• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 京都造形芸術大学

私立大学/京都

キョウトゾウケイゲイジュツダイガク

13学科23コース。国内最大規模の芸術大学で、社会を動かすクリエイターに。

“社会と芸術”その関わりを重視した芸術教育を推進。専門分野の教育だけを行うのではなく、学科を超えたグループワークや実際の現場での仕事を通して、社会性を備えた表現者を育成します。

京都造形芸術大学の特長

学校の特長1

製品デザインに空間演出、イベント運営…実社会とつながる「産官学連携プロジェクト」

企業や自治体から依頼を受け取り組む「産官学連携プロジェクト」は、シミュレーション提案ではなく、実際に社会での実施を前提とするリアルワーク。学年・学科に関係なく誰でもプロジェクトメンバーに応募することができ、実社会での組織での仕事を経験することができます。例えば、アパレル大手のウィンドウディスプレイの制作や世界遺産である二条城のライトアップ、大手文具メーカーとの商品開発プロジェクトなど、年間50本近くのプロジェクトが稼動。在学中から個人では成しえない社会的活動にアート・デザインを通して参加することができます。

学校の特長2

名和晃平(彫刻家)や増田セバスチャン(アーティスト)等、第一線で活躍するプロが先生

本学がめざすのは、「世界に開かれた大学」。教員と学生がともに自己を高めあいながら、本物をめざしていくにふさわしい環境を整えます。他にも、きゃりーぱみゅぱみゅのアートディレクターとして有名な増田セバスチャン、彫刻家の名和晃平や現代アーティストのヤノベケンジ、やなぎみわ、田名網敬一(イラストレーター)、宇川直宏(映像作家)、若林剛之(服飾デザイナー/プロデューサー)、青山真治(映画監督)、伊藤直樹(クリエイティブ・ディレクター)など国内外で活躍中の各界の巨匠たちが集結。世界に通用するクリエイションに直接触れ、学ぶことができます。

学校の特長3

本格的な芸術劇場やプロ仕様の学科共通工房など、感性を刺激する環境を用意!

緑豊かなキャンパスには、学生の感性を刺激する最新施設が建ち並んでいます。大劇場「春秋座」と小劇場「studio21」からなる「京都芸術劇場」は、歌舞伎をはじめとする伝統演劇からダンスなどの現代舞台芸術まで、幅広い表現芸術が上演可能。座席数300の図書スペースを持つ「芸術文化情報センター」や、国内外の児童書・絵本を所蔵する子ども図書館「ピッコリー」など、他にも魅力ある施設が満載です。さらに建築家・隈研吾氏が設計した校舎では、学科の壁を超えて全ての学生が使える立体造形支援工房「ウルトラファクトリー」が稼動。第一線で活躍中のアーティストやクリエイターの滞在制作や企業委託の製品開発にも参加することができます。

学校の特長1

製品デザインに空間演出、イベント運営…実社会とつながる「産官学連携プロジェクト」

企業や自治体から依頼を受け取り組む「産官学連携プロジェクト」は、シミュレーション提案ではなく、実際に社会での実施を前提とするリアルワーク。学年・学科に関係なく誰でもプロジェクトメンバーに応募することができ、実社会での組織での仕事を経験することができます。例えば、アパレル大手のウィンドウディスプレイの制作や世界遺産である二条城のライトアップ、大手文具メーカーとの商品開発プロジェクトなど、年間50本近くのプロジェクトが稼動。在学中から個人では成しえない社会的活動にアート・デザインを通して参加することができます。

学校の特長2

名和晃平(彫刻家)や増田セバスチャン(アーティスト)等、第一線で活躍するプロが先生

本学がめざすのは、「世界に開かれた大学」。教員と学生がともに自己を高めあいながら、本物をめざしていくにふさわしい環境を整えます。他にも、きゃりーぱみゅぱみゅのアートディレクターとして有名な増田セバスチャン、彫刻家の名和晃平や現代アーティストのヤノベケンジ、やなぎみわ、田名網敬一(イラストレーター)、宇川直宏(映像作家)、若林剛之(服飾デザイナー/プロデューサー)、青山真治(映画監督)、伊藤直樹(クリエイティブ・ディレクター)など国内外で活躍中の各界の巨匠たちが集結。世界に通用するクリエイションに直接触れ、学ぶことができます。

学校の特長3

本格的な芸術劇場やプロ仕様の学科共通工房など、感性を刺激する環境を用意!

