61ldwhutyol
世界をまどわせた地図
エドワード・ブルック=ヒッチング/著 関谷冬華/訳 井田仁康/日本語版監修

嘘ばかりの地図は冒険の書になった

カナダの東に悪魔の島? アメリカを横断する大河があった? 南米には黄金の都市? これらは何世紀にも渡って実在すると信じられてきた架空の地図だ。こうあってほしいという人々の願いが地図になった。それを確かめるために冒険家は旅に出る。歴史を翻弄した幻の地図で空想を広げてほしい。

「人を惑わせる地図」の他の本

人類が求めたあの海の向こう
地図の物語 人類は地図で何を伝えようとしてきたのか
地球は妖怪の巣だった!?
世界不思議地図

関連する学問

関連する先生・教授

このテーマの他のインデックス

77彼らがいなくなる前に

異世界ファンタジーのようなリアル

体中を白塗りにするエチオピアの民族、トサカのような帽子をかぶったネパールの民族、ゲームに出てくるようなかっこいいナミビアの女性たち。まるで異世界ファンタジーだ。彼らがいなくなる前にこんなにスゴイ世界を写真で残したい。写真家ジミー・ネルソンは世界中を旅した。少数民族たちの神秘的なファッションセンスや野生のソウルに驚いてほしい。

78奇っ怪な遺産

51ヶ所の忘れ去られた幻想の場所

見捨てられたユートピア、恐怖の人形島、スパイトンネル、幽霊城、すべて実在する。本当に行くことができる。日本には死者の森がある。富士山の裾野に広がる青木ヶ原樹海のことだ。本書は本当に行ける幻想マップだけれど、現地の写真と詳細な解説に触れるだけでも行ったつもりになれる。地球にはまだまだ不可思議な場所がたくさんある。

79冒険家になる方法

アラスカで原住民に寄り添った写真家

アラスカに住み続け、自然と向き合い続けた写真家・星野道夫が最期に残した言葉集。イヌイットやネイティブアメリカンたちとともに暮らした日々は、みずみずしい体験と生きる哲学が満ちている。自分がやりたいと思うことへ向かい続けた男の生き方も参考にしてほしい。この魔法の言葉を読むためにはコツがある。ゆっくり読むこと。そして、一度にたくさん読んではいけない。