• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 愛知工業大学

私立大学/愛知

アイチコウギョウダイガク

「工学部」「経営学部」「情報科学部」。ものづくりを中心とした“工科系総合大学”

これからの社会で必要とされる幅広い教養と知識、斬新な発想を備えた人材を育成。理系・文系といった従来の枠にとらわれることのない学問編成で“新しい学問”の形を展開していきます。

愛知工業大学の特長

学校の特長1

社会を支えるテクノロジー・提案力を備えた経営知識・最先端の情報技術を身につけます

工学部では、優れたエンジニアの育成を目的とし、電気や応用化学、機械、建築や都市環境を学びます。専門分野ごとに工学の基礎教育を重視。基本となる技術を応用し、実験や実習などで実践力を身につけ、社会への貢献をめざします。経営学部では、企業経営システムとコンピュータ情報技術から、スポーツビジネスの運営と情報管理、世界経済の動向を意識し企画・立案・実行する能力を身につけます。また情報科学部では、コンピュータのハードウェア、ソフトウェア自体とその活用法について学び、技術者・クリエイターや、システム構築の企画・開発・実現を行う人物をめざします。

学校の特長2

2017年9月、八草キャンパスに応用化学科バイオ環境化学実験棟が完成予定!

誰でも自由に木材や金属加工の機械を使用し、常駐する技術指導員の指導を受けながら、創造をカタチにすることができるものづくり空間「みらい工房」をはじめ、資格取得や就職支援など、愛工大には学生の意欲やキャンパスライフをサポートする制度や施設がたくさんあります。また、学びや研究の成果を社会に還元することを目的に、複数の国際共同研究が進行する「総合技術研究所」や「エコ電力研究センター」、国内の大学では最大級・最新鋭を誇る「耐震実験センター」、東海地域の地震防災研究の拠点にもなっている「地域防災研究センター」など充実の研究施設を完備。2017年9月には、応用化学科バイオ環境化学実験棟が完成予定です。

学校の特長3

2017年3月卒業生の実就職率97.1%(全国第4位/全国私大第3位)

卒業生に対する高い社会的評価と教員・キャリアセンターによる熱心な就職指導が、長年にわたる高い就職実績を支えています。約730社が加盟する学園の後援組織「愛名会」も、企業展開催のほか、各種インターンシップなどに協力。学生一人ひとりの適性に合った進路を選択できるよう、教員とキャリアセンター職員が緊密に連携を取り、きめ細かな対応で就職活動をサポートします。【2017年3月卒業生の実就職率97.1%(就職1,126名)】 工学部98.2%(就職757名)、経営学部94.2%(就職162名)、情報科学部95.4%(就職207名) ※毎日新聞社「サンデー毎日(2017.8.6発行)」卒業者数1000人以上の全国240大学 実就職率ランキング(大学通信調べ)

右へ
左へ
学校の特長1

社会を支えるテクノロジー・提案力を備えた経営知識・最先端の情報技術を身につけます

工学部では、優れたエンジニアの育成を目的とし、電気や応用化学、機械、建築や都市環境を学びます。専門分野ごとに工学の基礎教育を重視。基本となる技術を応用し、実験や実習などで実践力を身につけ、社会への貢献をめざします。経営学部では、企業経営システムとコンピュータ情報技術から、スポーツビジネスの運営と情報管理、世界経済の動向を意識し企画・立案・実行する能力を身につけます。また情報科学部では、コンピュータのハードウェア、ソフトウェア自体とその活用法について学び、技術者・クリエイターや、システム構築の企画・開発・実現を行う人物をめざします。

学校の特長2

2017年9月、八草キャンパスに応用化学科バイオ環境化学実験棟が完成予定!

誰でも自由に木材や金属加工の機械を使用し、常駐する技術指導員の指導を受けながら、創造をカタチにすることができるものづくり空間「みらい工房」をはじめ、資格取得や就職支援など、愛工大には学生の意欲やキャンパスライフをサポートする制度や施設がたくさんあります。また、学びや研究の成果を社会に還元することを目的に、複数の国際共同研究が進行する「総合技術研究所」や「エコ電力研究センター」、国内の大学では最大級・最新鋭を誇る「耐震実験センター」、東海地域の地震防災研究の拠点にもなっている「地域防災研究センター」など充実の研究施設を完備。2017年9月には、応用化学科バイオ環境化学実験棟が完成予定です。

学校の特長3

2017年3月卒業生の実就職率97.1%(全国第4位/全国私大第3位)

