• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 北海道医療大学

私立大学/北海道

北海道医療大学

ホッカイドウイリョウダイガク

学部学科を越えた出会いと交流。さまざまな専門職が連携する「チーム医療」を学ぶ。

医療や福祉の専門職をめざす3000人以上の学生がともに学ぶ、医療系総合大学です。学部学科を越えた多彩な授業が行われており、多職種への理解を深め、「チーム医療」で活躍できる高度な医療人を育成します。

北海道医療大学の特長

学校の特長1

実習教育にも活用される2つの附属医療機関と、地上10階建ての中央講義棟。

札幌あいの里キャンパスには、医科11科、歯科4科のほか医療心理室や言語聴覚治療室も備えた北海道医療大学病院。当別キャンパスには、歯科部門に多彩な専門外来を備えた歯科クリニック。2つの附属医療機関は、医療や福祉の多彩な専門職が連携するチーム医療の身近な現場で、実習の場としても活用されています。また、当別キャンパスには地上10階建ての中央講義棟を設置。薬学科、理学療法学科、作業療法学科の実習室に加えて、2015年度から当別キャンパスに移転した臨床心理学科、言語聴覚療法学科の施設・設備も。さらに、最上階には展望ラウンジやカフェも備えた本学の新たなランドマークです。

学校の特長2

臨床実習は全学科必修。実践力を重視する医療系総合大学ならではの実習体制。

実際の患者さんとコミュニケーションをはかり、高い実践力を身につけることを重視しています。臨床実習は札幌市内の総合病院を中心に実施。なかでも、全国的に珍しく心理学系の学科で臨床実習が必修です。また、臨床実習の効果を高めるために、体系的な実習体制を整備。たとえば、臨床実習前には、専門職に必要な基本的手技やマナーが評価されるOSCE(オスキー:客観的臨床能力試験)を全学部で実施しています。検査の手順はもちろん、患者さんに対する説明や表情の観察ができているかどうかなども細かく確認することができるため、臨床実習開始まで効率的なトレーニングを行うことができます。

学校の特長3

学生10.8名に対して、専任教員が1名。一人ひとりの学びをきめ細かくフォロー。

一般的な大学に比べて教員数を多く確保し、少人数制の丁寧な指導を行っています。1クラス10~20名程度の担任制を採用しているほか、各教員が研究室を開放し学生の相談を受けるオフィスアワーも設置。学習内容から学生生活全般まで、幅広くサポートしています。また、教育内容の改善に取り組む大学教育開発センターを設置。医療人としての豊かな人間性の育成をめざし、全学部が共通で学ぶ科目群である全学教育科目を導入しているほか、高校で履修していなかった、あるいは苦手だった化学・生物・物理を基礎から学ぶ科目も配置。学生アンケートや教員研修など、授業方法の開発・改善にも取り組んでいます。

学校の特長1

実習教育にも活用される2つの附属医療機関と、地上10階建ての中央講義棟。

札幌あいの里キャンパスには、医科11科、歯科4科のほか医療心理室や言語聴覚治療室も備えた北海道医療大学病院。当別キャンパスには、歯科部門に多彩な専門外来を備えた歯科クリニック。2つの附属医療機関は、医療や福祉の多彩な専門職が連携するチーム医療の身近な現場で、実習の場としても活用されています。また、当別キャンパスには地上10階建ての中央講義棟を設置。薬学科、理学療法学科、作業療法学科の実習室に加えて、2015年度から当別キャンパスに移転した臨床心理学科、言語聴覚療法学科の施設・設備も。さらに、最上階には展望ラウンジやカフェも備えた本学の新たなランドマークです。

学校の特長2

臨床実習は全学科必修。実践力を重視する医療系総合大学ならではの実習体制。

実際の患者さんとコミュニケーションをはかり、高い実践力を身につけることを重視しています。臨床実習は札幌市内の総合病院を中心に実施。なかでも、全国的に珍しく心理学系の学科で臨床実習が必修です。また、臨床実習の効果を高めるために、体系的な実習体制を整備。たとえば、臨床実習前には、専門職に必要な基本的手技やマナーが評価されるOSCE(オスキー:客観的臨床能力試験)を全学部で実施しています。検査の手順はもちろん、患者さんに対する説明や表情の観察ができているかどうかなども細かく確認することができるため、臨床実習開始まで効率的なトレーニングを行うことができます。

学校の特長3

学生10.8名に対して、専任教員が1名。一人ひとりの学びをきめ細かくフォロー。

一般的な大学に比べて教員数を多く確保し、少人数制の丁寧な指導を行っています。1クラス10~20名程度の担任制を採用しているほか、各教員が研究室を開放し学生の相談を受けるオフィスアワーも設置。学習内容から学生生活全般まで、幅広くサポートしています。また、教育内容の改善に取り組む大学教育開発センターを設置。医療人としての豊かな人間性の育成をめざし、全学部が共通で学ぶ科目群である全学教育科目を導入しているほか、高校で履修していなかった、あるいは苦手だった化学・生物・物理を基礎から学ぶ科目も配置。学生アンケートや教員研修など、授業方法の開発・改善にも取り組んでいます。

学校の特長1

実習教育にも活用される2つの附属医療機関と、地上10階建ての中央講義棟。

札幌あいの里キャンパスには、医科11科、歯科4科のほか医療心理室や言語聴覚治療室も備えた北海道医療大学病院。当別キャンパスには、歯科部門に多彩な専門外来を備えた歯科クリニック。2つの附属医療機関は、医療や福祉の多彩な専門職が連携するチーム医療の身近な現場で、実習の場としても活用されています。また、当別キャンパスには地上10階建ての中央講義棟を設置。薬学科、理学療法学科、作業療法学科の実習室に加えて、2015年度から当別キャンパスに移転した臨床心理学科、言語聴覚療法学科の施設・設備も。さらに、最上階には展望ラウンジやカフェも備えた本学の新たなランドマークです。

