• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 国公立大学
  • 北海道
  • 北海道教育大学
  • 奨学金

【給付型】日本学生支援機構奨学金 給付奨学金(全学部共通)

対象
第Ⅰ区分:申請者と生計維持者の市町村民税所得割が非課税であること
第Ⅱ区分:申請者と生計維持者の支給額算定基準額の合計が100円以上25,600円未満であること
第Ⅲ区分:申請者と生計維持者の支給額算定基準額の合計が25,600円以上51,300円未満であること
給付額
給付月額
第Ⅰ区分:29,200円(33,300円)
第Ⅱ区分:19,500円(22,200円)
第Ⅲ区分:9,800円(11,100円)
自宅・自宅外の別
自宅
備考
※生活保護を受けている生計維持者と同居している人及び社会的養護を必要とする人で児童養護施設等から通学する人は,カッコ内の金額となります。

【給付型】日本学生支援機構奨学金 給付奨学金(全学部共通)

対象
第Ⅰ区分:申請者と生計維持者の市町村民税所得割が非課税であること
第Ⅱ区分:申請者と生計維持者の支給額算定基準額の合計が100円以上25,600円未満であること
第Ⅲ区分:申請者と生計維持者の支給額算定基準額の合計が25,600円以上51,300円未満であること
給付額
給付月額
第Ⅰ区分:66,700円
第Ⅱ区分:44,500円
第Ⅲ区分:22,300円
自宅・自宅外の別
自宅外

【減免型】高等教育の修学支援新制度(全学部共通)

対象
令和2年度以降に入学した学部学生(私費外国人留学生及び高等学校卒業後2年を超えて入学した者を除く)
世帯の収入などの要件とともに、高校や大学の成績だけでなく、明確な進路意識と強い学びの意欲、学修状況等をしっかりと確認した上で学生
第Ⅰ区分:申請者と生計維持者の市町村民税所得割が非課税であること
第Ⅱ区分:申請者と生計維持者の支給額算定基準額の合計が100円以上25,600円未満であること
第Ⅲ区分:申請者と生計維持者の支給額算定基準額の合計が25,600円以上51,300円未満であること
減免額
入学料
第Ⅰ区分(満額の支援) 282,000円
第Ⅱ区分(2/3の支援) 188,000円
第Ⅲ区分(1/3の支援) 94,000円
授業料(年額)
第Ⅰ区分(満額の支援) 535,800円
第Ⅱ区分(2/3の支援) 357,200円
第Ⅲ区分(1/3の支援) 178,600円
給付奨学金給付額(月額)
第Ⅰ区分(満額の支援) 29,200円(33,300円)
第Ⅱ区分(2/3の支援) 19,500円(22,200円)
第Ⅲ区分(1/3の支援) 9,800円(11,100円)
※給付奨学金について、生活保護世帯(受けている扶助の種類を問いません。)で自宅から通学する人及び児童養護施設等から通学する人等は、カッコ内の金額となります。
自宅・自宅外の別
自宅
備考
※入学料と授業料の減免(免除または減額)と給付奨学金(原則返還が不要な奨学金)の2つの支援をあわせて受ける制度となります。

【減免型】高等教育の修学支援新制度(全学部共通)

対象
令和2年度以降に入学した学部学生(私費外国人留学生及び高等学校卒業後2年を超えて入学した者を除く)
世帯の収入などの要件とともに、高校や大学の成績だけでなく、明確な進路意識と強い学びの意欲、学修状況等をしっかりと確認した上で学生
第Ⅰ区分:申請者と生計維持者の市町村民税所得割が非課税であること
第Ⅱ区分:申請者と生計維持者の支給額算定基準額の合計が100円以上25,600円未満であること
第Ⅲ区分:申請者と生計維持者の支給額算定基準額の合計が25,600円以上51,300円未満であること
減免額
入学料
第Ⅰ区分(満額の支援) 282,000円
第Ⅱ区分(2/3の支援) 188,000円
第Ⅲ区分(1/3の支援) 94,000円
授業料(年額)
第Ⅰ区分(満額の支援) 535,800円
第Ⅱ区分(2/3の支援) 357,200円
第Ⅲ区分(1/3の支援) 178,600円
給付奨学金給付額(月額)
第Ⅰ区分(満額の支援) 66,700円
第Ⅱ区分(2/3の支援) 44,500円
第Ⅲ区分(1/3の支援) 22,300円
自宅・自宅外の別
自宅外
備考
※入学料と授業料の減免(免除または減額)と給付奨学金(原則返還が不要な奨学金)の2つの支援をあわせて受ける制度となります。

