメリットを竹下さんに聞いてみた。
「まず、『給付型』のメリットは、原則として返還不要であること。

給付型奨学金の支給を受けられる場合、授業料・入学金の減免も同時に受けられるということも大きなポイントですね。

デメリットをあえてあげるなら、進学後、きちんと勉強をし続けることが必要だという点です。

この給付型奨学金は、学ぶ意欲のある学生に勉強に励んでもらうことを目的に設けられています。

そのため、成績不振の場合は、奨学金の支給が打ち切られることもありますので、気をつけましょう」
では、将来返還する義務のある「貸与型」の使い勝手のよさは?
「第二種奨学金を例にとると、学生生活上継続して奨学金を必要とする場合には、貸与を受けている途中で月額を変えることができるので、実際に学校生活を始めてみてから、後々の負担を考えて適切な金額に変更することも可能です。

また、例えば、返還をしている期間に病気になったり、失業や被災をしたりして返還が難しい場合の救済制度も整っています。

利子のある第二種奨学金の場合、一定期間、毎月の返還額を減らす、または、先送りにするなどが可能です。

その分、返還期間が長くなったり、返還終了が遅くなったりしますが、利子は増えません。

つまり返還予定総額が変わらないということです
一方で利用上の注意点は?
「返還の計画をきちんと立てておかないと就職後の生活が大変だということです。

卒業する3月まで貸与を受けた場合、同じ年の10月から返還が始まりますが、できれば社会人生活がスタートする4月から返還分を取り分けて生活しておくといいでしょう。

また、社会人2年目からは住民税の納税も必要となるので、1年目よりも手取りが減ってしまうこともありがちです。

返還シミュレーションを使って、事前に毎月の返還額を把握して計画を立てておきたいですね。

返還に対して受け身でいると苦しくなってしまうものです。自分から情報を集めて行動するなど攻めの姿勢でいることも大切です」
以下のページでは返還額のシミュレーションができるので、借りる前に必ず大まかな返還額をイメージしておこう。

奨学金貸与・返還シミュレーション(JASSO)

対象になる専門学校と対象にならない専門学校がある?

専門学校でも奨学金って使えるの?奨学金の賢い借り方・返し方

専門学校生がこのJASSOの奨学金制度を利用するにあたり、気をつけたいのが、すべての専門学校が対象ではないということ。
「『給付型奨学金の支給』と『授業料・入学金の免除または減額』が受けられる『高等教育の修学支援新制度』の対象となるためには、学校側が文部科学省などから対象機関としての認定を受けなければなりません。

『高等教育の修学支援新制度』の対象機関となるための申請を行い、認定を受けた大学・短期大学の割合は98.0%であるのに対し、専門学校は73.3%(※1)。

認定の条件が厳しく、専門学校は大学や短期大学に比べて対象となる学校数が限られているのです。

同じように、JASSOの貸与型奨学金も対象となる専門学校が決まっています。

そのため、専門学校への進学&奨学金の利用を検討するなら、まずは最初に、希望する専門学校が支援の対象となるかどうかを調べることが重要です。

せっかく学力基準や家計基準を満たしていたとしても、進学先の専門学校が対象校でなければ意味がありません。

まずは、JASSOの奨学金を利用できる専門学校かを確認し、対象校であれば学力基準や家計基準を自分が満たしているかチェックしていくようにしましょう。」

(※1)文部科学省「高等教育の修学支援新制度の対象機関数」より



もし、学力基準や家計基準を満たしていたものの、希望する専門学校が「高等教育の修学支援新制度」の対象校ではなかったという場合、落ち込むのはまだ早い。

竹下さんによると、費用面で考えるのであれば同じ分野の大学への進学を検討する選択肢もあるそう。
「進みたい分野を学べる4年制大学がある場合、給付型奨学金や『授業料・入学金の免除または減額』の対象外の専門学校へ進むより、奨学金を利用して対象校の大学に進学するほうが金額的に安くすむケースもあります。

先ほどお伝えしたように、大学であれば98.0%の学校が『高等教育の修学支援新制度』の対象です。

さらに、『授業料・入学金の免除または減額』に関しては、専門学校よりも大学のほうが上限額は高いのです」
専門学校と大学の入学金・授業料の減免額をみてみよう。第Ⅰ区分を例にとると上限額は以下のとおり。
★★【専門学校・大学】授業料等の免除・減額の上限額(年額)※第Ⅰ区分の場合(昼間制)★★
  国公立 私立
 
