• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 岐阜
  • 中日本航空専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 航空ロボティクス科

岐阜県認可/専修学校/国土交通大臣指定航空従事者養成施設指定校/岐阜

ナカニッポンコウクウセンモンガッコウ

新型コロナウイルス感染拡大の影響による、イベント・入試情報・資料請求に関する注意点について

中日本航空専門学校 航空ロボティクス科(2023年4月設置予定)

定員数:
40人

航空機・ロボットを題材に電気電子のプロになる、業界の大手に就職する

学べる学問
  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    機械工学は、生産機械や自動車、医療機器といった機械やその部品などについて、設計から材料の加工、実際の使用方法までと、実に広大な領域を扱う学問です。試行と分析を繰り返す地道な研究を通じて、よりよいものを作り出すことを目指します。まずは基礎となる力学や数学、設計に使うソフトウエアの使い方や関連する各学問について学ぶことで基礎を固め、徐々に専門的な学びへと進んでいきます。多くの授業では実習や実験が行われ、実際に手を動かしながら、知識や技術、機械工学研究の手法などを身につけていきます。ものづくりをしたい、なかでも目に見えるものを作りたいという人に向いています。卒業後の進路は、機械系はもちろん、材料系や、電気・電子関連にも広がります。また、機械でものを作っている企業では必ずそれを扱う人が求められるため、こうした職種で活躍することもできます。

  • 航空・船舶・自動車工学

    航空・船舶・自動車について科学し、それらの安全性、快適性などを研究する

    機械工学のさまざまな研究成果が生かされた応用編にあたる。実験や実習を通して、輸送用機械及び乗物としての効率や精度などを追求すると同時に、安全性や快適性、環境へのやさしさなどを研究する。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

目指せる仕事
  • 無線通信士

    無線通信の特殊技術を修得した専門家

    陸上はもちろんのこと、飛行機や船舶には無線での通信連絡は不可欠なもの。陸上、海上、航空を問わず、無線通信の特殊技術は、国家試験などの資格試験に合格した者でなければならない専門の分野だ。

  • 航空機・船舶技術者・研究者

    航空機や船舶の技術開発や研究を行う

    飛行機や船舶の船体から中で使用される電気・電子装備などすべての機器類の設計・開発を行う。パーツごとに、それぞれが高度に専門科しているので、チームを組んで開発にあたる。特に大型旅客機は国内では生産していないため、海外メーカーと共同で部品や内部設備の設計・製造に取り組む企業もある。

  • 機械技術者・研究者

    機械製品や部品の設計から開発まで

    家電製品、通信機器、OA機器など、様々な機械製品の設計・開発をはじめ、製品に必要なパーツとなる部品の製作も手がける。設計用の製図を描いたり、部品の構造や形状・寸法、使用材料など全体の製作工程に関する知識や技術が必要となる。製造後も、改良ポイントの整備をはじめ、新しい技術の導入など常に進歩が求められる。

  • CAD技術者

    CADを使って正確な図面を作成する

    建築会社、自動車、家具など製図が必要な各種のメーカーで、CADを使った図面製作を担当する。設計者が描いたラフスケッチを正確な図面におこしたり、指示に従い図面の訂正をするなどの仕事が中心。

  • 電子機器技術者・研究者

    電子回路の組み込まれた製品の開発・研究

    冷蔵庫やテレビなどの家電製品をはじめ、パソコンやインターネット技術などあらゆる電子機器の回路設計や製造技術などの開発を行う。電子回路そのものの研究や、新たな電子機器への応用技術などを研究する人もいる。

初年度納入金:2023年度納入金 125万円  (入学金15万円含む)
年限:3年制

中日本航空専門学校 航空ロボティクス科の学科の特長

航空ロボティクス科の学ぶ内容

航空機とロボットを題材に、電気電子の基礎から応用までトータルに学ぶ
現代の航空機システムやロボットシステムは、電気・電子・コンピュータ技術によって動いており、航空機はまさに空飛ぶロボット。いわば安全運航の頭脳です。授業では航空機に加え、双腕ロボットduAroやPepperをつかったロボット制御やドローン制御も行い、 電気電子の基礎から応用までトータルに学びます。

航空ロボティクス科のカリキュラム

多彩な学びで航空電子整備・ロボットのスペシャリストを目指す
授業では、フライトシミュレーターを用いて計器の点検・整備を行う「航空電子実習」。双腕ロボ duAroを使用し、産業用ロボットの基本知識を身に付ける「ロボット技術」。 プログラムを組みPepperに指示を出し、制御する「ソフトウエア実習」の他、「ドローン技術基礎」などの授業で高度な知識と技術を身に付けます。

航空ロボティクス科の先生

現場のプロが講師。質の高い専門教育で実践に役立つスキルが身に付けられる
航空専門学校として50年以上の歴史があるため業界との連携が強く、航空会社での実務経験がある先生や第一線で活躍した卒業生が講師です。豊富な経験を活かして学生の立場になった丁寧な指導で、新しい時代に求められる人材を育成します。

航空ロボティクス科の卒業後

11年連続就職率100% ※2021年3月卒業生就職者272名
中日本航空専門学校では、これまでに13,000名以上の優れた人材を航空宇宙業界に輩出しており、全国屈指の就職実績を誇ります。また、企業ニーズに沿った人材の育成支援活動や教育の支援などを目的として設立された本校独自の企業後援会「鵬志会」は100社を超える企業に加盟いただいております。

航空ロボティクス科の施設・設備

現場さながらの環境で学べる充実した設備
ロボットやPepperだけでなく、最先端のフライトシミュレーターで実習ができるため実践力が身に付けられます。また、豊富な種類の飛行機とヘリコプターを合計28機所有しています。学生ひとり当たりに対する機体数が多いので実機に触れる機会も多く、質・量ともに充実した実習を受けることができます。

中日本航空専門学校 航空ロボティクス科の学べる学問

中日本航空専門学校 航空ロボティクス科の目指せる仕事

中日本航空専門学校 航空ロボティクス科の就職率・卒業後の進路 

航空ロボティクス科の主な就職先/内定先

    ANAシステムズ、JAL CAE FLIGHT TRAINING、NECネットワーク・センサ、三波工業、三菱プレシジョン、三和エレクトロニクス、多摩川エアロシステムズ、朝日航洋、名菱電子 ほか

※ 2021年3月卒業生実績 (学校全体)

中日本航空専門学校 航空ロボティクス科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒501-3924  岐阜県関市迫間1577
TEL 0120-252159

所在地 アクセス 地図・路線案内
岐阜県関市迫間1577 名鉄「新鵜沼」駅から無料スクールバス 20分

地図

 

路線案内


中日本航空専門学校(専修学校/岐阜)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

RECRUIT