• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 流通経済大学
  • 学校の特長

私立大学/千葉・茨城

リュウツウケイザイダイガク

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

社会の現場に飛び込む授業を展開。「社会の今」に触れることが学生の成長につながる。

実学主義」を教育目標の一つに掲げ、「社会の今を学ぶ」ことに注力。それぞれの専攻分野の「現実的な理論」を学ぶとともに、実社会で具体的に起きているさまざまなケースを想定したカリキュラムを用意しています。また、キャンパスを飛び出し、地域のお祭りの企画・運営に携わったり、流通の最前線の現場を複数訪れて比較・考察する授業を実施。学内でも日本通運や野村證券といった企業から第一線で活躍する方を招き、日本のビジネスについて、その実態を直接学べる授業を用意しています。机上の空論で終わらせない学び方、実感する学び方、身になる学び方、これこそが本学の学び方です。学校の特長1

就職に強い

「学内合同企業説明会」を筆頭に、4年間を通した就職支援プログラムで徹底サポート!

1年次から「就職準備講座」を開講するほか、3・4年次には「学内合同企業説明会」を開催。2018年度は龍ケ崎・新松戸の両キャンパスで延べ424社の企業を招き、人事・採用担当者と直に接する機会を創出しました。また、就職活動で重要な面接は、外部講師による就職面接試験実践指導講座のほか、日常的に職員が模擬面接を行います。さらに1年次から4年間、全員が少人数のゼミに所属する「全員ゼミナール制」を活かし、ゼミの時間を使った就職指導も充実。そのほか、運輸・金融など各業界の「リアル」を知るエキスパートが学生を徹底サポートする体制も整えています。学校の特長2

施設・設備が充実

学びの環境を自分で選ぶ。流通経済大学のキャンパス選択制。

「大学に入ったら、新しい自分をスタートしたいと思っている人も多いのでは?仲間をつくったり、クラブやサークルに熱中したり、恋をしたり…。そんな毎日を支えるのが、入学時に自由に選べる2つのキャンパスです。流通経済大学では2004年の新松戸キャンパス開校時より、日本ではじめての「キャンパス選択制」を導入しています。自然の中で学ぶ緑に囲まれた自然豊かなキャンパス「龍ケ崎キャンパス」。解放感あふれる都市型キャンパス「新松戸キャンパス」。どちらのキャンパスにもほぼ同じ学部があり、カリキュラムも共通なので、ライフスタイルや希望に合わせて、自分の学び舎を選ぶことができます。学校の特長3
流通経済大学(私立大学/千葉・茨城)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の特長を見る