入学金 授業料 入学金 授業料
専門学校
約7万円 約17万円 約16万円 約59万円
大学
約28万円 約54万円 約26万円 約70万円

専門学校と大学の上限額を比較すると、国公立では入学金は約21万円、授業料は約37万円、専門学校より大学のほうが高い。

私立でも入学金は約10万円、授業料は約11万円、大学の上限額のほうが高いことがわかる。
「そして、さらに1年目の学費(初年度納付金)を比べてみると、専門学校の平均額は約126万円に対し、私立大学文科系学部の平均額は約117万円(※2)。

分野にもよりますが、1年目の学費は専門学校より私立大学文科系学部のほうが少し安いイメージです。

もし、大学に進学し、『給付型奨学金の支給』と『授業料・入学金の免除または減額』が丸々受けられるのであれば、まったく奨学金の支給を受けられないまま専門学校に進学するよりも、安くすむ可能性があります。

すでに専門分野で学んでいる高校生の場合、その分野の大学で学校推薦型選抜が実施されているケースもあるので、視野を広げて大学入学にチャレンジする選択肢も考えてみてください」

(※2)公益社団法人東京都専修学校各種学校協会 専門学校:令和元年度昼の東京都専修学校各種学校協会調査統計部調べ(昼間部) 私立大学:令和元年度私立大学等入学者に係る初年度学生納付金平均額(定員1人当たり)の調査(文部科学省)



まずは、「希望する専門学校が奨学金を受けられる対象校なのか」が重要ポイント。

以下の一覧で対象校かどうか確認してみよう。

★給付型奨学金の対象となる学校一覧(文部科学省)

★貸与型奨学金の対象となる学校一覧(JASSO)

奨学金はいつ申し込む?

専門学校でも奨学金って使えるの?奨学金の賢い借り方・返し方
JASSOの奨学金は高校在学中に申し込む「予約採用」と、専門学校に進学してから申し込む「在学採用」がある。

もし、今の時点で奨学金が必要なことがわかっているのであれば、「予約採用」に申し込んでおきたい。

スケジュールは、高校3年生の4月ごろに説明会があり、4~6月に申し込みをするのが一般的。

「予約採用」は高校を通じて申し込みを行うため、高校によって説明会の時期や説明会後の申し込み期間は異なる(新型コロナウイルスの流行への対応の関係で、各高校でスケジュールが大幅に変更になっているので要注意)。

申し込みのタイミングは、高校3年生の春か秋。

ただ、秋の募集は貸与型の第二種のみなので、保護者と話し合い、高校3年生の4月までには奨学金を利用するかどうか決めておこう。
「奨学金が必要な場合、家計基準が該当しそうであれば、春の申し込みの時点で、給付型、貸与型第一種・第二種のすべてを視野にいれて検討しましょう。

意外と知らない人もいますが、すべて同時に申し込むことが可能ですし、仮にすべて申請が通ったとしても、不要な分は後からキャンセルすることができます。

貸与型より給付型、貸与型でも第二種より第一種のほうが絶対にいいですから、受かる確率が高いからという理由で最初から第二種に絞って申し込むのはもったいないですね」
JASSOのホームページで、ある程度見通しを立ててみるのがおすすめだ。

進学資金シミュレーター(JASSO)

さらに、給付型、貸与型第一種・第二種は原則として併用もできる。
「学費だけでなく生活費もかかるので、可能であれば、少し余裕をもった額を借りておくといいですね。

給付型だけ、貸与型第一種だけでは足りないようであれば、給付型と貸与型第一種・第二種、貸与型第一種と第二種といった併用も検討しましょう。

実際、申請が通ったとしても『こんなに借りる必要がない』とわかれば、入学後、進学届を出す際に、借りる金額を減額したり辞退したりすることもできます」
特に、専門学校生は実習などで忙しい傾向があるので、アルバイトにたよらない資金計画を立て、奨学金採用の可能性があれば前向きに申し込みをしたほうがよさそうだ。

知っているのと知らないのでは大違い! 奨学金Q&A

専門学校でも奨学金って使えるの?奨学金の賢い借り方・返し方
給付型奨学金の条件が大幅に緩和されたように、JASSOの奨学金制度は頻繁に改正が行われている。

また、奨学金は新設されることも多く、最新の情報を調べることが何より大切になる。
「特に、2020年に条件が広がったJASSOの給付型奨学金については、できたての制度ということもあり、先生や先輩などまわりに詳しく知っている人がいない場合も。

知っている人が得をすることになるので、奨学金の利用を検討するなら自分から積極的に情報を集めるようにしましょう」
ぜひ、お得な情報は知っておきたい。

では、実際にはどんなお得情報があるんだろう? さっそく竹下先生に、奨学金にまつわるギモンをぶつけてみた!
●奨学金にまつわるギモン!
奨学金の給付スタートは入学後!入学金など入学前に必要となる費用はどうする?


