• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 北海道
  • 北海道情報専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • システムエンジニア科

北海道情報専門学校 システムエンジニア科

定員数:
80人 (3年制)

5つの専攻で高度かつ最新の技術を身につける!ICTのスペシャリストを養成

学べる学問
  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    情報学とは、社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問です。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶのが情報学です。「コンピュータやプログラミングについて学ぶ、理系の学問」というイメージを抱く人は少なくないかもしれませんが、情報技術の社会への浸透に伴い情報学の扱う領域も広がっており、今や理系だけに限られる学問ではなくなっています。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

目指せる仕事
  • プログラマー

    コンピュータを動かすプログラムの開発・作成

    コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • セールスエンジニア

    コンピュータの知識豊富な販売員

    中・大型コンピュータ、OA機器販売をする仕事。単に販売するだけではなく、最新システム情報の提供や、経営面でのコンサルティングも担うので、システムの専門知識や、コンピュータ操作力、技術力なども求められる。

  • システムアドミニストレータ

    情報処理の利用・導入の推進者

    情報の利用者として、業務の改善や情報の利活用を促進するための企画を立て、必要に応じて他部門との調整など、システム部門と協力しながら情報化の推進を行う仕事。複数の業務をマネジメントし、能動的に業務改革や改善を行う重要な役どころ。

  • サーチャー

    情報検索のスペシャリスト

    データベース台帳にある膨大な量の情報の中からパソコンを使って必要な情報を検索し、依頼者に提供する仕事。情報化、国際化が進展するなかでデータベースの数は増加する一方。短時間で必要な情報を探しださないとデータベースの使用料金や電話料金がかさむため、スペシャリストとしてサーチャーが注目。

  • ネットワーク技術者

    コンピュータ間のネットワーク構築

    顧客の要望を聞き、それにあったネットワークを考え、コンピュータ間をつなぐ、全体のシステム設計を構築するエンジニア。コンピュータ・ネットワークの将来構想は深まるばかりなので、注目度の高い仕事だ。ハードウェアや電気通信、コンピュータのシステム体系などに精通した知識が必要。

初年度納入金:2022年度納入金 116万6000円  (入学金15万円を含む。教科書代4万円が別途必要。)
年限:3年制

北海道情報専門学校 システムエンジニア科の学科の特長

システムエンジニア科の学ぶ内容

最新の「AI(人工知能)」技術を身につけた、コンピュータ技術者を目指します
「AIエンジニア専攻」では、話題のAI(人工知能)技術を活用した技術者や、コンピュータシステムを開発する技術者を養成します。また「サイバーセキュリティ専攻」では、「ネットワーク」の安全を守るネットワークやセキュリティの技術をもったエンジニアを養成します。

システムエンジニア科のカリキュラム

IT業界第一線で活躍してきたプロから、ノウハウが学べる!
本校には現場で活躍してきたネットワークシステムの中核技術者が教壇に立っています。SNSの構築からセキュリティ技術に関する現場さながらの技術を、実習を通じて身につけることができます。更に本校ではLPICやSEA/Jといった業界で標準の資格取得を通じて、より高度かつ最新の技術を身につけられます。

システムエンジニア科のゼミ

学科にとらわれない就職先に沿った研究が選択可能な卒業研究ゼミ
HCSでは3年制、4年制の卒業年次には卒業研究ゼミを実施。販売管理や医療システムなどの実用的なシステム開発、インターネットショッピングなどのWeb開発、ゲーム制作、ビッグデータ分析など最新IT機器を活用したコンテンツ開発など興味関心に応じて深められます。また、学科にとらわれず就職先に沿った研究が選択可能です。

システムエンジニア科の卒業後

業界は今、人不足。各種資格を取得して希望の職種に就職するチャンスは十分にあり!
卒業後の主な職種は、ネットワークエンジニア、システムエンジニアやプログラマはもちろん、今話題のセキュリティエンジニアとしても、就職しています。プロの技術者から習得した技術により、即戦力として活躍できるため、IT業界からの人材ニーズも高いのが特長です。

システムエンジニア科の資格

難関資格も大量合格!「情報技術の資格ならHCS」の理由
2020年度の国家資格合格者は、応用情報技術者(40名/道内専門学校合格者全体42名中)、情報処理安全確保支援士試験(11名/同11名中)、データベーススペシャリスト(2名/同2名中)など、いずれも日本トップクラスの合格者を輩出しています。また、世界的に評価されるIT企業のベンダー資格についても教育体制を整えています。

システムエンジニア科の奨学金

頑張る学生を応援する「HCS奨学生制度」
情報処理技術の習得に熱意があり、人物・学業ともに優秀な学生を本校の奨学生として迎え、その能力を十分に発揮できるよう支援するのがHCS奨学生制度。奨学生Aとして採用されると、初年度学費全額免除となります。他にも進学を支援する様々な特典や奨学生制度があります。

北海道情報専門学校 システムエンジニア科の募集コース・専攻一覧

  • ネットワークエンジニア専攻 (2022年4月設置予定)

  • サイバーセキュリティ専攻 (2022年4月設置予定)

  • インフラエンジニア専攻 (2022年4月設置予定)

  • AIエンジニア専攻 (2022年4月設置予定)

  • SE/プログラマ専攻 (2022年4月設置予定)

北海道情報専門学校 システムエンジニア科の学べる学問

北海道情報専門学校 システムエンジニア科の目指せる仕事

北海道情報専門学校 システムエンジニア科の資格 

システムエンジニア科の目標とする資格

    • 情報処理安全確保支援士試験<国> 、
    • データベーススペシャリスト試験 <国> 、
    • ネットワークスペシャリスト試験<国> 、
    • 応用情報技術者試験<国> 、
    • 基本情報技術者試験<国> 、
    • ORACLE MASTER 

北海道情報専門学校 システムエンジニア科の就職率・卒業後の進路 

システムエンジニア科の主な就職先/内定先

    (株)エイチ・アイ・ディ、(株)HBA、エヌ・ティ・ティ・データ先端技術(株)、(株)KDDIエボルバ、(株)GSI、CTCシステムマネジメント(株)、TANAKAホールディングス(株)、日本アイ・ビー・エム デジタルサービス(株)(旧 日本アイビーエム・ソリューション・サービス(株))、富士通データセンターサービス(株)、ほくでん情報テクノロジー(株) ほか

※ 2021年3月卒業生実績

ICT系全学科より抜粋

北海道情報専門学校 システムエンジニア科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒003-0806 北海道札幌市白石区菊水6条3-4-28
TEL 0120-75-7581(フリーダイヤル)
info@hcs.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
北海道札幌市白石区菊水6条3丁目4-28 「菊水」駅から6番出口を出て徒歩 5分

地図

 

路線案内