• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 日本女子体育大学
  • 学校の特長

就職に強い

「なりたい自分になる!」そんなあなたの気持ちを応援します

体育大学卒業生の進路は体育教員やインストラクターというイメージが強いですが、実際には約半数の学生が一般企業に就職しています。その他にも、公務員や医療・福祉関係など活躍の場は多方面にわたります。キャリアセンターでは、学生の希望や適性にそった就職が実現できるよう、きめ細かな支援を実施。サポートメニューには、教員採用試験対策講座、幼稚園・保育園就職講座をはじめ、公務員講座、インターンシップなど目指す職業に合わせた幅広いサポートプログラムを用意。その成果は2020年3月卒業生の就職率99.5%(就職希望者382名、就職者380名)にも表れています。学校の特長1

クラブ・サークル活動が楽しめる

得意競技に打ち込みたい。新しい分野に挑戦したい。どちらも叶えられます!

ニチジョには、たくさんの運動部・文化部があります。運動部では、部員が100名を超えるバスケットボール部。全日本学生新体操選手権大会団体総合優勝の実績がある新体操部や、伝統ある陸上競技部、バレーボール部など。ダンス系では、モダンダンス部、競技ダンス部、舞踊部、ダンス・プロデュース研究部、ソングリーディング部。また、ほぼ全員が初心者というライフセービング部などが活動しています。文化部では、保育士や幼稚園教諭を目指す学生が集まる児童文化部などがあり、将来の仕事にも役立つスキルを楽しみながら習得しています。入部率は全学生の約50%。部活動だけでなくサークルやボランティアなど、様々な活動を楽しんでいます。学校の特長2

在校生・卒業生が魅力

“好き”という気持ちをカタチにするための意欲をもった学生が切磋琢磨しています

“体を動かすことが好き” “ダンスが好き” “子どもが好き”。ニチジョには、この“好き”という気持ちをカタチにしようとする意欲的な学生が集まっています。目標があるから、明るく、元気。つまずいてもくじけない強さをもっています。そんな学生たちは、教員やインストラクターになっても、ねばり強い指導力で高い評価を得ています。また、ダンス学科(旧:舞踊学専攻)の卒業生は、一般企業や生涯スポーツ分野のほか、テーマパーク、舞踊研究所、ダンススクールなど、舞踊に関わる仕事に就くケースも珍しくありません。子ども運動学科(旧:幼児発達学専攻)では、免許・資格を取得後、幼稚園や保育関連施設で活躍しています。学校の特長3
日本女子体育大学(私立大学/東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の特長を見る

RECRUIT