• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 群馬医療福祉大学短期大学部
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 渡邉 美沙樹さん(医療福祉学科/介護福祉士)

私立短期大学/群馬

グンマイリョウフクシダイガクタンキダイガクブ

入所者様と寄り添う時間を大切にしています

先輩の仕事紹介

これからもずっと介護福祉士として介護の現場に立って、入所者様に寄り添っていきたい

介護福祉士
介護福祉学科(現:医療福祉学科) 卒/2013年卒
渡邉 美沙樹さん

この仕事の魅力・やりがい

特別養護老人ホームで、入所者様の毎日の生活の介助をしています。入所者様は人生の大先輩なので、常に尊敬の気持ちを忘れず、言葉遣いにも気をつけて接するように心がけています。何気ないことで入所者様から「ありがとう」を言われることがありますが、逆にこちらが勉強させていただいたり、励まされたりすることも多いです。今でも忘れられないのが、初めての夜勤の日。入所者様に「夜勤は初めてなのでよろしくお願いします」と挨拶したら、「今日は渡邉さんがいてくれるの。よかった!」と言ってくださいました。自分がいることでこんなにも喜んでもらえることが本当にうれしかったです。その一言が「心細さ」を「元気」に変えてくれました。

学校で学んだこと・学生時代

高校のとき介護福祉士を目指して進路を探していて、この短大のことを知りました。大学なのに制服や校則があったり、挨拶や掃除に力を入れていることに最初は驚きましたが、毎日を規則正しく過ごすことで、充実した学生生活が送れるのではないかと思い選びました。大学時代の毎日の環境美化活動のおかげで、自然と整理整頓が身につき、介護福祉士として入所者様の生活を支えるうえでとても役立っています。またボランティアで、地域のお祭りやイベントに積極的に参加したことで、たくさんの方々と自然と笑顔で会話を交わしてコミュニケーションをとることができ、人見知りの私にはよい経験でした。今の仕事にも活かせています。

入所者様のよりよい生活のため職員同士協力します

業界ココだけ話!

高齢者施設では、大きな声で話さないと聞こえない入所者様もいます。でも元々人見知りで引っ込み思案だった私は、働き始めたばかりの頃、どうしても恥ずかしくて大きい声が出せませんでした。「このままじゃいけない、なんとかしなくては」と、あるとき必死でジェスチャーで伝えようとしたところ、大げさな身振り手振りがおかしかったようで、思いがけず入所者様が笑ってくれたんです。笑われたのに、不思議と恥ずかしさはなく、何だかとてもうれしかったのを覚えています。それ以来、だんだん大きな声が出せるようになりました。私が掛けた言葉や笑顔に、入所者様が笑顔を返してくれるとき、気持ちが伝わったのが実感できてうれしいです。

入所者様の笑顔を見ると心が温かくなるんです

【関わる人の「ありがとう」】を大事に働く先輩のインタビュー動画をチェック!

 

渡邉 美沙樹さん

特別養護老人ホーム 恵風園 勤務/介護福祉学科(現:医療福祉学科) 卒/2013年卒/「人の役に立つ仕事がしたい!」そう志したのは小学校のとき。「祖父が大腸がんで入退院を繰り返していました。薬を飲むのを嫌がっていたのですが、私が持って行くとうれしそうに飲んでくれたんです。自分の存在が誰かの力になる喜びを感じました」。これからもずっと介護福祉士として介護の現場に立って、入所者様に寄り添っていきたいと心に決めている。「介護福祉士の仕事は得るものが大きく、やりがいを感じます。入所者様から『ありがとう』を言われることも多いですが、私の方が利用者様に『ありがとう』を伝えたいくらいです!」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

群馬医療福祉大学短期大学部(私立短期大学/群馬)