• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 昭和女子大学
  • 学校の特長

留学制度がある

TUJ(テンプル大学ジャパンキャンパス)の授業履修や、昭和ボストンへの留学もできる

英語コミュニケーション学科、国際学科、ビジネスデザイン学科は原則全員留学となっているのをはじめ、すべての学科で留学プログラムを設定するほか、夏季休暇を利用した1か月間の短期プログラム「サマーセッション」を用意。協定大学やSAF留学制度を利用することにより、欧・米・豪への留学も可能。海外の大学で修得した単位が卒業単位として認定されるので、休学することなく留学期間を含めて4年間で卒業できます。さらに、TUJとキャンパスを共有。「認定留学」「科目等履修」だけでなく、国際学部では本学で3年間、TUJで2年間学ぶことで2つの学位を取得できるダブルディグリー・プログラムも用意しています。学校の特長1

就職に強い

きめ細かな就職活動支援で女子大屈指の高い就職率を実現

本学では、入学後早い段階からキャリア教育を実施。さらに年間150回を超える就職支援講座やキャリアカウンセラーによる個別相談を取り入れ、学生一人ひとりが自分にあったキャリアプランを描けるように支援し、女子大屈指の高い就職率を実現しています。また、大学2・3年次を対象にインターンシップ(企業実習)を積極的に導入。夏休みを利用した1~4週間の企業実務体験は、幅広い業界から選択することで進路や将来について展望する貴重な機会となります。学校の特長2

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

教員が投げかけたテーマだけでなく、学生自ら立ち上げから行うテーマも

本学には、学生が主体的に取り組む様々なプロジェクト活動があります。その中には授業で身につけた力を活かすために学生が自ら立ち上げたものもあれば、教員が投げかけたテーマや、地域や企業のニーズに積極的にこたえるために生まれたプロジェクト活動もあります。学生は講義や実習だけでは得られない体験を通して、新しい自分を発見します。また、1年に1度教員と学生全員が3泊4日の宿泊研修を行い、プロジェクト学習のベースになるグループワークを学びます。学生同士の友情を深め、自主性・協調性を養います。学校の特長3
昭和女子大学(私立大学/東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の特長を見る