【減免型】授業料減免(全学部共通)

対象
大学院生、養護教諭特別別科学生及び学部学生(私費外国人留学生及び高等学校卒業後2年を超えて入学した者)
次の各号のいずれかに該当する者
①経済的理由によって授業料の納入が困難であり、かつ、学業優秀と認められる場合
※特別な理由がなく標準修業年限(学部生4年、大学院生2年(長期履修学生を除く。))を超過している者は対象者とはなりません。
②前期は4月30日、後期は10月31日以前6か月以内(新入生の前期については入学前1年以内)において学資負担者が死亡し、又は学生本人若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けた者で納入が著しく困難であると認められる場合
③上記②に準ずる場合で、学長が相当と認める事由がある者で納入が著しく困難であると認められる場合
減免額
授業料の全額又は一部

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
人物・学業に優れた学生のうち,経済的理由により修学に困難があると認められる者
奨学金の種類
第一種
学種
大学
貸与(月額)
20,000円・30,000円・45,000円から選択
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅
募集時期
定期採用:4月・10月
緊急採用:随時
備考
併用貸与:第一種奨学金申込みの学力基準を満たしており,経済的理由があれば,第一種奨学金と第二種奨学金の両方の貸与を受けることができます。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
人物・学業に優れた学生のうち,経済的理由により修学に困難があると認められる者
奨学金の種類
第一種
学種
大学院
貸与(月額)
50,000円又は88,000円
利子
無利子
募集時期
定期採用:4月・10月
緊急採用:随時
備考
併用貸与:第一種奨学金申込みの学力基準を満たしており,経済的理由があれば,第一種奨学金と第二種奨学金の両方の貸与を受けることができます。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
人物・学業に優れた学生のうち,経済的理由により修学に困難があると認められる者
奨学金の種類
第一種
学種
大学
貸与(月額)
20,000円・30,000円・40,000円・51,000円から選択
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外
募集時期
定期採用:4月・10月
緊急採用:随時
備考
併用貸与:第一種奨学金申込みの学力基準を満たしており,経済的理由があれば,第一種奨学金と第二種奨学金の両方の貸与を受けることができます。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
人物・学業に優れた学生のうち,経済的理由により修学に困難があると認められる者
奨学金の種類
第二種
学種
大学
貸与(月額)
20,000~120,000円から10,000円単位で選択
利子
利子
募集時期
定期採用:4月・10月
緊急採用:随時
備考
併用貸与:第一種奨学金申込みの学力基準を満たしており,経済的理由があれば,第一種奨学金と第二種奨学金の両方の貸与を受けることができます。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
人物・学業に優れた学生のうち,経済的理由により修学に困難があると認められる者
奨学金の種類
第二種
学種
大学院
貸与(月額)
50,000円・80,000円・100,000円・130,000円・150,000円の5種類の中から選択
利子
利子
募集時期
定期採用:4月・10月
緊急採用:随時
備考
併用貸与:第一種奨学金申込みの学力基準を満たしており,経済的理由があれば,第一種奨学金と第二種奨学金の両方の貸与を受けることができます。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 入学時特別増額貸与(全学部共通)

対象
第1学年入学者又は編入学者で条件を満たす者
貸与(総額)
100,000~500,000円(100,000単位)の金額から選択
利子
利子
学費(初年度納入金)
北海道教育大学/奨学金
RECRUIT