卒業生に対する高い社会的評価と教員・キャリアセンターによる熱心な就職指導が、長年にわたる高い就職実績を支えています。約730社が加盟する学園の後援組織「愛名会」も、企業展開催のほか、各種インターンシップなどに協力。学生一人ひとりの適性に合った進路を選択できるよう、教員とキャリアセンター職員が緊密に連携を取り、きめ細かな対応で就職活動をサポートします。【2017年3月卒業生の実就職率97.1%(就職1,126名)】 工学部98.2%(就職757名)、経営学部94.2%(就職162名)、情報科学部95.4%(就職207名) ※毎日新聞社「サンデー毎日(2017.8.6発行)」卒業者数1000人以上の全国240大学 実就職率ランキング(大学通信調べ)

右へ
左へ
学校の特長1

社会を支えるテクノロジー・提案力を備えた経営知識・最先端の情報技術を身につけます

工学部では、優れたエンジニアの育成を目的とし、電気や応用化学、機械、建築や都市環境を学びます。専門分野ごとに工学の基礎教育を重視。基本となる技術を応用し、実験や実習などで実践力を身につけ、社会への貢献をめざします。経営学部では、企業経営システムとコンピュータ情報技術から、スポーツビジネスの運営と情報管理、世界経済の動向を意識し企画・立案・実行する能力を身につけます。また情報科学部では、コンピュータのハードウェア、ソフトウェア自体とその活用法について学び、技術者・クリエイターや、システム構築の企画・開発・実現を行う人物をめざします。

学校の特長2

2017年9月、八草キャンパスに応用化学科バイオ環境化学実験棟が完成予定!

誰でも自由に木材や金属加工の機械を使用し、常駐する技術指導員の指導を受けながら、創造をカタチにすることができるものづくり空間「みらい工房」をはじめ、資格取得や就職支援など、愛工大には学生の意欲やキャンパスライフをサポートする制度や施設がたくさんあります。また、学びや研究の成果を社会に還元することを目的に、複数の国際共同研究が進行する「総合技術研究所」や「エコ電力研究センター」、国内の大学では最大級・最新鋭を誇る「耐震実験センター」、東海地域の地震防災研究の拠点にもなっている「地域防災研究センター」など充実の研究施設を完備。2017年9月には、応用化学科バイオ環境化学実験棟が完成予定です。

学校の特長3

2017年3月卒業生の実就職率97.1%(全国第4位/全国私大第3位)

卒業生に対する高い社会的評価と教員・キャリアセンターによる熱心な就職指導が、長年にわたる高い就職実績を支えています。約730社が加盟する学園の後援組織「愛名会」も、企業展開催のほか、各種インターンシップなどに協力。学生一人ひとりの適性に合った進路を選択できるよう、教員とキャリアセンター職員が緊密に連携を取り、きめ細かな対応で就職活動をサポートします。【2017年3月卒業生の実就職率97.1%(就職1,126名)】 工学部98.2%(就職757名)、経営学部94.2%(就職162名)、情報科学部95.4%(就職207名) ※毎日新聞社「サンデー毎日(2017.8.6発行)」卒業者数1000人以上の全国240大学 実就職率ランキング(大学通信調べ)

右へ
左へ

愛知工業大学からのメッセージ

★★女子学生推薦★★女性の感性を将来、工学・経営学・情報科学などの分野で活かしたいという意欲いっぱいの女子のための入試。出願期間は10月13日(金)~10月18日(水)※詳細は募集要項をご確認ください。

(9/21更新)

愛知工業大学の学部・学科・コース

キャンパスライフレポート

詳細を見る

工学部 機械学科 機械工学専攻

青木 伸也さん

「全日本 学生フォーミュラ大会」で好成績を収めることが今の目標!

入試情報

実施している入試一覧

合格難易度

学費(初年度納入金)

【2017年度納入金】 工学部/158万円、経営学部/138万円、情報科学部/156万円
(詳細は要項をご参照ください)

就職・資格

卒業後の進路データ (2017年3月卒業生実績)

卒業者数1,270名
就職者数1,126名
就職率97.1%(就職者数/卒業者数)
進学者数110名
※上記の就職率は、実就職率で掲載しています。実就職率=就職者数÷(卒業者数-進学者数)

就職支援

将来ビジョンを明確にすることから、具体的な就職活動サポートまで、4年間一貫した進路支援体制

4年間をトータルで考え、学生が少しずつ進路実現のステップを昇っていけるよう、「キャリアセンター」が中心となり、段階的なサポートを実施。学生一人ひとりが目標を持ち、計画的に学び、就職活動をスムーズに進めるための力を身につけるまで、様々なプログラムや窓口支援、また企業情報の提供などを通して「就職活動の成功」を多角的にバックアップしています。多彩な就職ガイダンスや進路支援講座を開催するほか、Webサーバ上に求人情報を蓄積し、学外からでも求人検索できる独自のシステムを構築。約1万社の求人情報が検索でき、会社案内なども業種別・地域別に分類して提供しています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

