• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東洋大学
  • 学校の特長

私立大学/東京・群馬・埼玉

トウヨウダイガク

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

多種多様なプログラムで国際化を推進!世界に通用する人財を育む

グローバル化の波が押し寄せる今、多様性を尊重し、異なる価値観や文化を受け入れ、自分の考えを発信する力が求められています。そこで東洋大学では、自ら考え、判断し、行動する力を持った「グローバル人財」の育成に注力。世界をめざす学生をサポートする体制を構築しています。アジア、ヨーロッパ、アフリカ、北欧、アメリカなどの海外協定校のさらなる拡大を推し進めているほか、「国際交流プログラム」や「海外留学促進奨学金制度」、本学独自の国際交流推進プログラム「Toyo Global Leaderプログラム」などを設置。タフなマインドとともに新たな世界を切り拓くみなさんを、バックアップしていきます。学校の特長1

学費に特長・奨学金制度あり

「学びたい意欲」を大切に!イブニングコース&「独立自活」支援推薦入試

「学びたい意欲」を応援する東洋大学では、6学部9学科755名という定員でイブニングコース(第2部)への門戸を広げています。イブニングコースの学費はできる限り低額に抑えるとともに、大学独自の奨学金を充実させて経済的負担を軽減。学生たちが安心して学業や学生生活に打ち込むことのできる体制を用意しています。さらにイブニングコースを第一志望とする受験生向けには、「独立自活」支援推薦入試があります。これは日中は白山キャンパス内の大学事務局で働きながら、夜間に学ぶことを前提としたユニークな入試です。学費の半額を支給される奨学金で、残りの学費を勤務による給与で賄い、「独立自活」を支援する東洋大学独自の推薦入試です。学校の特長2

施設・設備が充実

個性豊かなキャンパスで充実した4年間を過ごす。

東洋大学には、それぞれに特徴的な5キャンパスがあります。文・経済・経営・法・社会・国際・国際観光の文系7学部の学生は、東京・文京区の「白山キャンパス」で、情報連携学部の学生はICT環境とチーム実習をサポートする環境が整った東京・北区の「赤羽台キャンパス」〔写真〕で学びます。ともにアクセス抜群の都心にありながら、集中して学びを深められる環境です。またライフデザイン学部は埼玉の「朝霞キャンパス」、理工・総合情報の2学部は埼玉の「川越キャンパス」、生命科・食環境科の2学部は群馬の「板倉キャンパス」で学びます。いずれも豊かな自然に恵まれた環境で、最新の研究施設や各種施設が充実しています。学校の特長3
東洋大学(私立大学/東京・群馬・埼玉)