2021年度大学入学共通テスト、試験日は1/16・17ほか、センター試験との違いは?

2020年度まで行われていた「大学入試センター試験」(以下、センター試験)に替わって、2021年度から新たに導入される「大学入学共通テスト」

試験対策やセンター試験との変更点など、新制度への不安・わからないことを解消しつつ、出願日程や当日の注意事項もしっかり確認しておこう。


 

大学入学共通テストとは?

2021年度大学入学共通テスト、試験日は1/16・17ほか、センター試験との違いは?

※イメージ画像になります。



「大学入学共通テスト」は、2020年度まで行われていたセンター試験に替わって、新たに創設された日本の大学の共通入学試験。

大きな特徴として、センター試験よりも、知識の理解の質を問う問題、思考力、判断力、表現力等を発揮して解く問題などに重点が置かれている。

また、各大学が実施する試験との組み合せにより、全科目に平均的な学力をもつオールラウンド型の学生、のように従来とは異なった層の学生開拓に繋がるほか、小論文や面接に重点を置く入試が可能になるなど、大学入試の個性化・多様化に貢献すると期待されている。

センター試験からの主な変更点としては、
●「数学1」の試験時間が60わから70分に変更。

●「理科2」のセンター試験で出題されてきた選択問題については、設定なし。

●「英語(筆記)」の名称が「英語(リーディング)」に変更。

●「英語」リーディングの配点は200点から100点に、リスニングの配点は50点から100点に変更。
など、試験時間や試験内容が変更となっている科目もいくつかある。

該当科目を受験する方は、学科の学習だけでなく、変更点を踏まえた対策をしっかり練っておこう。

2021年度大学入学共通テストの出願期間と検定料は?


テストを受けるには、まず出願することが第一歩。

高等学校または中等教育学校を卒業見込みの生徒なら、在籍学校経由で出願できる。

既卒者やほかの出願資格を有する方であれば、個人で直接出願する必要がある。

その場合は必ず「簡易書留郵便」で郵送しなければならないことに注意しよう。

2021年度大学入学共通テストの出願期間は、 
2020年9月28日(月)~10月8日(木)
※2021年度大学入学共通テストの出願期間は終了しています。
検定料については受験科目数によって異なり、また、成績通知の希望の有無によっても変わる。

成績通知を希望しない場合は、
<成績通知を希望しない場合>

3教科以上の受験:1万8000円

2教科以下の受験:1万2000円
成績通知を希望する場合は、別途800円の手数料が必要となる。
<成績通知を希望する場合>

3教科以上の受験:1万8800円

2教科以下の受験:1万2800円
また、受験教科数を数える際、「地理歴史」と「公民」については、この2教科を合わせて1教科と数えることになっている。

どの科目を受けるのか、検定料がいくらなのか、しっかり確認しておこう。

大学入学共通テスト、2021年度の日程は?

2021年度大学入学共通テスト、試験日は1/16・17ほか、センター試験との違いは?

※2021年度から新たに「大学入学共通テスト」が導入される



2021年度の試験実施期日は、
●第1日程:2021年1月16日(土)、17日(日)
今年は新型コロナウイルス感染症の影響で、学業に遅れが出てしまっている学生も多くいる。

その対応策として、第2日程も用意されている。
●第2日程:2021年1月30日(土)、31日(日)
ただし、第2日程については、2021年3月に卒業(修了)見込みの生徒のうち、学業の遅れが在学する学校長に認められた生徒のみが対象だ。

また、第1日程において、疾病や負傷等やむを得ない事情により受験できない方は、「追試験」を第2日程で受験することができる。

試験は2日間に分けて、以下の教科・科目のなかから志望大学が指定するものを選択して受験する。
<第1日>
●地理歴史・公民:「世界史A」「世界史B」「日本史A」「日本史B」「地理A」「地理B」「現代社会」「倫理」「政治・経済」「倫理、政治・経済」

●国語:「国語」

●外国語:「英語」「ドイツ語」「フランス語」「中国語」「韓国語」
<第2日>
●理科1:「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」

●数学1:「数学I」「数学I・数学A」

●数学2:「数学II」「数学II・数学B」「簿記・会計」「情報関係基礎」

●理科2:「物理」「化学」「生物」「地学」

大学入学共通テストの時間割は?


第1日、第2日、それぞれの時間割もしっかりチェックしておこう。
<第1日>
●地理歴史・公民:【2科目選択】9:30~11:40、【1科目選択】10:40~11:40

●国語:13:00~14:20

●外国語:【リーディング(英語のみ)】【筆記】15:10~16:30、【リスニング(英語のみ)】17:10~18:10
<第2日>
●理科1:9:30~10:30

●数学1:11:20~12:30

●数学2:13:50~14:50

●理科2:【2科目選択】15:40~17:50、【1科目選択】16:50~17:50
第1日の「地理歴史・公民」や第2日の「理科2」については、登録科目数(1科目選択か2科目選択か)で試験開始時刻が異なる。

自分がどの教科で受験するかを確認して、間違えないように注意しよう。

また、「理科1」については、試験時間60分で「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」のなかから必ず2科目選択解答しなければならない。受験する科目に的を絞った対策が必要となることを頭に入れておこう。

大学入学共通テスト出願から試験当日までの流れ


出願から試験当日までの流れは以下のとおり。
検定料等払込み(2020年9月1日~10月8日)
出願(2020年9月28日~10月8日)
登録内容の確認(2020年10月27日までに確認はがき到着、訂正は2020年11月4日まで)
受験票到着(2020年12月15日までに)
受験(2021年1月16日・17日、または1月30日・31日)
登録内容の確認はがきが到着したら、必ず内容をチェック。

もし、登録教科を訂正したい場合は、2020年11月4日(水)が期限となるので、日程に余裕をもって申請しよう。

2020年12月15日(火)までには「受験票」が届く。

登録内容の再確認とともに、受験票・写真票への写真貼付を忘れずに。

試験場への道順や所用時間などもこの時に確認しておくと、あとあと安心だ。

大学入学共通テスト当日の持ち物

2021年度大学入学共通テスト、試験日は1/16・17ほか、センター試験との違いは?

