51liufzybol
10代のうちに知っておきたい折れない心の作り方
水島広子/著

心の原則を知るときっとラクになる

10代の心は、自分にも、友達にも、親に対しても、モヤモヤばかり。イヤな感情には理由がある、怒っている人は困っている人……精神科医の水島先生が6つの心の原則を軸に、SNSとのつきあい方、いじめや陰口、焦りや不安への現実的な対処法を教えてくれる。SNS疲れもきっとこれで解消される。

「友達って大事?」の他の本

彼女をつくるために国会図書館へ!?
どうすれば幸せになれるか科学的に考えてみた
ガマンしない、でも嫌われないために
大人も知らない「本当の友だち」のつくり方

関連する学問

関連する先生・教授

このテーマの他のインデックス

12こんにちは、赤ちゃん

お腹の中の10ヶ月を写真でどうぞ

卵子、精子、受精の瞬間、最初の細胞分裂、胎芽から胎児へ、小さな手足ができ、顔がだんだん人間らしくなる。約10ヶ月にわたる胎児の成長を、走査型電子顕微鏡や手作りのファイバースコープなど、最新の撮影技術を駆使して撮影した驚異の写真集。こんな風に人は生まれてくるなんて。生命の不思議に触れてほしい。

13カラダはスゴイ!

あぁ、人体はこんなにも美しい!

人体を形づくる60兆個もの細胞はどんな形をしているだろう?本書は、赤血球や白血球はもちろん、iPS細胞やウイルスまでを圧倒的美しさで撮影するヴィジュアル大図鑑。人間の内側にこんなにカラフルで壮大な小宇宙があったとは! 150点以上の写真が、教科書では教えてくれない人体の神秘を描き出す。

14医者を志す

スーパー中学生の医学ミステリー

中学生の薫は、ひょんなことから「日本一の天才少年」となり、大学の医学部で研究をすることに。すごい大発見をしてしまったみたいだけど、論文にして大丈夫なのか? メディアからも注目される中、論文捏造疑惑が持ち上がり…。チーム・バチスタシリーズの著者が描くコミカル医学ミステリー。小説から医者を目指したっていい。

15毒か薬か

毒と薬って実は同じもの!?

毒か薬かの違いは、実は物質の性質の問題ではなく、人間の使い方の問題だった。猛毒でも少量であれば薬にもなるし、逆に飲みすぎると毒になる薬もある。動物毒、植物毒、鉱物毒、人工毒、麻薬・・・あらゆる毒を網羅しながら、毒との付き合い方を案内する。毒を知ると、薬のことがわかるなんて、世界は不思議だらけ。

17恋愛相談受付中

マジ、男ってなんなの!?

なんで私じゃダメなの? 本当にこの人でいいの? 好きな人すら見つからない! 恋バナを収集するユニット・桃山商事が恋の悩みにお応えする。相談内容を丹念に読み込み、何にどう悩んでいるかを図解をまじえて整理。こんなにスッキリする恋愛指南書はいまだかつてなかった。恋に悩むすべての人にオススメ。相談者の話を深く丁寧に聞く方法も必見。

18心で通じたい

生きづらさを感じるけれど

自称・ネガティブ思考クイーンの漫画家・細川貂々が、精神科医の「対人関係療法」の第一人者・水島先生に会いに行く。ネガティブ思考のままでも、人とよい関係をつくれると先生は言う。他者からの期待と自分の気持ちのズレに注目し、上手に埋める方法を教えてもらう。心で寄り添う精神科医の姿も知ってほしい。

19看護とケアの時代

奇妙な行動にも理由がある

妻の顔がわからず帽子とまちがえる視覚障害の音楽家、記憶が1分しかもたない元船乗り、すぐれた知性をもちながら病に悩むジャズドラマー。脳神経科医のサックス博士が出会った奇妙な症状の患者たちは、障害を抱えつつ豊かに生きていた。「病」とひとくくりにできない人間の魅力に目を見張る。小説のように引き込まれる、著者の表現力も味わってほしい。

20そっと死をみつめる

豊かに死ぬってどういうこと?

人類史上かつてない長命を手に入れた人類。医療の進歩によって闘病期間が長くなり、終末期をいかに過ごすかが人生の終幕の問題となる。最期の時をどう迎えるか? 豊かに死ぬために必要なことは何か? アメリカの現役外科医による率直なレポートが、新しい死に方と生き方を示唆する。