• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 千葉
  • 千葉市青葉看護専門学校

千葉市青葉看護専門学校からのメッセージ

2021年7月19日に更新されたメッセージです。

【令和3年度 オープンキャンパス】

各回、定員となりましたので、受付は終了とさせていただきます。
 たくさんのご応募ありがとうございました。

千葉市青葉看護専門学校で学んでみませんか?

千葉市青葉看護専門学校の風景

一人ひとりの可能性を引き出し、千葉市を中心に地域に貢献できる看護の実践者を育成。

学生一人ひとりの可能性を最大限に引き出すことを基本とし、知性と感性を兼ね備えた心豊かな人材を育てるとともに、看護に対する深い関心を持ち、生涯にわたり主体的に看護を追究する力がつくように支援します。

千葉市青葉看護専門学校はこんな学校です

施設・設備が充実

千葉市青葉看護専門学校の特長1

基礎看護・成人看護・母子看護・在宅看護の4つの実習室で、現場を想定して学ぶ

本校の実習棟には、基礎看護、成人看護、母子看護、在宅看護といった4つの分野ごとに、独立した実習室を設置しています。それぞれ実際の現場を想定した造りになっているため、看護の場面に応じて実践的に学ぶことができます。各実習室には病院で使われる設備も整っており、現場で生かせる看護技術の習得を目指せます。教室棟には、座学の授業を行う教室や大講義室のほか、パソコンの基礎を学ぶ情報処理室や、演習室を設置。明るく開放的な図書室では、看護の専門書に詳しい司書が学習の相談に乗っています。体育館やグラウンド、テニスコートも備えられ、休み時間にスポーツでリフレッシュできます。

資格取得に有利

千葉市青葉看護専門学校の特長2

学生一人ひとりの性格を理解して親身に対応。わかりやすく丁寧に指導

1学年の定員は、80名です。学生一人ひとりが個性を大事にしながら成長することができるように、経験豊かな教員が丁寧に指導します。また、全員が国家試験に着実に合格できるように、職員を含め全力でサポートします。本校では、看護の専門職として前向きに取り組む姿勢を持ち、自分で考えて行動できる自律性の高い看護師の育成を目指しています。授業の多くはグループワーク形式で行われ、事例を取り上げて患者さんに対する具体的な看護を考え、話し合います。話し合いの中から、自分一人では考えつかない視点やアイデアに気づくことがたくさんあります。医療の現場で必要になる、チームワークも養うことができます。

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

千葉市青葉看護専門学校の特長3

「豊かな人間性」「成長する力」「地域貢献」「看護の実践者」を柱に即戦力を養う

本校の理念は、豊かな人間性と専門職業人として生涯にわたって成長する力を培い、地域社会に貢献できる看護の実践者を育成することです。そのためのカリキュラムを充実。倫理観を培い、患者さんの喜びや悲しみ、苦しみに寄り添うことのできる豊かな感性を育成します。また、さまざまな健康状態に応じた看護の知識と技術を習得して、科学的な根拠に基づいた看護を実践できる基礎的能力を養います。さらに、保健・医療・福祉に関わる職種と連携し、人々の生活の質の向上を目指し、地域社会における健康づくりに貢献できる基礎的能力を養成。変化する社会の動向を把握し、生涯にわたって学習を継続し、専門職業人として成長できる力を培います。

千葉市青葉看護専門学校の特長を詳しく見る

あなたは何を学びたい?
千葉市青葉看護専門学校の学部学科、コース紹介

看護学科

(定員数:80人)

4つの実習室をはじめ、充実した設備や環境のもと、仕事に前向きに取り組み、自主性の高い看護師を育成します

千葉市青葉看護専門学校の就職・資格

卒業後の進路データ (2021年3月卒業生実績)

卒業者数69名
就職希望者数69名
就職者数69名
就職率100%(就職者数/就職希望者数)
※卒業と同時に大学編入学試験受験資格、保健師・助産師学校受験資格を得られ、進学の道も広がります。

学校で就職説明会を実施。千葉市内の医療機関の担当者から詳しい話を聞きます

毎年12月に、1年生と2年生を対象とする就職説明会を学内で開催しています。本校の実習先である千葉市内の医療機関が参加。学生にアピールするディスプレイが設けられ、それぞれ興味を持った医療機関のブースを訪れます。担当者から詳しい説明をじっくり聞いて、納得いくまで質問することができます。千葉市内で実習した病院を志望して、そこに就職することが多いのが特徴です。

千葉市青葉看護専門学校の就職についてもっと見る

気になったらまずは、オープンキャンパスにいってみよう

スペシャルムービー

OCストーリーズ

イベント

すべて見る

千葉市青葉看護専門学校の所在地・アクセス

所在地 アクセス 地図・路線案内
千葉県千葉市中央区青葉町1273-5 JR「千葉」駅 東口7番乗り場より京成バス「南矢作」行で約20分、「市立青葉病院」下車、徒歩で約1分
JR「千葉」駅 東口6番乗り場よりちばシティバス「川戸都苑」行で約20分、「市立青葉病院」下車、徒歩で約1分
JR「蘇我」駅 東口2番乗り場より小湊鉄道バス・千葉中央バス「大学病院」行で約15分、「中央博物館」下車、徒歩で約4分

地図

 

路線案内

千葉市青葉看護専門学校で学ぶイメージは沸きましたか?

