• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 札幌学院大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 経済学部
  • 経済学科

私立大学/北海道

サッポロガクインダイガク

経済学科

募集人数:
150人

チラシの商品の原価は? デフレの仕組みとは? 身近に存在する需要と供給の関係をはじめ、経済の本質を学び追究する

学べる学問
  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

目指せる仕事
  • 会社経営者

    会社の業績、戦略判断、すべてに関して最終判断と責任を負う

    会社が活動を行う上での、事業戦略、資金対策、取引先対応、社員管理などあらゆる問題について、次の方向を示したり難しい決断を下したりする最高責任者。大企業以外では営業活動の第一線で活躍していることも少なくない。

  • 営業

    商品や企画を売るため、企業の最前線で活躍する

    取引先の開拓と、営業活動を行う。取り扱う商品により営業方法も異なり、店舗営業型、ルート営業型、窓口営業型、新規開拓型営業などさまざま。どちらにしても会社の利益をあげるための重要な仕事。売り上げを伸ばすためには、自分の提案内容や、お客様との人間関係が大きなポイントとなる。

  • 企画・調査

    会社の事業戦略のおおもとになるデータを収集・分析し戦略の方向性を示す

    民間企業などで、事業戦略を定める際、その基礎となるさまざまなデータを収集し戦略の方向性を示す仕事。業績の詳細な分析、市場規模や消費者のニーズの調査、予算シミュレーションなど、緻密な作業と分析力が必要とされる。あらゆる業種の企業にあり。

  • 経理

    売上げや利益などの数字によって、経営活動を把握する

    いろいろな経営活動の状況や結果を金銭的な数字によって表し、正しく測定する仕事。数字を通じて経営上の欠点を見つけ、各部門の活動の方向付けに直接つながる重要な業務。仕事の範囲は広く、多岐にわたるが、資金の計画・運用を手がける財務、固定資産の金銭的管理(管財)なども経理の仕事。

  • 一般事務

    データ入力や書類作りなどデスクワーク系作業で職場をサポート

    パソコンなどを使ってのデータ入力、資料や書類作り、社内連絡の取次やファイリングなど、周囲の業務を効率的に運ぶためのサポート的な作業を行う。デスクワークが主であり、仕事には正確性や効率性が求められる。

  • 財務

    企業の経営資金に関する戦略を経営者に提案する

    会社が経営を進めていく上で必要な資金を正しく算定し、最も有利な調達方法を経営者に提案する。株式の発行、銀行との折衝、M&Aなどを担当することもある。

  • 学芸員

    資料の研究や展示の企画などを行う、博物館などの専門職員

    博物館や美術館に勤務し、資料や作品の調査、研究、収集、保管から展覧会の企画・運営をしたり図録作成など幅広い業務を行う。デパートなどで、美術展の担当部署で働く場合もある。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

  • 社会教育主事

    教育委員会に籍をおき、公民館や博物館、図書館など社会教育を行う機関への助言や指導を行う。

    「生涯学習」という言葉が日常的に使われるようになってきた。公民館などで、パソコン、英会話などさまざまな講習会や勉強会が開かれている。また、博物館や図書館などでも、それぞれに工夫を凝らした学習プログラムを提供し、地域に広く開放している。各都道府県や市区町村の教育委員会に籍を置き、これらの生涯学習のプログラムやさまざまな社会教育に対して専門的な知識をもとに指導・助言を行うのが社会教育主事。社会教育主事になるための講習を受け認定を受ける必要がある。

初年度納入金:2018年度納入金 106万4000円 

学科の特長

学ぶ内容

現代社会の経済構造の変化や、情報技術の進展に応えるための知識と実践的能力を養成
単に市場だけで起きている問題にとどまらず、政治、法、文化、民族、そして自然環境などの諸問題と深く関係しているのが経済学。生産や消費といった市場経済の仕組みを考えることはもちろん、日々のニュースで取り上げられている、デフレ経済、グローバリズム、環境問題など、転換期特有の経済問題の深層にも迫ります。

カリキュラム

国や地域、そして産業や企業に対し、専門性を備え貢献できる人材育成を目指す
現代社会の経済構造の変化や情報技術の進展に応えるため、「地域・国際科目群」「企業・政府科目群」という2つのアプローチから経済学を学んでいきます。個々の専門性の向上と実践能力を開発するため、豊かな教養を身につけ、自身の政策課題をもって地域社会、さらには国際社会で活躍できる人材育成を目指します。

実習

生きた経済を学ぶには、実際に肌に触れ、実感することが大切
日々変化する経済の実態を知るには、肌で感じることが大切。そこで、「産業調査演習」では、フィールドワークを実施。市町村役場や各種団体、企業、商店街などでの聞き取り調査をはじめ、実践レベルの活動を展開しています。経済動向を見渡す理論や解決策の提案を学び、それらを生かす実践能力を身につけます。

ゼミ

時代に的確に対応できる専門的職業人養成を目的に、4年間一貫のゼミ教育を展開
1年次から4年次まで、各学年にゼミナールを設置した教育が本学科の特徴の一つ。1年次クラスを兼ねたプロ・ゼミナールは、現代社会研究の基礎を学びます。2年次の専門ゼミナールIでは関心分野を選択し、3・4年次の専門ゼミナールII・IIIでは討議を通じ、自己表現力を磨きます。

卒業後

生きた経済学の知識+資格を武器に第3次産業への就職が多い
社会人として必要な常識を磨き、生産や流通における人と人との関係を科学的に学んでいることから、流通分野や金融機関への就職に強い本学科。また、多くの学生は、在学中にエクステンション講座を利用し、さまざまな資格を取得。その資格を武器に、卸・小売業や金融・保険業をはじめ、大半が第3次産業に就職しています。

資格

就職の武器にするため、学生の多くは、多岐にわたる資格取得を在学中に実現
本学科の学生の多くは、在学中にさまざまな資格取得をし、就職活動に活かしています。学生が取得している資格は幅広く、主な例として、宅地建物取引士<国>、秘書技能検定、ビジネス実務法務検定試験(R)、国内および総合旅行業務取扱管理者<国>、各種パソコン検定やファイナンシャル・プランニング技能士<国>など。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【地理歴史】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【公民】<国> (1種) 、
  • 中学校教諭免許状【社会】<国> (1種) 、
  • 学芸員<国> 、
  • 社会教育主事任用資格

目標とする資格

    • 文部科学省後援 ビジネス能力検定(B検)ジョブパス 、
    • ファイナンシャル・プランナー【AFP・CFP(R)】 、
    • 宅地建物取引士<国>

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    株式会社北洋銀行 、 帯広信用金庫 、 空知信用金庫 、 北海道旅客鉄道株式会社 、 室蘭ガス株式会社 、 株式会社竹山 、 北海道森永乳業販売株式会社 、 株式会社アインファーマシーズ 、 北海道職員(一般行政) 、 警視庁 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒069-8555 北海道江別市文京台11番地 広報入試課
TEL:0120-816-555
nyusi@ims.sgu.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
北海道江別市文京台11番地 「大麻」駅南口から徒歩 10分
地下鉄東西線「新さっぽろ」駅直結のバス乗り場(北レーン)より9番または10番乗り場からJRバス乗車、12番乗り場から夕張鉄道バス乗車。いずれも「札幌学院大正門前」バス停まで約10分乗車、下車し徒歩 1分。

地図

 

路線案内


札幌学院大学(私立大学/北海道)