テスト前に掃除がしたくなるのはなぜ!? 理由と対処法を心理学の先生に聞いた

定期テスト前は勉強しなければならないのに、なぜか掃除がしたくなる……。

そんな悩みをもつ高校生は多いのでは?

このようにやるべきことをやらず、別の行動に走ってしまうのはよくあることで、心理学の研究分野のひとつにもなっているのだとか! 

テスト前なのにどうして掃除を始めてしまうのか、その理由や対処法を心理学の専門家に聞いてみた。
 
【今回、教えてくれたのは…】


伊藤忠弘先生

学習院大学文学部心理学科教授。
主な研究分野は、動機づけ(モチベーション)と「自己」に関する研究。
動機づけの分野では、親や友人などが目標達成に向けた努力に及ぼす影響についての研究にも力を入れている。
「自己」の分野では自分の評価を高めようとしたり、失敗などによって自分の評価が下がりそうな状況でそれを維持するための行動をテーマに研究を行っている。

高校生の約7割が、テスト前に掃除をしたくなっている!?

#高校生なう編集部では、全国の高校生104人にアンケート調査を実施。

「テスト前など勉強をしなくてはならないときに掃除や整理整頓をしたくなる?」と聞いてみたところ、69.2%の人が「掃除をしたくなる」と回答していることがわかった!

※「Q. テスト前など勉強をしなくてはならないときに掃除や整理整頓をしたくなる?」


そもそも部屋が散らかっていると、勉強に集中できない。

今回のアンケートでも「テスト前に掃除をしたくなる理由」として

多数派を占めたのは、こんな理由。
・勉強したくないから(高1女子・広島)

・勉強から逃れたい(高1男子・福岡)

・現実逃避(高3男子・京都)

・やる気が起きないから(高2女子・埼玉)
ほかにも
・ほこりがたまっていると、気持ちが落ち着かない(高1女子・富山)

・キレイ好きだから(高3男子・北海道)

・散らかった部屋だと気持ち悪いから(高3女子・神奈川)
といった声は少なくなかった。

テスト前に掃除がしたくなる理由はセルフハンディキャッピング

※テスト勉強をやりたくない気持ちが掃除に?


勉強したくないからとりあえず掃除をする……「私も同じ!」と感じた人も多いはず。
 
「これは、テスト前なのにやるべき勉強をやらず、後回しにしてしまっているという行動です。

心理学では『先延ばし行動』と呼ばれ、多くの心理学者によって研究されているテーマなんですよ。

やるべきことをギリギリまでやらなかったから準備が十分にできず、学業の出来や仕事の質が悪くなることを問題行動としてとらえ、その理由や克服法を探る目的で研究が行われています」
こう教えてくれたのは、学習院大学文学部心理学科の伊藤忠弘教授。

伊藤先生は「動機づけ(モチベーション)」などの研究に取り組んでいる。
 

「掃除」なら勉強しない言い訳になる?

やりたくないことを先延ばしにするのは、多くの人の行動パターンであることがわかった。

でも、テスト前にゲームやスマホに走るパターンもありそうだけど、なぜ「掃除」なんだろう?
「いろいろな理由があると思いますが、これは心理学でセルフ・ハンディキャッピングと呼ばれる行動とも考えられるでしょう。

セルフ・ハンディキャッピングとは、自分が高い評価を受けられるかどうか自信がない場合、課題を行うことを妨げるハンディキャップがあることをほかの人に主張したり、自分でハンディキャップを作る行為のことです。