つぎは気になる学費や入試情報をみてみましょう

千葉市青葉看護専門学校の学費や入学金は?
初年度納入金をみてみよう

2021年度納入金(参考)/58万円(入学金18万円+授業料35万円+施設管理費2万円+臨地実習費3万円)
(※別途テキスト代や白衣代など19万5000円程度)

すべて見る

ブログ・インフォ

  • 2021年08月02日 11:43 BLOG

     テレビでよく見かける新型コロナウイルスと闘う医療者と同じガウンテクニックを学習した1年生。感染予防について、理解が深まりました。  まずは感染予防を意識して、しっかり手を洗います。  泡と流水でしっかり流しましょう。  きれいになったかな?  汚れが残っていないか、しっかり確認しましょう。  初めてのガウンテクニック。まずは手順を確認してみましょう。  正しく、着られるかな?  先生の指示にも熱が入ります。  今後も演習だけでなく、日頃から感染予防を意識して、確実な手洗いが行えることを目指していきましょう。

    https://ameblo.jp/casnblog/entry-12689913054.html

  • 2021年07月15日 09:53 BLOG

     今回は、基礎看護学方法論Ⅲの点滴の演習の様子をお届けします。  まずは、点滴を入れる血管を探します。 「どこがいいのかな 難しい」  先生に見てもらいます  静脈留置針をトレーナーにいざ穿刺! 無事に入りました。点滴の滴下も良好です 指示に合わせて滴下を調整します。 2秒に1滴の滴下に調整…、やってみると意外に難しい これまでは針を穿刺するときは、恐る恐るだった2年生。 留置針を穿刺している姿は、たどたどしいながらも看護師として活躍している未来が少し垣間見られました。与薬の授業もあと数回です。頑張りましょう。  

    https://ameblo.jp/casnblog/entry-12686521364.html

  • 2021年07月07日 10:40 BLOG

     今日は、初めての血圧測定を行います。正しく測定するためには、血圧計が正しく使えるかどうか点検をします。まず、上からしっかり押さえて、空気を入れていきます。  しっかりと押さえないといけないので、全体重をかけます。 「ほら、こうやってやるのよ」教員が優しく声を掛けます。 「手が痛いよぅ」 今日は、ベッドで横になっている患者さんの血圧を測定してみます。 「こんにちは。今から血圧を測りますね」 「巻いていきますね。きつくないですか」 巻き具合を確認します。 血圧計を巻いたら、まず脈を確認します。 「脈はどこかな?あっあったー」 「では、少しきつくなりますね」と患者さんに伝え、空気を入れていきます。 次は聴診器を使って、血圧を測ります。 聴診器の位置は、ここで合っているかな? しっかりと密着させて、音を確認します。 「わー、音が聴こえた。すごーい」 初めての演習は、何もかも学びが新鮮ですね。 少しずつ成長していってくださいね。

    https://ameblo.jp/casnblog/entry-12685001684.html

  • 2021年06月30日 14:02 BLOG

     今回は、3年生の(小児看護学実習での集団レクリエーション)の様子をお伝えします。 幼い患児とのレクリエーションを想定して、こちらのグループはペープサート(紙人形劇)を考えてくれました。 アジサイが大好きなカエルさんにカタツムリさんが話しかけます。  「これは、なんていうお花の芽なの?」  「僕の大好きなアジサイの花だよ、早く大きくならないかなぁ。」  カエルさんは毎日お水をあげていました。 ある日、嵐によって、大切に育てていたアジサイの芽が流されてしまいました。  「どうしたの?カエルさん」  「僕が大切に育てていたアジサイが…、涙」  カタツムリさんは、カエルさんのために「みんなの力でアジサイを咲かせよう」と声を掛けます。 「みんなでカエルの歌を合唱しよう!」 「わーい、きれいなアジサイが咲いている。カタツムリさん、ありがとう」 学生が協力し合って、手作りのペープサートを見せてくれました。素敵なお話しをありがとう        

    https://ameblo.jp/casnblog/entry-12683665002.html

  • 2021年06月25日 13:56 BLOG

     今回は2年生の看護技術演習「吸入・吸引の実際」の様子をお伝えします。 テーマは、酸素ボンベ・酸素吸入・薬剤噴霧吸入・口鼻腔内吸引・気管内吸引と盛りだくさんです。1度の演習で沢山の技術演習を行うのは、2年生にとって初めてのことです。    さあ、デモンストレーションを見ましょう 教科書を手に、皆さん集中しています  吸引モデルのQちゃんを使って、気道の構造を確認しながら、吸引方法を学びます。 吸引圧を調整して いざ、実施 実際にやってみると難しい… 事前に講義の復習をしたり、教科書添付の看護技術動画を観ながらイメージトレーニングをしてきて、スムーズに実施でき、先生を驚かせた学生もいましたよ。 超音波ネブライザー、エアロゾル化した水や薬剤がこんなに細かいミストに… モデル人形の口元に当ててみましょう。 「咳は我慢せずに、痰や唾液はティッシュに出しましょうね」と患者さんへの声掛けも大切に演習を進めています。 酸素ボンベを操作するのは初めてなので、一つ一つ丁寧に確認しながら演習を行います。     2年生は着々と基礎看護技術を学んでいます。今回は、盛りだくさんの演習でした。 患者役の「Qちゃん」「さくらさん」もお疲れ様でした。  

    https://ameblo.jp/casnblog/entry-12682699512.html

すべて見る

千葉市青葉看護専門学校に関する問い合わせ先

千葉市青葉看護専門学校

〒260-0852 千葉市中央区青葉町1273-5
TEL:043-202-2030 (FAX:043-202-2505)

請求できるパンフはこちら

無料
スクールガイド
千葉市青葉看護専門学校(専修学校/千葉)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる
RECRUIT