• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 神奈川
  • 北里大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 医療衛生学部
  • 言語聴覚療法学専攻

北里大学 医療衛生学部 リハビリテーション学科 言語聴覚療法学専攻

定員数:
30人

言語学・心理学・医学・脳科学など多様な領域の最新知識と技術を身につけた「言語聴覚士」を養成

学べる学問
  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 医学

    理論と実践を通して病気の予防・治療法を研究する

    人間の命と健康を守るため、基礎医学、臨床医学、病院実習などを通してその知識と技術を学ぶ。

  • 看護学

    患者のケアを通して、よりよい生き方について学ぶ

    看護学は、看護の方法を、理論と実践の両面から探究する学問であるといえます。分野は人の発達段階によって、小児、成人、老人などのに分かれるほか、「基礎看護学」や「精神看護学」、「地域看護学」といった分野があります。学校では、人を理解するために、哲学や心理学、化学や生物学など、幅広い教養を身につけます。学年が上がるとその学びは徐々に専門的になり、多くは、病院や診療所、福祉施設などでの実習を伴います。現場にでることでさらに知識を深め、技術を磨き、看護の方法を身につけていきます。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

目指せる仕事
  • 言語聴覚士

    「話す」「聞く」「食べる」に関するリハビリのスペシャリスト

    言語聴覚士は、1997年に国家資格となった比較的新しいリハビリテーション専門職です。脳卒中や事故の後遺症による障がい、生まれつきの障がいにより、「話す」「聞く(理解する)」「食べる」といった面に不自由さを抱えている人のリハビリテーション(リハビリ)を手助けするのが主な役割。言語聴覚障がいに加え、医学や歯科学、心理学にも精通したリハビリの専門家として、医療施設、高齢者介護・福祉施設、子どもの福祉・療育施設など、さまざまな分野で活躍しています。言語聴覚士として働くためには、まずは国家資格を取得するのが一般的。高校卒業後、大学や専門学校などの言語聴覚士養成施設で3年以上学ぶことで、国家試験の受験資格を得ることができます。合格率は60~70%台で推移しており、作業療法士などほかのリハビリ職種に比べると少し合格率が低くなっています。とはいえ、養成施設の卒業後すぐに受験をする新卒者の合格率は例年80%を超えていることから考えると、養成施設でのカリキュラムをしっかりこなし、卒業年次に受験することが合格への近道と言えるでしょう。

初年度納入金:2020年度納入金 180万円  (分割納入の場合、前期分105万円を入学手続期間内に、後期分75万円は10/1~10/31までに納入)

北里大学 医療衛生学部 リハビリテーション学科 言語聴覚療法学専攻の学科の特長

医療衛生学部 リハビリテーション学科 言語聴覚療法学専攻の学ぶ内容

ことばや聞こえ、コミュニケーションや嚥下機能に対するリハビリ「言語聴覚療法」を学ぶ
ことばや聞こえ、コミュニケーション、飲み込みのリハビリテーションについての専門知識だけでなく、人との触れ合いの大切さと、子供から大人まで幅広い年齢層の方に寄り添う気持ちを学びます。叡智と思慮を兼ね備えた専門家として、思いやりと共感性に満ちた人間性を養い、社会に貢献できる人材を育てます

医療衛生学部 リハビリテーション学科 言語聴覚療法学専攻のカリキュラム

言語聴覚士に必要な人間性と知識・技術を段階的に学習できるカリキュラム
4群科目に分かれます。1群科目は心理学や統計学、外国語などを学ぶ一般教養、2群は基礎医学と臨床医学、3群は失語・高次脳機能障害学や言語発達障害学、聴覚障害学、嚥下障害学などの専門科目と臨床実習で構成、4群には総合的な能力を育成する科目を置き、学生が興味をもって履修できる選択科目となっています

医療衛生学部 リハビリテーション学科 言語聴覚療法学専攻の授業

高度で実践的な専門教育
言語発達障害学や失語・高次脳機能障害学では、言語やコミュニケーション障害の評価・診断と訓練プログラム立案までの知識と技術を学習します。聴覚障害学では小児から成人までの様々な聴覚検査法、訓練の考え方を学びます。嚥下障害学では嚥下のメカニズムや障害の評価や訓練、食事指導、他職種との連携も学びます

医療衛生学部 リハビリテーション学科 言語聴覚療法学専攻の実習

言語聴覚士になるために必要な臨床力を高める実習
1年次より、北里大学病院を中心に実際の言語聴覚士の臨床見学実習があり、さらにチーム医療や地域連携、他職種連携を意識した看護師を知るための病棟見学実習、保育士を知るための保育園実習を設けています。2年次には、理学療法士や作業療法士、医療ソーシャルワーカーの見学実習があります
病院を想定した学内施設で実習ができる
3年次には、医学部や薬学部、看護学部、医療衛生学部合同で、現代医学の主流である「チーム医療」を総合的に学ぶことができます。また臨床実習Iでは、関連施設や地域の病院に見学実習する機会があります。さらに医療現場で活躍してきた教員の指導のもと、4年次の臨床実習を想定した実習を行います

北里大学 医療衛生学部 リハビリテーション学科 言語聴覚療法学専攻の学べる学問

北里大学 医療衛生学部 リハビリテーション学科 言語聴覚療法学専攻の目指せる仕事

北里大学 医療衛生学部 リハビリテーション学科 言語聴覚療法学専攻の資格 

医療衛生学部 リハビリテーション学科 言語聴覚療法学専攻の受験資格が得られる資格

  • 言語聴覚士<国> (合格率96.8% 31人中30人合格 ※合格率は2019年3月卒業生実績)

北里大学 医療衛生学部 リハビリテーション学科 言語聴覚療法学専攻の就職率・卒業後の進路 

医療衛生学部 リハビリテーション学科 言語聴覚療法学専攻の就職率/内定率 100 %

( 就職者28名 )

医療衛生学部 リハビリテーション学科 言語聴覚療法学専攻の主な就職先/内定先

    岩手医科大学附属病院、平塚共済病院、岩手県庁、鶴巻温泉病院、東京品川病院、大田病院、小平中央リハビリテーション病院、吉祥寺南病院、永生病院、横浜新都市脳神経外科病院、初台リハビリテーション病院、大和徳洲会病院、横浜旭中央総合病院、汐田総合病院、箱根リハビリテーション病院、渕野辺総合病院、横浜鶴見リハビリテーション病院、麻生リハビリ総合病院、戸塚共立リハビリテーション病院、岡山赤十字病院 ほか

※ 2019年3月卒業生実績

北里大学 医療衛生学部 リハビリテーション学科 言語聴覚療法学専攻の入試・出願

北里大学 医療衛生学部 リハビリテーション学科 言語聴覚療法学専攻の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒252-0373 神奈川県相模原市南区北里1-15-1
入学センター TEL 042-778-9760

所在地 アクセス 地図・路線案内
相模原キャンパス : 神奈川県相模原市南区北里1-15-1 「相模大野」駅から北口1番乗場発バス 25分 北里大学病院・北里大学下車
「相模原」駅から南口2番乗場発バス 25分 北里大学病院・北里大学下車

地図

 

路線案内


北里大学(私立大学/神奈川・青森・東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る