• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京ビジュアルアーツ
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 竹田 衣里さん(音楽総合学科/PAエンジニア)

PAとは、ライブの要となる音全体を管理する仕事です

先輩の仕事紹介

アーティストに信頼され、将来的に指名してもらえるようなPAスタッフになりたい!

PAエンジニア
音響・コンサート学科 テクニカル専攻 PAコース(現・音楽総合学科)/2020年3月卒
竹田 衣里さん

この仕事の魅力・やりがい

PAは、ライブ会場などの音全般に関わる仕事です。私はまだ入社1年目なので、会場入りしてマイクや楽器、スピーカーの設定、ライブ中のアーティストのケアなどを行っています。例えば、着替えの際にマイクを付け替えたりするのもPAスタッフの仕事なんです。この仕事のやりがいは、誰もが知っているアーティストとともに仕事ができ、ライブづくりに携わることができること。ひとつのステージをみんなで作り上げ、無事にやり終えたときの達成感は最高です! イベントが延期や中止になって思うように仕事ができない日々も続きましたが、だからこそエンターテインメントが持つ力の大きさを実感して、ますますこの仕事が好きになりました。

この分野・仕事を選んだきっかけ

もともとライブが好きで音楽関連の仕事に憧れていたのですが、大学卒業後は音楽とは違う業界の会社に就職しました。けれど、やはり夢を諦めきれず、退職して専門学校に入学しました。TVAを選んだのは、PAに特化したコースがあったからです。「音楽関連の仕事ならPAだけをやりたい」と思っていた私にとって、TVAはまさに最適な環境! 念願が叶ってPAの仕事に就くことができた今、あのときの決断が間違っていなかったと実感しています。少し遠回りはしましたが、一度業界に入れば自分の努力で数年の違いはハンデになりません。やりたかった仕事、好きな仕事だからこそ、大変なことがあっても乗り越えることができると思います。

裏方なので現場では黒っぽい服が基本なんです

学校で学んだこと・学生時代

TVAは校内にライブ会場と同様の設備があり、最新の機材を使って学べるので、基礎から応用までを確実に身につけることができました。また、現役で活躍している先生方には、マナー・挨拶といった社会人として必要なことはもちろん、この業界で働くためのさまざまなことをご指導いただき、それが自分自身の成長につながりました。そして何より同じ夢を持つ仲間と切磋琢磨しながら学べたことがとにかく楽しかったです。放課後に残ってみんなと機材を使って復習するなど、本当に学校で過ごす時間が大好きでした! 専門学校のときの友人とは今も連絡を取り合っています。同じ業界に仲間がいることは、すごく心強いですね。

準備は入念に。単純な作業こそ手を抜かないことが大切

竹田 衣里さん

株式会社ヒビノ 勤務/音響・コンサート学科 テクニカル専攻 PAコース(現・音楽総合学科)/2020年3月卒/岡山県出身。青山学院大学卒業後、印刷会社で営業を担当したのちTVAへ入学。現在は念願だったPAスタッフとして、主にコンサートホールでの音響全般の仕事に携わる。「PAは力仕事も多いのですが、最近は機材も軽くなってきたので扱いも楽に。女性スタッフも増えています。女性ならではのきめ細やかな心遣いも活かせる仕事なので、今後は女性スタッフの活躍の場もどんどん広がると思います。業界にはTVA出身者もたくさん。私も後輩たちのお手本になれるよう頑張りたいです」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
東京ビジュアルアーツ(専修学校/東京)