※大学入学共通テスト当日の持ち物を事前にチェック!


試験当日に慌てないよう、必要な持ち物や、試験中に机の上に置いていいもの・置いてはいけないものを、しっかりと見直しておこう。

受験票と写真票は、成績請求票とは切り離し、試験当日に必ず持参すること。また、受験票と写真票には同一の写真を貼り付けておかなければならない。

受験票・写真票のほかに、試験中、机の上に置いていいもの(OK)は、
<OK>
●黒鉛筆(H、F、HBに限る。和歌・格言等が印刷されているものは不可。)
●鉛筆キャップ
●シャープペンシル(メモや計算に使用する場合のみ可。黒い芯限定。)
●プラスチック製の消しゴム
●鉛筆削り(電動式・大型のもの・ナイフ類は不可。)
●時計(辞書、電卓、端末等の機能があるものや、秒針音のするもの・キッチンタイマー・大型のものは不可。)
●眼鏡、ハンカチ、目薬、ティッシュペーパー(袋や箱から中身だけ取り出したもの。)
シャープペンシルは黒い芯限定。時計は多機能のものや秒針音のするものは不可。

目薬は袋や箱から出してやティッシュペーパーは中身だけ。など、細かい規定もしっかり守ること。

机の上に置いてはいけないもの(NG)としては、
<NG>
●定規(定規の機能を備えた鉛筆等を含む。)
●コンパス
●電卓
●そろばん
●グラフ用紙等の補助具
●携帯電話(スマートフォン)
●ウェアラブル端末(スマートウォッチ)
●電子辞書、ICレコーダー等の電子機器類
NGのものは、身につけていたり手に持っているだけで「不正行為」と判断されてしまう。

持参してしまった場合は、試験前に必ずかばん等にしまっておくこと。

電子機器類については、アラーム設定を解除してから電源を切って、かばん等にしまおう。

大学入学共通テスト結果発表の日程は?

2021年度大学入学共通テスト、試験日は1/16・17ほか、センター試験との違いは?

※大学入学共通テストに日程は?


試験が終わったら、気になるのは結果発表。

大学入学共通テストの各試験の正解および配点は、各日の全試験終了後、その日行われた科目分が大学入試センターのホームページに公表される。

平均点等についての中間発表は、第1日程(1月16日・17日)のものが2021年1月20日(水)、第2日程(1月30日・31日)のものは2021年2月3日(水)に公表される。

最終発表は2021年2月18日(木)。大学入試センターのホームページで確認しよう。

また、地理歴史の「世界史B」「日本史B」「地理B」や、公民の「現代社会」「倫理」「政治・経済」、理科2の「物理」「化学」「生物」「地学」などにおいて、各科目間で原則として20点以上の平均点差が生じ、これが試験問題の難易差に基づくものと認められた場合は、得点調整が行われる(※受験者数1万人未満の科目は対象外)。

得点調整の実施有無については、第1日程分が2021年1月22日(金)、第2日程分については2021年2月4日(木)に、大学入試センターのホームページに公表される。

大学入学共通テスト追試・再試験は?


万が一急病など、やむを得ない理由で受験ができなかった方を対象に、「追試験」という制度がある。

「追試験」の対象者は、
●疾病(インフルエンザ・ノロウイルス・新型コロナウイルス・風邪等を含む。)・負傷により受験できない方

●試験場に向かう途中の事故により受験できない方

●やむを得ない事由(両親等の危篤・死亡、自宅の火災、新型コロナウイルスの濃厚接触者として外出自粛を要請されている等)により受験できない方
また、雪・地震等による災害、試験実施上の事故などにより、本試験が所定の期日に実施できない、または完了しなかった場合、「再試験」が行われる。

「追試験・再試験」ともに実施期日(予定)は同じで、第1日程の分は2021年1月30日(土)・31日(日)、第2日程の分は特例追試験として2021年2月13日(土)・14日(日)に行われる。

「再試験」については、原則、所定の期日までに受験希望を申し出た場合に許可される。万が一「再試験」を受験しなければならない場合は、申請を忘れずに。

大学入学共通テストの事前準備も怠らずに!

2021年度大学入学共通テスト、試験日は1/16・17ほか、センター試験との違いは?

※大学入学共通テストの事前準備をしっかりしておこう!



初めて実施される「大学入学共通テスト」。

基本的にはこれまでのセンター試験と変わらず、しっかりとした試験対策が成功の秘訣。

ただし、当日うっかり忘れものをしたり、不安と緊張で失敗しないよう、事前準備も計画的に進めておこう。

※出典元:大学入試センター
※2020年10月時点の情報になります。

 ★ほかの記事もCHECK!

【プレテスト分析】大学入学共通テスト、大学入試センター試験とどう違う?

不安が自信に! 人気英語講師・関 正生先生が教える 大学入学共通テスト<英語編>

不安が自信に! 人気現代文講師・兵頭宗俊先生が教える!大学入学共通テスト

2020年度センター試験、日程は1/18・19!手続きは?時間割は?