• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 山梨
  • 山梨英和大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 横森 早紀さん(人間文化学部 人間文化学科メディア・サイエンス領域/グラフィックデザイナー)

営業さんと一緒に、お客様のイメージを具体化するところから仕事が始まります。

先輩の仕事紹介

制作したデザインが実際に印刷物に仕上がる感動が、DTPデザイナーの魅力です!

グラフィックデザイナー
人間文化学部 人間文化学科 メディア・サイエンス領域/2021年卒
横森 早紀さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

地元・山梨の印刷会社で、DTPデザイナー(グラフィックデザイナー)として勤務して1年目。お客様から依頼されたチラシや名刺、冊子など、主に印刷物のレイアウトやデザインを担当しています。この仕事のコツは、お客様が持つイメージをしっかり捉えること。どんな場面で使われるのか、どんな背景があって注文したのかなどを知っておくと、デザインやレイアウトを固めるのにとても役立つからです。だから担当営業さんと打ち合わせをする際は、そこを意識するように努めています。そんな過程を経て実際に印刷されたものを見るととても感激します。特に時間がかかった仕事の仕上がりを見るのは、ドキドキもありますが感動もひとしおです!

学校で学んだこと・学生時代

幼い頃から絵を描くことが好きで、趣味の延長として大学3年生からデザインに触れました。きっかけは、大学で地域づくりの勉強をしていた時。この大学では、専門ゼミの領域以外でも、興味のある授業を自由に取ることができます。さらに、県内大学の連携による単位互換授業にも参加でき、その中で企業と学生の協働プロジェクトや、クラウドファンディング運営に携わる機会を多く得られました。さらに、その活動で絵やデザインをLINEスタンプ制作やクラウドファンディングの画像制作などで実践でき、とても貴重な経験になりました。制作した絵やデザインを社会に出す、という実感を学生のうちに持てたことが今の仕事につながっています。

領域をまたいだ授業科目の展開や、周辺大学との連携など、興味のあることに幅広く取り組めたことは、社会に出た時のアイディアの引き出しの多さにもつながっています。

分野選びの視点・アドバイス

山梨英和大学は「こころ・グローバル・インターネット」の分野から、興味のあることを自由に選んで学べます。さらに、好きなことや得意なことを授業や活動の中で見つけて、どんどん挑戦できる環境もあります。まだ未熟だから、自信がないから、と遠慮せず、興味のあることにたくさん挑戦することで、それが将来の仕事にもつながります。私も「絵やデザインを活かしたい」とアピールして実践の場をいただき、大学3年次には市内イベントのロゴ草案や学園祭ポスターのデザインも行いました。4年次には30ページほどの冊子デザインを何度か行い、プロからお褒めいただけました。だから皆さんも是非、山梨英和大学で自分の可能性を見つけて下さい。

絵の延長線だったデザインの知識やスキルを実践で活かす機会を大学時代に何度もいただき、「もっと社会でこの力を活かしたい」と思い、デザイナー職を選びました。

横森 早紀さん

株式会社オズプリンティング 勤務/人間文化学部 人間文化学科 メディア・サイエンス領域/2021年卒/山梨県出身/絵を描くことが好きな幼少時代を経て、山梨英和大学で趣味の絵やデザインを活かす機会を数多く得る。それらの活動の中から「制作したものが地域の活性化につながっている」という実感を持ち、デザインを仕事にすることを目指す。就職活動時期がコロナ禍と重なったものの、大学の進路部の職員からアドバイスや優しい言葉をかけてもらったおかげで、就職活動も無事成功。山梨に拠点がありデザインにも力をいれている印刷会社で、山梨の活性化につながる印刷物やコンテンツを作り続けている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

山梨英和大学(私立大学/山梨)
RECRUIT