例えば、ケガで練習がほとんどできなかったことを周囲の人に言いまくっているスポーツ選手。

彼がその試合で負けたとしても、ケガによる練習不足が原因で負けてしまったと周りの人は思うので、その選手は激しく落ち込むことはないでしょう。

つまり、言い訳を強調することで、自分のプライドを守ろうとしているからなんです」
自分を守るために前もって言い訳を作ることもセルフ・ハンディキャッピング。

「テスト前の掃除」の場合だとこうなる。
「テストに自信をもてなくて勉強する気になれず、ゲームにはまってしまったとき、それは勉強しない言い訳にはならないですよね。

『遊んでいて勉強しない』と周りの人から思われてしまうだけですから。

でも掃除は、日常生活の大事な習慣です。

高校生の皆さんも、保護者から『部屋を片付けなさい!』といつも言われていると思います。

『掃除をしていたから勉強できなかった』ということならば、勉強しない言い訳になって、自分を守ることになるわけです」

掃除をすると、勉強の集中力が上がる?

掃除をすること自体はいいことだから勉強しない言い訳になりやすい。

問題なのはテスト勉強を最優先しなければいけないのに掃除をやってしまうこと。

それはやっぱり悪いことなの? 

アンケート調査では「テスト前に掃除をしたくなる」と答えた人に、「掃除をする前と後では勉強の集中力は変わる?」という質問もしていて、75.0%の人が「勉強に集中できるようになった」と回答している。

※「Q. 掃除をする前と後で集中力はどう変わる?」(「テスト前に掃除がしたくなる」と回答した72人に質問)


その理由を紹介すると、こんな感じ。
・すっきりした環境で勉強できるから(高1男子・埼玉)

・気分転換(高1女子・広島)

・やる気が上がる(高3男子・東京)

・余計なものが片付くから(高3女子・北海道)
……ということは、テスト前の掃除は悪いことではない?
「いいことか、悪いことなのかはいちがいには言い切れません。

掃除をして勉強がはかどったからといって、テストの点数が上がったという結果を出せているのかどうか、わからないからです。

ただ、好成績に結びついた人がいるのなら、掃除をしたいなら掃除をして、そのあとで勉強に取りかかるという行動は、その人に合っているといえるでしょう」

悲観的に考えることで勉強がうまくいく場合も!

「掃除のあとは勉強に集中できるようになった」と答えている人がどんな掃除をしているのかというと、ペン立てや机の上の整理といった簡単な片付けから室内の模様替えまでさまざま。

掃除にかける時間は人それぞれでも、掃除のために勉強時間が減ってしまっていることになる。

気持ちがあせってしまって勉強が進まなそうな気もするけど、集中できた人はどんなタイプ?
「掃除に限らず、何かを先延ばしをする際に感じる意識の傾向として、心理学では大きく2つのタイプがあるとされています。

それは楽観主義と悲観主義です」
●楽観主義(Optimism) 
『あとでも間に合う』『まだ時間があるから大丈夫』と、ポジティブに物事を考えるタイプ。

●悲観主義(Pessimism) 
先延ばしをしてしまったことで『こんなことをしている自分はダメだ』『間に合わない。どうしよう……』とネガティブに物事を考えるタイプ。
「この2つを比べると、これまでは楽観的な人の方がモチベーションを維持でき、学業やスポーツなどでよい結果を出せると考えられてきました。

ところが近年の研究で、悲観主義者の中にも物事を悪いほうに考えることでうまくいくという『防衛的悲観主義者(Defensive pessimist)』がいることが明らかになっています」
「テスト前の掃除」の場合、防衛的悲観主義者はどう行動する? 
「勉強時間が少なくなるので、『このままではテストの点数が悲惨になる!』と、ものすごく不安になるでしょう。

でも、それをモチベーションに変えるのが防衛的悲観主義の人の特徴です。

『ギリギリになってしまった…』という危機感が強いので、教科書やノートを徹底的に読みこむなど、時間がない中でもできる準備は全部やろうとする傾向にあります。

その結果、しっかり勉強してテストに臨めることになるということが考えられます」
テスト前に掃除に時間を使ってしまっても、人によってはモチベーションが上がり、勉強がうまくいく場合もあるんだ!