入試広報課

〒470-0392 愛知県豊田市八草町八千草1247
TEL:0120-188-651

所在地 アクセス 地図・路線案内
八草キャンパス : 愛知県豊田市八草町八千草1247 リニモ「八草」駅から徒歩 約10分
愛知環状鉄道「八草」駅から徒歩 約10分
「八草」駅から無料シャトルバス 約3分

地図

 

路線案内

自由ヶ丘キャンパス : 愛知県名古屋市千種区自由ヶ丘2丁目49-2 名古屋市営地下鉄名城線「自由ケ丘」駅から徒歩 1分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2017年12月13日 11:57 facebook

    【本学のサイバーボランティア活動に対し警察庁から感謝状】  愛知県警と連携してインターネット上の有害情報監視などに取り組む本学のサイバーボランティア活動に対し、警察庁生活安全局情報技術犯罪対策課の大濱健志課長から11月14日付で感謝状が贈られました。  サイバーボランティアは愛知県警が県内の大学生有志に呼び掛けて発足し、本学での活動は今年で6年目を迎えます。本学では情報科学科の菱田隆彰教授が窓口となって学生ボランティアの募集や学内の取りまとめを行なっており、委嘱を受けた学生たちがサイバーパトロール活動としてインターネット上の違法薬物や児童ポルノ画像などの違法・有害情報に目を光らせて警察に通報しています。  今年度のサイバーパトロールでは、警察庁の児童被害防止対策通報期間の7月20日~9月30日にかけて、特にtwitter上の児童被害に関する通報に力を入れて取り組みました。期間中、愛知県ではtwitterを対象とする1万482件の児童被害防止対策通報が行われ、6784件が凍結・削除されました。これは全国のボランティア団体が行なった通報総数(約1万6000件)の半数を大きく上回っています。 「その中で、本学の学生による通報が約1500件ありました。今年度、新たに参加した学生の頑張りなどが高く評価してもらえたようです」と菱田教授は話しています。

    https://www.facebook.com/150427608415996/posts/1417876665004411

  • 2017年12月07日 09:34 facebook

    【知的計測制御技術研究室が『国際ロボット展』特別企画に出展】  11月29日~12月2日に東京ビッグサイトで行われた『国際ロボット展』において、知的計測制御技術研究室(電気学科・古橋秀夫教授)がロボットの展示やデモンストレーションを行いました。  同研究室が出展したのは、先月、沖縄で開催された海洋ロボットコンペティションで最優秀賞など入賞を果たした亀型ロボットとイルカ型ロボットの2体です。12月2日に国際ロボット展の特別企画展エリアに出展され、研究室に所属する大井円香さん、松井祐樹さん(いずれも大学院工学研究科博士前期課程電気電子工学専攻1年)がロボットの説明やデモンストレーションを行い、多くの来場者からの注目を集めました。  『国際ロボット展』は2年に1度開催される「世界最大規模のロボット専門展」であり、4日間で国内外から約13万人が来場しました。 【国際ロボット展】 http://biz.nikkan.co.jp/eve/irex/ 

    https://www.facebook.com/150427608415996/posts/1412250022233742

  • 2017年12月04日 15:01 facebook

    【自由ヶ丘キャンパスで地域連携イベントを開催】   経営学科経営情報システム専攻のIT経営研究室(石井成美教授)で学ぶ4年次学生10人と3年次学生12人が12月1日、名古屋商業高校の生徒と力を合わせ、同専攻が学ぶ自由ヶ丘キャンパス(名古屋市千種区)にて地域連携イベントを開催しました。  このイベントは、本学と近隣の名古屋商業高校とが連携して取り組んでいる地域共創活動の一環で、地域の人たちと共にまちづくりや地域課題の解決、地域活性化の推進を目的に実施しているプロジェクトです。  4回目の実施となる今回のイベントでは、自由ヶ丘地域店舗の商品を知ってもらおうと、名古屋商業高校の生徒約150人をはじめ、地域の人たちにイベント限定の地域店舗による商品コラボメニューを無料で試食・試飲してもらいました。また昨年度から実施している、同地域に花を植えたプランターを置いてもらう「花まちプロジェクト(ふりふら) http://www.ait.ac.jp/news/detail/0002350.html 」に対する賛同(署名)の呼びかけや、同専攻の小林富雄教授の研究室で取り組んでいる学生チャレンジプロジェクトの一環として、フードロス削減を目的とした「Mottainai プロジェクト」の紹介も行いました。  この日のために学生は、企画・立案からお店との交渉、会場設営など、プロジェクトの準備に半年以上、奮闘してきました。プロジェクトリーダーの福山範浩さん(経営学科4年)は「目的を達成するためには思った以上の苦労があることが、実際に経験してみてわかりました」と話していました。    また、会場に設置された高さ4メートルのクリスマスツリーには、靴下型の紙に来場者が書いた願い事が飾られており、華やかな雰囲気の中、学生と地域の人たちとが和やかに交流を深めていました。

