• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 聖隷クリストファー大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 山田 春菜さん(社会福祉学部/医療ソーシャルワーカー)

私立大学/静岡

セイレイクリストファーダイガク

「福祉」=「介護」をイメージする人が多いと思いますが、さまざまな職種があります。

先輩の仕事紹介

患者様の生活に目を向け、新たな人生を切り開いていくお手伝いをできるのが魅力です。

医療ソーシャルワーカー
社会福祉学部 社会福祉学科 社会福祉専攻/2008年卒
山田 春菜さん

この仕事の魅力・やりがい

病気になって入院するというのはつらく苦しいことです。人生の大変な時に患者様の心に寄り添い、支援するところにこの仕事のやりがいがあると思います。医師や看護師が病気やけがをいかに良くしていくかということに目を向ける一方、私たちは患者様の「これからの生活」に目を向けます。患者様ご本人と向き合い、これからの生活をどうしていきたいかを患者様とそのご家族といっしょに考えます。病院で働く人々の中でもまた違った視点を持っているのが医療ソーシャルワーカーなのです。より密接にかかわらせていただき、より心に寄り添うことができるのがこの仕事の魅力だと思います。

この分野・仕事を選んだきっかけ

中学生、高校生の頃から人とかかわる仕事をしたいと考えていました。思い返すと小さい頃の夢は美容師でしたし、看護師にも興味がありました。中でも特に福祉分野にかかわりたいという気持ちが強くなり、この分野を選びました。福祉には高齢者、障がい者、児童とさまざまな領域があります。それぞれの領域や医療分野に関しても学ぶことができ、将来は地元に貢献したい気持ちもあり、聖隷クリストファー大学への進学を志望しました。この大学では看護学部やリハビリテーション学部との交流があり、他職種の価値観を知ることもできました。学生時代に築いた人脈が就職してからも役立つということに今になって感謝しています。

医療費の相談や支援を受けられる社会福祉制度のご案内、患者様の状態や経済状況などに応じた施設や病院のご紹介などが仕事です。

学校で学んだこと・学生時代

「福祉」とひと言で言ってもいろいろな職種があります。私は大学時代に高齢者施設などでのボランティアやアルバイトを経験し、それらの経験を通じてどんな職種に就くかを模索することができました。福祉には地域連携が重要だと感じられたことも財産になっています。そういった経験ができたのも周辺にさまざまな福祉施設があるこの大学だからです。福祉の分野を志望される高校生の皆さんも地域にある施設と積極的にかかわりを持ってみてください。大学の講義や実習でももちろんたくさんのことを学べますが、自主的に行動することでさらにいろいろなことを吸収できるはずです。また、将来のイメージもつきやすいと思います。

「ありがとう」と言っていただけるため、やりがいを感じることができ、自信にもつながります。

これからかなえたい夢・目標

支援を通じて患者様やご家族の方々が前を向き、新たな人生を切り開いていかれるのを目にすると、「この仕事を選んで良かった!」と心から感じます。すべての要望をかなえられるわけではないかもしれませんが、できる限りお応えできるように経験を積み、知識をつけていきたいと考えています。また、医療ソーシャルワーカーは院外の関係機関などの方々と接することも多い仕事です。人との関係の中でさらに成長していきたいと思います。医療の技術はどんどん進化していきますし、社会福祉の制度や法律も時代に合わせて変わっていきます。この仕事にはゴールがありません。日々勉強を重ねていきたいです。

日々自分の力が試されるため、成長していける仕事だと思います。さまざまな価値観の方と接するので人生観も深まります。

山田 春菜さん

社会福祉法人聖隷福祉事業団 聖隷三方原病院/社会福祉学部 社会福祉学科 社会福祉専攻/2008年卒/この仕事にかかわるようになってちょうど10年目。「患者様にはご年配の方もたくさんいらっしゃいます。いろいろな経験をされてきた方がいらっしゃるため、自分の知らない世界を知ることができます。人生の先輩から教えていただくことはたくさんあり、勉強の毎日です」と山田さん。また、医療ソーシャルワーカーはAI(人工知能)が取って代わるのが難しい仕事。「人のあたたかみを感じられるのもこの仕事の魅力。また、その時その時でその人にしかできない仕事です。代わりになる人がいないから責任も大きいですが、その分やりがいもあります」と語る。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…
聖隷クリストファー大学(私立大学/静岡)