緑豊かなキャンパスには、学生の感性を刺激する最新施設が建ち並んでいます。大劇場「春秋座」と小劇場「studio21」からなる「京都芸術劇場」は、歌舞伎をはじめとする伝統演劇からダンスなどの現代舞台芸術まで、幅広い表現芸術が上演可能。座席数300の図書スペースを持つ「芸術文化情報センター」や、国内外の児童書・絵本を所蔵する子ども図書館「ピッコリー」など、他にも魅力ある施設が満載です。さらに建築家・隈研吾氏が設計した校舎では、学科の壁を超えて全ての学生が使える立体造形支援工房「ウルトラファクトリー」が稼動。第一線で活躍中のアーティストやクリエイターの滞在制作や企業委託の製品開発にも参加することができます。

学校の特長1

製品デザインに空間演出、イベント運営…実社会とつながる「産官学連携プロジェクト」

企業や自治体から依頼を受け取り組む「産官学連携プロジェクト」は、シミュレーション提案ではなく、実際に社会での実施を前提とするリアルワーク。学年・学科に関係なく誰でもプロジェクトメンバーに応募することができ、実社会での組織での仕事を経験することができます。例えば、アパレル大手のウィンドウディスプレイの制作や世界遺産である二条城のライトアップ、大手文具メーカーとの商品開発プロジェクトなど、年間50本近くのプロジェクトが稼動。在学中から個人では成しえない社会的活動にアート・デザインを通して参加することができます。

学校の特長2

名和晃平(彫刻家)や増田セバスチャン(アーティスト)等、第一線で活躍するプロが先生

本学がめざすのは、「世界に開かれた大学」。教員と学生がともに自己を高めあいながら、本物をめざしていくにふさわしい環境を整えます。他にも、きゃりーぱみゅぱみゅのアートディレクターとして有名な増田セバスチャン、彫刻家の名和晃平や現代アーティストのヤノベケンジ、やなぎみわ、田名網敬一(イラストレーター)、宇川直宏(映像作家)、若林剛之(服飾デザイナー/プロデューサー)、青山真治(映画監督)、伊藤直樹(クリエイティブ・ディレクター)など国内外で活躍中の各界の巨匠たちが集結。世界に通用するクリエイションに直接触れ、学ぶことができます。

学校の特長3

本格的な芸術劇場やプロ仕様の学科共通工房など、感性を刺激する環境を用意!

緑豊かなキャンパスには、学生の感性を刺激する最新施設が建ち並んでいます。大劇場「春秋座」と小劇場「studio21」からなる「京都芸術劇場」は、歌舞伎をはじめとする伝統演劇からダンスなどの現代舞台芸術まで、幅広い表現芸術が上演可能。座席数300の図書スペースを持つ「芸術文化情報センター」や、国内外の児童書・絵本を所蔵する子ども図書館「ピッコリー」など、他にも魅力ある施設が満載です。さらに建築家・隈研吾氏が設計した校舎では、学科の壁を超えて全ての学生が使える立体造形支援工房「ウルトラファクトリー」が稼動。第一線で活躍中のアーティストやクリエイターの滞在制作や企業委託の製品開発にも参加することができます。

京都造形芸術大学の学部・学科・コース

美術工芸学科 (募集人数:132人)
  • 日本画コース

  • 油画コース

  • 写真・映像コース

  • 染織テキスタイルコース

  • 総合造形コース

  • 基礎美術コース

マンガ学科 (募集人数:45人)
  • ストーリーマンガコース

情報デザイン学科 (募集人数:115人)
  • ビジュアルコミュニケーションデザインコース

  • イラストレーションコース

  • クロステデザインコース
    2018年4月設置予定

空間演出デザイン学科 (募集人数:50人)
  • 空間デザインコース

  • ファッションデザインコース

環境デザイン学科 (募集人数:45人)
  • 建築・インテリア・環境デザインコース

映画学科 (募集人数:65人)
  • 映画製作コース

  • 俳優コース

舞台芸術学科 (募集人数:50人)
  • 演技・演出コース

  • 舞台デザインコース

文芸表現学科 (募集人数:35人)
  • クリエイティブ・ライティングコース

歴史遺産学科 (募集人数:30人)
  • 文化財保存修復・歴史文化コース

通信教育部 芸術学部

芸術学科 (募集人数:270人)

