• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 千葉工業大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 先進工学部
  • 知能メディア工学科

私立大学/千葉・東京

チバコウギョウダイガク

知能メディア工学科

定員数:
110人

最先端のメディア工学・知識工学・情報デザインを駆使し、新時代のコミュニケーションを創出できる人材を育成

学べる学問
  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

目指せる仕事
  • 商品企画・開発

    過去の販売データや消費者の嗜好を分析して新しい商品を生み出す

    メーカーなどで新しい商品を企画し、開発する担当者。過去の販売データやトレンド、競合する商品の特徴、消費者から寄せられた声などを分析し、魅力的な新製品を企画。価格設定や販売戦略まで携わるケースも多い。今は、過去に売れた商品を踏襲しても売り上げが伸びなくなっているので、今までにない画期的な商品、独自の工夫を凝らした商品が求められている。その意味で商品企画・開発に期待される役割は大きくなっており、大ヒット商品を生み出した企画・開発担当者はマスコミなどで注目されることも少なくない。

  • ロボット設計技術者

    安全性・生産性の高いロボットを作る

    産業分野では、危険を伴う作業を安全に行ったり、生産性を向上するためにさまざまな産業用ロボットが活躍している。主に、それらのロボットの設計にかかわる仕事。効率よく作業をさせるためのシステム選びや部品選びをし、作業能力の高いロボットの構造を設計していく。

  • 電子機器技術者・研究者

    電子回路の組み込まれた製品の開発・研究

    冷蔵庫やテレビなどの家電製品をはじめ、パソコンやインターネット技術などあらゆる電子機器の回路設計や製造技術などの開発を行う。電子回路そのものの研究や、新たな電子機器への応用技術などを研究する人もいる。

初年度納入金:2019年度納入金 167万4500円  (入学金25万円を含む)

学科の特長

学ぶ内容

この世界に存在しない新時代のコミュニケーションを創出できる人材を育成
最先端のメディア工学・知識工学・情報デザインを駆使して、斬新な発想による技術開発を学びます。現在の水準を超えるバーチャルリアリティを実現したり、情報デザインで製品やシステムを使いやすいものにしたりと、今までにないものをつくるワクワクを味わいながら、新時代のコミュニケーションを創出できる人材を育成。

カリキュラム

知能メディア工学に関する総合的な力を身につける
知能メディア工学には、「メディア工学」「知識工学」「情報デザイン」の3領域があり、その基本を学ぶ「情報理論」「コミュニケーションデザイン演習」「メディア基礎」を必修科目に配置。3領域の実験や演習に取り組みながら、知能メディア工学に関する開発力や課題解決力を養います。

授業

音響、画像、人工知能、情報デザインなどを理解し、メディア工学の先進的な領域を開拓
知能メディア工学の基盤となる数学と物理を集中的に学び、基礎知識を修得。1年次の「知能メディア体験演習」では初歩的な作品制作にも挑戦。知識を応用する方法を体験しながら実践力を身につけ、専門領域の学びへと深めていきます。卒業研究では3領域にまたがる知識や技術を駆使して、システムや作品の制作に挑戦します。

研究室

好みの声をつくりだす「音声生成」を研究
近年、体内を可視化することで人が発声するときの声道の精密な形状などが明らかになり、声道模型や発話シミュレータを用いて、人間そっくりの母音を生成することが可能になりました。竹本浩典教授の研究室では、好みの音声を一からシミュレーションでつくり出す最先端の研究課題「音声生成」に取り組んでいます。
携帯端末のサポートで、会話をもっとスムーズ・スピーディに
携帯端末はこれまで遠く離れた人同士のコミュニケーションツールでしたが、森信一郎教授の研究室テーマは、対面でのコミュニケーションを円滑にするための携帯端末活用技術。簡単に情報共有できる仕組みで、会議や店舗での顧客対応、医師と患者の意思疎通などをサポートする携帯端末サービスの開発をめざしています。

卒業後

新たな知見や知識を創り出すことができるエンジニアへ
音響エンジニア、映像エンジニア、システムエンジニア、ネットワークエンジニア、ITエンジニア・コンサルタント、ユーザーインターフェイス設計エンジニア・デザイナー、情報デザイナー、Web企画デザイナー、商品企画デザイナー、専門性を備えた公務員など、新しいコミュニケーションを創出できる人材をめざします。

学べる学問

目指せる仕事

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    日立製作所、三菱電機、スズキ、日本電産、SMC 、 日立産機システム、新日本無線、メイテック、キヤノン電子 、 オリエンタルモーター、大創産業(ダイソー/DAISO) 、 キングジム、トラスト・テック 、 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構、日本郵便 、 オリエンタルランド、山九、東京東信用金庫、双葉電子工業 、 キヤノンメディカルシステム、富士通ゼネラル、東洋建設 、 高砂熱学工業、日特建設、コーセー、帝国通信工業、共同土木 、 東邦薬品、防衛省 航空自衛隊、警視庁 、 千葉県警察本部、東京都庁、千葉県庁、港区役所、沼田市役所 ほか

※ 内定先一覧

(先進工学部全体/2019年3月卒業予定者〈2019年1月時点〉)

入試・出願

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒275-0016 千葉県習志野市津田沼2-17-1 入試広報課
TEL 047-478-0222
cit@it-chiba.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
津田沼キャンパス(3・4年次、大学院) : 千葉県習志野市津田沼2-17-1 JR総武線「津田沼」駅前(南口)徒歩1分
新京成線「新津田沼」駅から徒歩3分

地図

 

路線案内

新習志野キャンパス(1・2年次) : 千葉県習志野市芝園2-1-1 JR京葉線「新習志野」駅から徒歩6分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

千葉工業大学(私立大学/千葉・東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る