• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東京情報大学
  • 先生・教授一覧
  • 松下 孝太郎 教授(画像・音響工学)

私立大学/千葉

トウキョウジョウホウダイガク

先生・教授

勉強好きの子どもが増えるデジタル教材を開発する 先生

松下 孝太郎 教授

総合情報学部  総合情報学科

【画像・音響工学】
画像工学 ・コンピュータグラフィックス ・教育工学

私の専門は「画像工学」「コンピュータグラフィックス」「教育工学」「情報教育」の大きく分けて4分野です。そのうちのひとつ、コンピュータグラフィックスについてご紹介します。この分野では3次元CGによって構成された初等・中等教育用教材の開発やCGアニメーションの開発に取り組んでいます。たとえば小学校低学年向けのデジタル教材づくりでは、あいさつの大切さを楽しく学べる学習システムを制作。主人公のクマが勇気を出してあいさつをすることで友達と仲よくなっていくストーリー仕立てになっています。子どもたちは物語に夢中になりながら、教材を通して自然にコミュニケーションの大切さを学ぶことができます。ほかにも漢字の成り立ちや数学の図形・文章問題を学ぶ教材の開発などにも取り組んでいます。

日常のいたるところで活用されているCG・Web。社会で必要とされる実用的な仕組みを一緒に学びましょう。

授業・ゼミの雰囲気

軸となるプログラミングスキルをマスターすれば、応用力は自然と身につく

松下先生が担当する「ゲーム・CG・Webデザイン研究室」では、CGでキャラクターのデザインや動きを考案したり、CGやWebを活かした3Dゲームを制作したりしている。「ゼミでは社会に出てから求められる実用的なスキルを習得します。たとえばJavaやC言語など、何かひとつプログラミングスキルを身につければ、IT業界に就職した際に必ず役に立ちます。ひとつのスキルをマスターすれば、それを軸に応用していけるので」と松下先生。また「息抜きも必要」と定期的に全員で食事会をするなどアットホームな雰囲気も魅力的だ。

全部で20名ほどいる松下ゼミ。和気あいあいとした雰囲気ながらも、活発なディスカッションが行われる

キミへのメッセージ

勉強と同じくらい大切!一生ものの仲間を見つけよう

学生のうちは勉強も大事ですが、社会に出てから必要とされるコミュニケーションスキルも磨いてほしいですね。そのためにも学内・学外問わずたくさんの友達をつくり、一生ものの仲間を見つけてください。

この先生・教授に出会えるのは…

東京情報大学 総合情報学部 総合情報学科

システム、ゲーム、スポーツ、経営、メディア…情報学の基礎から深化するカリキュラムで、多様な分野での実践力を磨く…詳しくみる

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。
東京情報大学(私立大学/千葉)