JASSOの奨学金を利用するうえで気をつけるポイントは、給付が始まるのは入学後だということ。

実は、入学金、初年度授業料、実験・実習費、施設・設備費など初年度納付金と呼ばれる入学1年目に支払う学費の納付締め切りは入学前にあるため、奨学金を直接使うことはできないのだ。

専門学校によって初年度納付金を支払うタイミングは異なるが、合格発表が出てからだいたい1週間以内に支払うことが多い。

そのほか、受験料に加え、もし一人暮らしをするならその費用も入学前にかかることになる。
★知って得する情報★

「入学前に必要になるお金をトータルすると少なくても130万円、多いと200万円を超えることもあります。

もしお金が心配であれば、日本政策金融公庫の『国の教育ローン』の利用を検討してみてください。

これは、金利が低いのが特徴です。

審査に約10日間、振り込まれるまでに約10日間かかるのが通常ですが、入学シーズン(10~3月)は混みあって振り込みまでにもっと時間がかかることも多いため、必要だと判断したら早めに申し込んでおきたいですね」
この「国の教育ローン」は収入(所得)の水準が上がるほど審査が厳しくなり、落ちる可能性もあるという。

そこで次に検討したいのが、JASSOの入学時特別増額貸与奨学金だ。
「JASSOの入学時特別増額貸与奨学金は、第一種・第二種に加えて借りることができる貸与型の奨学金で、10~50万円までを借りることができます。

こちらは日本政策金融公庫の『国の教育ローン』に落ちていることが利用条件の一つになっています。

そのため、JASSOの入学時特別増額貸与奨学金にまず申し込んだうえで、『国の教育ローン』にも申し込んでおくといいでしょう」
ただ、この入学時特別増額貸与奨学金も振り込まれるのは入学後の4月下旬以降になり、入学前に必要となる費用に直接あてることができない。
「入学前に必要となる費用については、労働金庫(ろうきん)の入学時必要資金融資という制度を利用しましょう。

この制度を使えば、入学時特別増額貸与奨学金で受け取る額を入学前に借りることができます。

このお金は入学時特別増額貸与奨学金が振り込まれたら、利子を付けてすぐに返すことになります」
安心して進学できるよう、上記のような制度が整っているのはうれしい情報だ。

直前に焦ることがないように入学前に必要となる費用も早めにシミュレーションをし、入学時特別増額貸与奨学金や「国の教育ローン」を利用するほうがいいか、保護者ときちんと話し合っておこう。

奨学金貸与・返還シミュレーション(JASSO)
●奨学金にまつわるギモン!
貸与型の奨学金の賢い返還方法は?


JASSOの貸与型の奨学金は、専門学校を卒業して貸与期間が終わったら分割で毎月返還しなくてはならない。

少しでも損することなく返還できる方法はある? 
賢い返還方法も竹下さんに教えてもらった。
★知って得する情報★

「例えば、貸与型に申し込み、無利子の第一種に落ちて利子のある第二種になったとしても、落ち込む必要はありません。

3月卒業で3月まで貸与を受ける場合、利子が発生するのは翌月の4月からになります。そのため、卒業する3月中に返還すれば利子が発生しないのです。

就職先が早めに決まるのであれば、少し余裕が出てきたタイミングでアルバイトに励み、お金を貯めて3月中に一部もしくは全額をまとめて返還するという方法もおすすめです」

全額を3月中に返還することができなかったとしても、利子は残金に対してかかるので、一部でも繰上返還すればトータルで支払う利子を減らすことができ、返還期間も短くなる。

また、卒業後であっても、ボーナスなどを利用して一部でも繰上返還することで、トータルで支払う利子を減らし、返還期間を短くすることができるので、覚えておこう。

奨学金は、経済的なことを理由に学びたい気持ちをあきらめることがないよう、学生を支援する制度。

上手に借りて希望の進学をかなえよう!

※本原稿では奨学金を返すことを「返済」ではなく「返還」で統一して記載しています
※2021年6月時点での情報になります。

文/ミューズ・コミュニティー  構成/黒川 安弥