学校の特長2

臨床実習は全学科必修。実践力を重視する医療系総合大学ならではの実習体制。

実際の患者さんとコミュニケーションをはかり、高い実践力を身につけることを重視しています。臨床実習は札幌市内の総合病院を中心に実施。なかでも、全国的に珍しく心理学系の学科で臨床実習が必修です。また、臨床実習の効果を高めるために、体系的な実習体制を整備。たとえば、臨床実習前には、専門職に必要な基本的手技やマナーが評価されるOSCE(オスキー:客観的臨床能力試験)を全学部で実施しています。検査の手順はもちろん、患者さんに対する説明や表情の観察ができているかどうかなども細かく確認することができるため、臨床実習開始まで効率的なトレーニングを行うことができます。

学校の特長3

学生10.8名に対して、専任教員が1名。一人ひとりの学びをきめ細かくフォロー。

一般的な大学に比べて教員数を多く確保し、少人数制の丁寧な指導を行っています。1クラス10~20名程度の担任制を採用しているほか、各教員が研究室を開放し学生の相談を受けるオフィスアワーも設置。学習内容から学生生活全般まで、幅広くサポートしています。また、教育内容の改善に取り組む大学教育開発センターを設置。医療人としての豊かな人間性の育成をめざし、全学部が共通で学ぶ科目群である全学教育科目を導入しているほか、高校で履修していなかった、あるいは苦手だった化学・生物・物理を基礎から学ぶ科目も配置。学生アンケートや教員研修など、授業方法の開発・改善にも取り組んでいます。

オープンキャンパスに行ってみよう!

詳細を見る

2017北海道医療大学オープンキャンパス

【イベント概要】 楽しい体験授業や模擬講義を用意してお待ちしています。 在学生と直接お話しすることが…

続きを見る

北海道医療大学の学部・学科・コース

卒業後のキャリア

詳細を見る

薬剤師

大久保 利成さん

病院薬剤師であり、研究者。二つの分野を追求するスタイルを今後も続けていきたい。

他の卒業生一覧を見る

キャンパスライフレポート

詳細を見る

薬学部薬学科

舘巖 めぐみさん

他学部との授業、刺激をくれる友人。学びの熱意が高まる環境です。

他の先輩一覧を見る

入試情報

実施している前年度入試一覧

合格難易度

学費(初年度納入金)

■2017年度納入金【薬学部薬学科】190万円【歯学部歯学科】410万円【看護福祉学部看護学科】150万円【看護福祉学部臨床福祉学科】120万円【心理科学部臨床心理学科】120万円【リハビリテーション科学部理学療法学科】137万5000円【リハビリテーション科学部作業療法学科】137万5000円【リハビリテーション科学部言語聴覚療法学科】137万5000円
(全学部学科とも初年度の入学金30万円を含む)

就職・資格

卒業後の進路データ (2016年3月卒業生実績)

卒業者数415名
就職希望者数377名
就職者数370名
就職率98.1%(就職者数/就職希望者数)
進学者数21名
※歯学部は除く(歯科医師臨床研修制度により、卒業後は研修歯科医として、免許を受けた後1年以上、病院や診療所で臨床研修を行います)。

就職支援

学内合同就職相談会には、約300の団体が参加。独自のキャリア支援と、1万8000名を超える卒業生ネットワーク。

グループワークを通してキャリア観や社会人基礎力などを学ぶ特別キャリアデザイン講座。年間約60回開催される学科ごとの就職ガイダンス。病院、福祉施設、一般企業など300以上の団体が本学へ来訪する学内合同就職相談会。個別支援も徹底し、日常的な就職支援から模擬面接まで、さまざまな支援を行い、一人ひとりが自分に適した進路を見つけ、希望どおりの就職を叶えられるよう、独自のキャリア支援を充実させています。また、本学は1974年の開学から43年。1万8000名を超える卒業生による強固な全国ネットワークは、就職の際はもちろん、社会人になった後も頼りになります。

問い合わせ先・所在地・アクセス

北海道医療大学

(入試広報課)

〒061-0293 北海道石狩郡当別町金沢1757
TEL:0120-068-222

所在地 アクセス 地図・路線案内
当別キャンパス : 北海道石狩郡当別町金沢1757 「北海道医療大学」駅(直結)から徒歩 1分

地図

 

路線案内

北海道医療大学(私立大学/北海道)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    “志”をもった仲間がつどい、確かな将来像を描いていく「経済」「保健福祉」の2学部

  • Photo

    医療・福祉分野7職種の専門家を育成。豊富な実習で知識と技術を磨きます

  • Photo

    「主体性」「考える力」「国語力」…実社会で求められるスキルを磨く

  • Photo

    医療福祉、総合政策、IT・建築のスペシャリストとの協同で、問題に応えられる人を育む

  • Photo

    赤十字の理念を活かし、国内外で活躍できる看護師を目指す。返還免除の奨学金制度も!

  • Photo

    医療・福祉の現場から誕生した、日本医療大学。

  • Photo

    看護・作業療法・言語聴覚療法の3分野で、地域貢献のできる保健・医療の専門家になる

  • Photo

    札幌で育む、豊かな教養と国際的視野。北海道屈指の文系総合大学

  • Photo

    2018年4月、北海道薬科大学の実績と伝統を継承。幅広い分野の学びから確かな未来へ!

  • Photo

    障害予防リハビリテーションの実践を重視した新しい大学です(2017年4月開学)

次へ