美術科 (募集人数:420人)

デザイン科 (募集人数:460人)

芸術教養学科 (募集人数:460人)

卒業後のキャリア

詳細を見る

アートディレクター

市(市川允也)さん

日本発の新しい文化で、世界のファンを魅了する。

キャンパスライフレポート

詳細を見る

空間演出デザイン学科 空間デザインコース

永田 大輝さん

企業と連携してアイデアを商品に!貴重な体験がたくさんできて楽しい

学費(初年度納入金)

2017年度納入金【芸術学部】美術工芸学科/182万円、マンガ学科/182万円、キャラクターデザイン学科/187万円、情報デザイン学科/182万円、プロダクトデザイン学科/185万円、空間演出デザイン学科/182万円、環境デザイン学科/182万円、映画学科/187万円、舞台芸術学科/182万円、文芸表現学科/135万円、アートプロデュース学科/135万円、こども芸術学科/182万円、歴史遺産学科/138万円

就職・資格

就職支援

数々のプロジェクトで、社会に通用する力を養成。成長エピソードを手に、希望する就職へ!

京都造形芸術大学では、学生が真剣に取り組み、成長へとつながる数々のプロジェクトを用意。モノを観る力・作る力・考える力を鍛える「マンデイプロジェクト」、協調性やコミュニケーション能力を育む「京造ねぶた」、実際の企業や自治体の抱える問題をアートやデザインの力で解決する「リアルワークプロジェクト」、世界で活躍する第一線のクリエーターの近くで制作を行える「ウルトラファクトリー」など、いずれも積極的に挑戦することで、企業へアピールできる成長エピソードが得られます。また、ポートフォリオ作成やプレゼンテーション指導など、芸大生ならではの就職サポートも行い、一人ひとりの希望する進路へと導きます。

問い合わせ先・所在地・アクセス

入学課

〒606-8271 京都府京都市左京区北白川瓜生山2-116
TEL:0120-591-200

所在地 アクセス 地図・路線案内
京都府京都市左京区北白川瓜生山2-116 「京都」駅から岩倉行 市バス5系統 50分 「上終町京都造形芸大前」下車
「河原町(京都府)」駅から岩倉行 市バス5系統 30分 「上終町京都造形芸大前」下車
「河原町(京都府)」駅から上終町京都造形芸大前行 市バス上終町3系統 30分 「上終町京都造形芸大前」下車
「北大路」駅から市バス204系統循環 銀閣寺方面 15分 「上終町京都造形芸大前」下車
叡山電車「茶山」駅から徒歩 10分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2017年09月22日 16:13 BLOG

    今回の陶芸コースのブログは前回の卒業制作のスクーリングを紹介します。 1回目のスクーリングでアイデアをまとめ、いよいよ今回、制作にかかります。 3日間でもかなり制作は進みました。 何点か作る人、次のスクーリングでも今回の継続で作る人と作り方もいろいろですし、作る技法も千差万別です。   1:手びねりで猫の仏像を制作中。背中の部分を閉じればほぼ完成です。                   2:あとは細かいところを仕上げます。                 3:石膏原型から石膏で型を取ります。                 4:原形を半分土に埋めます。                 5:石膏を流し込むため周りを囲みます。                 6:石膏を流し込みます。                 7:半分の方が取れました。さらに残り半分の型を取ります。                 8:石膏型の中で底になる部分を手びねりで作ります。                 9:土を立ち上げていって。                 10:求める大きさと形にひねり上げます。                 11:段ボールの型紙に合わせて土を張り付けます。                 12:段ボール毎組み立てます。                 13:段ボールを外して完成です。                   14:輪を作ります。表面のひび割れは水ガラスを塗ることで作れます                 15:輪を積み上げていって作品にしていきます。                 16:手びねりとレリーフの作品です。                 17:鋳込みによる作業です。鋳込み型に泥漿を流し込みます。                 18:時間をおいて泥漿を流しだします。                 19:型を外すと完成です。いくつも作りそれを組み合わせます。                 20:タタラを組み立てます。                 21:これは穴をあけて、何になるのでしょう?                 22:芯に土を置いていきます。                 23:芯の周りに土を張り付けていくと・・・。いろいろな作り方があるものです。                 24:手びねりとロクロの併用で形を作っていきます。                 25:ロクロではできない形が生まれます。                 26:ロクロで挽いた形に文様を刻みます。                 27:細いひもを作り、隙間ができるように積み上げていきます。                 28:地層のような作品ですが、ちょっとおいしそう!                 29:紐に泥漿をつけて型の中に張り付けていきます。                 30:ちょっと実験をしているよう!                 31:タタラで組み立て、かなり繊細な仕事です。                 32:途中で田中先生による急須作りのワークショップが入りました。                 卒業制作もこれからが佳境に入ります。皆さん頑張って展覧会にはいい作品を出してください。   陶芸コース|学科・コース紹介 陶芸コースブログ  

