• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 東洋大学
  • 学校の特長

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

次代を担う「多様性を受容し、豊かに支え合う社会を創造する人財」を育成

2014年度に文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」に採択された東洋大学では、アジアのハブ大学となるべく国際化を進めてきました。地球規模の視点から物事を捉え、自分の未来を切り拓くことのできるグローバル人財を育成するために、多彩な取り組みを行っています。2021年度には文部科学省「デジタルを活用した大学・高専教育高度化プラン」にも採択され、教育のDXを推進しています。そして2023年4月には福祉・健康・スポーツ科学の2学部5学科を赤羽台キャンパスに設置(予定)、2024年4月には生命科学・食環境科学の2学部6学科を朝霞キャンパスに集約(予定)するなど、日本の知を牽引する大学としてさらなる深化を目指します。学校の特長1

学費に特長・奨学金制度あり

「学びたい意欲」を大切に。第2部・イブニングコース(夜)

「学びたい意欲」を応援する東洋大学では、6学部8学科710名という定員で第2部・イブニングコース(夜)への門戸を広げています。学費をできる限り低額に抑えるとともに、大学独自の奨学金を充実させて経済的負担を軽減。学生が安心して学業や学生生活に打ち込むことのできる環境を整えています。さらに第2部・イブニングコースを第一志望とする受験生向けに、「独立自活」支援推薦入試を用意しています。これは日中は白山キャンパス内の大学事務局で働きながら夜間に学ぶことを前提とした入試で、学費の半額が支給される奨学金で残りの学費を勤務による給与で賄い、働きながら自分の力で学びたい学生を支援する東洋大学独自の推薦入試です。学校の特長2

施設・設備が充実

個性豊かなキャンパスで過ごす、充実した4年間

東洋大学では、2024年4月に予定する14学部49学科・専攻への再編に向けて、キャンパスの移転・開設を順次進めています。東京・北区の「赤羽台キャンパス」〔写真〕は、情報連携学部のほか、2023年4月からは福祉社会デザイン学部※と健康スポーツ科学部※を合わせた情報・福祉・スポーツ科学の3学部の拠点となる予定です。さらに2024年4月には埼玉県の「朝霞キャンパス」に、生命科学と食環境科に関わる2学部を集約する予定です。東京・文京区の「白山キャンパス」は文系7学部、埼玉県の「川越キャンパス」は理工学部と総合情報学部の2学部の拠点として、引き続き学生の皆さんのキャンパスライフを支えていきます。※2023年4月設置予定学校の特長3
東洋大学(私立大学/東京・群馬・埼玉)
RECRUIT