テスト前に掃除がしたくなる理由はセルフハンディキャッピング

※テスト前に掃除をすることがプラスになる場合もある!


気になるのは、アンケート調査で「掃除をしたあと、勉強によけい集中できなくなった」と回答した人たち。

「テスト前に掃除をしたくなる」と答えた人の25%にあたる。
 

テスト前に掃除がしたくなる理由はセルフハンディキャッピング※掃除をすると余計集中できなくなる人も…!


その人たちの声を紹介すると、
・掃除が終わったころには夜になっていて、やる気が全滅(高2女子・大阪)

・疲れてしまった(高2女子・東京)

・ほかにやりたいことがみつかってしまったから(高1男子・石川)

・もともと勉強する気がない(高2男子・愛知)
といった具合。

このような人たちは、テスト前に掃除をすることでモチベーションが下がってしまったみたい…。

ならば、テスト前に掃除をしたくなる誘惑に打ち勝つしかなさそう。

よい方法はあるんだろうか?
 

「テスト前に掃除をしたくなる」誘惑に打ち勝つ方法

伊藤先生が教えてくれたのは、アメリカの心理学者、ケリー・マクゴニガル氏が提唱する「10分ルール」という方法(※)。
「自分の意志力をコントロールする方法で、例えば、ダイエット中に『甘いものを食べたい』と思ったとき、10分だけ我慢するというもの。

もし10分待ってもまだ食べたければ、食べてもよいとする自分ルールです。

マクゴニガル氏は、このやり方でたいていの人は我慢できるようになると主張しています」
ポイントは、10分が経つのをただ待っているのではなく、10分の間に誘惑に打ち勝ったあとで待っている「よい結果」を思い描くこと。

ダイエットであれば、減量に成功してスマートになった自分、さらにはスマートになっておしゃれを楽しめたり、モテるようになった自分など、できるだけ先のことまでイメージしてみることが大切なのだそう。

テスト前に掃除がしたくなる理由はセルフハンディキャッピング

※とりあえず10分だけ我慢して勉強をする!

 
「マクゴニガル氏はこの『10分ルール』で、先延ばしにしたい誘惑にも使えるとしています。

真っ先にやるべきことがあるのに、先延ばしをしたくなったとき、とりあえず、やるべきことをやり、『10分経ったらやめてよい』というルールです。

彼女はいったん始めると、たいていは続けたくなると説いています。

私の経験からも、それには賛成です。

テスト前に勉強しなければならないのに掃除をしたくなったとき、掃除を我慢して勉強を始めるのは大変なことかもしれません。

でも、一度始めると、そのまま勉強を続けやすくなると思いますよ」
この「10分ルール」、すぐにできるので試してみて!

この先、学校の定期テスト以外にも、大学の入学試験や資格試験など、さまざまなテストを受けなければいけない。

そんな大事なテストの前に掃除をしたくなったとき、掃除をするほうがいいのか、しないほうがいいのか、人にもよるけれど、伊藤先生から教えてもらったことをヒントに、自分に合った方法で勉強に取り組もう!

※自分にあった勉強方法を探してみて!


※アンケートは2019年4月スタディサプリ進路調べ
※2019年4月取材時点の情報になります。
※ケリー・マクゴニガルの著書『スタンフォードの自分を変える教室』(大和書房)の中で紹介されている方法です。なお、10分ルールはあくまで事例として載せられているものであり、同書に実証的な裏付けは記載されておりません。



★ほかの記事もCHECK!

●高校生に人気の映える&はかどる文房具15選

●【マンガ解説あり】枕草子『春はあけぼの』現代語訳・単語の意味からテストに良く出る重要表現まで!

●先輩たちが大学受験でやっちゃった5つのNGポイントを紹介 

●コーネル式ノートのとり方って?成績アップの秘訣はここにあった!

●定期テストって何のためにあるの?推薦入試にも一般入試にも実は大事!しっかり高得点を取るコツ