    http://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=82065

  • 2017年09月22日 15:13 BLOG

      マンガ学科からうれしいお知らせです!   今日発売のヤングアニマルに 昨年度卒業生のPN.松尾 あきくんの作品が掲載されています! 松尾君はこれで4度目の掲載になります! ヤングアニマル初登場でなんと2本立て! 今すぐお近くの書店、コンビニへ!   卒業後の活躍の知らせが来るととてもうれしいですね! これからの活躍により一層期待です!!!   ――――――――――――――――――――――――――   学科ツイッターも随時更新しているので是非見てくださいね!  

    http://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=82025

  • 2017年09月21日 17:13 BLOG

    9月16(土)、18(月)に開催された大瓜生山祭。 台風の影響により17日の開催が断念されてしまいましたが、雨にも負けず高校生や保護者の方々に足を運んでいただき、賑やかな学園祭となりました。ありがとうございました。   学園祭では、各学科で2回生が運営するフードコロシアムと3回生の作品展・研究発表会が開かれました。   ●アートプロデュース学科のフードコロシアムでは、「汁なし坦々麺」をつくりました!  豆板醤とニンニクを絡めたひき肉がとてもおいしかったです。 運営中はたくさんの方に並んでいただき、大好評でした!!!     ●学生作品展では、3回生たちがこれまでの成果を発表しました。 今回の作品展では、アートプロデュース学科ではお馴染みの『ACOP』、『ARTZONE』、『リサーチ・プロジェクト』といった授業を映像や写真、制作した本などを用いて紹介しました。 授業紹介のほかに、学科を運営している先生たちのユニークな紹介パネルや学生たちの活動経歴をまとめた「マイ・アーカイブ」の冊子も展示しました。 アートプロデュース学科では具体的な作品制作を行ってはいませんが、展示の空間を通して学生一人ひとりが日ごろの授業や活動で実践的に学んだことをみていただける場になったと思います。学生たちの取り組みから少しでも学科について知っていただけたり、面白そうだと思っていただけたなら嬉しいです。   2、3回生の皆さん、2日間おつかれさまでした!            

    http://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=81971

  • 2017年09月21日 16:13 BLOG

    9/16(土)・9/17(日)に開催された「京都国際マンガ・アニメフェア」通称「京まふ」にキャラクターデザイン学科と合同で出展をしました! マンガ学科からは1年生5人、2年生1人、3年生8人が参加! 先月開催された台湾の漫画博覧会と同じく似顔絵と物販に加え、ライブペイントも行いました!       似顔絵を描く学生たちは最初緊張している様子・・・ 次第に自ら積極的にコミュニケーションをとりお客様の名前を似顔絵の横に書くなどお客様に喜んでもらえる工夫を取り入れました。 その結果似顔絵は整理券を配布しなくてはならないほど大盛況で多くのお客様に満足していただけたようです。     「アニサマ宣伝大使(公式)」など、様々な肩書きを持つ「着ぐるみうーさーさま」もブースに遊びに来てくれました!     うーさー様も満足そうですね     イベントに参加する楽しさや最後までやり遂げた達成感だけではなく 人にどうしたら喜んでもらうことができるのかと考えながら作品を制作する良いきっかけになったと思います! そして参加した学生から「来年も京まふに参加したい」とうれしい声が! 年々バージョンアップを重ねて名物ブースになりたいですね。   ――――――――――――――――――――――――――   学科ツイッターも随時更新しているので是非見てくださいね!    