    https://www.facebook.com/150427608415996/posts/1409653735826704

  • 2017年12月04日 13:42 facebook

    【ROTAX MAX Challenge Grand Final 第18回大会で7位】    11月4日~11日、ポルトガルのポルティマンで『ROTAX MAX ChallengeシリーズGrand Final 第18回大会』が開催され、本学レーシングカート部の水野皓稀選手(機械学科1年)がMAXクラスで7位に入る快挙を達成しました。   『ROTAX MAX Challengeシリーズ Grand Final』とはレーシングカートの世界大会です。毎年のシーズン末に世界中のMAXユーザーを集め、年齢別により異なるエンジンを使用した、DD2/MAX/Junior MAX/Mini Max/Micro Maxの5クラスでそれぞれ世界チャンピオンを決定します。  Grand Final大会に出場できるのは、各国&地域のシリーズでチャンピオン(及びそれに匹敵する順位)となった招待選手のみであり、水野選手はROTAX MAX Challenge大会で日本ランキング1位となったことを受けGrand Finalへ招待されました。  大会当日は1次予選を1位ゴール、その後2次、3次予選では順位を落としましたが準決勝で持ち直し、決意をあらたに挑んだ決勝では並みいる強豪のなか健闘し7位となりました。大会後には、大会の目的の一つでもある各国選手との交流が行われ、選手同士が互いの健闘をたたえあい友好を深めました。  水野選手は、「各国の代表が世界一を決める大会であり、実力勝負のレースで予選をトップ集団で走れたことはとても光栄。決勝は1位を狙える位置にいながら、先頭集団についていくのが精一杯で7位という結果で終わり少し悔いが残りましたが、レースを楽しむことができました」と話しました。今後のさらなる活躍が期待されます。

    https://www.facebook.com/150427608415996/posts/1409617019163709

  • 2017年12月01日 11:52 facebook

    【フェンシング部 全日本選手権に団体・個人で出場決定!】 11月14日~18日に東京都で行われたインカレの結果を受け、本学フェンシング部が下記の通り、「第70回 全日本選手権」に団体・個人ともに出場することが決定しました。応援よろしくお願いします。 【第70回 全日本選手権】 ■団体戦 12月15日~17日      越前市AW-Iスポーツアリーナ(福井県)      男子エペ   経営学科4年 佐藤彰太                同3年 吉田龍哉                同2年 遠山雄大                同1年 片元祐太 ■個人戦 12月7日~10日      駒沢オリンピック公園総合運動場体育館(東京都)      男子サーブル 経営学科3年 島田翔大                同3年 南 大地

    https://www.facebook.com/150427608415996/posts/1406591719466239

愛知工業大学(私立大学/愛知)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    企業が求める総合力と実践力を持った、モノづくりのスペシャリストを育成します。

  • Photo

    次代の社会を支える「工学」「情報」「デザイン」を、実学教育を通じて身につける。

  • Photo

    建築学科誕生+情報学部リニューアル。モノから入る教育で技術と想像力を育む。

  • Photo

    「モノとしくみを創る」人をつくる。手厚い教育で、あなたの学びをゼロからサポート。

  • Photo

    中部圏トップクラスの総合大学。文・理の枠を越えて学び、自らの道を究めよう

  • Photo

    トヨタ自動車が設立。日本の未来を担う技術者・研究者を育成

  • Photo

    イノベーション創出を可能にする「世代・分野・文化を超えた共創教育」を実践

  • Photo

    3学部8学科の総合大学。工学や環境、スポーツなど多彩な分野で活躍できる技術者に。

  • Photo

    実社会で通用する真の実力を養う7学部26学科がワンキャンパスに集まる総合大学

  • Photo

    独自プログラムと個別対応の就職サポートで、自分に合った仕事を目指そう!

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる