• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 愛知工業大学

私立大学/愛知

アイチコウギョウダイガク

「工学部」「経営学部」「情報科学部」。ものづくりを中心とした“工科系総合大学”

これからの社会で必要とされる幅広い教養と知識、斬新な発想を備えた人材を育成。理系・文系といった従来の枠にとらわれることのない学問編成で“新しい学問”の形を展開していきます。

愛知工業大学の特長

学校の特長1

社会を支えるテクノロジー・提案力を備えた経営知識・最先端の情報技術を身につけます

工学部では、優れたエンジニアの育成を目的とし、電気や応用化学、機械、建築や都市環境を学びます。専門分野ごとに工学の基礎教育を重視。基本となる技術を応用し、実験や実習などで実践力を身につけ、社会への貢献をめざします。経営学部では、企業経営システムとコンピュータ情報技術から、スポーツビジネスの運営と情報管理、世界経済の動向を意識し企画・立案・実行する能力を身につけます。また情報科学部では、コンピュータのハードウェア、ソフトウェア自体とその活用法について学び、技術者・クリエイターや、システム構築の企画・開発・実現を行う人物をめざします。

学校の特長2

2017年9月、八草キャンパスに応用化学科バイオ環境化学実験棟が完成予定!

誰でも自由に木材や金属加工の機械を使用し、常駐する技術指導員の指導を受けながら、創造をカタチにすることができるものづくり空間「みらい工房」をはじめ、資格取得や就職支援など、愛工大には学生の意欲やキャンパスライフをサポートする制度や施設がたくさんあります。また、学びや研究の成果を社会に還元することを目的に、複数の国際共同研究が進行する「総合技術研究所」や「エコ電力研究センター」、国内の大学では最大級・最新鋭を誇る「耐震実験センター」、東海地域の地震防災研究の拠点にもなっている「地域防災研究センター」など充実の研究施設を完備。2017年9月には、応用化学科バイオ環境化学実験棟が完成予定です。

学校の特長3

2017年3月卒業生の実就職率97.1%(全国第4位/全国私大第3位)

卒業生に対する高い社会的評価と教員・キャリアセンターによる熱心な就職指導が、長年にわたる高い就職実績を支えています。約730社が加盟する学園の後援組織「愛名会」も、企業展開催のほか、各種インターンシップなどに協力。学生一人ひとりの適性に合った進路を選択できるよう、教員とキャリアセンター職員が緊密に連携を取り、きめ細かな対応で就職活動をサポートします。【2017年3月卒業生の実就職率97.1%(就職1,126名)】 工学部98.2%(就職757名)、経営学部94.2%(就職162名)、情報科学部95.4%(就職207名) ※毎日新聞社「サンデー毎日(2017.8.6発行)」卒業者数1000人以上の全国240大学 実就職率ランキング(大学通信調べ)

右へ
左へ
学校の特長1

社会を支えるテクノロジー・提案力を備えた経営知識・最先端の情報技術を身につけます

工学部では、優れたエンジニアの育成を目的とし、電気や応用化学、機械、建築や都市環境を学びます。専門分野ごとに工学の基礎教育を重視。基本となる技術を応用し、実験や実習などで実践力を身につけ、社会への貢献をめざします。経営学部では、企業経営システムとコンピュータ情報技術から、スポーツビジネスの運営と情報管理、世界経済の動向を意識し企画・立案・実行する能力を身につけます。また情報科学部では、コンピュータのハードウェア、ソフトウェア自体とその活用法について学び、技術者・クリエイターや、システム構築の企画・開発・実現を行う人物をめざします。

学校の特長2

2017年9月、八草キャンパスに応用化学科バイオ環境化学実験棟が完成予定!

誰でも自由に木材や金属加工の機械を使用し、常駐する技術指導員の指導を受けながら、創造をカタチにすることができるものづくり空間「みらい工房」をはじめ、資格取得や就職支援など、愛工大には学生の意欲やキャンパスライフをサポートする制度や施設がたくさんあります。また、学びや研究の成果を社会に還元することを目的に、複数の国際共同研究が進行する「総合技術研究所」や「エコ電力研究センター」、国内の大学では最大級・最新鋭を誇る「耐震実験センター」、東海地域の地震防災研究の拠点にもなっている「地域防災研究センター」など充実の研究施設を完備。2017年9月には、応用化学科バイオ環境化学実験棟が完成予定です。

学校の特長3

2017年3月卒業生の実就職率97.1%(全国第4位/全国私大第3位)

卒業生に対する高い社会的評価と教員・キャリアセンターによる熱心な就職指導が、長年にわたる高い就職実績を支えています。約730社が加盟する学園の後援組織「愛名会」も、企業展開催のほか、各種インターンシップなどに協力。学生一人ひとりの適性に合った進路を選択できるよう、教員とキャリアセンター職員が緊密に連携を取り、きめ細かな対応で就職活動をサポートします。【2017年3月卒業生の実就職率97.1%(就職1,126名)】 工学部98.2%(就職757名)、経営学部94.2%(就職162名)、情報科学部95.4%(就職207名) ※毎日新聞社「サンデー毎日(2017.8.6発行)」卒業者数1000人以上の全国240大学 実就職率ランキング(大学通信調べ)

右へ
左へ
学校の特長1

社会を支えるテクノロジー・提案力を備えた経営知識・最先端の情報技術を身につけます

工学部では、優れたエンジニアの育成を目的とし、電気や応用化学、機械、建築や都市環境を学びます。専門分野ごとに工学の基礎教育を重視。基本となる技術を応用し、実験や実習などで実践力を身につけ、社会への貢献をめざします。経営学部では、企業経営システムとコンピュータ情報技術から、スポーツビジネスの運営と情報管理、世界経済の動向を意識し企画・立案・実行する能力を身につけます。また情報科学部では、コンピュータのハードウェア、ソフトウェア自体とその活用法について学び、技術者・クリエイターや、システム構築の企画・開発・実現を行う人物をめざします。

学校の特長2

2017年9月、八草キャンパスに応用化学科バイオ環境化学実験棟が完成予定!

誰でも自由に木材や金属加工の機械を使用し、常駐する技術指導員の指導を受けながら、創造をカタチにすることができるものづくり空間「みらい工房」をはじめ、資格取得や就職支援など、愛工大には学生の意欲やキャンパスライフをサポートする制度や施設がたくさんあります。また、学びや研究の成果を社会に還元することを目的に、複数の国際共同研究が進行する「総合技術研究所」や「エコ電力研究センター」、国内の大学では最大級・最新鋭を誇る「耐震実験センター」、東海地域の地震防災研究の拠点にもなっている「地域防災研究センター」など充実の研究施設を完備。2017年9月には、応用化学科バイオ環境化学実験棟が完成予定です。

学校の特長3

2017年3月卒業生の実就職率97.1%(全国第4位/全国私大第3位)

卒業生に対する高い社会的評価と教員・キャリアセンターによる熱心な就職指導が、長年にわたる高い就職実績を支えています。約730社が加盟する学園の後援組織「愛名会」も、企業展開催のほか、各種インターンシップなどに協力。学生一人ひとりの適性に合った進路を選択できるよう、教員とキャリアセンター職員が緊密に連携を取り、きめ細かな対応で就職活動をサポートします。【2017年3月卒業生の実就職率97.1%(就職1,126名)】 工学部98.2%(就職757名)、経営学部94.2%(就職162名)、情報科学部95.4%(就職207名) ※毎日新聞社「サンデー毎日(2017.8.6発行)」卒業者数1000人以上の全国240大学 実就職率ランキング(大学通信調べ)

右へ
左へ

愛知工業大学からのメッセージ

★★女子学生推薦★★女性の感性を将来、工学・経営学・情報科学などの分野で活かしたいという意欲いっぱいの女子のための入試。出願期間は10月13日(金)~10月18日(水)※詳細は募集要項をご確認ください。

(9/21更新)

愛知工業大学の学部・学科・コース

キャンパスライフレポート

詳細を見る

工学部 機械学科 機械工学専攻

青木 伸也さん

「全日本 学生フォーミュラ大会」で好成績を収めることが今の目標!

入試情報

実施している入試一覧

合格難易度

学費(初年度納入金)

【2017年度納入金】 工学部/158万円、経営学部/138万円、情報科学部/156万円
(詳細は要項をご参照ください)

就職・資格

卒業後の進路データ (2017年3月卒業生実績)

卒業者数1,270名
就職者数1,126名
就職率97.1%(就職者数/卒業者数)
進学者数110名
※上記の就職率は、実就職率で掲載しています。実就職率=就職者数÷(卒業者数-進学者数)

就職支援

将来ビジョンを明確にすることから、具体的な就職活動サポートまで、4年間一貫した進路支援体制

4年間をトータルで考え、学生が少しずつ進路実現のステップを昇っていけるよう、「キャリアセンター」が中心となり、段階的なサポートを実施。学生一人ひとりが目標を持ち、計画的に学び、就職活動をスムーズに進めるための力を身につけるまで、様々なプログラムや窓口支援、また企業情報の提供などを通して「就職活動の成功」を多角的にバックアップしています。多彩な就職ガイダンスや進路支援講座を開催するほか、Webサーバ上に求人情報を蓄積し、学外からでも求人検索できる独自のシステムを構築。約1万社の求人情報が検索でき、会社案内なども業種別・地域別に分類して提供しています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

入試広報課

〒470-0392 愛知県豊田市八草町八千草1247
TEL:0120-188-651

所在地 アクセス 地図・路線案内
八草キャンパス : 愛知県豊田市八草町八千草1247 リニモ「八草」駅から徒歩 約10分
愛知環状鉄道「八草」駅から徒歩 約10分
「八草」駅から無料シャトルバス 約3分

地図

 

路線案内

自由ヶ丘キャンパス : 愛知県名古屋市千種区自由ヶ丘2丁目49-2 名古屋市営地下鉄名城線「自由ケ丘」駅から徒歩 1分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2018年01月15日 14:05 facebook

    【院生2人が電気設備学会全国大会で発表奨励賞を受賞】  大学院工学研究科博士前期課程・電気電子工学専攻2年の安藤晴信さんと同1年の大脇大輝さんが、2017年(第35回)電気設備学会全国大会で発表奨励賞を受賞しました。  電気エネルギー工学研究室(電気学科・依田正之教授/箕輪昌幸教授)に所属する安藤さんは「夏の暑い時期に被害状況の聞き取り調査をした苦労が報われました」、電力システム工学研究室(電気学科・雪田和人教授/松村年郎教授)に所属する大脇さんは「評価していただき、研究への意欲がさらに高まりました」と、それぞれ受賞の喜びを話しています。 ※詳細は大学公式HP http://www.ait.ac.jp/news/detail/0003009.html

    https://www.facebook.com/150427608415996/posts/1447418325383578

  • 2018年01月06日 09:33 facebook

    【知的計測制御技術研究室 Dr S. Parthasarathy Memorial Awardを受賞】  知的計測制御技術研究室(電気学科・古橋秀夫教授)の研究論文がUltrasonic Society of India のDr S. Parthasarathy Memorial Awardを受賞しました。この賞は1年間に同Societyで発表された超音波に関する研究論文の内、最も優れている研究論文1件に対して与えられる賞です。   古橋教授と本学大学院電気・材料工学専攻博士後期課程に在籍していたSahdev Kumarさんの共著により、同SocietyのJournal of Pure Ultrasonicsに発表された"Anisotropic divergence controlled ultrasonic transmitter array for three-dimensional range imaging(3次元レンジイメージングのための異方性広がり角制御型超音波送信アレー)"が授賞しました。  この研究は、空間にある物体の3次元形状を超音波で計測する技術で、従来の性能を大幅に改善したものです。Sahdev Kumarさんはインドからの留学生で、本学在学中に古橋教授のもとで研究を行い、ヨーロッパや母国などの学術誌に4件の研究論文を発表。本年3月に博士号の学位を取得しました。その発表論文の内の1つが今回の受賞の対象と成りました。

    https://www.facebook.com/150427608415996/posts/1439010932890984

  • 2017年12月25日 15:27 facebook

    【アメリカ物理学会 流体力学部門 学生ポスターセッションで1位】  11月19日~21日、アメリカ・コロラド州デンバーで開催された『The 70th Annual Meeting of the American Physical Society Division of Fluid Dynamics(第70回 アメリカ物理学会 流体力学部門)』の学生ポスターセッションで、応用物理研究室(機械学科・中山雄行准教授)に所属する山本圭恭さん(大学院工学研究科博士前期課程1年)が1位に選ばれました。この国際会議は、流体力学の研究コミュニティにおける世界最大の集まりの一つであり、今回は全体で約3000件がエントリーしました。  山本さんの地道な研究成果が世界的に認められたことについて、同席していた世界第一線で活躍する九州大学の研究所所長からは「APS(アメリカ物理学会) で1位ということは、野球に例えるとワールドベースボール(クラシック)で1位というのと同じくらいの快挙です」と祝福の言葉をいただき、山本さんは「ようやく実感がわいてきました。大きな励みになります」と、同じ流体力学を研究する他大学の先生方と共に受賞を喜びました。 ※詳細は大学ホームページ http://www.ait.ac.jp/news/detail/0002993.html

    https://www.facebook.com/150427608415996/posts/1428381423953935

  • 2017年12月22日 15:59 facebook

    【電気学科 演算増幅器設計コンテストで7位入賞】  12月8日に東京工業大学で開催された「平成29年 演算増幅器設計コンテスト」(応用科学学会主催)で、光量子デバイス研究室(電気学科・五島敬史郎准教授)の伊藤裕也さん(電気学科4年)がシミュレーションの部において7位入賞しました。  同コンテストは、集積回路の電子回路設計技術を競うコンテストで、課題基準を満たす回路を設計できた学生のみが参加することができます。参加者はそこからさらに改良を進めていきます。回路の性能は主催側のスーパーコンピュータにより自動的にシミュレーションされ評価が行われます。競技中は随時、暫定順位がWEB上に公開されており、自分の順位を確認しながら参加者同士が設計技術を競い合うというもので、演算増幅器の設計・試作・評価を通してアナログ集積回路技術全般を習得した即戦力となる技術者の育成を目的としています。またこのコンテストには、大手半導体メーカーが多数協賛し注目されています。 ※詳細は大学ホームページ http://www.ait.ac.jp/news/detail/0002991.html

    https://www.facebook.com/150427608415996/posts/1425881797537231

  • 2017年12月21日 09:15 facebook

    【情報科学科ユビキタス情報処理研究室(梶克彦准教授)の学生ら3件受賞】   情報科学科ユビキタス情報処理研究室(梶克彦准教授)の学生たちが、学会などで3件の賞を受けました。  麻生祐輝さん(4年生)は、情報処理学会モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム研究会のWork in Progress奨励発表賞を受賞しました。発表した「グループ内貢献心とグループ間競争心を刺激するヘルスケア促進システム」は、従来あった個人向けでなく、グループ間の競争に適用させた健康づくりのプログラムです。ゲーム性を持たせた運動で好奇心を刺激するなどの手法で、スマートフォンを用いて運動量の測定収集を行い、そのデータを整理してモチベーションを刺激する情報提示を行いました。運動量を視覚化し、複数グループ間の活動量の可視化システムを構築することでグループ同士やグループ内で運動量の競争をさせ、モチベーション向上を目指しています。  丹羽美乃さん(大学院1年生)は、IoT開発者向けの「IoTデバイスの時系列通信パターンの分類」によりWiNF2017(第15回情報学ワークショップ)で優秀ポスター発表賞を受賞しました。IoTデバイスは今後、1つのデバイスが複数の通信方法を持つと考えられます。適切な通信路やパラメータを設定するのが困難となることから、通信手段や経路の設定をフレームワーク化し、IoTデバイスの適切な通信の振り分けを目指しました。通信パターンを分析するために様々な場面ごとで典型的なIoTデバイスを列挙し、現状の通信パターンに着目して「通信手段」「通信量」「通信の信頼性」「通信するタイミング」「通信先」の5項目に分類。通信のタイミングとデータ量の時系列変化のパターンに基づき、適切に通信経路や手段を設定できるよう検討しました。  大鐘勇輝さんと水野涼雅さん(ともに1年生)は、日本最大級の開発コンテスト「Mashup Award2017」にチームで参加し、Internet of Awesome Things部門賞決勝に進んで「IoTあるじゃん賞」を受賞しました。二人が開発したのは、電子工作中に取り出した抵抗が指定した抵抗値の抵抗かどうかを、機械学習から判断して仕分ける「半自動抵抗仕分け機」です。「カラーコードが読めないからどれがどの抵抗値か分からない」「視力の低下や衰えなどから抵抗の見分けがつかない」というとき、この装置を使えばほしい抵抗を見つけることができます。MicrosoftのCustom Vision Serviceで数種類の抵抗の画像を学習させ、その学習データを基に、実際の抵抗がユーザーの求める抵抗かどうかで左右に振り分けます。  今回の受賞を受け、学生たちは「学外の人からのアドバイスが刺激になりました。研究を進めていく自信がつきました」と喜びを話しています。 写真は左から麻生祐輝さん、丹羽美乃さん、大鐘勇輝さん、水野涼雅さん

    https://www.facebook.com/150427608415996/posts/1424835144308563

愛知工業大学(私立大学/愛知)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    企業が求める総合力と実践力を持った、モノづくりのスペシャリストを育成します。

  • Photo

    次代の社会を支える「工学」「情報」「デザイン」を、実学教育を通じて身につける。

  • Photo

    建築学科誕生+情報学部リニューアル。モノから入る教育で技術と想像力を育む。

  • Photo

    「モノとしくみを創る」人をつくる。手厚い教育で、あなたの学びをゼロからサポート。

  • Photo

    中部圏トップクラスの総合大学。文・理の枠を越えて学び、自らの道を究めよう

  • Photo

    トヨタ自動車が設立。日本の未来を担う技術者・研究者を育成

  • Photo

    イノベーション創出を可能にする「世代・分野・文化を超えた共創教育」を実践

  • Photo

    3学部8学科の総合大学。工学や環境、スポーツなど多彩な分野で活躍できる技術者に。

  • Photo

    実社会で通用する真の実力を養う7学部26学科がワンキャンパスに集まる総合大学

  • Photo

    独自プログラムと個別対応の就職サポートで、自分に合った仕事を目指そう!

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路