    http://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=81999

  • 2017年09月21日 13:13 BLOG

      こんにちは。キャラクターデザイン学科の村上です。   9月16日~18日で開催されました大瓜生山祭、学生作品展、オープンキャンパスにご来場いただいた皆様、誠にありがとうございます。 残念ながら17日は台風の影響で中止となってしまいましたが、それでも多くの方にお越しいただく事ができました。     さてその学祭の日、私はどこで何をしていたかというと、京都みやこめっせで開催されていたイベント「京都国際マンガ・アニメフェア2017」、通称「京まふ」に参加しておりました。 これは、京都の文化力を最大限に活用し、キャラクター版権を持つ企業のビジネス機会の創出、若手クリエイターが育つための市場づくり、 マンガファン及び外国人も含めた観光客の新たな層の掘り起こし、日本が世界に誇るマンガ・アニメの文化を海外に発信することを目的としたイベントとなっています。   5月はフランスの「JAPAN EXPO」、8月は台湾の「台湾漫画博覧会」、そして9月は地元京都の「京まふ」に参加し、学科の取り組みを発信していきました。 今回は本学のマンガ学科と合同でブースを出展し、学生作品の販売と似顔絵、ライブペイントを行ないました。 これだけハードなイベントが続くと体重が減りそうなものですが、不思議なことになぜか増えました。     ジャパニーズ・ニガオエは海外では人気があるものの、日本人相手には通用しないのではないかと思い込んでいたのですが、 実際にやってみると外国人観光客を中心に大勢が集まり、その列を見た日本人も並ぶという嬉しい相乗効果があり、整理券を出してもさばききれないほどの盛況ぶりとなりました。 ひたすら描き続けた学生の皆さん、本当にご苦労様でした。   ウェルカムパーティ会場にて、手塚プロダクション社長であり京まふの実行委員長でもある松谷孝征さんと記念撮影。 松谷さんは以前ゲスト講師として本学にお越しいただき、手塚治虫先生の創作姿勢について語っていただいたことがあります。     はい出ました、門川大作京都市長。 右端の人はキャラクターデザイン学科教授の小岩先生。学生よりもテンションが高く、この時は授業の時よりも1オクターブ高めでした。   ブースの似顔絵コーナーの様子。さすが京都の中心地だけあって、やはり外国人が多いですね。日本人特有のディフォルメに魅力を感じるようです。   行列ができています。てんやわんやです。   二日目となる9月17日は、台風が接近した事もあって学生スタッフには早めに撤収していただき、あとは我々おっさん教職員でブース運営を引き継ぎました。 日本のサブカルチャーが持つ圧倒的なチカラを実感すると共に、今の流行りではなく100年後の子供たちでも感動できるような普遍的な作品を送り出していかなければならないと痛感した二日間でした。 学生たちも、この行列を目の当たりにしたことで初めてコトの重大さと、人様に見ていただける喜びを噛みしめたことだと思います。    

    http://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=81986

請求できるパンフ・願書はこちら

無料
大学案内+願書(2018年度版)
無料
通信教育部 大学案内
京都造形芸術大学(私立大学/京都)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    文学、歴史、芸術、音楽、ファッション。文化と芸術から、これからの社会をつくろう

  • Photo

    想像力と創造力で社会を変える。未来を切り開くチカラを学ぼう。

  • Photo

    デザイン都市神戸で芸術・デザインを実践的に学ぶ。少人数制教育と充実した設備が強み

  • Photo

    2017年京都東山キャンパス開設。本物に触れる教育や資格取得で即戦力として活躍する

  • Photo

    歴史と文化に囲まれた環境でアートを究め、豊かな表現力を持ったクリエーターになる

  • Photo

    自分の関心に合わせて柔軟に学び、自分だけの表現をみつけ、社会で幅広くいかす

  • Photo

    4年学べる短期大学。制作実習の多さと少人数の徹底指導で公募展受賞実績多数!

  • Photo

    想像力と表現力、課題解決力を身につけ、世界で活躍するデザイナー・クリエイターに

  • Photo

    美術系短大として40年を超える伝統と実績!

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる